ポジション取引戦略

海外FXの移動平均線乖離率とは

海外FXの移動平均線乖離率とは
日経平均 / 日経225先物 / JPX日経400 / TOPIX / スタンダード20 /グロースCore / マザーズ指数 / REIT指数 / NYダウ / NASDAQ / S&P500 / DAX(独) / CAC40(仏) / ハンセン指数/ H株指数 / レッドチップ指数 / 上海総合指数 / 上海B株 海外FXの移動平均線乖離率とは / 深センB株 / 台湾加権 / 豪AORD指数

■外国為替保証金取引『選べる外貨』、『ちょいトレFX』および通貨バイナリーオプション取引『選べる外為オプション』は、金融商品取引法に規定される通貨関連店頭デリバティブ取引です。利益を保証した金融商品ではなく、取引対象通貨のレート変動で損害を被るリスクがあり、投資元本は保証されません。 ■外国為替保証金取引『選べる外貨』および『ちょいトレFX』は、預託した保証金の額に比べ大きい金額の取引ができ、マーケットの相場変動率に比べ投資元本の損益変動率が大きく、状況により損失が預託した保証金額を上回る危険性があります。買値と売値、スワップポイントの受取りと支払いには差があります。また金利変動により、スワップポイントが受取りから支払い等に転じることがあります。個人口座の場合、お取引には各取引通貨ペアの取引レートにより計算された取引額(想定元本)の4%以上の保証金が必要となり、保証金額の25倍までの倍率で取引が可能です。法人口座の場合は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額以上の保証金額が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令117条31項1号に定める計算モデルを用い算出します。当社はこの為替リスク想定比率を用いて保証金額を算出します。 ■通貨バイナリーオプション取引『選べる外為オプション』は、満期時刻に自動的に権利行使となるヨーロピアンタイプのバイナリーオプションで、投資元本を保証した取引ではなく、外国為替相場等の変動により投資元本のすべてを失うおそれのあるリスクの高い金融商品です。権利消滅となった場合、支払った購入金額の全額を失い、オプション購入後に注文を取消すことは出来ませんが、取引可能時間内であれば、売却することは可能です。ただし、オプションの購入価格と売却価格に価格差(スプレッド)があり、相場状況によってはスプレッドが拡大する等、意図した取引ができない場合があります。 ■外国為替保証金取引『選べる外貨』のインターネット取引手数料は、1万通貨以上の取引については新規・決済取引とも無料です。1万通貨未満の取引については、新規・決済取引とも1通貨あたり3銭の手数料がかかります。なお、ロスカットならびに強制決済につきましては、ロスカット・強制決済手数料として、南アフリカランド/円、メキシコペソ/円は1通貨あたり0.5銭(税込)、その他の通貨ペアは1通貨あたり5銭(税込)がかかります。 ■外国為替保証金取引『選べる外貨』は、時価評価総額が必要保証金の80%を下回った場合、ロスカットとなります。ロスカット時、強制決済時に元本を超える損失が発生する場合があります。 ■外国為替保証金取引『選べる外貨』および『ちょいトレFX』は、スプレッドが相場急変時、指標発表時等に拡大する場合がありスリッページが発生する可能性があります。このことから、発注時点に比べ不利な価格で約定する場合があります。また、市場の流動性低下等の理由により注文を受け付けられない場合があります。外国為替保証金取引『選べる外貨』のスプレッド実績は、当社のホームページに掲載されています。 ■外国為替保証金取引『ちょいトレFX』の取引手数料は無料です。投資助言報酬は、取引数量1,000通貨毎に1円(税込)です。 ■外国為替保証金取引『ちょいトレFX』は、時価評価総額が必要保証金100%を下回った場合、ロスカットとなります。ロスカット時、強制決済時に元本を超える損失が発生する場合があります。 ■通貨バイナリーオプション取引『選べる外為オプション』の取引手数料は無料です。

移動平均線

移動平均線

移動平均線の弱点

移動平均線は、相場の上昇・下降・停滞などのトレンドを判断するテクニカル指標ですが、売買シグナルから一時的に逆方向へ行く 「ダマシ」が出やすい弱点もあります。

移動平均線の弱点を補う方法

  • 移動平均線を、異なる期間で複数表示する
  • MACDなどのオシレーター系インジケーターを追加で表示する

複数の移動平均線を組み合わせた例

複数の移動平均線

移動平均線の設定

移動平均線をチャートへ表示する際は、最低限下記 2箇所の設定 をします。

移動平均線パラメーター

  1. 期間: 希望の数値を入力
  2. 移動平均の種別: プルダウンから選択

移動平均線の「期間」

移動平均線の期間とは?

移動平均線の期間(数値)は、ローソク足の本数を意味しています。 「移動平均線の期間=ローソク足の本数」 海外FXの移動平均線乖離率とは で計算されるので、チャートの時間足により期間が異なります。

  • 月足=20ヶ月分
  • 週足=20週分
  • 日足=20日分
  • 4時間足=80時間分
  • 1時間足=20時間分
  • 15分足=5時間分
  • 1分足=20分分

移動平均線の期間の数値について

海外FXの移動平均線乖離率とは
時間足 海外FXの移動平均線乖離率とは 移動平均線の期間
15分足 4、8、12、16、20、24、48、64、96など
1時間足 4、8、12、24、36、48、72、96、120など
日足 5日、10日、20日、21日、25日、50日、75日、100日、200日など
週足 13週、26週、52週など
月足 12ヶ月、24ヶ月、60ヶ月など

各時間足における期間(数値)の考え方としては、 キリが良い数値が使われることが多い という点です。

  • 15分足 で4本の期間の場合は、1時間分の移動平均線が表示されます。
  • 1時間足 で24本の期間の場合は、1日分の移動平均線が表示されます。
  • 日足 で、5本の期間の場合は、5日分(1週間分)の移動平均線が表示されます。

移動平均線「期間」はどの数値が良い?

  • 短期移動平均線: 5、8、12など
  • 中期移動平均線: 20、25、75など
  • 長期移動平均線: 100、200など

移動平均線の期間

移動平均線の「種別」

  • 単純移動平均線(MA) :MT4の表記は「Simple」
  • 指数移動平均線(EMA) :MT4の表記は「Exponential」
  • 平滑移動平均線(SMMA) :MT4の表記は「Smoothed」
  • 加重移動平均線(WMA) :MT4の表記は「LinearWeighted」

移動平均線の種類

単純移動平均線(MA又はSMA)

単純移動平均線は、 過去の一定期間における終値の平均値 で算出されています。
例えば、日足チャートにおける21MAであれば、過去21日分の終値の平均値がチャートに表示されます。

SMA = SUM (CLOSE (i), N) / N

  • SUM = 合計
  • CLOSE (海外FXの移動平均線乖離率とは i) = 現期間の終値
  • N = 海外FXの移動平均線乖離率とは 計算に使われる期間の数

指数移動平均線(EMA)

指数移動平均線は、 過去の一定期間における終値の平均値に平滑化定数を掛けて 算出されています。
価格の動きに遅れを取る単純移動平均線の問題を解決する為に考え出された移動平均線です。

EMA = (CLOSE (i) * P) + (EMA (i -1) * (1 – P))

  • CLOSE (i) = 現期間の終値
  • EMA (i -1) = 1つ前の期間の移動平均の値
  • P = 価格の値を使用するパーセント

平滑移動平均線(SMMA)

平滑移動平均線は、 EMAを改良した移動平均線でSMAやEMAよりもなめらかな平均線になります。
単純移動平均線よりも長期的なトレンドを見るのに役立ちます。

SMMA = (SMMA (i -1) * (N -1) + CLOSE (i)) / N

  • SMMA (i-1) = 1つ前の足の平滑移動平均
  • N = 平滑化期間
  • CLOSE (i) = 終値

加重移動平均線(WMA)

加重移動平均線は、 指数移動平均線よりも直近の価格を重視した移動平均線です。
期間毎に各終値を掛け合わせて計算され、直近価格のデータが一番大きくなります。

LWMA = SUM (CLOSE (i) * i, 海外FXの移動平均線乖離率とは N) / SUM (i, N)

  • SUM = 合計
  • CLOSE(i) 海外FXの移動平均線乖離率とは = 終値
  • SUM (i, N) = 重み係数の合計
  • N 海外FXの移動平均線乖離率とは = 平滑化期間

どの移動平均線「種別」を使うのが良い?

EMA

どれを使っても問題ないですが、世界的には 海外FXの移動平均線乖離率とは 「EMA(指数移動平均線)」が最も多く使われています。 (日本国内に限ると、単純移動平均線が多く使われています)
単純移動平均線よりも直近の値動きに早く反応する為、短期売買をするときは 売買のタイミングを逃すことが少なくなる為です。

移動平均線の設定まとめ

移動平均線をMT4/MT5へ表示するには?

MT4移動平均線表示

取引プラットフォームのMT4/MT5には、標準で移動平均線(Moving Average)が備わっています。
移動平均線をMT4/MT5へ表示するには、画面左側の「ナビゲーター」から 「インディケータ」→「トレンド」→「Moving Average」を選択し、表示させたいチャートへドラッグ・アンド・ドロップ するだけと簡単です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる