証券取引

売るタイミングと長期投資のメリット

売るタイミングと長期投資のメリット
コラム

長期投資におすすめの商品はどれ?メリットやデメリットも紹介!

長期投資におすすめの商品はどれ?メリットやデメリットも紹介!

コラム

長期投資とは?

長期投資とは、1日単位で取引するような短期投資とは違い、5年以上の長期的なスパンで資産運用する方法です。目先の値動きに捉われることなく、長いスパンで値上がりを見込める有望な投資商品に投資をする手法です。

長期投資のメリット

多少の変動の影響を受けない

長期投資の1つ目のメリットは、相場の多少の変動に影響を受けないので、目先の動きに一喜一憂することなく、精神的に余裕を持てることです。

複利運用の恩恵を受けられる

長期投資の2つ目のメリットは、複利運用時のリターンが大きくなることです。複利運用とは、運用で発生した利息や収益を元本に組み込み、運用資金をさらに増やしていく方法のことです。

取引手数料がかからない

長期投資の3つ目のメリットは、金融商品の手数料が高い日本において、手数料を低く抑えることができることす。

深い知識が必要なく手間もかからない

長期投資の4つ目のメリットは、投資商品や相場などに関わる深い知識を必要としないことから、運用初心者に向いていることです。

また、長期投資は、多少の相場変動に捉われずに長期的視点で保有するので、運用の手間もかかりません。さらに、長期にわたって運用することにより知識や経験が蓄積され、将来的に資産をさらに増やすチャンスを作ることも可能です。

長期投資のデメリット

短期間で資産を大きく増やすことはできない

長期投資のデメリットの一つは、短期間で資産を大きく増やすことはできないということです。短期投資のように短期間で大損することはありませんが、その裏返しとして短期間で大きな利益を得ることはできません。

資産の流動性リスクがある

長期投資のデメリットとしては、資金が長期間拘束されるため、資金の流動性が乏しくなることも挙げられます。

長期投資におすすめの商品

長期投資におすすめの商品

投資初心者にとっては、短期で売却益を得ることは難易度が高いですが、長期投資であれば、将来の売却益に加えて、業績に応じた配当金や株主優待が受けられます。利回りも低くなく、長期投資に適した投資商品と言えます。

したがって、現在の市況では銀行の預貯金より利回りが高く、また国が発行元のため、最も破綻リスクが低い債券の一つと言えます。特に知識や手間がいらずに長期間保有できる国債は、長期投資にふさわしい投資商品としてポートフォリオの選択肢に入れておきましょう。

投資対象や運用方法は投資信託の方針によって異なりますが、投資家が専門家に完全に判断を任せることができるのが最大の特徴になっています。投資家としては、深い知識も必要なく少ない金額から投資できることから、長期投資に適した投資商品の一つと言えます。

つみたてNISA

購入できる投資商品は、金融庁の基準をクリアした投資信託、ETF(上場投資信託)です。つみたてNISAでは、年間40万円までの投資で得られた利益を、最長20年間非課税にできるのが特徴です初心者でも投資しやすく、まさに長期投資に適した投資商品と言えます。

ヘッジファンド

あらゆる金融商品が投資対象となっており、信用売りやレバレッジなどの多くの手法を複雑に組み合わせ、運用のプロがどのような相場においても利益を目指す手法になります。

長期投資で資産を増やしていきたい方は?

そんな方は、ぜひヘッジファンドダイレクトにご相談ください。ヘッジファンドダイレクトでは、あなたの投資目標やニーズに合致した金融商品を紹介しているので、理想的な長期投資をサポートします。

【年収1,000万円で資産運用】投資先候補の4つの金融商品を紹介!

ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

貯金5,000万円で資産運用シミュレーション!おすすめのポートフォリオの組み方は?

ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

貯金10億円で資産運用シミュレーション!おすすめのポートフォリオの組み方は?

ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

貯金1,000万円からの資産運用とは?おすすめの投資先や注意点を専門家が紹介!

ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

【老後のための資産運用】高齢者におすすめのポートフォリオや失敗しないための相談先は?

ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

ヘッジファンドでよくある失敗パターンを紹介!失敗しないためには?

ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

ヘッジファンドダイレクト

本サイトは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたのもので、金融商品の取得勧誘・販売等を目的としたものではありません。本資料作成においては万全の注意を払っておりますが、本資料に含まれる情報の正確性、更新性に関しては弊社は一切保証していません。また、当該評価は過去の一定期間の実績を分析したものであり、将来の運用成果等を保証したものではございません。銘柄の選択、投資の最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願い致します。【著作権に関するお願い】当社およびその関係会社が当社Webサイトで提供する文書・映像・音声・その他の著作物および当DVDは、著作権法、およびその他の法律により保護されています。当社の文書での許諾なく、これらの一部又は全部をそのまま又は改変して転載・転用・送信・上映等により利用することは、その目的が営利か非営利か、その手段が電子的か否か、またメディアの如何を問わず禁止します。「引用」を行う場合には、必ず出典ページへのリンクを併用してください。当サイトへのリンクは自由です。著作権に関する詳しい情報は、公益社団法人 著作権情報センター著作権相談室までご確認ください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる