FXのやり方紹介

エントリーポイント

エントリーポイント
FX初心者向け

エントリ ポイント

エントリ ポイント(Entry Points)とは主に、お客様のソフトウェアのうち、そのソフトウェア外部からアクセスされることを想定した要素のことであり、これらの要素は正しい動作のためには除去したり名前変更したりすることが通常できないものです。 リフレクションを介してアクセスされるクラスとメンバーは、その使用状況が PreEmptive Protection™ DashO™ によって検出されるように、追加のエントリ ポイントとして指定することができます。 詳細については、名前変更または除去を参照してください。

メモ:Android モードの場合、DashO は名前変更と除去を R8 で処理させます。その場合、エントリ ポイントは無視されます。

  • パブリック エントリーポイント API の構成要素にすることができるクラスまたはメンバー。
  • 実行可能にしたいメソッド、 public static void main(String[]) 。
  • リフレクションを介してアクセスされるメソッド。 際に Android マニフェスト内で参照される Android アクティビティ。

既定の動作

DashO 構成にエントリ ポイントが定義されていない場合、DashO はすべての入力 jar のマニフェストを分析する(例: エントリーポイント Main-Class ヘッダーなどがないか探す)ことで、エントリ ポイントがあれば検出しようとします。 また、DashO は public static void main(String[]) のメソッドがないかも探します。 DashO は、この方法でエントリ ポイントの検出に失敗した場合、すべての入力をライブラリのエントリ ポイントと見なし、 public クラスのすべての public メンバーと protected メンバーを名前変更と除去の対象から除外します。

メソッドとフィールド

エントリ ポイントにしたいメソッドとクラスを指定するには、DashO GUI の Entry Points - Methods and エントリーポイント Fields ページを使用します。 それらのメソッドやフィールドは既定で除去と名前変更の対象から除外されますが、エントリ ポイントとして指定されたメソッドは DashO によって分析され、未使用のクラスとメンバーを特定します。

Entry Points - Methods and Fields ページにあるクラス、メソッド、および/またはフィールドは、必要に応じて名前変更の対象とすることもできます。 通常は、エントリ ポイントは名前変更しないでください。アプリケーションの外部からアクセスされることが多いためです。 なお、名前変更しても問題がない場合もあります。 たとえば、クラスを JAR マニフェストの Main-Class 属性で参照する場合、変更した名前を使用するように JAR マニフェストが DashO によって更新されます。

ライブラリ

ディレクトリ、JAR ファイル、ZIP ファイル、または APK ファイルをライブラリのエントリ ポイントとして指定するには、DashO GUI の Entry Points - Libraries ページを使用します。 ライブラリのエントリ ポイントが主に使用されるのは、その名前が示すように、パブリッ ク API を使ってライブラリを配布しないと、そのライブラリと広範に連携できるソフトウェアが必要になる場合です。

既定では、ライブラリのエントリ ポイントに含まれるすべての public クラスとそれらのクラスの public メンバーは事実上、エントリ ポイントであるため、除去と名前変更の対象から除外されます。 protected メンバーを除外するようにライブラリのエントリ ポイントを構成することもできます。

ライブラリのエントリ ポイントは、DashO への入力と自動的に見なされて、処理するクラスを決定するための入力一覧に結合されるので、Input - Jars and Classes で含める必要はありません。

特殊クラス

特殊クラスのエントリ ポイントを使用すると、メソッドやフィールドの複雑なエントリ ポイントであるクラスに対して特殊な規則を指定できます。 特殊クラスの種類の多くは、一連のクラスのうちの 1 つを拡張したクラス用に設計されたものであるか、一連のインターフェイス(通常、Spring や Android エントリーポイント などのフレームワークによって定義されたインターフェイス)のうちの 1 つを実装したクラス用に設計されたものです。 これらのクラスの名前は、完全一致、パターン、あるいは正規表現で指定することができます。

エントリーポイント
種類 機能 プロジェクト ファイル要素
Android android.app.Application 、 android.app.Activity 、 android.app.Service 、 android.content.BroadcastReceiver または android.content.ContentProvider を拡張するために使用します。
Applets java.applet.Applet を拡張したクラスに使用されます。これらのクラス自体の名前は変更可能です。
Class all fields/methods 一致したクラス内のすべてのフィールドおよびメソッドをエントリ ポイントとしてマークします。クラスとそのメンバーの名前は変更されません。
Class public fields/methods 一致したクラス内のすべてのパブリック フィールドおよびパブリック メソッドをエントリ ポイントとしてマークします。クラスとそのメンバーは除去されません。
Enterprise JavaBeans (EJBs) Bean のホームと主要なクラスを含む javax.ejb パッケージにあるインターフェイスを拡張したクラス用に使用されます。
iAppli NTT ドコモの iAppli フレームワークで使用されている com.nttdocomo.ui.IApplication クラスを拡張したクラスに使用されます。これらのクラス自体の名前は変更可能です。
Midlet javax.microedition.midlet.Midlet を直接的または間接的に拡張したクラスに使用されます。これらのクラス自体の名前は変更可能です。
Servlets javax.servlet.Servlet を拡張したクラスに使用されます。これらのクラス自体の名前は変更可能です。
SpringBean Spring Bean に使用されます。詳細については下記を参照。

Spring Bean

SpringBean のエントリ ポイントは、Spring XML 構成ファイル内で参照される Spring Bean としてクラスを識別するために使用されます。 既定では、SpringBean クラスのプロパティ(つまり、 getFoo() 、 setFoo() 、 isBar() の規則に従うプロパティ)メソッドは、名前変更と除去の対象から除外されます。 Additional Entry Points(追加のエントリ ポイント)も指定できます。たとえば、Spring XML 構成ファイル内の init-method および destroy-method 属性で参照されるメソッドなどです。

FX勝率の高い鉄板エントリーポイントを公開!【実際にエントリーして稼げている鉄板ポイントです】

FX初心者向け

という方のために、 月に200〜400万円を稼いでいる現役FXトレーダーの私が実際にエントリーしている勝率の高い鉄板エントリーポイントを公開したいと思います。

実際にトレードしている勝率の高いエントリーポイントを公開

「上位足の押し目・戻り目内での下位足のトレンド転換(or継続)ポイント」

上位足の押し目・戻り目内での下位足のトレンド転換ポイントが勝率が高い理由

この記事を読めば、なぜ上位足の押し目・戻り目内での下位足のトレンド転換ポイントが勝率が高いのかの理由が理解できるので、勝率が高いエントリーポイントをマスターしたい方は必ずご覧ください。

下位足のトレンド転換の形を簡単に解説

1.ダブルボトム

2.トリプルボトム

3.安値切り上げ高値更新

4.アセンディングトライアングル

エントリーポイントを見つけてそこから実際にエントリーするまでの2ステップ

Step1:日足・4時間足の相場環境を認識し4時間足レベルの押し目・戻り目になりそうなポイントの目処をつける

勝率の高いエントリーポイントを知ったところで上位足(日足・4時間足)相場環境を把握できなければ勝てませんので、必ず行います。

そして、このネックラインを抜けることで買い目線だったトレーダー達(①と②)も売り目線に変わるので、大多数の相場参加者の目線が売り側へ傾きます。

Step2:そのポイントにレートが来たら1時間足を見てエントリーの可否を判断する

  • 高値切り下げ安値更新による下降トレンド転換をしてくるのか?
  • ダブルトップネックライン割れによって下降トレンド転換をしてくるのか?
  • しばらく揉みあって安値を揃えた後抜けてくるのか?
  • この後上昇してネックラインを突き破ってくるのか?

売りエントリーを仕掛ける前にどういうことを考えていたのかを解説した記事がこちらにありますので、興味がある方は是非ご覧下さい。

悲報:勝率の高いエントリーポイントを知ったところで上位足相場環境を把握できなければ勝てない

ここまで「勝率の高いエントリーポイント」を紹介してきましたが、 前述したように、勝率の高いエントリーポイントを知ったところで上位足相場環境を把握できていなければ勝つことはできません。

  • 4時間足レベルの押し目・戻り目でのトレードなら、日足や週足の環境把握
  • 1時間足レベルの押し目・戻り目でのトレードなら、4時間足や日足や週足の環境把握
  • 15分足レベルの押し目・戻り目でのトレードなら、1時間足や4時間足や日足の環境把握

勝率の高いエントリーポイントまとめ

上位足押し目・戻り目ポイント内での下位足のトレンド転換ポイントは、 上位足トレーダーと下位足トレーダーの思惑が一致してくるポイントですので、レートが思惑方向に伸びてくれる優位性が高く、高勝率なエントリーポイントとなります。

FX攻略のエントリーポイント一覧

トレードは、優位となるポイントが多い方向性に進みます。理由は世界中の人が同じ目線で
優位点を探してトレードしているからです。
従って、エントリーポイントは、サポートライン・レジスタンスラインによるガード、
又は突破、ダウ理論によるトレンド継続、グランビルの法則のポイント、
上位足の優位性が下位足への継続している、移動平均線、ボリンジャーバンドの
エクスパンションなど、複数の優位性を持つポイントで仕掛ける事が重要になります。

下降トレンドのエントリーポイント

下降エントリーポイント

下降エントリーポイント1

下降エントリーポイント2

下落スピードが速く、途中でペナント、フラッグを形成した時のパターン。
実トレードでは、チャネルライン突破による早期エントリーを狙わないと
トレンドに乗れない場合がほとんど。

下降エントリーポイント3

上昇トレンドのエントリーポイント

上昇エントリーポイント

上昇エントリーポイント1

上昇エントリーポイント2

上昇エントリーポイント3

上昇スピードが速く、途中でペナント、フラッグを形成した時のパターン。
実トレードでは、チャネルライン突破による早期エントリーを狙わないと
トレンドに乗れない。

レンジのエントリーポイント

天井から戻る

天井圏からの反発に対する売りのエントリーパターン。
レジスタンスライン+チャネルラインによるトレンド終了確認+ネックライン抜けの
多重条件を元に早期エントリーを狙うパターン。
ネックラインの位置が深い場合は、レジスタンスライン+チャネルラインによるトレンド終了
で狙うこともあり。

底から上がる

底値圏からの反発に対する買いのエントリーパターン。
サポートライン+チャネルラインによるトレンド終了確認+ネックライン抜けの
多重条件を元に早期エントリーを狙うパターン。
ネックラインの位置が深い場合は、レジスタンスライン+チャネルラインによるトレンド終了
で狙うこともあり。
※レジスタンスラインを越えて下降トレンドが継続した場合は、「売り」参入になります。

トレードの時間軸
・4時間足・1時間足の取引スタイルが基本としつつ、30分から10分足でトレード。
・トレンド状況の確認は、MTF分析で行い、実際のエントリーのタイミングは
1分足・5分足で探す事。
・チャネルライン(斜め線)は、上記のような優位性のある場所の補助線として使う。
それ以外の何の優位性がないところでは、「無駄な線をひいただけ」になる。

空白 bar

FX攻略コンテンツ


FXブログ・コンテンツ

グランビルの法則
ダウ理論
エリオット波動
フィボナッチ係数
マルチタイムフレーム分析
エントリーポイント 移動平均線分析
ボリンジャーバンド分析
MACD分析
サポートライン
レジスタンスライン
ネックライン
切り上げ・切り下げライン
移動平均線とMTFの時間軸
FX相場の用語集
FX注文形式と使い方
FXブログ・カテゴリーリスト

FX攻略ブログチャート

上昇起点チャート(4H)
上昇押し目チャート(4H)
下降起点チャート(4H)
下降戻り売りチャート(4H)

エントリーポイント

文字デバイスとブロックデバイス用のドライバは、cb_ops(9S) 構造体をエクスポートします。この構造体では、ブロックデバイスアクセスと文字デバイスアクセス用のドライバエントリポイントを定義します。どちらのタイプのドライバも、open(9E) および close(9E) エントリポイントをサポートする必要があります。ブロックドライバは strategy(9E) をサポートする必要がありますが、文字ドライバはデバイスのタイプに適していれば、read(9E)、write(9E)、ioctl(9E)エントリーポイント 、mmap(9E)、または devmap(9E) エントリポイントのどのような組み合わせの実装も選択できます。さらに、文字ドライバは chpoll(9E) を通じてポーリングインタフェースをサポートすることもできます。非同期入出力は、ブロックドライバと、ブロックファイルシステムおよび文字ファイルシステムの両方を使用できるドライバで、aread(9E) および awrite(9E) を通じてサポートされます。

ロード可能なモジュールのエントリポイント

すべてのドライバは、ドライバモジュールのロード、アンロード、および関連情報の報告を行うためにロード可能なモジュールのエントリポイント _init(9E)、_fini(9E)、および _info(9E) を実装する必要があります。

ドライバは、_init(9E) でグローバル資源の割り当てと初期化を行います。ドライバは、_fini(9E) エントリーポイント でその資源を解放します。

注 - Solaris OS では、ロード可能なモジュールルーチンだけを、ドライバオブジェクトモジュールの外から表示できる必要があります。その他のルーチンにはストレージクラス static を指定できます。

自動設定のエントリポイント

ドライバは、デバイスの自動設定のために attach(9E)、detach(9E)、および getinfo(9E) エントリポイントを実装する必要があります。また、SCSI ターゲットデバイスなど、デバイスが起動中に自らを識別できない場合は、任意指定のエントリポイント probe(9E) を実装できます。これらのルーチンの詳細は、第 6 章ドライバの自動設定を参照してください。

カーネル統計情報のエントリポイント

Solaris プラットフォームには、カーネルレベルの統計情報 (kstats とも呼ばれる) を保持およびエクスポートするための豊富なインタフェースセットが用意されています。ドライバは、これらのインタフェースを自由に使用して、ドライバの内部状態を監視するために、ユーザーアプリケーションで使用できるドライバとデバイスの統計情報をエクスポートします。カーネル統計情報を処理するために 2 つのエントリポイントが提供されています。

ks_update(9E) は、kstats データを自由に更新するために使用できます。ks_update() は、デバイスがカーネルデータを追跡するように設定されているが、そのデータの抽出に時間がかかる場合に役立ちます。

82.8. イベントストリームとエントリーポイント

1 つのエントリーポイント、またはストリームからのファクトは、デシジョンエンジンのワーキングメモリーにすでにあるファクトに加えて、他のエントリーポイントからのファクトに参加できます。ファクトは、常にデシジョンエンジンに入ったエントリーポイントに関連付けられたままとなっています。同じタイプのファクトは、複数のエントリーポイントからデシジョンエンジンに入ることができますが、エントリーポイント A からデシジョンエンジンに入るファクトは、エントリーポイント B からのパターンと一致することはありません。

  • ストリーム内のイベントは、タイムスタンプ別に並べられます。タイムスタンプは、ストリームごとにさまざまなセマンティクスを持つ場合もありますが、常に内部で並べ替えが行われます。
  • 通常、イベントストリームには大量のイベントがあります。
  • 通常、ストリームに含まれるアトミックなイベントは、それだけでは実用的ではなく、ストリームで集合的な場合にのみ実用的です。
  • イベントストリームは、同種 (単一タイプのイベントを含む) の場合も、異種 (異るタイプのイベントを含む) の場合もあります。

82.8.1. ルールデータのエントリーポイントの宣言

イベントのエントリーポイント (イベントストリーム) を宣言して、デシジョンエンジンがそのエントリーポイントのみからのデータを使用してルールを評価することが可能です。エントリーポイントは、DRL ルールで参照することで暗黙的に宣言することも、Java アプリケーションで明示的に宣言することもできます。

手順

DRL ルールファイルで、挿入されたファクトの from entry-point "" を指定します。

"ATM Stream" エントリーポイントで取り消しルールを認可

"Branch Stream" エントリーポイントで手数料ルールを適用

銀行取引アプリケーションにおける両方の DRL ルールのサンプルは、イベント WithdrawalRequest にファクト CheckingAccount を挿入しますが、エントリーポイントは異なります。実行時にデシジョンエンジンは、 "ATM Stream" エントリーポイントのみからのデータを使用して Authorize withdrawal ルールを評価し、 "Branch Stream" エントリーポイント エントリーポイントのみからのデータを使用して Apply fee ルールを評価します。 "ATM Stream" に挿入されたイベントは、 "Apply fee" ルールのパターンと一致することはありません。また、 "Branch Stream" に挿入されたイベントは、 "Authorize withdrawal rule" のパターンと一致することはありません。

Java アプリケーションコードで、 getEntryPoint() メソッドを使用して EntryPoint オブジェクトを指定および取得し、以下に従ってファクトをそのエントリーポイントに挿入します。

EntryPoint オブジェクトと挿入されたファクトを持つ Java アプリケーションコード

from entry-point "ATM Stream" を指定する DRL ルールはすべて、このエントリーポイントのデータのみに基づいて評価されます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる