最高の暗号取引プラットフォーム

楽天証券の評判やメリット

楽天証券の評判やメリット
ネット証券

楽天ポイント投資の評判や口コミをプロ目線で解説!始め方やメリット・デメリットも教えます

引用:【投信積立】ポイント投資サービス開始!!ポイントを使って気軽に投信積立 | 楽天証券

3.NISA、積立NISAを活用できる

楽天ポイント投資のデメリット・注意点2選

楽天ポイント投資のデメリット・注意点1.期間限定ポイントを使っての投資はできない

楽天ポイント投資のデメリット・注意点2.購入できるものが限られている

楽天ポイント投資の評判や口コミは?みんなのおすすめ銘柄は?

楽天ポイント投資利用者の評判や口コミ①

楽天ポイント投資利用者の評判や口コミ②

今月も楽天ポイントで買い増ししました!今月は2商品です!
楽天ポイント1,784を使って、投資信託2つを買い付けしました – ずずず のんびり日記 米国株日本株投資https://t.co/H4vYwzUvZe

— ずずず🎣🍜 (@zuzuzuwork) August 27, 2019

楽天ポイント投資利用者の評判や口コミ③

今月も楽天限定ポイントを期限までに楽天ペイで使用しました!
楽天ペイの他にも

・楽天モバイル
・楽天でんき
・楽天ふるさと納税
・楽天市場
・楽天ポイントカードを実店舗で使用
・その他楽天関連のサービス

などで使えます!

楽天は色々なところで使える便利さがありますね😆

— たつや | 投資×ブログ (楽天証券の評判やメリット @tatsuyainvest) August 26, 2019

楽天FXの評判は?口コミ・メリットの紹介にMT4口座の解説も!

楽天FXの評判は?口コミ・メリットの紹介にMT4口座の解説も!

FX取引の注意点 / 当サイトの内容について
・本記事では、FXを「必ず利益を生む方法」として紹介しているものではございません。FXは自己の責任において行っていただくようお願い致します。
・外国為替証拠金取引は外国為替レート金利の変動により損害を被るリスクがあり投資元本は保証されていません。
・マーケットの相場変動率に比べ投資元本の損益変動率が大きく状況により損失が証拠金額を上回ることもあります。
・スプレッドは指標発表時や相場が急変した際に拡大する場合があります。
・スリッページが発生することで、発注時点に比べ不利な価格で約定する場合もあります。
・市場の流動性が低下していることで、注文がリジェクトされる場合があります。
・本記事で紹介している企業は金融庁の「 免許・許可・登録等を受けている業者一覧」より抜粋しています。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

SBI証券と楽天証券はどっちがいい?両方使う?ポイント付与率や手数料で比較

担当:やさしい株のはじめ方編集部

上の表のように、すべての項目において、 SBI証券のほうがポイント換算時のメリットは大きい です。 具体的に数字に落とし込んでみると、例えば、投資信託の月間保有残高が年間1,000万円の場合、SBI証券では毎年 20,000円 分(=1,000万円×0.2%)もらえるのに対して、楽天証券では、6,000円分(=500ポイント×12か月)にとどまります。毎年なんと 14,000円 もの差が発生してしまうのです。

しかも、楽天証券の投資信託の保有残高に応じてポイントがもらえるサービスは、 2022年4月から改悪 されます。従来は投資信託の保有残高に応じて毎月ポイント還元されていましたが、2022年4月以降は、 楽天証券の評判やメリット 一定の残高をはじめて達成した場合 しかポイント還元されません。

一方SBI証券は、引き続き投資信託の保有残高に応じて、毎月TポイントかPontaポイントのどちらかを受け取れます。投資信託の長期積立をする場合は、 SBI証券のほうが圧倒的にお得 です。

楽天証券の評判やメリット 楽天証券の評判やメリット
SBI証券 楽天証券
現物取引
信用取引
夜間取引(PTS)
新規公開株(IPO)
単元未満株(ミニ株)
ETF

(1)新規公開株(IPO)とは、これまで上場していなかった会社が証券取引所に新規上場するときに投資できるしくみです。上場時に株価が上がりやすい傾向があるので、上場前の新規公開株は投資家に大変な人気があります。 ちなみに、2021年の取り扱い銘柄数は、SBI証券は 122社 に対して楽天証券は 74社 と、大きな差がついています。SBI証券は“IPOチャレンジポイント制度”もあり、初心者でも当選しやすい作りになっています。

(2)単元未満株(ミニ株)とは、単元株(100株)未満でも取引ができる初心者の方にやさしいサービスです。SBI証券は「S株」という単元未満株サービスを展開していて、買付手数料は翌月キャッシュバックされるので 実質無料 です。売却手数料は 0.55%(税込) の手数料で1株単位から低コストで売買できます。 また、「テーマキラー!」というサービスでは、複数のテーマ株にS株でまとめて投資できます。 一方、楽天証券も買取請求という形で売却はできますが、株式市場から購入することはできません。しかも手数料は 330円 と割高になっています。

楽天証券の評判やメリット 楽天証券の評判やメリット 楽天証券の評判やメリット
SBI証券 楽天証券
米国株式
中国株式
韓国株式
ロシア株式
ベトナム株式
インドネシア株式
シンガポール株式
タイ株式
マレーシア株式

SBI証券 楽天証券
米国株式 0.495% ※1
中国株式 0.286% 0.55%

※1 最低手数料:0ドル、上限手数料:20ドル(税込22ドル)
1ドル=100円で円に換算すると、1取引あたりの手数料は0円~2,200円

米国株手数料は両社同じですが、中国株手数料は楽天証券が 0.55% に対してSBI証券が約半額の 0.286% になっています。手数料の面から見ると、SBI証券で取引するとメリットが大きいです。外国株であっても、口座開設料や管理料が無料なところはうれしいですね。地味ですが、税金のことを考えると、 特定口座に対応している ところもありがたいです。

投資信託は両社とも、ほとんどのファンドで 販売手数料 (購入時手数料)は 無料 になっています。 また、投資信託というしくみ上、信託報酬(運用管理費用)は証券会社によって差はありません。差が出る部分は ファンドの本数 や購入時のポイント付与となりますが、ファンドの本数を比べると、2,600本前後でほぼ同じくらいです。よって、違いがあるのはポイント率なので、比較していきましょう。

SBI証券 楽天証券
投信本数 2,636本 2,667本
買付金額 100円から
ポイント付与 ・Tポイント
・Pontaポイント
・Vポイント
楽天スーパーポイント
ポイント率 ①積立額 0.5%~2.0% ※2
(Vポイント)
1.0%
②投資信託の保有残高 0.2% ※3
(TポイントまたはPontaポイント)
0.01%
自動積立投資

※2 三井住友カードのステータスに応じて、0.5%~2.0%の間で変動
※3 1,000万円未満は0.1%のポイント付与

⑤つみたてNISA・iDeCo

つみたてNISAの比較

楽天証券の評判やメリット
SBI証券 楽天証券
取扱商品数
183本
楽天証券の評判やメリット
181本
最低積立金額
100円~

100円~
積立頻度
毎日、毎週、毎月、複数日

毎日、毎月
クレカ積立
三井住友
カード

楽天カード

iDeCoの比較

楽天証券の評判やメリット
SBI証券 楽天証券
取扱商品数
37本

32本
加入時手数料
2,829円

2,829円
運用期間中
の手数料

171円

171円
ツール
あり

なし

iDeCoの場合、 SBI証券がおすすめ です。手数料は同額ですが、取扱銘柄数が 37本 と多いことと、「SBI-iDeCoロボ」というツールが使えるという点で、SBI証券が優れています。

⑥取引ツール

パソコン上での取引ツールとして、SBI証券は「HYPER SBI(ハイパーエスビーアイ)」、楽天証券は「マーケットスピードⅡ」を実装しています。 HYPER SBIは私も使っていますが、トレード機能はしっかり備わっているので、これ1つあれば十分です。 またマーケットスピードⅡについては、“楽天証券の「マーケットスピードⅡ」の記者会見に参加してきました!”で詳しく取り扱っているのでそちらをご覧ください。

<システム障害について>
楽天証券では、システム障害が相次いて起きています。システム障害が起きると、ログインできなくなったり、株の注文が執行されなかったりと不便です。特に、アクセスが集中する時期はサーバーに障害が起きやすくなるので要注意です。証券会社を選ぶときには、過去の障害情報もチェックしておいた方がいいですね。

・12月16日 ログイン障害
・12月29日 注文の執行遅延

2005年から楽天証券はシステム障害が酷かった
2006年のシステムダウンで資金引き上げ、SBIに引っ越し
2020年の今も変わらない…

— 楽天証券の評判やメリット キース (@Keith_Anyan) March 16, 2020

楽天という名のついたサービスは、ことごとく避けるようにしている。>楽天証券で大規模なシステム障害、暴落時に取引が強制停止に!怒りの声が殺到!「損切りすら出来ない」 楽天証券の評判やメリット https://t.co/TQDvgjKLSR

— Hidenobu KUBO 久保英信 (@tucan) March 10, 2020

⑦キャンペーン

SBI証券は、当サイトと 独自タイアップキャンペーン をおこなっています。こちらの専用ページから口座開設などのかんたんな条件を満たした方に、 現金 2,500円 とオリジナルレポート「 株初心者でも見つかる株の選び方 」がプレゼントされます。 オリジナルレポートの内容は、「私が初心者のときに買う株を見つけるときに苦労したので、そのサポートになれば…」と思い作ったものです。期間限定ではありますが、 無料 で手に入りますので、SBI証券に口座開設を考えている方は、ぜひ手に入れてください。(オリジナルレポートの詳細は、タイアップ企画の「オリジナルレポート」とは?を参考にしてください)

SBI証券キャンペーン

キャンペーンの獲得条件ですが、「口座開設した後に、証券口座に2万円以上を入金し、住信SBIネット銀行のハイブリッド預金に振替える」と、もれなく 現金 2,500円 とレポートがプレゼントされます♪

楽天証券はマネーブリッジ(自動入出金)の 現金 1,000円 キャンペーンがあります。手順としては、楽天証券と楽天銀行に口座開設をして、プログラムエントリーをおこなうと約2か月後にプレゼントされます!(最新のキャンペーン情報は「証券口座開設で稼ぐ!現金がもらえるプレゼントキャンペーン一覧」でご確認ください)

SBI証券のほうがメリットは大きいキャンペーンですが、証券口座は複数の会社で作ることができるので、キャンペーン狙いであれば、 両方の証券会社に口座開設する ( 現金3,500円 =2,500円〔SBI分〕+1,000円〔楽天分〕)というのも一つの手だと思います。 これはもちろん家族でも有効なので、3人家族であれば、3人分のキャンペーン 10,500円 (= 3,500円×3人)を獲得することもできます。うまく利用してください。

以上のように、SBI証券と楽天証券を徹底比較すると、 SBI証券のほうはメリットが多く、楽天証券はデメリットが目立ってしまう という結果になりました。

SBI証券は使いやすい?実際の口コミ・評判からメリット・デメリットまで徹底解説!

SBI証券は使いやすい?実際の口コミ・評判からメリット・デメリットまで徹底解説!

・一般NISA…20歳以上を対象とした、120万円の年間非課税枠(5年間)が設けられている投資優遇制度。
・つみたてNISA…20歳以上を対象とした、40万円の年間非課税枠(20年間)が設けられた積立投資に特化している制度。
・ジュニアNISA…20歳未満を対象とした、80万円の年間非課税枠(5年間)が設けられている制度。
(※)一般NISAとつみたてNISAの対象年齢は、2024年から18歳以上に変更。

○SBI証券のNISAのメリット
・つみたてNISAの手数料が0円(※ETFを除く)
・業界トップクラスの商品数を取り扱う
・最低100円から始められる
・一括で複数銘柄の積立設定ができる

米国株取扱数が多い

証券会社取扱銘柄数取引手数料(米国株)
SBI証券5,002銘柄約定代金の0.495%
(上限は22米ドル)
楽天証券4,581銘柄約定代金の0.495%
(上限は22米ドル)
マネックス証券4,391銘柄約定代金の0.495%
(上限は22米ドル)
野村證券694銘柄2,389円~
(上限は251,429円)
PayPay証券147銘柄基準価額の0.5~0.7%

○SBI証券のメリット
・NISA口座からも取引が可能
・2.02米ドル以下の取引では手数料が0円になる
・米国立会時間にリアルタイムで取引できる
・指値注文、成行注文、逆指値注文のすべてが可能
・米国株専用のスクリーニング機能が用意されている

クレジットカードで積立投資が可能

25歳以下は国内株式現物手数料が実質無料

ミニ株やPTS取引といった豊富なサービス

SBI証券の取引サービス概要
ミニ株(S株)1単元(通常は100株)に満たない株式を購入できるサービスのこと。1株から取引できるため、数百円の資金で有名な国内株を購入することも可能。
夜間PTS取引SBI証券のPTS取引は、朝8時20分~深夜23時59分までの利用が可能。また、インターネットコースのネット取引では、夜間PTS取引の手数料が無料になる。
専用の取引アプリ外出先でも利用可能な、スマートフォン用の取引アプリ。基本的な取引だけではなく、ランキングやPush通知などの機能面も充実している。

また、取引にパソコンを使用するユーザーに対しては、トレーディングツールである「HYPER SBI」も提供されています。HYPER SBIはワンクリック注文できるだけでなく、必要な情報収集やチャート分析までサポートしてくれるので、投資初心者から上級者まで幅広く役立つツールといえるでしょう

投資信託の移管手数料を全額負担

SBI証券デメリット

デモ口座には対応していない

米国株取引と日本株取引が別々のアプリ

SBI証券のアプリでは、米国株取引と日本株取引を同時に行うことはできません。米国株取引では「SBI証券 米国株 アプリ」、国内株取引では「SBI証券 株 アプリ」をそれぞれ使うことになるので、両方の取引を行う場合はアプリを切り替える必要があります。

SBI証券がおすすめな人

大手の証券会社で投資を始めたい人

25歳以下の人

取引手数料を抑えたい人

SBI証券の口座開設方法

ステップ1 口座開設申し込み

SBI証券は使いやすい?実際の口コミ・評判からメリット・デメリットまで徹底解説!

SBI証券は使いやすい?実際の口コミ・評判からメリット・デメリットまで徹底解説!

SBI証券は使いやすい?実際の口コミ・評判からメリット・デメリットまで徹底解説!

ステップ2 本人確認書類の提出

ステップ3 楽天証券の評判やメリット 初期設定

ステップ4 完了通知の受取

SBI証券の口コミ・評判のまとめ

○SBI証券の利用が適している人
・少額から投資を始めたい
・手数料をできる限り抑えたい
・信用性のある大手証券会社を選びたい
・さまざまな商品を取引したい

ポイント業界に春の嵐、楽天の「改悪」でどうなる?

iDeCoで老後資金2000万円は貯められる?30代向けにシミュレーション

株で資産を増やせる人、減らす人の決定的な違い

4〜6月の残業に要注意?手取りが減る可能性も

ポイント投資なら怖くない!手軽に投資デビュー

iDeCo(イデコ)の始め方を初心者向けに解説!賢く運用するためのポイントや考え方

LINE証券は儲かるの?メリットやデメリット、始め方も解説

iDeCoと企業型DCは併用できる?確定拠出年金の気になるポイントやおすすめの証券会社

米国株の高配当銘柄10選、米国ETF5選を紹介

初心者必見!株で儲ける人の特徴から見えてくる成功のための鉄則

当サイトに掲載する各種記事及び情報は、金融に関連する一般的な情報提供を目的としたものであり、投資その他の金融商品の取引の勧誘を目的としたものではありません。
最終的な決定は、必ず利用者ご自身の判断でなさるようお願いします。また当サイトの情報の内容に関しては万全を期していますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。
当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いかねます。当社は、当サイトに掲載する情報の全部又は一部を予告なく変更する場合がございます。また、当サイトの運用を休止または停止する場合がございます。
当社は、お客様がリンク先サイト、又は当サイトへリンクを張っている第三者のウェブサイトから取得された各種情報のご利用によって生じたいかなる損害についても責任を負いません。
通信環境、お客様のコンピューター環境その他の理由により、当サイトが正常にご利用できない場合がございます。また、一部の機種、OSバージョンアップによっては、ご利用頂けないページがございます。 これによりお客さまに生じたいかなる損害についても責任を負いません。

楽天証券の評判や手数料は?口コミのほかキャンペーン・iDeCo・NISAも紹介

ネット証券

投資信託におすすめの証券会社を徹底比較!メリットとデメリットも紹介

no image

ネット証券

米国株(アメリカ株)おすすめ証券会社ランキング5選【2022年】手数料を比較

ネット証券

初心者におすすめのネット証券会社はどこ?メリットや手数料を比較

ネット証券

SBI証券の口コミ評判は?キャンペーンや手数料、NISAに注目

ネット証券

GMOクリック証券は初心者におすすめ?手数料や評判を調査

本サイトで掲載する内容はクレジットカード及びローン商品、証券口座、FX、暗号資産等の一般的な情報提供を目的としております。当社は商品・サービスを提供する事業者とお客様との契約・取引に関して、いかなる関与もいたしません。
当社は第三者を含む利用者・事業者間におけるトラブルには一切責任を負わないものとします。
本サイトでは各金融機関の情報に基づき、可能な限り正確な情報を掲載しておりますが、情報の更新により、掲載内容と最新情報に相違がある場合もございます。本サイトに掲載の情報は記事の作成日または更新日時点での内容になりますので、商品・サービス等の最新情報につきましては、各金融機関の公式サイトにてご確認ください。
本サイトにて掲載の商品・サービスの詳細については、当社ではお答えできません。商品・サービスの内容や契約、申し込みに関するご質問は、商品・サービスを提供している事業者へお問い合わせください。
本サイト掲載の商品・サービスには、契約時に所定の審査が行われるものがございます。本サイトに掲載の情報は、個人の審査結果を保証するものではございません。
ローン商品の契約には利息が発生する可能性がございますので、お借り入れ条件をご確認の上、計画的なご利用をお願いいたします。
FXや株式等の金融取引は元本・利益を保証するものではなく、相場の急変動等により損失が生じる場合がございます。リスクを理解した上での取引をお願いいたします。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる