FXの取引方法

手法&トレード解説

手法&トレード解説

仮想通貨のトレードは、他の金融商品に比べてメリットがある反面、当然デメリットも存在します。

【手法&トレード解説】【+55pips】フィボナッチを使ってエリオット波動3波を根こそぎ取る手法

(コラム的なメモ①) 手法&トレード解説
ここで1波から根こそぎ取りたい!と考える方もいると思いますが、それはとても難しい(=ギャンブルトレードになる)と思います。
基本的に1波は変態レベルで資金を投入できる機関投資家の買い(または売り)を起点に始まり、それを後追いする個人投資家の参加により大きなローソクを作ると言われています。
その発生を予測することは難しく、もし上手く利益が取れたとしてもそれはたまたまでしかないと考えます。
また、この1波に対して逆張りする投資家も当然多く、逆張り派が勝って逆行することは日常茶飯事です(=エリオット波動発生失敗)。

ここでは、どこからエントリーして、どこで利確&損切りするかを決めていきます。
ここでとても役に立つのが「フィボナッチツール」です。
TradingViewでは「フィボナッチリトレースメント」「フィボナッチエクスパンション」が定番でしょうか。
※フィボナッチツールを使ったことがない方は下方の「コラム的なメモ②」を先に読んでみてください。


1.エントリーポイントの絞り込み
②のエントリーパターン発生確認で「2波の押し目を待って、3波の初動からエントリーしたい」と書きました。
ということは、今知りたいのは「2波の終わりがどこになるか(=3波の始めはどこになるか)」ということです。

「2波の終点は、1波の長さの38.2%〜61.8%の範囲に収まることが多い」と言われます。
ここで「フィボナッチリトレースメント」を使って2波の終点を予測することができます。
図のように1波の終点から始点に向かってツールを当てます。(図3-1)
1波の始点は、ローソクの安値に当てるよりも20SMAとの交点に当てるほうが精度が高い気がします。

2.損切り位置決定
まず、損切りは必ず設定してください。
損切りを置かないトレーダーは、相場のカモにされます。

(コラム的なメモ②)
「フィボナッチリトレースメント」「フィボナッチエクスパンション」など、フィボナッチツールは
名前が取っ付きづらいですが、簡単に言うと「ものさし」です。
ある安値から高値までの値幅を100%としたときに、その後の値動きが161.8%とか38.2%とか特定の比率の位置まで
のちの高値や安値が伸びることが多く、未来の価格をある程度測ることができます。
不思議ですが、相場ではフィボナッチを使ったものさしにピタリと合った値動きが多く確認できます。


3.利確目標決定
厳密な利確目標は、エントリー後に決めても良いです。
私も、このトレードでは、エントリー直後に利確目標となる指値を決めました。
ただ、ある程度の目算がないと不利な位置でエントリーしてしまい、結果的に損することもあるので
大体の利確位置はエントリー前に把握したいですね。
その目算をする意味で、「④エントリー」の前に説明をさせてください。
※説明のしやすさのため、ここでは、2波の終点および3波の始点が分かっている前提で書かせてください。

波動1波の1波の距離(=ものさし)を基準100%として、その161.8%を2波の終点から足した位置(緑ライン 1.19040)が利確目標の目安となります。
「1.19040」という値は1.19000のキリ番と近いので、私は1.19000を指値にしました。

リスクリワードは、スプレッドも考慮して
エントリー:1.18456
指値:1.19000
逆指値:1.18050
で計算し、リスクリワード約1.手法&トレード解説 34でした。→④エントリーへ

④エントリー
ようやくエントリーまで来ました。ここまで読んでいただきありがとうございます。
ただ、エントリー前までの準備をここまでしっかりしなければ、良いトレードはできないということだと私は思います。

2波の終点→3波の始点を捉え、エントリーします。
2波→3波は要するに下落→上昇に移り変わるところなので、それがわかるように小さなトレンドラインを引きます(図4-1黄ライン:ラインを引いた2点を薄黄の矢印で図示)
そして、下落→上昇に変わった根拠が複数揃ったらエントリーします。

1.黄色のトレンドラインブレイク
2.ブレイク前のローソク足がダブルボトム模様
3.ブレイクした陽線が力強い(この辺りは感覚になります)

ここで注意すべきなのは、下落→上昇が起きず、そのまま崩れることがあるということです。
相場は人が動かしている世界なので、絶対はありません。
エントリー根拠が崩れたら、見送ります。

あとは、指値が刺さるまで待ちます。
相場に絶対はないので、状況を見て手動で利確することもありますが、
今回は波形がとても綺麗であり、安心して見ていられました。

ここまで読んでくださり本当にありがとうございました。
今回のトレードは久しぶりに綺麗に決まったトレードだったので、自分の記録としても残したかったですし、
トレードを学んでいる方々にとって参考になるものだと思い、書かせていただきました。

相場というのは、人間が動かしているものであり、教科書のような綺麗なチャートになることはとても少ないです。
だからこそ、鑑となる実戦トレードの記録は貴重だと思いますし、
鑑があるからこそ、相場の違和感に気づき上手く立ち回ることができると思います。

ポジショントレードの取引手法とメリット・デメリットを解説!

長期で為替差益を狙う、ポジショントレード徹底解説!

初心者向きコラム

それでは ポジショントレードの手法からコツ、売買のポイントをご紹介 します。

ポジショントレードとは?

ポジショントレード、スワップトレードの取引回数と取引期間

ポジショントレードは、数週間から数ヶ月、長ければ数年ポジションを保有して、主に為替差益による利益を「順張り」で狙う手法です。

おおよその目安としては、スイングトレード寄りで数週間の期間なら100pips以上 を目指していきますが、トレンドが継続して 数ヶ月以上〜年単位での保有となれば、1,000pips以上の値幅を狙うことも可能 です。

ポジショントレードのメリット

  • まったりと大きなトレンドを狙うため、多忙な会社員にも取り組みやすい
  • 短期売買のように、チャートに張り付かなくてよい
  • 短期的な値動きに翻弄されない
  • スプレッド、スリッページの重要度が低いため、あまり気にしなくて良い
  • レバレッジを低くするため、短期売買に比べて強制ロスカットのリスクが低い
  • 少ないトレードでも、為替差益、金利差益(スワップポイント)の両方で大きな利益を狙える

保有期間が長いことで、多少の損失を許容するために 最大5倍程度までレバレッジを下げる 必要があります。

ポジショントレードのデメリット

  • レバレッジを低くする必要があるため、短期売買より元手が必要(1,000通貨なら少額から取引可能)
  • デイトレードなど短期売買に比べると、資金効率が良くない
  • 大きな利益を狙える反面、売買判断が遅れると損失が大きくなる可能性もある
  • 逆に動いたとき、適切に損切りができないと、ダラダラと中長期にかけて損失を抱えてしまう
  • 必ずしもトレンド方向でスワップポイントを受け取れるわけではない
  • 天底でポジションを保有するのは至難の業である
  • ファンダメンタルズ要因も重視する必要がある

低レバレッジによって含み損の許容範囲は広いことから、 適切に損切りできないと、ずっと損を抱え状態に陥りやすい ことにも注意が必要です。

また、いくらトレンド相場であっても、そのポジションがスワップポイントの受け取り側とは限りません。
とはいえ多くの先進国は低金利ですので、トレンドの大きな波に乗れたらマイナススワップは充分相殺できます。
ポジショントレードでは「スワップポイントは二の次」 と捉えておきましょう。

「頭と尻尾はくれてやれ」の格言があるように、 トレンドの美味しいところに乗るイメージ で臨んでいくのが得策です。

ポジショントレード向きの通貨ペア

つまり取引量が多くて安定した値動きを見せる通貨ペアを指し、 「ユーロ/米ドル」「米ドル/円」 が該当します。

このほかポジショントレードで重視したいのが、 トレンドが発生したら長期でトレンドが継続しやすい通貨ペアであるか です。

中級以上の方は、トレンドが継続しやすい 「ポンド/米ドル」「豪ドル/米ドル」「ユーロ/ポンド」「ユーロ/豪ドル」 の値動きにも注目してみてください。

  • 初心者におすすめ:「ユーロ/米ドル」「米ドル/円」
  • 手法&トレード解説
  • 基本:米ドル、ユーロ、円、ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、スイスフランの組み合わせでトレンド傾向の通貨ペアを探す
  • 中級以上で変動重視:クロス円や、「ポンド/米ドル」「豪ドル/米ドル」「ユーロ/ポンド」「ユーロ/豪ドル」など

あくまでも スワップポイントはオマケ程度 で捉え、いかに大きなトレンドに乗れるかを主軸に考えるようにしてください。

ポジショントレードに不向きの通貨ペア

ポジショントレードで相性が悪いのは、保有によって マイナススワップが大きい方向となる通貨ペア です。
例えば米ドル/トルコリラのように、トルコリラ安によって長期で上昇トレンドといえど、マイナススワップが大きいと、せっかくの為替差益がスワップポイントの損失によって大きく減ってしまいます。

マイナススワップ方向でトレンドが発生しているなら、マイナススワップを差し引いても利益が出るかも考えなければいけません。
基本的には、マイナー通貨でマイナススワップ方向のポジションを保有するのは非推奨 です。

そしていくらスワップポイントが高くても、トルコリラ/円などをロングポジションで保有するのはあまりおすすめできません。
マイナー通貨はスワップポイントの高さが魅力である反面、長期的に通貨安となりやすい性質 があるからです。

  • 高金利通貨:「トルコリラ/円」「南アフリカランド/円」など
  • マイナー通貨:北欧通貨、香港ドル、シンガポールドル、人民元など
  • 高金利通貨はトレンド相場だとしてもマイナススワップに注意。

ポジショントレードの手法とチャート

チャートの期間とテクニカル指標

足種の使い分け例
トレンド確認用日足、週足、月足で方向性を判断
売買判断用4時間足、日足で売買タイミングを判断

チャートの表示期間ですが、おおよそ 数週間のトレードなら日足以上 、 数ヶ月〜年単位のトレードなら週足と年足がベース となります。

長期でトレードするにあたり、短期的な含み損を許容するためにも、 レバレッジは最大5倍以内で運用 するようにしましょう。

スイングトレードは順張りのみ

そのため ポジショントレードでは押し目買い・戻り売りが基本的な手法 となります。

押し目買い

押し目買いの例

戻り売り

戻り売りの例

  • 押し目買い:上昇トレンドのとき、一時的に下がった調整局面の安値で買うこと。
  • 戻り売り:下降トレンドのとき、一時的に上がった調整局面の高値で売ること。

このほかに ブレイクアウト手法 があります。

こちらは 水平レジスタンス、水平サポートの転換点をブレイクアウトしたときにエントリーする手法 となります。

レジスタンスレベルラインのブレイクアウト手法

ブレイクアウト手法

サポートレベルラインのブレイクダウン手法

ブレイクダウン手法

FXの両建ては禁止されている?メリットや取引手法を解説

FXの両建ては禁止されている?メリットや取引手法を解説

FX取引の注意点 / 当サイトの内容について
・本記事では、FXを「必ず利益を生む方法」として紹介しているものではございません。FXは自己の責任において行っていただくようお願い致します。
・外国為替証拠金取引は外国為替レート金利の変動により損害を被るリスクがあり投資元本は保証されていません。
・マーケットの相場変動率に比べ投資元本の損益変動率が大きく状況により損失が証拠金額を上回ることもあります。
・スプレッドは指標発表時や相場が急変した際に拡大する場合があります。
・スリッページが発生することで、発注時点に比べ不利な価格で約定する場合もあります。
・市場の流動性が低下していることで、注文がリジェクトされる場合があります。
・本記事で紹介している企業は金融庁の「 免許・許可・登録等を受けている業者一覧」より抜粋しています。 手法&トレード解説

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

FXデイトレードとは?!初心者でも稼げる手法やコツ・おすすめFX会社は?

お金マン

大きなトレンド


さらに「大きなトレンドを見つける」ことで、大きく勝つことができます。

たまに、一日の中で100~200pips(1~2円)くらい大きく変動することがあります。

「新しい重要な情報、ニュースがでた時」

④重要なニュースや指標に注意する

重要なニュース


それでは、「重要なニュースや指標」というのはどういったものなのでしょうか?

重要なニュースや指標とは、

経済のニュース

    手法&トレード解説
  • 金利動向やGDP成長率(主に指標)

ビジネスのニュース

  • 「ドイツ銀行のデリバティブ問題」「GAFAへの規制と成長率」「ファーウェイの規制や5G主権争い」

政治のニュース

  • 政治: 「関税をめぐる対立や通商に関するニュース」、「イラン、トルコ、シリアなどの中東に関するニュース」、「BREXITの行方やEUへの懐疑的な動向」

特にNASDAQ・DOW30の動向は アメリカだけでなく世界の経済動向に影響しているので、注意が必要 になります。

また、 今後も新たなニュースや指標が出てくるので、それを適切にその重要度を理解していくこと 手法&トレード解説 が、FXでの取引で成功するポイントの一つになっていきます。

⑤テクニカル分析を身につける

テクニカル分析

最後に「テクニカル分析を身につける」ことです。

デイトレは、 特に新しいニュースが無ければ、基本的にはテクニカル分析で取引 をしていくことになります。

なので、テクニカル分析はFXなどの金融取引において非常に重要になります。

主なテクニカル分析は、移動平均線(あるいはMACD)ボリジャーバンド一目均衡表などです。

【当サイト限定】
\53,000円&限定レポートもらえる/
手法&トレード解説

デイトレードにおすすめな時間足

それでは次に デイトレードにおすすめな時間足 を紹介します。

デイトレードで使うのは主に5分足と15分足のチャートです。

しかし、トレンドや相場の流れを調べるためには、それよりも長い 1時間足や4時間足のチャートで調べるのがおすすめ です。

1時間足のチャートで上昇トレンドになっているのが確認できれば、あとは5分足で下降から上昇に転換する押し目を狙ったトレードで利益を狙えます

お金マン

デイトレードで失敗しないコツ3つ

デイトレードで失敗しないコツ

「デイトレで失敗しないコツ」ということですが、ここでは3つ紹介していきたいと思います。

①1日に何度も売買しすぎない

まず「1日に何度も売買しすぎない」ということですが、

②必ずその日の内に決済する

次に「必ずその日の内に決済する」ということです。

デイトレは 基本的にポジションを日をまたいでもち越しません。

しかも、 日本の深夜の時間帯はちょうどアメリカの市場が動いており、米ドルが大きく動く可能性 があります。

もし、夜をまたいでポジションをもち越さなければならないならば、損切り設定だけは忘れずに入れておきましょう!

③自信のない時は売買しない

最後に「自信のない時は売買しない」ということです。

そのため、自信のない時は、なおさらトレードを控えるべきです。

FXで勝ち残るためには、 できるだけ勝率の高い勝負だけ挑むことが大事 手法&トレード解説 だと思っています。

デイトレだからといって、 毎日トレードしないといけないわけでもないです。

FXのデイトレードが向いている人

それでは次に FXのデイトレードがおすすめな人 を紹介します。

主婦やサラリーマンにおすすめ

主婦やサラリーマン

デイトレードは1日に数回のトレードしかしないので、副業としてFXをしていきたい方には最適です。

注文幅も小さいので大きな損失に繋がる可能性も低いため、片手間に稼いでいきたいという方にはデイトレードが向いています。

コツコツ稼いでいきたい人におすすめ

コツコツ稼いでいきたい人におすすめ

しかし、小さい勝ちを重ねていくと確実に資金は伸びていくので長期的にFXのスキルを身につけながら資金を作りたいという方にはFXが最適なのです。

FXを始めるのが初めてという人におすすめ

FXを始めるのが初めてという人におすすめ

また、 初めてFXをするという方にもデイトレードはおすすめ です。

スキャルピングだと手数料を考えると損失が膨らんでいく可能性がありますし、スイングトレードだと決済回数が少ないのでFXの経験をあまり積むことができません。

しかし、毎日相場と向き合えて何度も注文と決済をすることができる デイトレードなら丁度よくFXの実践をすることが可能 です。

万が一損失を出してしまっても他の投資法に比べても少ない損失額で済むケースが多いので、FXをこれから始めるという方はデイトレードで取引するようにしていきましょう。

デイトレード用のFX会社を選ぶポイント

最後に、デイトレをする時に口座開設するFX会社を選ぶポイントを紹介していきます。

FX会社は日本の中だけでも、数え切れないほどありますので、

当然、その中から一つを選ぶのはとても難しいと思います。

そんな人のために、選ぶポイントをここで紹介していきます。

選ぶポイントは以下の通りです。

「取引ツールの使いやすさや正確性」は、日々の取引をスムーズしたり、注文した価格でしっかりと売買が成立したりするためにとても重要なポイントとなります。

また「スプレッド」ですが、デイトレも 比較的短期的な取引になるので、スプレッドをできるだけ小さく抑えたい です。

そして、「取引通貨の単位」も超重要で、ほとんどのFX会社1000通貨単位の売買10000通貨単位の売買で設定しています。

取引通貨の単位数の小さい1000通貨の方が柔軟にポジション量を調節できる ので、 1000通貨単位の取引を提供しているFX会社を選ぶようにしましょう!

デイトレードならLIGHTFXがおすすめ

LIGHTFX
おすすめ度
使いやすさA
安全性A
取引通貨単位1000通貨
スワップポイント(ドル円)76円
スプレッド0.3銭

デイトレで特に注意すべき点は、取引ツールの使いやすさや、スプレッド取引通貨の単位数でしたが、

LIGHTFXは、 その3点においてとても優れています。

取引ツールに関しては、パソコン向けスマホ向け両方で、直観的に分かりやすく正確なツールを提供しています。

また、スプレッド業界最狭水準で、 デイトレーダーにはとても良心的な設定 となっています。

そして、取引通貨の単位数は1000通貨と、 とても柔軟にポジションのロット数を調節することができます。

さらにLIGHTFXは キャッシュバックのキャンペーンがとても充実しており、

今なら口座開設&取引で最大50000円もらえるチャンスです。

ぜひ公式ページでチェックしてみてください。

【当サイト限定】
\53,000円&限定レポートもらえる/

LIGHT FX(ライトFX)の評判・口コミがヤバイ!?驚きの特徴・メリットとは? 今回は最近話題となっているLIGHT FXの評判についてまとめていきたいと思います。 2018年の10月に始まったトレイダース証券.

デイトレード(デイトレ)に関するQ&A

デイトレードに関するQ&A

デイトレードでおすすめのテクニカルはありますか?

デイトレードの手法も、たくさんあり人によってどのテクニカルが使いやすいかも違ってくるため、ベストなテクニカルがこれ!とは断定できませんが、初心者の方は、移動平均線などの原理がわかりやすいテクニカルを使うことから始め、

デイトレードはどの時間足で取引するのが良いですか?

一度半分決済をして、残りの半分を 1 時間足や 4 時間足の値幅達成まで持つというトレードをしてみるのもいいと思います!

勝率があまりよくありません。どこを直せばいいのでしょうか?

つまり、 手法&トレード解説 勝率がよかろうが悪かろうが、結局損益率を合わせて考えトータルでプラスかマイナスか が重要なのです。

バルサラの破産確率表

このように、利確と損切り幅に問題がないか、そこに対する勝率がどうかなど、勝率と損益率をセットで考えることが重要です。

FXのデイトレードとスキャルピングの違いは何ですか?

それは エントリーしてから決済するまでの早さ です。

しかし、スキャルピングになると1分足でリアルタイムに動いている相場に対して仕掛けていくトレード方法になるので、デイトレードよりも決済までのスピードが早いですし、トレード回数が増えるトレードスタイルです。

トレード回数が増えると手数料分の費用も大きくなってくるので、 継続的に勝てるようになるまで難しい手法 と言われています。

こちらの記事でスキャルピングについて詳しく解説していますので、是非確認してみてください。

スキャルピングの手法や勝つコツについてはこちらです。

FXのデイトレードまとめ

最後に今日のまとめをしていきましょう!

  • デイトレードとは、1日の中で数回売買する手法
  • デイトレのメリットー①1日に数回の取引で良い ②費用対効果がとても良い
  • デイトレで勝つ5つのコツー①取引する通貨を絞る ②大きく価格変動する時間帯にトレード ③大きなトレンドをとる ④重要なニュースや情報に注意する ⑤テクニカル分析を身につける
  • デイトレで失敗しないための3つのポイントー①1日に何度も取引しない ②その日の内に決済する ③自信のない時はトレードしない

お金マン

FXのデイトレードをするならLIGHTFXがおすすめ。

メインの口座として使えますので、まだ口座開設していない方は今のうちにしておきましょう!

【当サイト限定】
\53,000円&限定レポートもらえる/

▼FXの始め方については以下の記事をご一読ください!

・本ウェブサイトは、株式会社デジタルアイデンティティ(以下、「弊社」と表記します。)によって運営されており、その著作権その他の知的財産権は弊社に帰属します。本ウェブサイトの全部又は一部を無断で転用・複製することはできません。
・本ウェブサイトは、情報提供及び解説を目的としたものであり、FXその他の金融商品に関する契約締結の代理、媒介、斡旋、勧誘や投資・運用等の助言を行うものではありません。本ウェブサイトの情報の利用及び投資に関する最終的な決定は利用者の判断によるものとし、弊社はこれに一切の責任を負いません。
・本ウェブサイトに含まれる記述・計算等はあくまでも例に過ぎず、弊社はその使用等に関して一切の責任を負うものではありません。
・本ウェブサイトに含まれる情報には将来の業績や事象に関する記述が含まれている可能性がありますが、それらの記述は予想であり、その内容の正確性等を保証するものではありません。弊社はその使用等に関して一切の責任を負うものではありません。
・本ウェブサイトに掲載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、弊社はその内容について保証するものではなく、その使用等に関して弊社は一切の責任を負いません。
・本ウェブサイトの内容は予告なしに変更、削除する場合があるほか、システムメンテナンス等のため一時的に公開、情報提供を停止する場合があります。
・その他、弊社は利用者が本ウェブサイトを用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

LIGHTFX


→当サイト限定レポートがもらえる!

トラッキングトレード


→FXブロードネットの口コミを見てみる

3つの仮想通貨トレード手法と初心者が覚えておくべきコツ

ビットコイン取引


トレードとは利益を出すための取引のことです。

方法①デイトレード

方法②レバレッジトレード

方法③アービトラージ

仮想通貨をトレードする4つのメリット

メリットとデメリット


株や投資信託など他の金融商品と比較して、仮想通貨をトレードするメリットは何でしょうか。

メリット1. 24時間365日取引可能

メリット2. 少額から取引可能

メリット3. 通貨のインフレリスクを分散できる

メリット4. 個人間送金に対応している取引所がある

仮想通貨をトレードする3つのデメリット

セキュリティ


メリットがある一方で、仮想通貨をトレードするデメリットも大きく分けて3つあります。

デメリット1. 手数料が高い場合がある

デメリット2. 取引所が破綻する可能性がある

デメリット3. 相続できない可能性がある

仮想通貨を短期トレードをするメリットとデメリット

仮想通貨の短期トレード

短期トレードのメリット1. 短期でも大きな利益を狙える

短期トレードのメリット2. 取引所のリスクを回避しやすい

短期トレードのメリット3. さまざまな通貨に手を出しやすい

短期トレードのデメリット1. 失敗が続けば損失が膨らむ

短期トレードのデメリット2. 時間と体力が必要な取引方法である

短期トレードのデメリット3. メンタル的に消耗しやすい

仮想通貨を長期トレードをするメリットとデメリット

ビットコイン(BTC)


次に仮想通貨を長期でトレードするメリットとデメリットについて紹介します。

長期トレードのメリット1. マイペースでゆっくりと取引が可能

長期トレードのメリット2. 手数料を抑えられる

長期トレードのデメリット1. 売り時・買い時のタイミングを逃しやすい

長期トレードのデメリット2. 必ずしも大きな利益とはならない

取引所で仮想通貨のトレードをするときのポイント2つ

仮想通貨のトレードのポイント


取引所で仮想通貨のトレードをするときのポイントとして、特に重要なことが2つあります。

ポイント1. 売り板と買い板をチェックし、条件の合った注文を行う

ポイント2. チャートを読み込み、相場の流れを覚える

取引方法によってメリット・デメリットは違う

メリット・デメリットの違い


仮想通貨のトレードは、他の金融商品に比べてメリットがある反面、当然デメリットも存在します。

大塚雄介 プロフィール写真

  • ・いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン
  • ・ビットコイン投資やってみました! (監修)手法&トレード解説 手法&トレード解説

Related Articles

  • 商号:コインチェック株式会社
  • 暗号資産交換業の登録番号:関東財務局長第00014号
  • 加入協会:一般社団法人日本暗号資産取引業協会
  • 【暗号資産・暗号資産のお取引に関する重要事項】
  • 暗号資産は本邦通貨又は外国通貨と異なります。
  • 秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産を利用することができず、その価値が失われます。
  • 暗号資産は移転記録の仕組みの破綻等により、その価値が失われる場合があります。
  • 暗号資産の価格は変動するため、損失が生じる場合があります。
  • 暗号資産は対価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使⽤することができます。
  • お取引の際は、取引内容を十分に理解し、自己の責任をもって行ってください。
  • その他の重要事項及び取引内容等につきましては、「Coincheck 暗号資産取引説明書」「Coincheck 利用規約」「Coincheck つみたて取引説明書」「Coincheckつみたて利用規約 」等の交付書面をご確認ください。
  • お問い合わせ:https://coincheck.com/ja/info/help_contact
  • 手数料について:https://coincheck.com/ja/info/fee
  • ※当社は、細心の注意を払って情報を掲載しておりますが、この情報の正確性および完全性を保証するものではなく、お客さまがこの情報もしくは内容をご利用されたことにより生じた損失に関し一切責任を負うものではありません。
  • ※情報提供のみを目的としており、暗号資産関連取引の勧誘を目的としたものではございません。売買等に関する最終判断はお客様ご自身で行ってください。
  • ※当社は予告なしに、ウェブサイトに掲載されている情報を変更することがあります。
  • ※情報の転載・複製を固く禁じます。

カテゴリー

Digital Currency Exchange
Registration Number: Kanto Finance Bureau 00014

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる