取引プラットフォームガイド

商品CFD

商品CFD
東京地方裁判所平成25年3月19日判決。
商品CFD取引の違法性について充実した判示がされており,形式的な賭博論よりも強い説得力があると感じられます。ここまで言われれば,業者も反論できまい。
当該判示部分は,次のとおり。
「原告の主張するとおり,本件取引は,ロンドン渡しの金現物100トロイオンス(1トロイオンス=31.1035グラム)を1取引単位として,最低取引単位あたり60万円の証拠金を支払ってロンドン渡しの金を売買したと同様の地位を取得し,任意の時点で当該地位と反対の取引をすることによって生ずる観念上の差損金について差金の授受を行う旨の差金決済取引であり,被告会社が提示するロンドン渡しの金の現物価格及びドル円為替変動を差金決済指標とする差金決済契約であると認めることが相当である。
さらに,差金決済指標となるロンドン渡しの金の現物価格は,被告会社が任意に設定し,ドルの為替レートも被告会社が任意に設定するものとされている。なお,本件取引は相対取引であり,原告と被告が常に利益相反関係にあること,被告会社は本件取引に関してカバー取引を行うなどのリスクヘッジ措置を講じていないこと,被告会社は,金融商品取引に関する許可,登録を受けておらず,相対取引によって生ずる損害(顧客の利益)を担保するに足る財務状況を備えていないこと等も認められる。
このように,本件取引における売買差金の額は,顧客が買った(又は売った)ロンドン渡しの金の現物価格についてドルの為替レートによって換算した額と,顧客がその後に売った(又は買った)ロンドン渡しの金の現物価格についてドルの為替レートによって換算した額との差額によって算出されるところ,上記のロンドン渡しの金の現物価格も上記のドルの為替レートも,被告会社と顧客には予見することができず,その意思によって自由に支配することもできないから,本件取引は,偶然の事情によって利益の得喪を争うものであって,賭博に該当し,公序良俗に反するというべきである。
また,本件で被告らは,原告を含む顧客から預託された取引証拠金について,被告会社がどのように運用していたかを全く明らかにしておらず,被告会社が自認する預託金の残高すら原告に返金していないことからすれば,被告会社が自称する商品CFD取引の実体があったとは容易に認めがたいのであり,実体のない本件取引を顧客に勧誘することが原告に対する詐欺に当たることは明らかである。
さらに,上記のとおり,本件取引は,相対取引であって原告と被告会社が常に利益相反関係にあること,差金決済指標となるロンドン渡しの金の現物価格やドルの為替レートも被告会社が任意に設定できること,被告会社が本件取引について何らのリスクヘッジ措置を講じていないこと,被告会社に資金的な裏付けがなく,相対取引によって生ずる損害について担保がないこと等からすれば,本件取引は,顧客にとって極めて大きな危険を伴う取引であったというべきであり,被告会社としては,本件取引を勧誘する際,顧客に対し,上記のような本件取引の内容を十分に説明すべきであったところ,被告会社は,原告に対し十分な説明を行わずに勧誘し,本件取引を行っていると認められるのであるから,本件取引が賭博や詐欺に該当するかどうかにかかわらず,本件取引は違法なものであるというべきである。」

商品CFD

CFD(Contract For Difference)とは、差金決済取引と呼ばれ、売買差額の部分だけを現金で決済する取引のことです。つまり、利益が出たら利益分のみ受取、損失が出たら損失分のみを支払う形で取引を行います。
PayPay証券10倍CFDは株価指数先物を原資産とするCFDに投資が出来、資金として用意した金額の10倍で取引が行える為、少額で大きな取引が行うことができます!

売り買いどちらでも取引可能!

利益のタイミングを逃さない!

10倍CFDに「条件付決済注文」サービスが登場しました。
条件付決済注文は、CFD銘柄ごとに利益金額(含み益)を指定した決済注文ができるサービスです。
このサービスをご利用いただくことで、株価指数の値動きを気にせずに指定する利益の決済タイミングを捉えることができます。
※条件付決済注文は、お客様の利益を保障するものではありません。

ほぼ24h取引出来る!

PayPay証券10倍CFDでは、最長で月曜〜金曜の8:00~翌6:59まで(日本時間)取引することができます。
※米国夏時間は、月曜〜金曜の7:00〜翌5:59まで 日本時間
仕事に行く前、仕事帰りの取引はもちろん、日本の祝日も取引ができるので、休み中のニュースやイベントにも対応した売買が可能です!
※株式市場が休場の時間又は売買状況により、一時的に株式が売切れてお買付けできない・買取り枠の上限に達して売却できない場合があります。

日本225

米国500

ご利用方法

PayPay証券に証券取引口座をお持ちでない方

PayPay証券に証券取引口座をお持ちの方

もっと詳しく知りたい方はこちら

appstore googleplay

リスクなど
(10倍CFD、日本株CFD共通)

CFD取引は、デリバティブの対象となる株式、指数先物の変動によりCFD取引価格が変動しますので、お客様の予想と反対方向に変動することにより、損失が生じるリスクがあり、投資元本は保証されません。また、損失額が証拠金の額を上回る可能性があります。CFD取引に必要な証拠金の最低額は、株価指数CFDは建玉金額の10%、株式CFDは建玉金額の20%に相当する額です。
取引価格は、原資産の価格を参照し当社が提示します。売値と買値に価格差があり相場急変時等に拡げる場合があります。取引手数料は無料です。
その他、金利調整額、権利調整額、価格調整額が発生する場合があります。相場の変動により、ロスカットレートから乖離して約定する場合があり、損失額が証拠金の額を上回る可能性があります。
・取引通貨が米ドルの為替レートはインターバンクの為替レートをふまえて当社が決定します。
・当社のCFD取引は店頭取引のため、取引価格等が他社や取引所と異なる場合があります。
・設定されたロスカットレートに達した場合、ロスカットルールによりポジションが強制決済されます。
お取引にあたっては、「契約締結前交付書面」等を必ずご覧いただき、十分な余裕資金をもった取引であることなど当社からのお客様への確認事項を満たしたうえで取引いただくようご留意ください。また、「リスク・取引手数料相当額等」について内容を十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任によりお取引ください。

商号等/PayPay証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2883号 加入協会/日本証券業協会

金融商品取引業者 PayPay証券株式会社 関東財務局長(金商)第2883号 加入協会/日本証券業協会
PayPay証券はPayPay証券株式会社が運営しているサービスです

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる