初心者必読

レバレッジ取引のメリット

レバレッジ取引のメリット

本記事では、少額の元手で大きな金額の取引を行う事ができる、仮想通貨の「レバレッジ取引」についてを解説していきます。

レバレッジ取引で人気のみんなのビットコイン!特徴と評判、登録方法は?

みんなのビットコインは、2016年に設立された仮想通貨取引所です。
比較的新しい取引所ですが、運営しているのが「みんなのFX」などでお馴染の会社なので、仮想通貨事業でも使えるノウハウを熟知していることが予想できます。
最近では仮想通貨取引所Liquid(リキッド)を運営するQUOINE株式会社と提携するなど、積極的なアクションを見せてくれることも。
これからの将来性にも期待できるため、今後の展開にチェックが欠かせない取引所だといえるでしょう。

使いやすい取引ツールが魅力

みんなのビットコインが提供する取引ツールは、シンプルで使いやすいと評判になっています。
「BTトレーダー」と呼ばれる高性能ツールが利用可能で、毎秒100万取引が処理されているそうです。
取引所に登録さえすればインストールや利用許可は必要ないので、みんなのビットコインを使うならぜひBTトレーダーはチェックしておきましょう。

多くの手数料が無料

みんなのビットコインでは、取引所の利用にかかる手数料の多くが無料となっています。
口座開設と管理はもちろん無料。さらい日本円でのビットコイン(Bitcoin/BTC)現物取引にかかる手数料も無料です。
仮想通貨の入出金も無料となっているので、他の取引所を利用していた人もすんなりとみんなのビットコインに移行することができますね。

セキュリティが高いことによる安心感

仮想通貨取引所にとってセキュリティ体制は、非常に重要なポイントとなっています。 レバレッジ取引のメリット
みんなのビットコインはその点をきちんと理解していて、万全のセキュリティ体制を築いていると評判です。
ウォレットはコールドストレージによるオフライン管理が行われ、不正アクセスを弾くための2段階認証とメール通知も実施されています。
他にも1日1回のアカウントチェックや、SSL暗号化通信などによる保護も行われているため、ユーザーは安心安全の環境で取引が楽しめるでしょう。

レバレッジは最大25倍

元手が少なくても本格的なトレードが行えるレバレッジ取引も、みんなのビットコインでは利用可能です。
倍率は最大で25倍となっているので、少額でもかなり大きな数字を運用することができます。
レバレッジ取引に興味がある人は、みんなのビットコインに登録しておけば充実した売買が実践できるかもしれませんよ。

誰もが嬉しい手数料無料。みんなのビットコインのレバレッジ、その評判は?

やっぱり手数料無料は嬉しい

みんなのビットコインを利用する理由に、手数料無料を挙げる人は多くいるそうです。
手数料がかからないおかげで気軽に仮想通貨をはじめることができ、その後の取引も積極的に行えると評判になっています。
ちょっとした手数料も節約したいと考えるのなら、みんなのビットコインがうってつけと言えるでしょう。

レバレッジの倍率が取引を助けてくれる

レバレッジ倍率の高さも、みんなのビットコインをおすすめするポイントの1つとなっています。
25倍という最大倍率は、仮想通貨の値動きの激しさを有効に利用することにつながるため、多くのトレーダーにとって有益なものとなるでしょう。
少額しか準備できなかった、いきなりたくさんの投資をしたくないけど高い利益を狙いたい、そんな人はみんなのビットコインでレバレッジ取引を実践してみてください。

BTC/JPY以外の取引だと若干手数料が割高になる

手数料無料がみんなのビットコインのメリットですが、その範囲はBTC/JPYの現物取引までとなります。
そのためBTC/JPY以外のペアでトレードを行う場合は、若干手数料が割高になる可能性があるそうです。
さまざまなペアで売買をする予定の人は、あらかじめ手数料による負担があるかどうか確認しておくといいでしょう。

スマホアプリの配信に期待

最近では多くの取引所が専用のスマホアプリを配信していますが、みんなのビットコインではまだその動きが見られません。
アプリをメインに利用したトレードは、今後あらゆる年齢層に仮想通貨を広げていくためにも必須の存在だといわれています。
みんなのビットコインも、ぜひアプリの配信に着手して、その利便性をユーザーに伝えていってほしいですね。
BTトレーダーの機能がアプリでも利用できるようになれば、みんなのビットコインの価値はさらに高まるでしょう。

イーサリアムも取引可能。みんなのビットコインのレバレッジ、そのメリットとは

レバレッジは5パターンから選択可能

みんなのビットコインのメリットといえば、自由度の高いレバレッジ倍率です。
2倍、4倍、5倍、10倍、25倍のパターンから選べるので、自分に合った取引計画が立てられるでしょう。
証拠金や目標金額によって適切な倍率は変わってくるので、みんなのビットコインを使うときはレバレッジ倍率にもこだわってみてください。

最大倍率で取引をしたい人におすすめ

みんなのビットコインでは、最大倍率に25倍が採用されています。
これは現時点で利用できる最高レベルの倍率であるため、最大限レバレッジの特徴を利用したい人におすすめです。
数千円、数万円の投資でも、レバレッジ最大の取引でなら大きな利益を狙えることでしょう。

イーサリアムも取引可能

ビットコインだけでなく、イーサリアムもレバレッジ取引の対象となっています。
時価総額2位のアルトコインであるイーサリアムは、今後も高値の更新が期待できる通貨。
よりメリットの大きな取引をしたいのなら、イーサリアムのレバレッジ取引にも挑戦してみてはいかがですか。

みんなのビットコインでレバレッジ取引。登録、入送金、購入の流れ

登録はとっても簡単!

<登録のための手順>
①公式サイトの「口座開設」をクリック
②「個人」を選択し、メールアドレス・パスワード・居住地国を入力
③個人情報の入力
④規約への同意をチェック
⑤先に入力したメールアドレスにメールを送信
⇒メールに記載されている「こちら」をクリックすることで登録が認証されます。
⑥リンク先の「Sign in」をクリック
⑦ログイン画面からメールアドレスとパスワードでログイン

<本人確認を行う>
①ログイン後、メニュー画面の「設定」から「プロフィール」を選択
②「ファイルを選択」から本人確認書類をアップロード
⇒運転免許証やパスポートなどをスマホのカメラで撮ってアップロードしましょう。
③選択し終えたら「必要書類をアップロードする」をクリック
④ステータスが「書類審査中」に変わるので、結果を待つ
⑤審査後、みんなのビットコインからハガキが届く
⇒ハガキを受け取ることで本登録が完了します。
取引等を行うには本登録が必須なので、早めに作業を進めておくといいでしょう。

入金と取引の流れ

<入金方法>
①BTトレーダーにログインし、「入出金」⇒「入金」⇒「通貨JPY」を選択
②入金情報を作成し、入金予定の銀行口座を入力
⇒現在「住信SBIネット銀行」「静岡銀行」「東京スター銀行」「ゆうちょ銀行」が利用可能です。
③入金情報を送金後、表示される入金IDをチェック
⇒入金IDは振込人名義に使用します。
④金融機関窓口やATM、インターネットバンキングで振込を行う

<レバレッジ取引までの流れ>
①ログイン後、ホーム画面から「レバレッジ」を選択
②注文フォームで「注文方法」「数量」「レバレッジ倍率」を選ぶ
③「売」「買」のいずれかをクリックして注文を実施

仮想通貨のレバレッジ取引のやり方やメリット、証拠金の計算から手数料までを徹底調査!


本記事では、少額の元手で大きな金額の取引を行う事ができる、仮想通貨の「レバレッジ取引」についてを解説していきます。

仮想通貨で大きな金額の取引が出来る「レバレッジ取引」とは?


仮想通貨の「レバレッジ取引」とは、自身の保有している資金を証拠金とする事で、その何倍もの金額をかけた資金の運用が可能な取引の事です。

証拠金を預け入れる事でその何倍もの資金を動かす事が可能

レバレッジ取引では、例えば自身が100万円を元手とし、レバレッジ倍率が「3倍」だとした場合、 最大300万円分のビットコインを取引する事が可能となります。 (※レバレッジ倍率の最大値は各取引所によって異なりますが、詳しくは後述します。)

仮想通貨の現物取引とレバレッジ取引の違い

まず、現物取引はレバレッジ取引が出来ず、その取引金額は自身の保有する資金に限ります。

そして、現物取引では「買い」のポジションしか保有する事が出来ませんが、レバレッジ取引では「買い」と「売り」の両ポジションを保有する事が出来ます。(※ここで言う「ポジション」とは、買ったまま、もしくは売ったままそれを決済せずに保有している約定のことを表します。)

現物取引 レバレッジ取引
レバレッジ できない できる
保有可能ポジション 買いのみ 買いでも売りでも可能

仮想通貨のレバレッジ取引におけるメリット

レバレッジ取引によってより大きなリターンを期待できる

レバレッジ取引を行う事によって、通常の現物取引よりも大きなリターンを狙う事ができるようになります。

レバレッジ取引のメリット
レバレッジ倍率 5倍 10倍 15倍 100倍
元本 10万円 10万円 10万円 10万円
投資額 50万円 100万円 150万円 1000万円
価格変動率10% 10% 10% 10%
リターン 5万円 10万円 15万円 100万円

このように、同じ投資元本と価格変動率でも、レバレッジ倍率を高めれば高める程リターンが大きくなるのです。

なお、仮に10万円の自己資金にレバレッジを100倍かけて1,000万円で運用したとすれば、たった+10%の価格変動でも自己資金10万円で+100万円の利益を手にする事ができるのです。

現物取引とは異なり「買い」と「売り」の両ポジションを持つ事ができる

なお、上述した通りレバレッジ取引では仮想通貨のポジションを「買い」からでも「売り」からでも保有する事が可能です。

なので、レバレッジ取引は上昇局面では「買い」、そして下落局面では「売り」を入れる事によって、相場が上昇しても下落しても利益を獲得できるチャンスがあるのです。

仮想通貨のレバレッジ取引におけるデメリット

ロスカットによって強制的にポジションが決済され、大きな損失になる事がある

当然レバレッジ取引の場合は現物取引と比べて損失額も数倍となりますから、ポジションを入れてすぐに強制ロスカットされてしまう事もあるのです。

仮想通貨のレバレッジ取引ではレバレッジ手数料(スワップポイント)がかかる場合もある

仮想通貨のレバレッジ取引でかかる手数料

スプレッド手数料

例えば、DMMビットコインのレバレッジ取引を見ると(ビットコイン)、それぞれ買値(Ask)レバレッジ取引のメリット が389,282円、売値(Bid)が388,582円となっており、そのスプレッドは「700円」である事がわかります。(※価格は2019年1月15日現在)

このように、取引所によっては大きなスプレッド手数料が上乗せされる為、最初に仮想通貨を購入した時点でスプレッドの分だけマイナスのスタートとなるのです。

レバレッジ手数料(スワップポイント)

仮想通貨のレバレッジ取引における証拠金維持率の計算方法は?

また、レバレッジ取引に必要な「必要証拠金」の定めは各取引所によって様々なのですが、実際に取引する金額に対して自身にどのくらいの証拠金(担保となる資金)が必要なのかを確認する為の「証拠金維持率」といったものがあります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる