FX初心者

海外FXのロールオーバーとは

海外FXのロールオーバーとは
TitanFX

外国為替証拠金取引(FX)

外国為替証拠金取引(がいこくかわせしょうこきんとりひき)(FX)とは、 外国為替(がいこくかわせ)の証拠金取引(しょうこきんとりひき)のことです。
この取引で外国為替(がいこくかわせ)というのは、 外国通貨の「両替(りょうがえ)」という意味です 海外FXのロールオーバーとは (外国為替にはほかに、外国への送金という意味などもあります)。
日本の円から米ドルへ両替する、 米ドルから円へ両替するなどの円を対象とするものだけではなく、 米ドルを豪ドル(オーストラリアドル)に両替する、 豪ドルを米ドルに両替するなどの外国通貨同士の両替も含みます。

証拠金取引(しょうこきんとりひき)というのは、 業者に、少額の証拠金等を出すことにより、 多額の取引を行うことができる取引のことです。
この証拠金の取引は、儲かった時は、 多額の利益がでることになりますが、逆に、 損が出たときは、多額の損害となります。
この特徴を、レバレッジ(てこ)の原理といいますが、 とりあえず、このレバレッジの原理のことだけに限定して設例で説明します。

Aという現在100万円の商品1個を、 海外FXのロールオーバーとは 1ヶ月後(期限)に必ず売却しなければならないという前提で、 10倍の倍率の証拠金取引で購入を行う場合を考えます (簡単にするため、手数料、消費税等は考えません)。
10倍の倍率の証拠金取引ですので、証拠金10万円を出せば、 現時点で、100万円のAを購入することができます。
仮に、1ヶ月後、Aの値段が上がり、 価格が110万円になっていたとすると、 Aは100万円で購入したAを110万円で売ることができることになり、 (証拠金)10万円で、10万円の利益を得ることができることになります。
しかし、1ヶ月後、Aが90万円になっていたとすると、 Aは、100万円で購入した商品を90万円で、 売却しなければならなくなり、10万円の損害ということになってしまいます。
倍率が大きくなればなるほど、レバレッジ(てこ)の原理が強く働き、 利益も損失もより大きくなります。

また、このような証拠金取引は、 「差金決済取引」(さきんけっさいとりひき)をその内容として含みます。
差金決済取引とは、総代金ではなく、差額分のみで決済を行う取引のことです。
前記のA商品の例で、仮に差額決済取引でなく、 海外FXのロールオーバーとは 現金の決済で取引を行うとするとAという商品を100万円で、 購入し110万円で売るとすると、決済時、100万円の現金を支払い、 110万円の代金を受け取ることになりますが、 これでは、証拠金取引の意味がありません。
差引金額である10万円のみを受け取ることで、決済を行うのです。

損失が発生した場合もレバレッジが働き、 巨額の損失となりかねないこのようなレバレッジによる外国為替証拠金取引の危険性から、 金融庁は、「内閣府令」により、外国為替証拠金取引の取引額の4%以上 (平成22年8月1日から平成23年7月31日までは2%)の証拠金の 預託を受けずに業者等が個人の顧客に外国為替証拠金取引(FX)を 行わせることを禁止しました。
すなわち、平成22年8月1日から平成23年7月31日まではレバレッジの上限50倍、 平成23年8月1日からは、上限25倍となっています。

外国為替証拠金取引(FX)の特徴-バーチャル(相対取引)

外国為替証拠金取引(がいこくかわせしょうこきんとりひき)の特徴としては、 相対取引であることがあげられます。
FXについて説明した本などではこのことをバーチャル(仮想)と表現している本もあります。

先物取引、スワップ取引、オプション取引といういわゆるデリバティブの典型 といわれている取引も通常は、市場で取引が行われます。
たとえば、先物取引が行われる場合は、顧客は、 商品取引員(商品先物市場で取引をする資格)である業者を通じて、 例えば、東京工業品取引所で金の先物取引を行うことになります。

為替取引、つまり、通貨の両替取引を行うのは、「外国為替市場」です。
といっても、この市場は前記の東京工業品取引所のような 実際の建物を持つ具体的な取引上ではなく、 世界中の銀行間のネットワークで行われる概念上の 「インターバンク市場」と呼ばれる市場です。
しかし、銀行以外の外国為替証拠金取引は、 このインターバンク市場とは本質的に無関係です。
外国為替証拠金取引においては、 インターバンク市場におけるその日時の当該商品 (外国為替証拠金取引の場合は二つの通貨の為替レート)の価格を基準 (ただし、このインターバンク市場では確定的に一つの値段に決まるわけではないので、 その業者が任意に選択した基準)に業者と客が一対一で取引 (相対取引:「あいたいとりひき」といいます)が行われることになるのです。

要は、パチンコ屋さんでパチンコを行っているのと同じで、 客が利益を得ればパチンコ屋さんが損失となり、 パチンコ屋さんが利益を得れば客が損失となるというものです。
ただ、パチンコ屋さんと違うのは、その構造がわかりづらいことです。
ほとんどの人は、外国為替証拠金取引について、 その業者を通じ、インターバンク市場で取引を行っていると考えているのではないでしょうか。 海外FXのロールオーバーとは
外国為替証拠金取引について、 説明している本の中にも直接にはそこまで記載していなくても、 いかにもそのように思わせる記載があるものがあります。
しかし、実際は、その業者と、一対一で取引を行っているのです。

外国為替証拠金取引(FX)の仕組み

上記のように、外国為替証拠金取引(FX)は、 業者と顧客の一対一の相対取引ですので、当事者同士、 実際は業者が定めたルールにより行われることになります。 海外FXのロールオーバーとは
ただ、銀行間の為替取引などをモデルにして、ほとんどの業者は、 取引の形態を決めていますので、ある程度共通する特徴をまとめます。

証拠金取引

ドルの例で説明すると、1ドル=100円として、50倍の倍率の証拠金取引で取引する場合、 50万円(5000ドル相当の円)を証拠金として預託すると、 5、000ドル×50倍=250,000として、25万ドルの取引が可能となります。

1ドル=100円のときに取引開始して25万ドルを買い、 その後、円安となって1ドル=101円になったとします。 このときの収支は、1ドルあたり 101円-100円=1円 ですから 、25万ドル×5円=125万円の利益になります。

逆に、同じように購入した場合、その後、円高となって1ドル=95円になったとします。 このときの収支は、1ドルあたり 100円-95円=-5円 ですから、 25万ドルでは125万円の損失となります。

このように、一般的に外国為替証拠金取引は、 ハイリスク、ハイリターンな取引になっています。 損失が発生した場合もレバレッジが働き、 巨額の損失となりかねないこのようなレバレッジによる 外国為替証拠金取引の危険性から、金融庁は、「内閣府令」により、 外国為替証拠金取引の取引額の4%以上 (平成22年8月1日から平成23年7月31日までは2%)の 証拠金の預託を受けずに業者等が個人の顧客に外国為替証拠金取引(FX)を 行わせることを禁止しました。 すなわち、平成22年8月1日から平成23年7月31日までは レバレッジの上限50倍、平成23年8月1日からは、上限25倍となっています。

ロールオーバー

ロールオーバーとは、決済期限を繰延べることを言います。
外国為替証拠金取引は、銀行間における為替取引に習って、 2営業日に決済されるという形にしている業者が多いです。
ただそれだと2営業日後には買ったものを売り、 売ったものは買って決済しなければならなくなります (もっとも実体は、業者と顧客の相対取引ですのでこう決めているというだけですが)。
そこで、日々の一定の時間に、その時点でのポジションをロールオーバー(繰り延べする) という形式にしていることが多いのです。

具体的には、今月1日午前11時に、1ドルを100円で10万ドル買ったとすると、 2営業日後には売らなければならないという形になります。
ここで、ロールオーバーされると、その時点の値段で売却したことになり、 同時にその値段で買い直したことになります。
例えば、その時の値段が1ドル99円であれば、そのレートで10万ドルを売ったことになり、 1万円の損失が出たことになります。
そして、また新たに99円のレートで10万ドルを買ったことになり、 決済期限が1日繰り延べられたことになります。
このように決済期限を引き延ばすことができると契約しているのです。
ただ、外国為替証拠金の多くの業者は、 ロールオーバーごとに発生した利益・損失を含み損益つまり、 海外FXのロールオーバーとは 潜在的な損失・利益として、仮の損益として口座の残高には反映させない扱いにしていますが、 最終的に決済すれば、実際の損益となります。

スプレッド

外国為替証拠金では、通貨を売買する時、同じ通貨でも、 顧客が売るのと買うのとでは金額が異なります。
例えば、顧客から見て、1ドル100.00円で売れる時であっても、 買う値段は1ドル100.03円になったりします。
この価格差、0.03円(3銭)がスプレッドです。

スプレッドは各外国為替証拠金会社で通貨ごとに異なります。
ある会社では、1ドル100.03円で買えたのに、同じ時間に他の会社では、 海外FXのロールオーバーとは 100.6円でなければ買えなかったりします。
3銭の差ですが、基本の1万通貨単位で、300円もの差になります。
それも道理で、外国為替証拠金取引は、業者と顧客の相対取引ですので、 極端に言えば、業者は好きな値段で、顧客に売り、 また、顧客から買うことができます。
このように、スプレッドは、業者の利益つまり、実質の手数料といえるものです。

スワップ金利

外国為替証拠金取引のバーチャルな特徴を一番表していると 考えられるのがスワップ金利です。
顧客と業者の相対取引ですので、業者は法律に反しない限り、 どんなルールでも定めることができます。
ですので、本来、スワップ金利など定める必要はないはずです。
ただ、ほとんどすべての業者が、このスワップ金利を定めています。

これは、外国為替証拠金取引(FX)のそもそもの沿革から生じたのです。 海外FXのロールオーバーとは 海外FXのロールオーバーとは
日本では、外国為替公認銀行以外が外国為替業務を行うことを長く禁じていましたが、 平成10年(1998年)4月に施行されたいわゆる外為法により、 この規制がなくなりました。
これにより、個人の顧客相手の外国為替証拠金取引が生まれたのです。
この時、モデルとなったのが、従前からの銀行による外国為替取引です。
この銀行による外国為替取引にスワップ金利がありました。

例えば、Eが、銀行に行って、1年後に1万ドルを円に替える 両替を予約したとします(為替予約(かわせよやく))と言います。
すると、銀行は、この為替予約を行うために、つぎのような取引を組み合わせます。

まず、銀行は、現時点で円相場を確定させるために、 外国為替市場で、1万ドルを円に交換してしまうのです。
これは現時点での交換ですから,直物(現物のことです) 円相場が適用されます(ここでは仮に1ドル=100円とします)。

しかし、Eは一年後に1万ドルを支払って、 その分の円を受け取る取引を依頼しているのですから、 今銀行が外国為替市場で売ったドルはどこにあったのかということになります。
じつは、ドルを一年間貸し借りする金融市場から、 銀行が1万ドルを借りて、それを売ったのです。
Eがドルを売りたいのは一年後でしたから、銀行としては, この1万ドルは一年間借りたままにしておく必要があります。

銀行は、1万ドルのドルを売ると、その代価として100万円の円を手に入れますが、 それをEが受け取りたいと考えているのは一年後ですので、 銀行としては、その100万円を1年間金融市場で運用できます。
この取引の組み合わせによって、Eが取引を依頼した銀行は, 1年間だけ金融市場からドルを借りて, かつ金融市場で円を1年間運用するのですが、 ドルを借りる際にはドルの金利を支払い、 円を運用する際には円の金利を受け取ることになります。
ドルの金利2%、円の金利を0.5%とすると、 差し引きで1.5%の金利を支払えばいいことになります。
この金利の支払いが、Eが依頼した外国為替の取引にともなって生じたコストですから、 海外FXのロールオーバーとは 銀行は,この金利支払い分をEに請求します。
この金利の支払い部分がスワップ金利ということになります。

外国為替証拠金取引で、1ドル=100円のレートの際に、 1万ドルを売却した場合は上記の理屈で、市場から1万ドルを借り、 100万円を運用することになりますので、 ドルの金利2%、円の金利を0.5%とすると、 差し引きで1.5%の金利を顧客は業者に支払わなくてはならないことになります。
逆に1ドル=100円のレートの際に、1万ドルを購入した場合は上記の理屈で、 市場から100万円を借りて、1万ドルを運用することになりますので、 ドルの金利2%、円の金利を0.5%とすると、 差し引きで1.5%の金利を顧客は業者からもらえることになります。

ロスカット

例えば、50万円を証拠金として預けて、10万ドルを購入したとします。
もし、円が5円円高に進めば、50万円の損失になり、 証拠金と相殺するとゼロになってしまいます。
さらに5円以上の円高が生じたら、損失となってしまいます。
業者の側から見ると、証拠金という担保よりも損失が大きくなり、 顧客にその損失を支払ってもらえなくなるかもしれません。

しかし、このロスカット・ルールがシステム上のトラブル等から機能せず、 問題となることもよくあります。
このロスカット・ルールがコンピューターシステムの問題から、 ルールどおり適用されず、顧客が損害を被った事案について、 東京地方裁判所平成20年7月16日判決(金融法務事情1871号51頁以下)は、 システム上のトラブルからロスカット・ルールが機能しなかったケースについて、
(1) 外国為替証拠金取引業者が、外国為替証拠金取引において、 顧客に対し、ロスカット・ルールを示していた場合には、 当該業者は、当該取引において、ロスカット・ルールに従った手続きを取るべき義務を負う。
(2) 当該業者が、自らのコンピューターシステムが不充分であったことにより、 当該時点で即時に当該顧客の建玉についての反対売買の成立を遅延させ、 その結果、当該顧客が損害を受けたときには、当該業者は、 当該取引における注意義務に違反したものとして、当該顧客に対する不法行為責任を負う
として、原告顧客の請求をおおむね認めています。
たたし、当該判決は、法人顧客にはほとんど適用されない消費者契約法を その理由の一部としていますし、当該事案との関係もあり、 どのような場合に業者が責任を負うかは、事案によって、異なる点も多いと考えられます。

外国為替証拠金取引(FX)の危険性

日本では、外国為替公認銀行以外が外国為替業務を行うことは 禁じられていましたが、平成10年4月1日から、 海外FXのロールオーバーとは 施行された改正外為法により外国為替業務につき許可制・届出制が廃止され、 誰でも、外国為替業務を行うことができるようになり、 外国為替証拠金取引を行う業者が生まれました。
しかし、これらの業者を規制する法律が全くありませんでした。
このため、従前の他の悪質商法を行っていた業者も多数、外国為替証拠金取引に参入しました。
このことにより多数の被害者が生じ、紛争が多発する事態となりました。

平成17年7月1日に改正金融先物取引法が施行され、 外国為替証拠金取引は全面的に同法の規制対象となり、 現在は平成18年6月1日成立の金融商品取引法に引き継がれ同法の規制対等となりました。
前記金融先物取引法は、外国為替証拠金取引等の金融先物取引業者の 登録制を採用したことから(同法56条。金融商品取引法になってからは、同法29条)、 悪質業者が多数含まれていた独立系外国為替証拠金取引業者の多くが 平成17年末までに消滅し、被害件数は顕著に低下していきました。

現在の外国為替証拠金取引の危険性としては、 やはり、外国為替証拠金取引とは名ばかりで無登録の違法業者が行っている詐欺的取引です。
危ないと思ったら最低限でも、金融庁の登録番号を聞き、 金融庁のHP の「免許・許可・登録等を受けている業者一覧」で確認されるべきでしょう。

現在、顕在化している問題は、システムトラブルの問題です。
システムが正常であるか、恣意的に運用されていないかについては、 外部からわかりにくいこともあって、相談レベルでも苦情が多いものです。

典型的なシステムトラブルとしては、ロスカット(強制的な取引の終了) 海外FXのロールオーバーとは がおこなわれなかったというものがあります。
このロスカット・ルールがコンピューターシステムの問題から、 ルールどおり適用されず、顧客が損害を被った事案について、 東京地方裁判所平成20年7月16日判決(金融法務事情1871号51頁以下)は、
(1) 外国為替証拠金取引業者が、外国為替証拠金取引において、 顧客に対し、ロスカット・ルールを示していた場合には、 当該業者は、当該取引において、ロスカット・ルールに従った手続きを取るべき義務を負う。
(2) 当該業者が、自らのコンピューターシステムが不充分であったことにより、 当該時点で即時に当該顧客の建玉についての反対売買の成立を遅延させ、 その結果、当該顧客が損害を受けたときには、当該業者は、 当該取引における注意義務に違反したものとして、当該顧客に対する不法行為責任を負う
として、原告顧客の請求をおおむね認めています。
たたし、当該判決は、法人顧客にはほとんど適用されない消費者契約法を その理由の一部としていますし、当該事案との関係もあり、 どのような場合に業者が責任を負うかは、事案によって、異なる点も多いと考えられます。

また、外国為替証拠金取引は、業者と顧客の一対一の相対取引 (あいたいとりひき)ですので、市場における取引に比べ、より、 どういう業者と取引を行うかが重要です。
いかに口座上は、利益が上がっているとしても、当該業者が倒産すれば、 証拠金として出していた部分も含め全額損害となります。
平成21年(2009年)から22年(2010年)にかけて、業者の倒産により、 現実にこのような損害が発生しています。
業者によっては、信託分離保管で顧客から預かった資金全額を信託会社などに 預け入れ会社の資産とは完全に別のシステムを取っていると標榜する会社もあるが、 実体がそうであるかは、外見上はわかりません。
東京地方裁判所平成22年4月19日判決(判例タイムズ1335号189頁以下)は、 外国為替証拠金取引業者が関連会社である会社から十分な証拠金の預託を 受けずに同会社との間で外国為替証拠金取引を行い、これにより、 当該業者が他の顧客に対し証拠金を返還できなくなったことについて、 当該業者及び当該関連会社の名目的取締役等に会社法429条1項に基づく責任を認めています。

お金にまつわるお悩みなら教えて! お金の先生

FXのロールオーバーというシステムについてお聞きしたいです。私の解釈が間違っていたらどなたか正して頂けませんか?
私はロールオーバーとは、外国通貨は2日しか持てないので、仮にその間に決済をしないと強制的に決済されてしまうというシステムだと思っているのですが、ここで疑問があります。 海外FXのロールオーバーとは
強制的に決済される値段は時間(保有終了期間)で決まるのですか?

あと、今回、売りポジションで、価格が上がってしまい損切り(ロールオーバー?)されてしまったのですが、仮にこれが買いだった場合、利益確定されて終わるだけですか?
それとも利益が確定してさらに終了価格からロールオーバーが生じますか?

どなたか教えてください。お願いします。

ayaaki100さんの回答が的を射ていると思います。ありがとうございます。
ただ、少し説明が難しくてロールオーバーが、個人投資家のために決済をいつでも延長できるシステムということは分かったのですが、なぜ途中で決済しないといけないのかが分かりません。それはルールですか?
実際に一昨日、1ドル99.613円で売りに出したのですが、今日の今日までの円安で100.500以上になったようで、建玉情報を更新すると、99.613円で売りに出したという情報から100.500で売りに出しているという覚えのない情報に書き変わっていました。これはオーバーロールのせいだとは分かるのですが、どういう仕組みでこうなったのでしょう?
なぜ100.500なのですか?他の値ではなくなぜこの値なのでしょう?
株の取引では、こんなことはありませんよね?
それと、ロールオーバーとスワップの関連性がいまいち分かりません。
なぜロールオーバーになるとスワップが生じるのか教えてください。

ベストアンサーに選ばれた回答

ロールオーバーとは、ポジションの決済日を自動延長する仕組みのことです。

外国為替取引には、直物(じきもの)と先渡し(先物)があり、FX業者の為替レートは、提携金融機関が提供する直物相場をベースに、各社が独自に決定しています。直物とは、取引成立から2営業日後に資金の受け渡しにより決済する取引のこと。FX(外国為替証拠金取引)は証拠金取引ですから、資金の移動交換は行わないのですが、それでも直物をベースに取引しているので、決済日は2営業日後になるはずでした。しかし、これでは個人投資家にとって使い勝手がよくないので、ロールオーバーという仕組みを導入し、決済日を何日でも自動延長できるようにしました。なので、取引期間はFX投資家が自由に決めることができます。

損切りというかロスカットは、証拠金の余力不足から生じるものです。含み損が拡大し、証拠金が目減りして、ロスカットされたのでしょう。ロスカットとロールオーバーは無関係です。

なお、ロールオーバーの際に、スワップポイントが算出されています。

補足>>>ここから先は私の領域外ですが、FX業者のなかには、ロールオーバーの際に値洗いする業者と、値洗いしない業者があるそうです。値洗いとは資産を再評価すること。値洗いありなら、元の建値(質問主様の場合99.613円の売り)はロールオーバーの際の為替レートで更新されるようです。なので、値洗いありの業者を利用されているのではないでしょうか。スワップポイントに関しては、ロールオーバーする際に、‘トムネ’と呼ばれる為替スワップ取引を行うことで決済日を持ち越していて、トムネによる為替レートと当日の清算価格との差がスワップポイントになります。スワップポイントがポイント(価格)となっているのは、金利差を調整した価格差だからだそうです。なお、FXは資金の移動交換を行わない取引ですし、FX業者は外国為替の統計では「非金融機」に分類されているので、FXでは借金による取引は行われていません。

ご参考になれば幸いです。

海外FX業者からスワップポイント金利が受け取れるロールオーバーは、日本時間で何時頃ですか?海外FX業者ごとに違いますか?

海外FX業者からスワップポイント金利が受け取れるロールオーバーは、日本時間で何時頃ですか?海外FX業者ごとに違いますか?

海外FX業者からスワップポイント金利が受け取れるロールオーバーは、日本時間で何時頃ですか?海外FX業者ごとに違いますか? 目次

ロールオーバーは、日本時間で早朝6時か7時頃

海外FX業者(海外FX会社、海外FXブローカー)の ロールオーバーは、日本時間で朝の6時か7時頃 にされます。

サーバータイム ロールオーバー 日本時間 GMT+9
通常時 GMT+2 0:00頃 午前7:00頃
夏時間 GMT+3 0:00頃 午前6:00頃

ただしロールオーバーの正確な時間は海外FX業者で違います

ただし、 海外FX業者ごとに微妙にロールオーバーの時間は違います のでご注意下さい。

海外FX業者 XMとFBS、TitanFXでのロールオーバーの時刻の例

海外FXのロールオーバーとは
ロールオーバー(日本時間) 通常時 GMT+2 夏時間 GMT+3
XM(XMTrading) 7:00 6:00
FBS 6:59から7:00 5:59から6:00
TitanFX 6:55から7:海外FXのロールオーバーとは 04 5:55から6:04

また、ロールオーバーと関係するスワップポイントは、 水曜日から木曜日まで持ち越したオープンポジションに対して、3倍のスワップポイントが発生 します。

XM(XMTrading)のロールオーバー時刻の例

XMTrading-FX-Forex-CFD-Broker-Swap-Over-Night-Roll-Over

“GMT22時ちょうどの時点で未決済のポジションは、ロールオーバーの対象となり、翌日まで保有されます。 22時1分の時点で開かれたポジションは、翌日までロールオーバーの対象になりませんが、21時59分に開かれたポジションはGMT22時の時点でロールオーバーが行われます。”
– XMTrading公式サイト「オーバーナイトポジション」

FBS(エフビーエス)のロールオーバー時刻の例

そのため、日本との時差は通常7時間で、ロールオーバーの時間を日本時間に直すと FBSもXMと同じおよそ朝7時 となります。

夏時間(サマータイム)にご注意ください

海外の生活時間には、日本と違い夏時間(サマータイム)・冬時間(ウィンタータイム)という設定があります。

Posted by Kuze Makoto

  • Kuze MakotoのTwitterアカウント
  • Kuze MakotoのFacebookアカウント
  • Kuze MakotoのLinkedinプロフィール
  • Kuze Makoto 最新の記事

1985年生まれ。日本国籍。イギリス育ち。 前職は、海外FX業者のディーラー業務。現在は、Vermillion Limited COO。 年に数回、イギリスとキプロス、日本を移動しています。 ご連絡は、Twitterなどでお気軽に(DM解放しています)。

最新のページ

  • SimpleFX(シンプルFX)が、最大レバレッジを1,000倍に引き上げ
  • XM(XMTrading)の仮想通貨取引を徹底解説!XMで仮想通貨を取引するメリットとデメリット!
  • FXGTが、無料VPSホスティングサービスを提供開始
  • XM(XMTrading)が、仮想通貨取引を再開 – ハイレバ250倍&スワップフリー&24時間365日取引できる
  • HotForex(ホットフォレックス)が、ブランド名を「HFM(HF Markets、HFマーケット)」に変更

クチコミとレビュー

コメントをどうぞ コメントをキャンセル

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。

利用規約をお読みになった上で投稿してください。

他のFAQ

トピックス

FXの通貨ペアのスプレッドとは?スプレッドの意味と計算方法を解説

FXのスプレッドとは?

海外FX業者 ThreeTrader(スリートレーダー)でポイントを稼いで、iPhoneやAirTagをもらおう

ThreeTrader ポイントプログラム

みんなで海外FXなら、easyMarkets(イージーマーケット)で口座開設するだけで、自動でプレミアム口座へアップグレード!入金条件なし

easyMarkets プレミアム口座開設キャンペーン - 20万円の入金条件なし!無料&自動アップグレード

海外FX業者 Windsor Brokers(ウィンザーブローカー)の20%入金ボーナス!入金すると、何度ももらえる!最大1万ドルがもらえる!

Windsor Brokers 20%入金ボーナス - 入金のたびにもらえる!最大1万ドル!

SuperForex(スーパーフォレックス)は、50ドルの口座開設ボーナスと5種類の入金ボーナスがもらえる海外FX業者!最大レバレッジを2,000倍に引き上げ

海外FX会社 SuperForex (スーパーフォレックス)

XMよりウサイン・ボルト選手XM公認アンバサダー就任のご案内 - 世界最速の男がXM大使に就任

XMよりウサイン・ボルト選手XM公認アンバサダー就任のご案内 - 世界最速の男がXM大使に就任

関連ページ

TradersTrust

LAND-FX

IFCMarkets

ページナビゲーション

  1. ホーム
  2. FAQ
  3. 海外FX業者からスワップポイント金利が受け取れるロールオーバーは、日本時間で何時頃ですか?海外FX業者ごとに違いますか?

最近のコメント

iiiiiii のコメント

kaede のコメント

わんちゃん のコメント

gggggg のコメント

Kinjo のコメント

Kinjo のコメント

海外FX会社

仮想通貨取引所

新着情報・お知らせ

  • SimpleFX(シンプルFX)が、最大レバレッジを1,000倍に引き上げ
  • FXGTが、無料VPSホスティングサービスを提供開始
  • XM(XMTrading)が、仮想通貨取引を再開 - ハイレバ250倍&スワップフリー&24時間365日取引できる
  • HotForex(ホットフォレックス)が、ブランド名を「HFM(HF Markets、HFマーケット)」に変更
  • easyMarkets(イージーマーケット)が、MT5口座を提供開始 - MT5(メタトレーダー5)は変動スプレッド
  • AXIORY(アキシオリー)より、公式ウェブサイトの大幅リニューアルのお知らせ

重要なお知らせ

  • SuperForex(スーパーフォレックス)より、模倣サイトを使った詐欺に関する注意喚起
  • AXIORY(アキシオリー)より、模倣サイトおよびAXIORYを名乗る偽メールに関する注意喚起
  • 海外FXのロールオーバーとは
  • HotForex(ホットフォレックス)より、偽装サイトに関する注意喚起
  • XM(XMTrading)より、偽サイトや偽アプリに関する注意喚起 - 詐欺に注意
  • AXIORY(アキシオリー)より、お中元ボーナスキャンペーンに関する大切なお願い
  • 廣常智輝(広常智輝、ひろつねともき、Tomoki Hirotsune、徳島県名西郡石井町在住)への警告

キャンペーン

  • LAND-FX 100%入金ボーナス
  • XMTrading ロイヤルティプログラム 最大20 XMP/ロット
  • XMTrading 100%+20%入金ボーナス
  • PUPRIME 口座開設ボーナス 50ドル
  • GeneTrade 75%入金ボーナス
  • exness Premier キャッシュバック 海外FXのロールオーバーとは 最大3ドル/ロット

キャンペーンとボーナス

ニュース・リリース

コントラクト

みんなで海外FXは、個人投資家・トレーダーのためのFX・株式投資総合情報サイトです。 日本国外の証券会社(海外証券会社)、日本国外のFX会社(海外FX会社)の情報を中心に、投資用の各種海外口座における会社選びや口座選びの安心と安全の目安を提供します。 これから海外口座で投資(FXや株式、CFDなど)を始める方も、既に海外口座をご利用でも、どんな方でもご利用いただける情報の提供を行っています。 2016年より、海外取引所を中心に仮想通貨取引所および仮想通貨販売所の掲載を開始しました。

投資は、開始される前に市場の仕組みや各社の定める規定や契約を十分に認識し、取引システムの操作方法への理解を深めていただく必要があります。 金融サービスガイドやリスクの説明は、各社のサポートデスクまでお問い合わせください。 取引を開始される前に、金融サービスガイドやリスク説明をお読みいただくようお願いいたします。 いついかなる場面でも、必ずご自身の意思で投資を開始されてください。

みんなで海外FXが提供する全てのサービス及び全ての情報は、FXや株式投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、勧誘を目的としたものではありません。あわせて、当サイトは、主にユーロ圏在住の日本語スピーカーの方へ向けたものであり、日本在住の方を勧誘することを意図したものではありません。 みんなで海外FXに含まれる市場分析やその他情報は全て個人の見解であり、情報の正確性・普遍性などにおきまして一切の保証・確約をするものでもございません。みんなで海外FXの情報やその内容につきましては万全を期しておりますがその内容を保証するものではなく、これらの情報によって生じたいかなる損害についてもみんなで海外FXおよび本情報提供者は一切の責任を負うものではないことを予めご了承ください。 みんなで海外FXでは、各種の投資商品及び投資におけるアドバイスは提供しておりません。 みんなで海外FX上の記載事項は、予告なしに内容が変更又は廃止される場合がございます。 ユーザーは、FX会社(海外FX会社、海外FX業者、海外証券会社)の選択、取引口座(海外口座、海外FX口座、証券口座)の開設、資金のご入金、投資行為、その全てをご自身の責任で行うものです。みんなで海外FXは、ユーザーのどのような行為であってもユーザーの責任のもとで発生したいかなる損害に対して責任を負いかねます。 実際に利用する取引口座の設定や環境(スプレッド、ロスカット、マージンコール、取り扱い銘柄など)必ずご自身でご利用となるFX会社(証券会社)にてご確認ください。 みんなで海外FXは、ユーザーが利用するFX会社(証券会社)が提供するサービスにつきまして、一切の責任を負わず、FX会社はみんなで海外FXが提供するサービスに責任を負いません。ご利用のFX会社とみんなで海外FX、それぞれに対しユーザーがその全責任を負う必要があります。 上記されるユーザーの責任につきましては、みんなで海外FXにFXや株式投資だけではなく掲載される全てのファイナンシャル・サービス(電子マネー、オンライン・ウォレット、市況配信サービスなど)においても同様です。投資の抱えるリスクについて十分にご理解とご納得の上でお取引してください。

海外FXのロールオーバーとは何ですか?

XM(XMTrading)公式キャッシュバック「ロイヤルティプログラム 」- XMポイントを貯めてボーナスや現金に換えよう

iFOREX

Axiory

TitanFX

ページナビゲーション

最近のコメント

iiiiiii のコメント

kaede のコメント

わんちゃん のコメント

gggggg のコメント

Kinjo のコメント

Kinjo のコメント

海外FX会社

仮想通貨取引所

新着情報・お知らせ

  • SimpleFX(シンプルFX)が、最大レバレッジを1,000倍に引き上げ
  • FXGTが、無料VPSホスティングサービスを提供開始
  • XM(XMTrading)が、仮想通貨取引を再開 - ハイレバ250倍&スワップフリー&24時間365日取引できる
  • HotForex(ホットフォレックス)が、ブランド名を「HFM(HF Markets、HFマーケット)」に変更
  • easyMarkets(イージーマーケット)が、MT5口座を提供開始 海外FXのロールオーバーとは - MT5(メタトレーダー5)は変動スプレッド
  • AXIORY(アキシオリー)より、公式ウェブサイトの大幅リニューアルのお知らせ

重要なお知らせ

  • SuperForex(スーパーフォレックス)より、模倣サイトを使った詐欺に関する注意喚起
  • AXIORY(アキシオリー)より、模倣サイトおよびAXIORYを名乗る偽メールに関する注意喚起
  • HotForex(ホットフォレックス)より、偽装サイトに関する注意喚起
  • XM(XMTrading)より、偽サイトや偽アプリに関する注意喚起 - 詐欺に注意
  • AXIORY(アキシオリー)より、お中元ボーナスキャンペーンに関する大切なお願い
  • 廣常智輝(広常智輝、ひろつねともき、Tomoki Hirotsune、徳島県名西郡石井町在住)への警告

キャンペーン

  • LAND-FX 100%入金ボーナス
  • XMTrading ロイヤルティプログラム 最大20 XMP/ロット
  • 海外FXのロールオーバーとは
  • XMTrading 100%+20%入金ボーナス
  • PUPRIME 口座開設ボーナス 50ドル
  • GeneTrade 75%入金ボーナス
  • exness Premier キャッシュバック 最大3ドル/ロット

キャンペーンとボーナス

ニュース・リリース

コントラクト

みんなで海外FXは、個人投資家・トレーダーのためのFX・株式投資総合情報サイトです。 日本国外の証券会社(海外証券会社)、日本国外のFX会社(海外FX会社)の情報を中心に、投資用の各種海外口座における会社選びや口座選びの安心と安全の目安を提供します。 これから海外口座で投資(FXや株式、CFDなど)を始める方も、既に海外口座をご利用でも、どんな方でもご利用いただける情報の提供を行っています。 2016年より、海外取引所を中心に仮想通貨取引所および仮想通貨販売所の掲載を開始しました。

投資は、開始される前に市場の仕組みや各社の定める規定や契約を十分に認識し、取引システムの操作方法への理解を深めていただく必要があります。 金融サービスガイドやリスクの説明は、各社のサポートデスクまでお問い合わせください。 取引を開始される前に、金融サービスガイドやリスク説明をお読みいただくようお願いいたします。 いついかなる場面でも、必ずご自身の意思で投資を開始されてください。

みんなで海外FXが提供する全てのサービス及び全ての情報は、FXや株式投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、勧誘を目的としたものではありません。あわせて、当サイトは、主にユーロ圏在住の日本語スピーカーの方へ向けたものであり、日本在住の方を勧誘することを意図したものではありません。 みんなで海外FXに含まれる市場分析やその他情報は全て個人の見解であり、情報の正確性・普遍性などにおきまして一切の保証・確約をするものでもございません。みんなで海外FXの情報やその内容につきましては万全を期しておりますがその内容を保証するものではなく、これらの情報によって生じたいかなる損害についてもみんなで海外FXおよび本情報提供者は一切の責任を負うものではないことを予めご了承ください。 みんなで海外FXでは、各種の投資商品及び投資におけるアドバイスは提供しておりません。 みんなで海外FX上の記載事項は、予告なしに内容が変更又は廃止される場合がございます。 ユーザーは、FX会社(海外FX会社、海外FX業者、海外証券会社)の選択、取引口座(海外口座、海外FX口座、証券口座)の開設、資金のご入金、投資行為、その全てをご自身の責任で行うものです。みんなで海外FXは、ユーザーのどのような行為であってもユーザーの責任のもとで発生したいかなる損害に対して責任を負いかねます。 実際に利用する取引口座の設定や環境(スプレッド、ロスカット、マージンコール、取り扱い銘柄など)必ずご自身でご利用となるFX会社(証券会社)にてご確認ください。 みんなで海外FXは、ユーザーが利用するFX会社(証券会社)が提供するサービスにつきまして、一切の責任を負わず、FX会社はみんなで海外FXが提供するサービスに責任を負いません。ご利用のFX会社とみんなで海外FX、それぞれに対しユーザーがその全責任を負う必要があります。 上記されるユーザーの責任につきましては、みんなで海外FXにFXや株式投資だけではなく掲載される全てのファイナンシャル・サービス(電子マネー、オンライン・ウォレット、市況配信サービスなど)においても同様です。投資の抱えるリスクについて十分にご理解とご納得の上でお取引してください。

オーバーナイトポジション

USDJPYを取引している場合の翌2営業日のレートを以下と仮定します:
ロングポジションは+0.5%
ショートポジションは-1.5%
本シナリオでは、アメリカの金利が日本の金利よりも高くなっています。従い、本通貨ペアのロングでのオーバーナイト・ポジションでは、+0.5% - XMTradingの手数料を受け取ります。
反対に、ショートポジションでの計算は -1.5% - XMTradingの手数料となります。

ここでの+/- は、対象の通貨ペアの両通貨間のレート差によって決まります。

株式と株価指数

Unilever(イギリス上場株式)を取引すると仮定します。イギリスの短期インターバンクレートが年率1.5%である場合、オーバーナイトのロングポジションの計算は以下になります:
-1.5%/365 – XMTradingの一日分の手数料
反対に、ショートポジションの計算は +1.5%/365 海外FXのロールオーバーとは – XMTradingの一日分の手数料となります。

ここでの +/-は、銘柄に対してショートポジションを建てたのかロングポジションを建てたのかによって決まります。

ロールオーバーの予約

Tradexfin Limitedは、証券ディーラーライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁(FSA)により規制されています。 | 個人情報保護方針 | クッキーに関する方針 海外FXのロールオーバーとは | 契約条件
Fintrade Limitedは、証券ディーラーライセンス番号GB20025835の下、モーリシャス金融サービス委員会(FSC)より、規制されています。 | 個人情報保護方針 | クッキーに関する方針 | 契約条件

TPS Management Limitedの所在地は、Steliou Mavrommati 80B, Agios Pavlos, 2364, Nicosia, 海外FXのロールオーバーとは Cyprusです。 TPS Management LimitedはTradexfin Limitedが完全に所有しています。

リスク警告: FXおよびCFD商品取引には投資元金を失う非常に高いリスクが伴います。弊社Tradexfinのリスク開示およびFintradeのリスク開示をお読みの上、十分にご理解ください。

お客様の個人情報を大切にします

お客様のクッキーの設定

クッキーとは何ですか?

クッキーは何の役に立つのですか?

以下は、クッキーが弊社に提供する一部の機能の概要です:

  • お客様の個人情報を確認し、お客様のアクセス元の国を特定する
  • ブラウザ種類と端末をチェックする
  • ユーザーの参照元となったサイトを追跡する
  • 第三者によるコンテンツの適切なカスタマイズを可能にする

本ウェブサイトは、Google, Inc. 社(「Google」)が提供するウェブ分析サービスのGoogle 海外FXのロールオーバーとは アナリティクスを使用しています。Google アナリティクスは、お客様のコンピュータに保存されている分析クッキーを使用してユーザーのウェブサイトの利用を分析します。クッキーによって生成されたお客様のウェブサイトの利用に関する情報(お客様のIPアドレスを含む)は、Googleによってそのサーバーに送信され、保存される場合があります。Google はこの情報を使用してウェブサイトの利用状況を評価し、ウェブサイトの活動に関するレポートを編集し、ウェブサイトの活動やインターネットの利用に関連するその他のサービスを提供する場合があります。また、Google は法律によってこちらを行うことが必要な場合には本情報を第三者に転送する場合があり、こちらには当該第三者がGoogle に代わって情報を処理する場合も該当します。Googleは、お客様の IP アドレスを他のデータと関連付けることはありません。本ウェブサイトを使用することにより、お客様は、Googleにお客様に関する情報を上記に規定された方法および目的にて処理する許可を与えます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる