初心者におすすめ

スリッページの定義と例 - ビットコイン

スリッページの定義と例 - ビットコイン
成行注文
成行注文(新規注文・決済注文のような取引注文)は、実行時に当社の取引画面(お客様の側)で有効な価格が、当社サーバーに示される基準となる価格から規定の許容範囲内にあれば、基準となる価格が取引画面で示される価格を上回るか下回るかに関係なく、当社の取引画面(お客様の側)で有効な価格で実行されます(WYSIWYG見たままが得られる)。取引画面に示される価格(お客様の側)が上記許容範囲を超える場合、(たとえば、お客様の注文から注文の受信や実行までの間に基準となる資産が動いた場合、市場のボラティリティが高い場合や通信の遅れがある場合など)、注文はシンメトリカルに、取引画面に表示される価格と異なる、当社サーバーで示される価格(市場価格)で実行されます。取引画面(お客様の側)で表示される価格と当社サーバーの示す価格の間に相当な差がある場合は、注文は拒否されるものとします。

【仮想通貨マーケット特集】4章 流動性とマーケットインパクト

流動性と価格の関係は、一般的にはマーケットインパクト(market impact)と呼ばれています。マーケットインパクトは、現在の取引板の状況を受けて1つの注文(もしくは複数の注文グループ)が資産のマーケット価格にどのような影響を及ぼすかを測ります。流動性の高い取引板の場合は、ディープマーケットと呼ばれ、ほとんど影響がありません。一方、流動性の低い取引板はシンマーケットと呼ばれ、大きな影響を及ぼすことになります。シンマーケットの場合、同じ時間に執行されたトレードの間で価格に大きな差が出ることになります。

ビットコインー米ドル(BTC-USD)の流動性ー価格レンジ

  • ビッド(青いボックス)の合計は[3.1+0.275+0.1+1.984+0.1+0.1+0.75+3.382+3.386]13.18 ビットコインで、1ビットコインあたりの価格レンジは8867.3ドル〜8871.0ドル
  • アスク(赤いボックス)の合計は [2.752+1.984+0.1+7.632+0.124+0.174] 12.77ビットコインで、1ビットコインあたりの価格レンジは8873.1ドル〜8876.2ドル。
  • 中間価格(ビッドの流動性+アスクの流動性)の5ドル以内にある流動性は合計で25.94ビットコイン

このビットコインー米ドル(BTC-USD)の取引板は、8867.3ドルと8876.2ドルの間で25ドル以上を吸収できるほど十分な買い手と売り手が参加していることになります。

スリッページ予想

  • ビッド(青いボックス)では、最低価格が8835ドルで潜在的なスリッページが40ドル(中間価格−最も低いビッド価格)あることを示しています。
  • アスク(赤いボックス)最高価格は8915ドルで、潜在的なスリッページが40ドル(最も高いアスク価格−中間価格)あることを示しています。

150ビットコインの売り買いをする場合、トレーダーは最大で40ドル、もしくは中間価格の0.45%のスリッページに直面することになります。

流動性の進化

流動性とマーケットインパクトは未来永劫変わらないというわけではありません。取引板は絶えず変化します。以下では、クラーケン最大の流動性を誇るビットコイン/ユーロ(BTC/EUR)とビットコイン/米ドル(BTC/USD)の取引板において、平均流動性(ビッド側の平均流動性+アスク側の平均流動性)がどのように推移したか解説します。とりわけ、我々はそれぞれのマーケットについて、異なるレンジ(± 0.25% / ± 0.50% / ± 1.00%)における中間価格で平均流動性を測りました。

仮想通貨の流動性とリクィディティー・

Pricing. A liquidity provider’s price offering must include spreads which are competitive as well as low commissions and swaps with no compromise either side.スリッページの定義と例 - ビットコイン

データ・フィード。 リクィディティー・プロバイダーは安定的で信頼性のあるデータ・フィードを提供する必要があります。価格フィードは全ての関連する取引所やFXのインターバンクマーケットからのリアル・タイム価格を反映する必要があります。価格データ 供給の遅れはギャップにつながる可能性があります。

ソフトウェア。 リクィディティー・プロバイダーはFIXプロトコルや他のAPI、MT4/MT5 ブリッジ、FIXブリッジを実装すべきです。

仮想通貨の流動性を供給するB2Broker

B2Brokerが提供する仮想通貨の流動性のサービスはブローカーにとって頼もしく、簡単に実施できるソリューションとなります。B2Brokerはベスト・ビッド・オファー(BBO)を実施しており、マッチングしない注文を複数の仮想通貨取引所やリクィディティー・プロバイダーへと分散し、スリッページを最小限に抑えます。このため、スプレッドの縮小、手数料の低下 、マーケット執行スピードの向上、レジェクションがなくなる 、強力なマッチングエンジンで1秒に何万もの注文を処理することができるなどのメリットがあります。

B2BrokerはMT4、MT5、 One Zero、 Prime XM、 Integral、 B2Traderの6つの取引所と繋がっており、FIX API, Rest API, Socket APIを通じてどのシステムにも繋がることができます。どんなトレーディング・システムに対しても流動性を供給できます。CFDの流動性、現物の流動性、現物取引、そしてOTC取引を供給します。

さらに、B2Brokerは米ドルとユーロだけでなく、BTC, XRP, ETHといった仮想通貨の指定口座も供給しています。B2Brokerはまた、 主要なステーブルトークンや仮想通貨の入手金を可能にすることによって遅れを最小化し、銀行等の第三者機関を不要とします。米ドルと1対1で連動しているステーブルコインであれば速い入出金が可能となります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる