FX取引の魅力とは

投資ストラテジーについて話せます

投資ストラテジーについて話せます
チーフ・ポートフォリオ・マネジャー 伊藤琢

「ビットコインの祭典」で大注目、2人の著名投資家の発言

マイアミで開催されたビットコインの祭典、「Bitcoin 2022」カンファレンスに登壇したマイクロストラテジーCEOのマイケル・セイラーと、アークインベストのキャシー・ウッドは、「ビットコインは現在、かつてないほど強気の市場環境にある」と語った。 4月7日のイベントで、マクロ経済や規制の問題などを話し合ったセイラーとウッドの意見は、「世界で何が起ころうともビットコインが今後成功する」という点で一致した。ウッドは、「2030年までにビットコインの価格が100万ドルに達する」という自身の予測を繰り返した。 2人の会話は、これまでビットコインに懐疑的だった人々が、前向きな姿勢を示すようになったという話から始まった。ウッドは、これまで一貫してビットコインや暗号通貨の悪影響警告してきたジャネット・イエレン財務長官の姿勢が大きく変わった事を評価した。 先日のCNBCのインタビューでイエレン財務長官は、「暗号通貨は飛躍的に成長し、今では多くのアメリカ人の投資決定に重要な役割を果たしている。我々は、暗号通貨にはメリットがあり、決済システムのイノベーションが健全なものであることを認識している」と語った。 投資ストラテジーについて話せます セイラーは、バイデン大統領が先日、政府機関にデジタル資産を研究し、その可能性を評価するよう指示したことが前向きなニュースだと語った。さらに、彼が知る限り、「米国の大統領が政府に新しい資産クラスを受け入れるよう指示したことはない」と付け加えた。 セイラーは2年前、メリルリンチのアナリストに「ビットコインを買いたい」と話したところ、バカにされたという逸話を語った。「彼らは私のことを笑い、そんなものを売ったらクビになるとまで言ったのだ」 セイラーはその直後に銀行から1億7500万ドルを送金してビットコインを買ったと聴衆に話し、「今では、私のメールボックスにメリルリンチの同じアナリストが書いたビットコインのリサーチノートが届いている」と述べた。 最後に2人は、インフレ率の上昇やロシアへの制裁、長引くパンデミックがマクロ経済に影響を与える中で、ビットコインがヘッジと価値の貯蔵庫の役割を担うと語った。セイラーは、「世界は不幸で不快な問題に直面しているが、そのことがビットコインのユースケースを明確にした」と指摘した。 セイラーとウッドは共に、ビットコインが長期的に成功すると見ているが、暗号通貨は短期的なマクロ経済の逆風を免れることはできない。ウッドは、投資家がビットコインとハイテク株をひとくくりに考えていることが誤りだと語り、ビットコインの普及が進めば、その認識も変わるだろうと話した。

投資ストラテジーについて話せます

■背景 ①投資プロフェッショナル PEファンドのアドバンテッジにて、上場チーム立ち上げ時の最初のメンバーとして加わり、3年を経て10名強のチームに拡大しました。全ての採用面談に関与し、評価項目の作成、運用などに従事しました。 ②投資先経営陣 投資先経営陣の招聘として、CEO、CFOはじめ、各部門長、現場店舗人員採用含めて、様々なレイヤーの採用支援に従事しました。 ■話せること ・募集要件の定義に加え、評価項目作成に関しては各ポジションそれぞれの評価項目、評価基準などを整備し、エージェント/ヘッドハンティング会社への打診、面談、リテンションまでの各プロセスにおけるtips ・採用プロジェクトを管掌をしており、レジュメ受領→面接→オファー→採用の各ファネルの数値改善のための施策を立案、PDCAにおけるtips

自社EC立ち上げについて話せます

■背景 投資ストラテジーについて話せます ・現職の投資先バリューアップにてECシステム企業のサポートをしており、自社EC業界に知見があります ・前職にて大手通信会社とEC新規事業を立ち上げた経験があります ■話せること 新規に自社EC立ち上げを検討されている方に、どのサービスで、どのように立ち上げるべきか、経営目線からアドバイス可能です

アパレル業界について話せます

■背景 創業社長とともに会社経営のコアに関与しておりました ■話せること アパレル業界におけるチャネル別の盛衰、モールにおける競争環境、新規事業開発、テクノロジー活用などについてご説明可能です

謝礼金額の目安

似ているトピック

ベンチャー企業投資、CVC(Corporate Venture Capital)運営についてお話できます

■ 具体的な経験の内容 東証1部上場企業のベンチャー投資部門(CVC組成)の責任者として、CVC立ち上げから投資先の発掘、投資先との交渉、投資実行、投資先育成の一連の業務を担当 ■ 実績や成果 CVCの立ち上げ 新規投資先ベンチャー企業数8社 ■ お役にたてそうと思うご相談分野 これからCVC立ち上げや、社内にベンチャー企業への投資部門の設置を検討している企業への、CVC組成に係るアドバイスや、投資先の発掘、交渉に係る点、そして投資実行後の育成支援についてアドバイスすることができます

M&Aについてアドバイスできる弁護士資格を有する投資ファンド運用者です

■国内大手法律事務所での主な経験  M&A及に関するスキームの検討、契約交渉、契約書の作成、クロージング  取引スキームの検討及びプロコンの作成  事業再編、事業承継、事業再生、資本業務提携、カーブアウト、MBOなど  案件に関して生じる法的問題点の検討及び解決策の提案  公開買付、インサイダー取引、適時開示、企業結合規制、外資規制、スクイーズアウトなど  法務DDの実施及び報告書の作成 ■投資ファンドでの主な経験  投資案件のソーシング 投資対象のスクリーニング、アプローチ、ヒアリング、初期的分析 M&Aアドバイザー・仲介業者、金融機関などとの協議、セミナーの開催  投資案件のエグゼキューション 事業分析、投資シナリオの作成、プロジェクションの作成 投資委員会用の報告書の作成 ビジネスDDの実施、各種DD(財務、法務、税務など)のとりまとめ 投資スキームの検討、関係契約交渉(LOI、MOU、SPA、SHA、LBOなど) LBOモデルの作成、銀行からのLBOローンの調達  投資先のバリューアップ、モニタリング 経営計画の策定、KPIの設定 投資後の100日委員会の立案、主導、報告書作成 ハンズオン型バリューアップの実践(成長支援、業務オペレーションの改善など) 週次の経営会議への参加、その他各種会議体(取締役会、部長会議、エリアマネージャー会議、店長会議など)への参加によるモニタリング  投資先のエグジット検討 エグジット戦略の検討 銀行などの関係者との協議

ベンチャー企業への投資、VCファンドへのLP投資

■ 具体的な経験の内容 ベンチャー企業への投資 - 候補先のソーシング、折衝、DD、出資実行(契約等)、モニタリング、バリューアップ支援・事業連携 VCファンドへのLP投資 - 候補先のソーシング、出資検討、実行、出資後のコミュニケーション

運用業務と、個人/機関投資家向けIR (投資家向け広報)について話せます

■ 具体的な経験の内容 6年弱金融業界にて、財務分析・企業分析・投資運用に携わってきました。直近2年間は日本株専門のロングショート戦略を行うヘッジファンドにてInvestment Analystとして、株式投資のアイデア構築、ストラテジーの運用を行っておりました。四半期毎に100-200社の投資先の経営陣に取材を重ね、株価のバリエーション、業績予想を構築し、投資判断を下しておりました。ヘッジファンドに就職する前は、4年弱日系・外資系証券会社にて投資銀行本部のアソシエイト・アナリストとしてM&A及び資金調達のアドバイザリーに従事しておりました。基本的な大型の上場企業に対する財務分析、資本政策、M&AにおけるDD等経験しておりました ■ 実績や成果 日本株ロングショート戦略の実績 CY2020 4.32% (12か月) CY2019: 5.19% (5か月) 知人への資産アドバイス(日本株・米国株・中国株) 数人に対して、4-5か月で+200%を超える 証券会社 大型のクロスボーダーM&Aやエクイティファイナンスの引受業務を多数経験 ■ お役にたてそうと思うご相談分野 財務分析にかかることであれば幅広にアドバイスできます。足元では、上場を目指している未上場企業のベンチャーに対して事業計画の策定、上場時における想定時価総額、上場後の成長戦略を見据えた既存事業・新規事業に関するアドバイス、エクイティストーリーの策定といった幅広い分野において上場準備のお手伝いをしておりますので、上場後の株価形成はどうしたらよいか含めて、セルサイド、バイサイド両方の経験からアドバイスできることは多いかと思います ヘッジファンドに特化した経験からは、株式運用に関する一般的なアドバイスおよびヘッジファンドの投資戦略・実務に関しては幅広くお答えできます。

IR/SR(機関投資家、個人投資家、株主対応、株主総会運営等)についてお話できます

■ 具体的な経験の内容 IR/SRの実務担当からコンサルティング経験を通じて幅広い視野で理論と実践を組み合わせてお話しができます ■ 実績や成果 上場会社での株主総会運営経験 機関投資家対応、個人投資家対応 IR/SRコンサルティングを通じた、平時のコンサルティングや有事のプロキシーファイト等の経験 ■ 業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無 IR/SRコンサルティング業界の知見 機関投資家やセルサイドアナリストの業界構造に関する知見 ■ お役にたてそうと思うご相談分野 IR/SR戦略の立案や実践 株主総会運営に係るオペレーション、工夫等に関する知見

ニッセイアセットマネジメント 「げんせん投信」 第2回 げんせんトークラウンジ 開催!

チーフ・ポートフォリオ・マネジャー 伊藤琢

チーフ・ポートフォリオ・マネジャー 伊藤琢

収益性の改善幅が大きい銘柄だけに投資

キーワードは、ワクワク、イキイキ、ニコニコ

第二部 げんせん部員が何でもお答えします! ~QA座談会~

チーフ・ポートフォリオ・マネジャー 伊藤琢

運用状況偏

ファンドの特徴

  • 当記事の制作当初は、セクターを担当するアナリストのみの人数を記載していましたが、アナリストの総人数に訂正いたしました(2019/05/23)。

伊藤からみなさまへ

商号:ニッセイアセットマネジメント株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第369号

Copyright © 2022 NissayAsset 投資ストラテジーについて話せます Management Corporation. All 投資ストラテジーについて話せます Rights Reserved.

人気YouTuber ロジャーパパさん:40代でサイドFIRE達成!企業分析のポイントと投資における思考法【前編】

「マネクリ」編集部

ストックボイス

12:54

モトリーフール米国株情報

岡元兵八郎の米国株マスターへの道

バフェットに学ぶ 岡元平八郎の米国株マスターへの道 高配当株の選び方 ESG脱炭素 半導体

ご留意事項

本コンテンツは、情報提供を目的として行っております。
本コンテンツは、当社や当社が信頼できると考える情報源から提供されたものを提供していますが、当社はその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではありません。また、過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。当社は本コンテンツの内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
本コンテンツでは当社でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。商品ごとに手数料等およびリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」または当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる