取引のメリット

トレンド分析とは

トレンド分析とは

提供:ニューロープ「ファッションAIによるトレンド分析レポート」

トレンド分析の3つの技法

私がこれまで将来予測に使用してきたトレンド分析には、「地理的」「時間的」「直観的」という3つのタイプがあります。これら3つについては「Seven Trends in Networking and Security(ネットワークおよびセキュリティの7つのトレンド)」説明ピッチの導入部で説明しています(近日公開予定!)。最近、カナダのあるジャーナリストがこれに関心を示したため、いつもの「空が落ちてくる!」的な資料のかわりに、私たちはこの話題について短いポッドキャストを作りました。彼は同様に、7つのトレンドについても執筆しています。

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

ホワイトペーパー

クラウドリフトの課題をまるごと解消するVMware Cloud on AWSの国産マネージドサービス

3次元CADは仮想デスクトップサービスで! 最適解は「Azure Virtual Desktop」

ランキング

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

企業情報センター

USA Business Sites

International Business Sites

The Japanese edition of 'ZDNet' is published under license from A Red Ventures Company., Fort Mill, SC, USA. Editorial items appearing in 'ZDNet Japan' that were originally published in the US Edition of 'ZDNet', 'CNET', and 'CNET News.com' are the copyright properties of A Red Ventures Company. or its suppliers. Copyright (c) A Red Ventures Company. All Rights Reserved. 'ZDNet', 'CNET' and 'CNET News.com' are trademarks of A Red Ventures Company.

当サイトは最新ブラウザでの閲覧を推奨します。
Copyright (c) 2022 ASAHI トレンド分析とは INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]

トレンド分析とは

service

Trend-Analysis キーワード トレンド分析

キーワード トレンド分析は、用途、課題の傾向を把握したいという場合に適しています。
何千件、何万件という出願のすべてに目を通すのは困難です。
キーワード トレンド分析により、用途、課題のキーワードの傾向をシンプルに分かり易く把握することができます。

キーワード トレンド分析

  • 大量の件数の中のキーワードの傾向を効率よく把握することができる
  • 気になるキーワードを指定できる
  • エクセル形式なので開発部、製造部、営業部など関係者全員で共有できる

キーワード トレンド分析のアウトプットイメージ

最終的なアウトプットのグラフは以下のような形式です。

    トレンド分析とは
  • グラフの見方
  • ■Aエリア■ キーワードの全出現件数は少ないですが、近年の割合が高いことから、新しいキーワードとして近年注目されてきていることを意味します。
  • ■Bエリア■ キーワードの全出現件数および近年の割合も少ないことから、新しいキーワードとして着目はされているが、注目されるほどには至っていません。
  • トレンド分析とは
  • ■Cエリア■ キーワードの全出現件数が多いことから重要なキーワードであることは確かですが、近年の注目はそれほどではありません。
  • ■Dエリア■ キーワードの全出現件数が多いことから重要なキーワードであり、かつ近年の注目も高いといえます。

キーワード トレンド分析には以下のような要約リストがついています。 エクセルのフィルタ機能を使い、気になるキーワードを入れ、絞り込めばキーワードが使われている出願だけに絞り込むことができます。これにより、効率良く要約を読むことができます。

肌感覚の世界にデータで切り込む。トレンド分析サービスはファッション業界に何をもたらすか


提供:ニューロープ「ファッションAIによるトレンド分析レポート」

――酒井「いま急速に伸びているのがワイドパンツです。去年からスナップ数が増えていき、2021年に入ってからも勢いが続いています。ビッグシルエットブームなので伸びていることは当然なのですが、#CBK forcastでは具体的にどれくらい伸びているのか、定量的に示せるところに意味があると思っています」


「ワイドパンツ (bottoms)トレンド分析とは 」のトレンド推移


「ベージュ(tops)」のトレンド推移

CBK forecastの分析対象タグは1千万超


提供:ニューロープ「ファッションAIによるトレンド分析レポート」


提供:ニューロープ「ファッションAIによるトレンド分析レポート」

――酒井「#CBK forecastをリリースしたとき、ブランドをはじめ小売店、商社、メディアなどファッションに関わるさまざまな企業から反応をいただきました。そのとき一番多かったのが、『今売り出しているアイテムを追加発注すべきか知りたい』『ダウントレンドを検知したい』など、意思決定の根拠を求める声でした」


「#CBK forecast前処理サービス」イメージ画像


「忙しいマーケター向け」に、トレンドランキングTOP3がひと目で分かる資料も用意。提供:ニューロープ「ファッションAIによるトレンド分析レポート」

データ分析×ファッションの新しい可能性

――酒井「店舗には新しいアイテムがどんどん入荷されます。VMD(※)のような指示もある中で、目立たない店舗の奥に追いやられてしまうアイテムもあります。そうした奥まっているアイテムをトレンドに照らして、『このアイテムは今プッシュしたら売れる』というような提案をすることも可能です」

――酒井「例えば先週のデータをただ眺めていても、ブラックやベージュ、Tシャツといった定番の特徴が頻出していることが認められるだけです。#CBK forecastは、前年やその前と比較してどのように推移しているか、相対性の中でトレンドの変化を捉えることができます。2年、3年とデータを継続的に収集することで意味が生まれてくるのです。

データ分析のポイントはトレンド、ベンチマーク、セグメント――脱初心者を目指すマーケターのために

小川卓さん

小川卓さん:HAPPY ANALYTICS 代表取締役社長

分析手法としてのトレンド、ベンチマーク、セグメント

小川 トレンド分析とは :例えば、今月の売上が500万円で、5万人の訪問があり、コンバージョン率が3%だったとします。このデータは事実であり、これだけ見ていても気づきや改善案はありませんよね。

このデータをどうやって分析すればいいのかというと、3種類の考え方があります。それはトレンド、ベンチマーク、セグメントです。

トレンドは、データを時系列で比較して分析することです。つまり、前月との比較でどうか、前年同月との比較はどうか、とデータを見比べるんです。1ヵ月で見たときも、ある日だけ突然大きく上下していないかを見ます。

ベンチマークは、何かと比較して違いを見つけることです。データ単体では意味がありませんが、目標設定されていれば意味のある数字となります。今月は4万人の訪問と5%のコンバージョン率を目標にしていたとしたら、先ほどの数字では、訪問は多くてもコンバージョン率は達成していなかったことがわかります。

そしてセグメントは、データを分割して分析することです。例えば、サイト訪問者のデバイスをスマホとPCで分けてみることが一つ。スマホとPCでまったく同じ数字にはならないでしょう。あるいは、新規とリピートで分けてみるのも有効です。流入先や年齢層、会員・非会員で分けてみてもいいですね。

小川 :あまり戸惑っている様子はないですね。あえて難しい問題を入れてもいるんですが、それはチームで取り組んでもらいます。ワークだけでなく、社内でもやはり複数人で取り組むのが大事です。自分以外の視点があることで、気づきを発見しやすいんです。

改善案を考え出す方法とは

小川 :改善案をどう考え出すかというと、データから導き出す方法と、同業他社を参考にする方法があります。

記事の特徴はデータを見れば一目瞭然ですが、逆に言うとデータがないとまったくわかりません。データはユーザーの行動の結果で、嘘はありません。なので、まずはそこから検討するのが重要です。

小川 :そのとおりで、Googleアナリティクスを上から順番に見ていくのは時間の無駄です。自分たちのサイトがどういう状態で、どう改善したいのかを明らかにしておかないと、データを見ても気づきを得られません。

分析、改善、提案をセットでできる人材に

小川 :講座は脱初心者を目指す方向けと言えます。分析と改善のための手順や方法をひととおりお伝えするので、このあとは自分でどんどん事例や経験を積み重ねていく段階になります。

受講後は、データ分析する際は改善案を作ることとそれを提案することもセットで考えて、自分のアイデアがサイトやコンテンツ制作などに反映されるようになってもらいたいですね。そのスキルが身につけば社内での存在感も増しますし、応用できることがもっと増えていきます。

10年使えるGoogleトレンドの5タイプ分析。検索需要の波から適切なマーケティングへ繋げる方法

トレンド分析とは -->

タイプ5.需要安定でほぼ横ばい

Googleトレンドを使って検索広告の年間予算計画をつくってみよう

1.Googleトレンドで変動の傾向を把握する

今回は、「自転車」というキーワードを基に具体的に説明します。自転車の通販をする場合の広告費をどのようにかければよいのでしょうか。 自転車は、Google トレンドで検索してみると以下のような傾向が見れます。

2.年間スケジュールに配分割合を設定する

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
予算投下割合 30% 30% 60% 150% 250% 120% 120% 70% 150% 150% 80% 30%

3.年間予算を入れる

年間の広告予算を300万円とすると、平均的に割り振ると月当たり25万円になります。しかし Google トレンドで見た需要の波にあった配分にすると以下の通りになります。

トレンド分析とは
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
予算投下割合 30% 30% 60% 150% 250% 120% 120% 70% 150% 150% 80% 30%
広告予算 ¥75,000 ¥75,000 ¥150,000 ¥375,000 ¥625,000 ¥300,000 ¥300,000 ¥175,000 ¥375,000 ¥375,000 ¥200,000 ¥75,000

4.閑散期の問題解決より繁忙期の最大化を

Googleトレンドを活用してみよう

メールアドレスをご登録いただきますと、ブログの更新情報などをお届けいたします。

メールアドレスをご登録いただきますと、ブログの更新情報などをお届けいたします。

「わかりにくいこと」を「わかりやすく」をモットーに、すべての記事を実際に広告運用に関わるメンバー自身が執筆しています。ぜひ無料のメールマガジンに登録して更新情報を見逃さないようにしてください!

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる