概要

ストップロスオーダー

ストップロスオーダー
ダイナミックプライシング 価格計算は、需要と供給に基づいたスマートコントラクトによって行われ、ユーザーにとって一番良い取引を促進します。この機能は、オークションで特に便利です。

ロビンフッドでストップロスを設定する方法

ストップロスレベルを設定する場合、テクニカル分析が非常に役立つ場合があります。 たとえば、ロングポジションの場合、株式の下振れリスクを評価するために、株式の重要なサポートレベルを決定する必要があるかもしれません。 言い換えれば、大幅なサポートレベルが破られた場合、株式はさらに損失を被る可能性があります。 ただし、取引プラットフォームにストップロスレベルを入力する前に、誤った発生に注意し、テクニカル分析やその他のツールを利用して徹底的な調査を行ってください。

ストップロス注文を使用してロングポジションとショートポジションを保護できますか?

間違いなく、この文脈では、名前 stop-loss order 少し誤解を招くです。 ストップロス注文は、主にロングポジションとショートポジションの両方で重大な損失を防ぐことを目的としています。 ただし、証券の価格が指定されたレベルを超えて取引されたときにトリガーされるため、現在の持ち株の大幅な利益に対しても利用できます。 それでも、ストップロス注文とストップロス注文は、破られた後に成行注文に変換されるため、実際の価格執行はストップロス価格を大幅に下回るか上回る可能性があります。

あなたの株をよりよく管理する

投資家とトレーダーにさらに制御を提供するために、ストップロス注文では、各トランザクションの価格制限を設定できます。 株価がストップ価格に達すると、指値注文がアクティブになり、マーケットメーカーに指値で売買するように指示します。 このオプションは、投資家が損失を許容できないポイントを設定することにより、損失を制限します。

ストップロス注文は損失を最小限に抑えるのに役立ちますが、これらの戦略はどちらも間違いありません。 ストップロスのしきい値を超えた後は、ストップロスの注文はストップロスの価格とはかなり異なる価格で実行される場合があります。 注文する前に、必ず独自の調査を行い、このタイプの注文のメリットとデメリットを理解してください。

これまでにストップロス注文を設定したことがありますか? ロビンフッドで株を取引したことがありますか? このプラットフォームのどこが好きですか? 下のコメント欄でお知らせください!

1inch指値注文プロトコル

Start image

手数料なし

手数料なし 1inchの指値注文プロトコルは無料です。 これにより、プロトコルはガスに関して非常に効率的になります。

ダイナミックプライシング

ダイナミックプライシング 価格計算は、需要と供給に基づいたスマートコントラクトによって行われ、ユーザーにとって一番良い取引を促進します。この機能は、オークションで特に便利です。

条件付き注文

条件付き注文 ユーザーは注文に特定の条件を設定して、取引からの収益を最大化できます。

追加のRFQサポート

追加のRFQサポート プロトコルにより、見積もり要求「RFQ」(特定量の仮想通貨を購入または販売するための注文) を実行できます。

マルチチェーン

マルチチェーン このプロトコルは、Ethereum、BNB Chain、Polygon、Gnosis、Avalanche、Fantom、Ethereum L2ネットワーク(OptimismとArbitrum)で動作します。

ストップリミット注文とは?

BNBを285BUSDで買い、今は$300になっていると想像してみてください。損失を防ぐために、価格がエントリーした価格まで下がったらBNBを売るというストップリミット注文を使用することにしました。ストップ価格を$289、指値を$285 (BNBを購入したときの価格) に設定して、売りのストップリミット注文を出します。価格が$289に達した場合、$285でBNBを売る指値注文が出されます。$285以上の価格で注文が成立する場合があります。

バイナンスでストップリミット注文を行う方法

あなたは、価格がまもなく上昇し始めると信じて、$31,820.50 (BUSD)で5 BTCを購入したとしましょう。

$31,820が信頼できるサポートレベルであると考えた場合、この価格のすぐ下に (サポートラインが守られない場合に備えて) ストップリミット注文を設定するのも良いでしょう。この例では、ストップ価格を$31,790、指値価格を$31,700として、5 BTCのストップリミット注文を行います。それでは、ここからは1つ1つ順を追って説明していきます。

[Sell BTC] ストップロスオーダー をクリックすると、確認画面が表示されます。内容に間違いがないか確認し、[Place Order] を押して確定します。ストップリミット注文の発注が完了した場合、メッセージが表示されます。下にスクロールして、オープンオーダーを表示および管理することもできます。

ストップリミット注文のメリット

ストップリミット注文を使用するデメリット

ストップリミット注文は、指値注文と同様に、実行される保証がないというデメリットがあります。指値注文は、 指定した価格以上になったときに初めて約定を開始します。しかし、その価格で約定しないかもしれません。指値とストップ価格の間にギャップを作ることができても、ギャップが十分でない場合もあります。変動性の高い資産は、注文時に設定したスプレッドをオーバーシュートする可能性があります。

ストップリミット注文の戦略

1. ストップリミット注文を出す資産のボラティリティを調べましょう。ストップ注文と指値注文の間に小さなスプレッドを設定して、指値注文が満たされる可能性を高めることは、すでにお勧めしました。ただし、取引する資産が変動しやすい場合は、スプレッドを少し大きめに設定する必要があります。

2. 取引している資産の流動性について考えてみましょう。ストップリミット注文は、ビッドアスクスプレッドが大きい資産や流動性の低い資産を取引する際に特に有効です (これは、スリッページによる不本意な価格を避けるためです)。

3. テクニカル分析で価格水準を判断しましょう。ストップ価格を資産のサポートやレジスタンスレベルに設定するのは良いアイデアです。この水準を判断する一つの方法として、テクニカル分析があります。例えば、重要なレジスタンスラインのすぐ上にストップリミット注文を設定した買いのストップリミット注文を使用することで、ブレイクアウトを利用することができます。あるいは、サポートレベルのすぐ下に売りのストップリミット注文を出せるようにすることで、市場がさらに下落する前に確実に脱出ができます。

ポンドリアルタイムオーダー=1.2670ドル超えにストップロス買い

blockHeadVisual

仮想通貨(暗号資産)市場は様々な問題を抱えており、その中でも、流動性が課題となっています。流動性とは「取引のしやすさ」を指します。市場参加者が多くて注文量も多いと取引しやすいですが、市場参加者が少ないと、希望価格・希望数量で売買するのが難しくなり、スプレッドが広くなります。仮想通貨市場は、この点でまだ発展途上です。このような環境下、WOO Network(WOO)は主要な流動性ネットワークとして台頭しています。また、WOO Networkの独自仮想通貨「WOO」は、大手仮想通貨取引所Bybit(バイビット)のローンチプールに登場するなど、投資対象としても注目を集めています。WOO Networkの目標は、最高の流動性をCEX(中央集権型取引所)とDEX(分散型取引所)に供給することです。では、具体的にどのような特徴を持っているでしょうか。目次[非表示]WOO NetworkとはWOOXWOOTRADEWOOFiWOOを保有するメリットガバナンスに参加できるWOOXでの特典WOO Venturesの利益分配WOOFiからの手数料収入継続的なバーンによる価格上昇期待その他サービスで利用できるWOO価格の推移海外での評価と将来性WOO NetworkとはWOO Networkは仮想通貨に特化した流動性ネットワークで、2019年に設立されました。トレーダーや取引所、機関投資家、DeFiプラットフォームなどに向けて、統合的なサービスを提供しています。流動性ネットワーク従来、取引所等はそれぞれ独自に流動性を供給しており、相互の連携が乏しい状態でした。その結果、取引所ごとに流動性が分断されてしまい、流動性を大きくするのは困難でした。そこで、ネットワーク化して相互に融通するなどして、大きな流動性を作ります。これが流動性ネットワークです。狭いスプレッドや大口取引が可能になるなど、メリットが大きいです。WOO Networkの主要事業は、3つあります。CEX「WOOX」、流動性サービス「WOOTRADE」、そしてDeFiプロジェクト「WOOFi」であり、ゼロコストまたは安い手数料で取引可能という特徴があります。また、Binance(バイナンス)などに加え、DEXの1inchなどとパートナー関係にあり、当記事執筆時点においてネットワーク全体で数億ドル規模の流動性を提供しています。WOOXWOOXはCEX(中央集権型取引所)であり、現物取引とレバレッジ取引が可能です。WOO Networkの基幹事業であり、高い流動性を誇ります。最大の特徴は、取引手数料水準の安さにあります。トークン「WOO」を保有していなくても取引手数料は0.03%であり、また、1,800WOO以上をステーキングすると無料になります。また、PC取引画面の柔軟性の高さも特徴です。一般的には、取引画面内のチャートや発注ツールの位置は固定されており、ユーザーはそれに従う必要があります。しかし、WOOXはこれらのツールを画面内で自由に配置できます。また、チャートの大きさも直感的に自由に変更できます。WOOTRADEWOOTRADEは、取引所など機関向けのサービスです。取引所がWOOTRADEに接続すると、WOOTRADEから流動性が供給されます。このサービスは、特に中小の取引所にとって重要です。中小の取引所は顧客数が限られているため、流動性の確保が難しい問題を抱えています。WOOTRADEの流動性ネットワークに加入することにより、顧客への高水準のサービス提供が可能となります。WOOFiWOOFiはDEX(分散型取引所)であり、仮想通貨取引、イールドファーミング、ステーキングができます。対応済みのブロックチェーンは、アバランチ(Avalanche)、BNBチェーン、ファントム(Fantom)の3種類であり、多様なユーザーのニーズに応えることができます。WOOを保有するメリットWOO ストップロスオーダー Networkは、独自仮想通貨「WOO」を発行しています。WOOを利用すると、取引所や機関投資家だけでなく、一般投資家にもメリットがあります。ガバナンスに参加できるWOO Networkは、WOO DAOというDAO(自律分散型組織)によって運営されています。開発やパートナーシップに関する様々な提案がなされており、WOO保有者の投票で意思決定されています。WOO DAOに参加するには、少なくとも1,800WOOの保有が必要です。WOOXでの特典WOOX利用者は、WOOをステーキングすると特典を得られます。例えば、取引手数料の無料化、手数料無料の出金などがあります。WOO Venturesの利益分配WOO Networkには、「WOO Ventures」と呼ばれる投資ユニットが存在します。WOO Venturesは、初期の仮想通貨関連プロジェクトへの投資を目的としています。WOO Networkは、WOOXでステーキングするユーザーに対して、その利益の一部を分配しています。WOOFiからの手数料収入WOO Networkでは、WOOFiでもステーキングが可能です。WOOFiでは、ステーキングを行うユーザーに対して「Swap」と「Earn」から生じた手数料の一部が還元しています。継続的なバーンによる価格上昇期待WOO Networkは、毎月、収益の50%をバーン(焼却処理)しています。バーンは株式市場における自社株買いのような性質を持っており、WOO価格の上昇要因となります。これにより、ユーザーにWOOの長期保有を促しています。バーン仮想通貨のバーンとは、日本語で「焼却」という意味であり、仮想通貨を永久に使えなくすることです。すなわち、バーンすると、仮想通貨の流通量が減少します。多くの仮想通貨関連プロジェクトが、仮想通貨価格を維持するためにしばしば採用しています。その他サービスで利用できるWOOは、WOOXやWOOFiだけでなく、その他のDeFi関連プロジェクトでも利用可能です。PancakeSwapやSpookySwapなどのDEXでは、イールドファーミングで利用できます。また、SushiSwapのKashi(貸し)などで、仮想通貨レンディングの担保として利用することも可能です。WOO価格の推移WOO価格は上下動を繰り返しながら、2022年に1.6ドルを超える史上最高値を記録しました。その後、仮想通貨市場全体の不調に伴って下落しています。画像引用:CoinMarketCapしかし、WOO ストップロスオーダー Networkはソーシャルトレーディングの実装などを計画しており、WOOの利用例が徐々に拡大していくと予想されています。WOOの認知度が高まるにつれて、価格も持ち直す可能性があります。ソーシャルトレーディングソーシャルトレーディングとは、他のトレーダーのトレードをコピーして取引するサービスです。世界最大級のソーシャルトレーディングプラットフォームであるeToroでは、トレーダーの行動を自動で自分の口座に反映することができ、取引に関する一切の操作が不要となっています。海外での評価と将来性WOOは日本国内で上場していないため、日本での知名度はそれほど高くありません。しかし、Binanceの投資ファンドであるBinance Labsが1,200万ドルの出資を行なっており、海外では期待のプロジェクトとして認知されています。ちなみに、WOO NetworkのTwitter(ツイッター)アカウントは、8万人を超えるフォロワーを抱えています。業界でもWOO Networkは高く評価されており、大手取引所だけでなく、人気ブロックチェーンのアバランチ(AVAX)などがパートナーとして参画しています。最近では、TradingViewがWOOの通貨ペアに対応しました。WOOは数多くのCEXやDEXに上場しており、今後の発展が期待されています。なお、Bybitでは口座開設キャンペーンを随時開催しており、WOOも取引可能です。キャンペーンで得たボーナス等を使って取引すると、自己資金だけ使う場合よりも効率的なトレードが可能になります。

2022.05.27 (金) 20:45

BitDAOがブランドロゴとウェブサイトを変更!BITトークンのロゴも更新

2022年5月10日、DAO(自律分散型組織)のBitDAOは、ブランドロゴとウェブサイトの変更を決定しました。この変更の目的は、BitDAOの今後の発展を後押しすることです。この変更提案は9割以上の賛成票で可決されました。5月22日現在、ロゴとページはすでに刷新されています。本記事では、ブランドロゴとウェブサイトが変更された背景を解説するとともに、変更前と変更後の画像を比較します。目次[非表示]BitDAOとは変更の背景ブランドロゴ等の新旧比較BitDAOの今後の発展に注目!BitDAOとはBitDAOは「自律分散化」の支援組織で、2021年6月に設立されました。自律分散とは、一部の権力者に率いられるのではなく、それぞれのメンバーが自発的に活動する様子を指します。たとえば、DeFi(分散型金融)は自律分散的な取り組みであり、銀行を介さずにユーザー同士で取引します。BitDAOも自律分散的な組織であり、その活動は「BITトークン」保有者による投票で決まります。これまでBitDAOは、数多くのプロジェクトに出資してきました。いずれの出資も、投票を経ています。出資先には、ブロックチェーンゲーム開発の「Game7」、イーサリアムブロックチェーンの利便性向上を目指す「zkSync」などがあります。変更の背景BitDAOのブランドロゴ等の変更は、「Windranger Labs」により提案されました。Windranger Labsとは、BitDAO所属の開発者・クリエイター集団であり、ブランドロゴ等に「BitDAOの革新性」「BitDAOの活発な活動状況」を反映させるべきだと提案しました。また、BitDAOの投資実績をアピールすべきだとしました。この提案は9割以上の賛成を得て、5月10日に可決されました。可決後、Windrangers Labsの負担で更新を実施しました。ブランドロゴ等の新旧比較では、実際にどう変わったか比較します。左側が旧デザインで、右側が新デザインです。ブランドロゴを比較すると、赤から黄緑への色の変化が目につきます。ブランドロゴ画像引用:BitDAO「DAO」の背景部分に、鮮やかで目立つ黄緑が採用されました。BitDAOの斬新さ・大胆なビジョンを表したと推測できます。「Bit」の部分はシンプルな配色で、文字デザインにこだわりがあり、8bitのドット絵のように、「i」の上部の点を1マスと見立てています。トークンのロゴBITトークンのロゴは、黄緑の背景に黒文字を組み合わせて視認性を高めています。画像引用:BitDAOウェブサイトウェブサイトも比較してみましょう。画像引用:BitDAO新しいウェブサイトでは、流線的なデザインが描かれています。このイメージは、「リーダーに統制されることなく、各メンバーの交流により成長するBitDAO」です。BitDAOのダイナミックな変化や先進性を表すために、アニメーションやグリッド線も用いられました。また、次の内容も掲載されています。BitDAOが行った投資の状況BitDAOが持つ莫大な資金力BITトークンが持つ価値今回の更新により、「BitDAOの革新性」「BitDAOの活発な活動状況」をアピールしています。BitDAOの今後の発展に注目!BitDAOのブランドロゴとウェブサイトは、投資状況やビジョンを反映したものに更新されました。BitDAOの今後の活動に期待できます。BitDAOの投資先や活動方針は、参加者の投票により決まり、BITトークンを保有することで投票に参加できます。「Web3分野の発展を最前線で見届けたい」という人は、BITトークンを持つと良いかもしれません。

2022.05.27 (金) 20:30

Milton Markets、夏を先取り!入金30%ボーナスキャンペーンを開催

狭いスプレッドなどの取引環境で知名度がある海外FX業者Milton Markets(ミルトンマーケッツ)は2022年5月17日から6月19日までの期間限定で、「夏を先取り!入金30%ボーナスキャンペーン」を開催しています。この入金30%キャンペーンは、ボーナス付与上限の15万円に達するまで期間中は何度でもボーナスが適用されます。今回は、Milton Marketsが提供している全口座が対象となります。前回の春のボーナスキャンペーンの2倍に相当する30%ボーナスとなっており、Milton Marketsに口座を保有していれば、誰でもボーナスの受け取りが可能です。目次[非表示]何度でも適用される30%入金ボーナス入金ボーナスの受け取り手順入金とプロモーションコードの申請公式Twitterアカウントをフォロー&リツイート取引環境を重視したブローカーMilton Marketsのボーナスの特徴全口座が対象のキャンペーン何度でも適用される30%入金ボーナス入金ボーナスは、Milton Markets(ミルトンマーケッツ)のリアル口座を保有している、既存および新規のユーザー全てを対象にしているプロモーションです。実施期間(日本時間)2022年5月17日(火曜日)~2022年6月19日(日曜日)対象口座全口座対象ボーナス上限ボーナス付与累計額15万円に達するまで何度でも適用ボーナス反映時間1営業日以内クッション機能あり30%入金ボーナスキャンペーンは、全口座が対象となります。期間中の累計入金額ボーナス付与額口座残高(有効証拠金+クレジット)3万円9,000円3万9,000円10万円3万円13万円25万円7万5,000円32万5,000円50万円15万円(上限)65万円期間中の累計入金額:3万円ボーナス付与額口座残高(有効証拠金+クレジット)9,000円3万9,000円期間中の累計入金額:10万円ボーナス付与額口座残高(有効証拠金+クレジット)3万円13万円期間中の累計入金額:25万円ボーナス付与額口座残高(有効証拠金+クレジット)7万5,000円32万5,000円期間中の累計入金額:50万円ボーナス付与額口座残高(有効証拠金+クレジット)15万円(上限)65万円ボーナス上限である15万円を受け取るためには、期間中に累計50万円の入金が必要です。期間中のボーナス付与累計額が15万円になるまで、何度でもボーナスを受け取ることができます。各口座タイプの最低入金額以上であれば、複数回に分けての入金も可能です。入金ボーナスの受け取り手順入金30%ボーナスを受け取るためには、プロモーションコードを申請する必要があります。bitwalletで入金する場合には入金画面から、国内銀行送金を利用する場合にはカスタマーサポートにメールでプロモーションコードを申請する流れとなります。入金とプロモーションコードの申請公式Twitterをフォロー&リツイート入金とプロモーションコードの申請手順1Milton Markets(ミルトンマーケッツ)の会員ページへアクセスします。Milton ストップロスオーダー Marketsの会員ページを開く手順2メニュー一覧から「資金関係」をクリックします。手順3「資金関係」メニュー内の「口座に入金」をクリックします。手順4入出方法選択画面が表示されますので、入金先の口座とご希望の入金方法を選択し、「次へ」をクリックします。手順5ここからの手順は、bitwallet入金の場合と国内銀行送金の場合で異なります。bitwallet入金入金情報を入力する項目の中に「プロモーションコード(任意)」という項目があります。その中に「SHOKA30」と入力してください。国内銀行送金振込先の銀行口座の情報が表示されますので、先に振り込みを行ってください。指定口座への振り込みが完了した後、Milton Marketsに登録しているメールアドレスから以下の情報をカスタマーサポートへ連絡する必要があります。サポートsupport.ストップロスオーダー [email protected]入金を希望する口座番号名前プロモーションコード「SHOKA30」送金控え送金控えとはMilton Marketsに国内銀行送金で入金をする場合、送金控えをカスタマーサポートへ送付する必要があります。依頼人、受取人、金額、日付が記載されているものであれば、スクリーンショットやレシートなどでも問題ありません。今回のキャンペーンを適用するためには、送金控えの他に、プロモーションコードである「SHOKA30」を送付する必要があります。公式Twitterアカウントをフォロー&リツイートTwitter(ツイッター)アカウントを保有している場合、以下のMilton Markets公式アカウントのフォローとリツイートが必要です。Twitterのフォローとリツイートが完了したら、TwitterのDMで口座番号を送付します。なお、Twitterアカウントを保有していない場合は、フォローやリツイート、DM送付は必要ありません。入金時のプロモーションコードの入力だけでボーナスを受け取ることができます。取引環境を重視したブローカーMilton Markets(ミルトンマーケッツ)は、3つの口座タイプを提供しており、標準タイプであるスマート(SMART)口座は最大1,000倍のレバレッジを提供しています。3つの口座タイプは、それぞれ、初回最低入金額やレバレッジ、スプレッドなどが異なっています。口座タイプフレックス(FLEX)口座スマート(SMART)口座エリート(ELITE)口座初回最低入金額フレックス口座:1万円スマート口座:3万円エリート口座:100万円レバレッジフレックス口座:500倍スマート口座:1,000倍エリート口座:200倍取引ツールMetaTrader4(MT4)取扱銘柄【FX/通貨ペア】:43【CFD/貴金属】:2【CFD/株価指数】:9【CFD/エネルギー】:2【CFD/仮想通貨】:3【CFD/株式】:26また、従来は初回入金額が他社よりも高額に設定されていましたが、少額で入金したいユーザーの需要に応えるため、フレックス口座が新しく提供されています。Milton Marketsのボーナスの特徴Milton Marketsのボーナスキャンペーンは不定期ですが、季節やイベントごとに開催される傾向があります。Milton Marketsのボーナスには主に3つの特徴があります。全ての口座タイプにボーナスが適用されること何度でも入金ボーナスが適用されることボーナスのクッション機能があることMilton Marketsの入金ボーナスは付与率が10%台のことが多いですが、今回のキャンペーンは30%となっており、前回のボーナスキャンペーンと比較してお得ですね。ボーナスを重視する海外FX業者と比較するとインパクトが小さいですが、狭いスプレッドとボーナスの提供を両立しているという点が特徴です。また、1度だけではなく上限金額に達するまで何度入金してもボーナスは適用されます。スマート口座は、ドル円1.2 Pips、ユーロドル1.1 Pipsとボーナスを提供している他の海外FX業者と比較すると、有利なスプレッドを提供しています。どちらもスプレッドを重視するTitan FX(タイタンエフエックス)と同水準のスプレッドです。狭いスプレッドとボーナスの両方を提供する海外FX業者としてTraders Trust(トレーダーズトラスト)が挙げられますが、Traders Trustが提供するボーナスはクッション機能付きではありません。クッション機能とは自己資金がなくなってもボーナスが消滅せず、ボーナス自体を証拠金として取引を行うことができる機能です。Milton Marketsの他に、XMTradingやGEMFOREX(ゲムフォレックス)、FXGT(エフエックスジーティー)がクッション機能付きのボーナスを提供しています。一方、Milton Marketsが提供するボーナスは、ボーナスを証拠金として活用できる「クッション機能」があるため、取引の幅を拡げることができます。全口座が対象のキャンペーン今回の入金30%ボーナスキャンペーンは、Milton Markets(ミルトンマーケッツ)が提供する全ての口座タイプが対象となっています。Milton Marketsに口座を保有していれば、どのユーザーでもボーナスの受け取りが可能です。国内銀行送金でボーナスを受け取る場合は別途メールでの申請が必要であるなど手順を踏む必要がありますが、bitwalletであれば入金と同時にプロモーションコードを申請できるため、ボーナスを受け取るまでの時間が短縮できます。bitwalletでの入金はフレックス口座であっても初回入金額が3万円に設定されていますが、まとまった資金がある方にはbitwalletの入金の方がよいでしょう。ただし、bitwalletは2022年4月15日、入金までの反映時間が50分〜2時間程度と公式サイト上で公表しており、現在も遅れが発生している可能性があります。スタンダードな口座タイプである「スマート口座」は、最大1,000倍のレバレッジ、クッション機能付きのボーナス、比較的狭いスプレッドと海外FXブローカーの特徴的なサービスをマルチに提供しています。レバレッジ・ボーナス・スプレッドのどれも重視したいというトレーダーに適している口座タイプです。

2022.05.27 (金) 20:15

Bigboss、MT5リリース記念! 新規取引キャンペーンを開催

豪華なボーナスキャンペーンで知名度がある海外FX業者BigBoss(ビッグボス)では「MT5リリース記念!新規お取引キャンペーン」を開催しています。キャンペーン期間中にMT5口座で初めて取引を完了すると、もれなく全員に50ドル相当のボーナスが付与されるというお得なキャンペーンです。キャンペーンは5月23日から7月8日までの1ヵ月以上にわたって開催されます。これからMT5口座を開設するユーザーはもちろん、すでにMT5口座を保有しているユーザーであっても、条件を満たせばボーナス付与の対象となります。4月にリリースされたMT5は、FX業界で採用する流れが続いており、徐々にMT5の利用者も増加傾向となっています。今回のボーナスキャンペーンは、取引量や銘柄の制限なく、取引を完了するだけで付与されるお得なボーナスです。目次[非表示]新規取引キャンペーンの概要ボーナスの受け取り手順MT5を利用するメリットBigBossとはMT5ユーザーに積極的にアプローチ新規取引キャンペーンの概要今回のボーナスキャンペーンは、エントリーの必要はありません。キャンペーン期間中にMT5で新規注文から新規決済までの取引を完了すると、50ドルのボーナスが自動的に付与されます。実施期間2022年5月23日(月)~2022年7月8日(金)対象口座MT5スタンダード口座MT5プロスプレッド口座ボーナス50ドルボーナス反映までの期間1~2営業日以内(一定時間経過後に反映)銘柄全銘柄対象対象の取引ツールPC版MT5MT5ウェブトレーダーMetaQuotes版MT5アプリ公式取引アプリBigBoss QuickOrderMT5リリースキャンペーンの対象口座は、MT5スタンダード口座とMT5プロスプレッド口座の2つです。MT4口座やFOCREX口座はキャンペーンの対象外となっているため、注意してください。ボーナス付与の対象は、BigBoss(ビッグボス)で提供されている仮想通貨やFX通貨ペアを含む全銘柄で、取引ロット数の制限はありません。PC版MT5やMT5アプリの種類を問わず、条件を満たせば、ボーナス付与の対象となります。ボーナスの受け取り手順ボーナスを受け取るためには、MT5口座が必要です。MT5口座を保有していない人は、下記の手順に従って口座開設をしてください。手順1BigBoss(ビッグボス)の公式ホームページにアクセスし、キャンペーンの対象口座であるMT5スタンダード口座・MT5プロスプレッド口座のどちらかの取引口座を開設します。BigBossは本人確認なしですぐに取引を開始できる「クイック口座開設」を導入していますので、すぐにリアル口座を開設できます。既存ユーザーであれば、マイページからMT5の追加口座を開設します。BigBossクイック口座開設クイック口座開設とは本人確認なしで口座開設ができる仕組みのことです。簡単な情報を登録するだけで入金をすることが可能となり、すぐに取引を始めることができます。本人確認書類や住所確認書類は、出金までに提出する必要があります。このような仕組みを導入する海外FX業者は増加傾向にあり、BigBossの他にもTitan FX(タイタンエフエックス)やExness(エクスネス)、Land-FX(ランドエフエックス)が、本人確認なしですぐに取引を開始できる仕組みを提供しています。手順2取引口座の開設が完了したら、取引プラットフォームであるMT5をダウンロードします。以下のページにアクセスし、スクロールすると、MT5のダウンロードができます。MT5のダウンロードはこちら手順3キャンペーン期間中、対象のMT5取引口座で、新規注文から決済まで完了すると、1〜2営業日以内に「クレジット(出金ができず取引のみに利用できる証拠金)」として50ドル相当のボーナスが付与されます。MT5を利用するメリット今回のキャンペーンの主役ともいえるMetaTrader5(MT5)は、MT4の次世代取引プラットフォームとして開発されました。最近、FX業界全体でMT5を導入する流れが加速しています。XMTrading(エックスエムトレーディング)やExness(エクスネス)といった大手ブローカーは以前から導入していましたが、GEMFOREX(ゲムフォレックス)も2022年1月に導入を開始しました。また、新興ブローカーのFXGT(エフエックスジーティー)はMT4がなくMT5のみを採用しています。MT5は、すでに10年以上の歴史があるツールですが、開発元のメタクォーツ社は現在も活発に新規機能の追加を続けており、多くのトレーダーから好評を得ています。MT5はMT4よりも処理速度が速く、テクニカル分析ツールなどが充実しています。MT5の主なメリットは以下のとおりです。動作や注文が速い一括決済注文が可能テクニカル指標が多いオブジェクトが多い表示できる時間足が多い板情報が表示される新機能を含むアップデートが継続されているBigBossとはBigBoss(ビッグボス)は2013年6月に創業したFXブローカーで、豪華なボーナスキャンペーンや仮想通貨(暗号通貨)に注力していることで知名度があります。口座タイプスタンダード口座プロスプレッド口座FOCREX口座レバレッジ【FX通貨ペア】最大999倍【貴金属】:50倍【株価指数】:50倍【エネルギー】:50倍【仮想通貨】:50倍取引ツールMetaTrader4MetaTrader5Quick Trader(アプリ)取引銘柄【FX/通貨ペア】:32【CFD/貴金属】:2【CFD/株価指数】:7【CFD/エネルギー】:2【CFD/仮想通貨】:30サポート対応(平日)午前10時~深夜0時2022年4月にMT5のリアル口座の提供を開始し、同時にBigBossのオリジナル公式スマートフォンアプリ「Quick Trader(クイックトレーダー)」を正式にリリースしました。Quick Traderのチャートには、高機能分析ツールとして人気があるTradingViewが採用されています。チャートを日本時間表示にすることや、チャートを平均足表示に変更するなど、MT4/MT5アプリよりもカスタマイズしやすいのが特徴です。MT5ユーザーに積極的にアプローチMT5のリリースを記念した今回のキャンペーンは、取引量や銘柄などの制限はありません。BigBoss(ビッグボス)のMT5取引口座を保有していれば、誰でも参加できます。条件は、キャンペーン期間中にMT5口座で取引することのみです。MT5口座を取引するだけで50ドル相当のボーナスが付与されるキャンペーンは、非常にお得です。MT5ユーザーに積極的にアプローチすると同時に、これまでMT5を利用したことがないユーザーも参加しやすい条件となっています。最近、BigBossはカスタマーサポート体制を強化しました。ロンドン時間やニューヨーク時間と重なる日本時間の午前0時までカスタマーサポートを利用できます。MT5の使い方が不明なときにも安心です。今後も、ユーザーの満足度を向上させるための新たなアップデート、キャンペーンに注目できますね。

No se encontraron resultados

La página solicitada no pudo encontrarse. Trate de perfeccionar su búsqueda ストップロスオーダー o utilice la navegación para localizar la entrada.

Entradas recientes

  • Jornada de Extensión de Cátedras de Bioquímica clínica, Hematología clínica e Inmunología clínica. 28/05/2022
  • Jornada de Extensión Universitaria de la Facultad de Ciencias Químicas 28/05/2022
  • Jornada de bienvenida y evaluación psicométrica a alumnos de la UC Guairá 22/04/2022
  • Jornada de bienvenida a alumnos de medicina 22/04/2022
  • Seminario ストップロスオーダー departamental 19/04/2022

Contactenos

Cualquier consulta o sugerencia, estamos a su disposición, llámenos o envíenos un correo electrónico.

Campus Lemo: +595-541-42 670 / +595-541-43118 (FAX)
Edificio Sagrado Corazón de Jesús: +595-541-42 749
Edificio Histórico: +595-541-41 662 / +595-541 44 872 (FAX)
Email: [email protected]

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる