タダで投資

クラウドブローカーとは

クラウドブローカーとは
図 1: 高可用性モードに関連するコンポーネントを示すCVAD サービスの概念図

Cloud Access Security Broker (CASB)

According to Gartner, a cloud access security broker (CASB) is an on-premises or cloud-based security policy enforcement point that is placed between cloud service consumers and cloud service providers to combine and interject enterprise クラウドブローカーとは security policies as cloud-based resources are accessed. Think of the CASB as the sheriff that enforces the laws set by the cloud service administrators.

casb definition

What are the Four Pillars of CASBs?

These are the foundational building blocks of any CASB solution. All pillars クラウドブローカーとは are required to have an effective program.

1. Visibility

While cloud security is the key focus of a cloud access security broker, another クラウドブローカーとは value provided is helping you get your arms around cloud spend. A CASB can help you discover all cloud services in use, report on what your cloud spend is, and find redundancies in functionality and license costs. A CASB can produce valuable business and financial information as well as protection.

2. Compliance

Compliance is a major consideration when organizations decide to move their data and systems to the cloud. These compliance standards are meant to ensure the safety of personal and corporate data, and ignoring these concerns can lead to dangerous and costly breaches.

Cloud access security brokers can help ensure compliance in the cloud whether you are a healthcare organization worried about HIPAA or HITECH compliance, a retail company concerned with PCI compliance, or a financial services organization needing to comply with FFIEC and FINRA. A CASB can help safeguard your company against costly data breaches by maintaining the data regulations set by your industry.

3. Data Security

4. Threat Protection

Organizations need to ensure their employees aren’t introducing or propagating cloud malware and threats through vectors such as cloud storage services and their associated sync clients and services. This means being able to scan and remediate threats across internal and クラウドブローカーとは クラウドブローカーとは クラウドブローカーとは external networks, in real-time when an employee tries to share or upload an infected file. This also means detecting and preventing unauthorized user access to cloud services and data, which can help to identify compromised accounts.

What are the Top Three Uses for CASBs?

1. Govern Usage

Well-known for efficiency in discovering shadow IT behaviors, CASBs are also savvy across further organization security. A CASB can govern your organization’s cloud usage with granular visibility and control. Rather than take a one-size-fits-all approach by blocking services, CASBs allow you to govern usage based on identity, service, activity, application, and data.

Additionally, you can define policies based on service category or risk and クラウドブローカーとは クラウドブローカーとは choose from actions such as block, alert, bypass, encrypt, quarantine, and coach for policy enforcement. Finally, you can use these instances to クラウドブローカーとは クラウドブローカーとは alert your IT team for actions taken against any policy in place for internal monitoring.

2. Secure Data

Protect and prevent the loss of sensitive data across all of the cloud services in your environment, not just the ones you sanction. Take advantage of advanced, クラウドブローカーとは enterprise DLP to discover and protect sensitive data in sanctioned cloud services and en route to or from any cloud service, sanctioned or unsanctioned, whether users are on-premises or remote, on a mobile device or accessing from a web browser, or entering from a mobile app or sync client. Combat loss of data with encryption, tokenization, or upload prevention.

3. Protect Against Threats

Guard against cloud-based threats such クラウドブローカーとは as malware and ransomware. Start with full visibility of all cloud services, even those using SSL-encrypted connections. Use anomaly detection, and threat intelligence sources such as which of your users has compromised accounts. Then, layer in static and dynamic anti-malware detections, plus machine learning to detect ransomware. Finally, arm the rest of your security infrastructure with your findings through out-of-the-box integrations and workflows. Threats will continue to innovate their approach, so your CASB vendor should too.

The Ten CASB Product Capability Questions You Need to Ask

Your organization is クラウドブローカーとは evaluating cloud access security brokers to safely enable sanctioned and unsanctioned cloud services. This list of questions gives you specific, use case-based examples that will help you differentiate the capabilities between the CASB vendors you may be evaluating.

1. Can I control activities in managed and unmanaged cloud applications instead of having to block services altogether?

A: Rather than take a sledgehammer to the service クラウドブローカーとは by blocking it, take a scalpel to an activity such as “share”; Do it at a category level – across any cloud storage service, for example. This lets you allow, not block services while mitigating risk.

2. Can I enforce my sensitive data policies クラウドブローカーとは in and en route to cloud services? Can I reduce false positives by only looking at cloud transactions that matter?

A: Rather than find and secure content in just your sanctioned service, do it across both sanctioned and unsanctioned services, and for content that’s at rest and en route. Also, minimize false positives and increase accuracy by reducing the surface area through context. Filter out クラウドブローカーとは the cloud transactions you care about by removing users, services, categories, locations, and activities from what you inspect and enforce policies.

3. Can クラウドブローカーとは I enforce policies based on Microsoft Active Directory groups or organizational units?

A: Rather than upload or enter user data manually, クラウドブローカーとは クラウドブローカーとは enforce policies that incorporate groups from your enterprise directory such as Microsoft Active Directory.

4. Can I detect cloud activity anomalies like クラウドブローカーとは excessive downloads or shares across any service, or if users are sending renamed files or extensions?

A: Rather than detecting anomalies only in sanctioned services or at a coarse-grained level such as access, detect anomalies based on activities across any service, sanctioned or クラウドブローカーとは unsanctioned.

5. Can I monitor and report on activity in regulated services, like finance and accounting ones, for compliance purposes?

A: クラウドブローカーとは クラウドブローカーとは Rather than keep regulated services on-premises, migrate them to the cloud while also complying with regulations such as Sarbanes-Oxley. Report on access and data modifications within cloud-based systems of record.

6. Can I enforce policies remotely, including on mobile and in sync clients?

A: Rather than exclude on-premises monitoring and control from your cloud security model, enforce your policies wherever your users are and whatever their device.

7. Can I mitigate risk against users with compromised accounts?

A: Identify and protect against users accessing your services クラウドブローカーとは クラウドブローカーとは with compromised account credentials.

8. Can I find and remediate threats and malware in my cloud services?

A: Identify and protect against threats and malware in or en route to or from any cloud service.

9. Do you enhance the value of my existing investments by enabling me to integrate with on-premises solutions such as DLP, SIEM, malware sandbox, and EDR?

A: Rather than deploy cloud security in a silo, make your existing investments more valuable by adding a cloud access security broker.

10. Do you facilitate the deployment options that meet my requirements, including keeping all of my data on-premises? Are you a future-proof investment?

A: Rather than be forced into a CASB vendor’s deployment model, choose the deployment that best fits your requirements, now and in the future.

The Role of CASBs in a SASE Dominated Future

With the recent and massive shifts over to the cloud, CASB technology is morphing into something bigger than itself. Combined with other technologies such as data loss prevention (DLP) and Next Generation Secure Web Gateways, CASB is molding into just one piece of what is known as Secure Access Service Edge (SASE) architecture.

SASE combines multiple security and networking technologies to provide comprehensive web and cloud security without the hiccups of traditional perimeter security, such as latency and lack of context into data usage.

What this means is that a singular focus on CASB is no longer an option for companies. It’ll require a combined approach of multiple tools in which CASBs are just a small sliver of this security strategy.

セキュリティ・サービス・エッジ(SSE)とは?

Security Service Edge (クラウドブローカーとは SSE) is the convergence of multiple cloud-based security services as part of a Secure Access Service Edge (SASE) architecture. As a component of this architecture, CASB provides granular control of web and application traffic, as well as data and devices in real-time. This control クラウドブローカーとは is facilitated by the visibility and insights provided by other SSE capabilities and components, such as secure web gateways (SWG) and user/entity behavior analytics (UEBA).

Netskope a LEADER in the 2021 IDC MarketScape for Cloud Security Gateways

Netskope is positioned as a Leader in the IDC MarketScape for Cloud Security Gateways in both “Strategies” and “Capabilities”

Netskope’s approach to Cloud Security Gateways (also known as CASB – Cloud Access Security Broker) has been consistently lauded by customers and top technology analysts throughout the world. As a fundamental cloud security service, CASB is critical to SASE architecture and Security Service Edge (SSE) that will dominate modern enterprise security and networking in the years to come.

Learn more about our placement and the fundamental benefits of the Netskope CASB solution today.

IDC Marketscape for Cloud Security Gateways - diagram

2020-09-Gartner-MQ-CASB

2020 CASBのマジック クアドラント

Over four consecutive クラウドブローカーとは years, Gartner named Netskope a “Leader” in the Magic Quadrant for Cloud Access Security Brokers. That report has been just retired by クラウドブローカーとは Gartner and will soon be replaced. In the meantime, please refer to our other reports from Gartner.

クラウド Security Service Edge

Our Cloud Security Service Edge delivers security to every corner of your business using zero trust principles​, to unlock workforce productivity.

包括的なセキュリティ

最先端のクラウド アクセス セキュリティ (クラウドブローカーとは CASB)、セキュア Web ゲートウェイ (SWG)、プライベート アクセス (ZTNA) を組み合わせることで、ゼロトラスト原則に基づいてシームレスにエッジを保護します。

生産性を保護

ランサムウェアや SaaS の脅威を自動的に防ぐとともに、エンドポイント、ネットワーク、クラウド サービスの全体でユーザーとデータを統一的に保護します。

管理を合理化

イノベーションのレガシー

CRN Coolest Cloud Companies のロゴ

CRN Tech Innovator
ファイナリスト、クラウド セキュリティ部門

リーダーに認定 - クラウド アクセス
セキュリティ ブローカー

最優秀クラウド アクセス
セキュリティ ブローカー

最優秀クラウド
セキュリティ サービス

パズルの 2 つのピースを合わせる人

当社のパートナー

当社の XDR エコシステムを駆動するオープン アーキテクチャは、さまざまなテクノロジー パートナーやプロバイダーに支えられています。

生きたクラウド セキュリティに向けて次の一歩を踏み出す

Trellix Redirection

You're exiting Trellix.

Please pardon our appearance as we transition from McAfee Enterprise to Trellix.

Exciting changes are in the works.
We look forward to discussing your enterprise security needs.

You will be redirected in 0 seconds. If not, please click here to continue

Trellix Redirection

You're exiting Trellix.

Please pardon our appearance as we transition from FireEye to Trellix.

Exciting changes are in the works.
We look forward to discussing your enterprise security needs.

You will be redirected in 0 seconds. If not, please click here to continue

技術概要:Citrix Virtual Apps and Desktopsサービスのローカルホストキャッシュ/高可用性モード

ローカルホストキャッシュ(LHC)は、Citrix Virtual Apps and Desktops(CVAD)サービスのコンテキストで、保険契約と考えることができます。この保険契約は、何らかの理由(停止、接続の問題、インターネットの停電など)により、Citrix Cloud ConnectorがCitrix仲介サービス(CVADサービスの一部であり、それ以降、クラウドブローカー)と通信できない場合に適用されます。リソースの場所とクラウドブローカー間の通信が故障すると、エンドユーザーへの影響につながる可能性があります。ローカルホストキャッシュは、このようなエンドユーザーへの影響を軽減するように設計されています。

Citrix Virtual Apps and Desktops -通常の操作

図 1: 高可用性モードに関連するコンポーネントを示すCVAD サービスの概念図

Cloud Connector コンポーネント

Citrix Cloud Connectorには、ローカルホストキャッシュ操作に必要なコンポーネントがいくつかあります。

  • 構成シンクロナイザサービス: 構成シンクロナイザサービス (CSS) は、クラウドブローカーと (60 秒ごと) 定期的にチェックし、構成が変更されたかどうかを確認します。変更は、管理者が開始(デリバリーグループのプロパティの変更など)またはシステムアクション(マシンの割り当てなど)にすることができます。変更が検出されると、CSS はクラウドブローカーからコネクタマシンに変更を同期します。
  • localDB: CSS は、Microsoft SQL Server Express の LocalDB データベースに構成データをインポートします。同期操作ごとに、データベースの新しいインスタンスが作成されます。同期が正常に完了すると、最新の DB インスタンスが以前の DB インスタンスと置き換えられます。
  • 高可用性サービス : 高可用性サービス (HA サービス) は、停止中にランタイム仲介機能を提供する特殊なブローカーサービスです。HA サービスは、セカンダリブローカーとも呼ばれます。
  • リモートブローカープロバイダー: リモートブローカープロバイダーは、いくつかの重要な機能を実行します。
    • これは、Citrix Virtual Delivery Agent(VDA)とクラウドブローカー間の通信を中継するプロキシとして機能します
    • オンプレミスのStoreFront クラウドブローカーとは またはオンプレミスのADCとさまざまなCitrix Cloudサービス間の通信をプロキシリレーとして機能します
    • リソースの場所を HA モードと通常動作の間で切り替えるタイミングを決定します

    Citrix Virtual Apps and Desktops -通常の操作

    高可用性モード

    Citrix Cloud Connectorは、管理者の介入なしに、高可用性モードを自動的に開始または終了できます。HA モードは、次のいずれかによってトリガーできます。

    • StoreFront 列挙または起動要求の失敗
    • VDAとクラウドブローカー間の通信の中継に失敗しました
    • 起動時に、オンプレミスの ADC に代わってSecure Ticket Authority (STA) 要求を CVAD サービスに提示できない場合

    HAモードでは、HAサービスはいくつかの重要な仲介機能を引き継ぎ、リソースを列挙し、ブローカーセッションを起動し、VDA登録を受け入れます。さらに、HA サービスは STA プロバイダーとして機能します。複数のCloud Connectorがあるリソースの場所では、 HAサービスは選挙プロセスの一環として相互に通信します。この選択プロセスは、HA モードがトリガーされた場合に HA サービスのどのインスタンスを引き継ぐかを決定します。

    Citrix Virtual Apps and Desktops -高可用性モード

    高可用性モードを開始/終了する

    HA モードへの移行の決定は、特定の Cloud Connector インスタンスを通過する列挙トラフィックと起動トラフィックによって異なります。StoreFront でDelivery Controller として構成されているコネクタマシンのみが、高可用性モードの検出と移行をサポートします。この最適化は、不要なVDA登録を防ぐために必要です。

    HA モードを開始および終了するサイクル全体では、いくつかの状態があります。正常動作状態では 、すべてのコンポーネントが正常であり、すべての仲介トランザクションはクラウドブローカーによって処理されます。CSS は、クラウドブローカーからコネクタマシンに構成をアクティブに複製しています。

    一部のコンポーネントが正常なレポートに失敗した場合、コネクタは [ 保留中 HA ] 状態に移行します。この状態になると、包括的なヘルスチェックが開始され、次のアクションのコースが決定されます。コネクタは、リソースの場所にある他のコネクタと対話して、正常性のステータスを判断します。保留中の HA から [初期 HA] への移行の決定は、特定のリソースの場所にあるすべてのコネクタの健全性ステータスに基づきます。ヘルスチェックが成功すると、コネクタは正常動作状態に戻ります。または、ヘルスチェックが失敗し続ける場合、コネクタは [初期 HA] 状態に移行します。

    LHC ステートダイアグラム

    初期 HA 状態では、コネクタの高可用性サービスが仲介業務を引き継ぎます。クラウドブローカーに登録されたすべてのVDAは、コネクタのHAサービス/セカンダリブローカーに登録されます。初期 HA の終了時に、ヘルスチェックが開始されます。すべてのヘルスチェックが成功すると、状態は [保留中のリカバリ] に移行し、それ以外の場合は [拡張 HA] に移行します。

    拡張された高可用性期間中はヘルスチェックが継続され 、すべてのヘルスチェックが成功すると、状態は [リカバリを保留中] に移行します。コネクタが拡張 HA 状態のままになるまでの最大時間はありません。

    保留中の復旧は 、ブローカーをクラウドブローカーに返送する前に、すべてのコンポーネントが正常な待機期間として機能します。保留中のリカバリ中にいずれかのヘルスチェックが失敗すると、状態は拡張高可用性に戻ります。保留中の回復期間中にすべてのヘルスチェックが成功すると、状態は正常に動作している状態に移行します。この移行により、高可用性モードが終了し、セカンダリブローカーに登録されていたリソースの場所にあるすべてのVDAがクラウドブローカーに再登録されます。

    複数のリソースロケーションを持つ CVAD サービスインスタンス

    クラウドブローカーは、複数のリソースロケーションにまたがる展開全体のビューを持つように設計されています。ただし、高可用性モードでは、各リソースの場所は独自の独立したポッドになり、各リソースの場所で選択されたセカンダリブローカーは、そのリソースの場所内のVDAの仲介トランザクションのみを管理します。この設計は、VDAワークロードを含むすべてのリソースの場所からのすべてのCloud Connectorを含むようにStoreFront を構成するための重要な理由です。StStoreFront は、起動要求を分散し、複数のリソースの場所間で効果的にユーザーの負荷分散を行うことができます。

    VDA登録

    選択されたセカンダリブローカーが接続を処理している間、リモートブローカープロバイダーはCitrix Cloudへの接続を監視します。接続が復元されると、リモートブローカープロバイダーは、選択されたセカンダリブローカーに接続情報のリッスンを停止するように指示し、クラウドブローカーへのブローカー操作の伝達を再開します。次回、VDAがリモートブローカープロバイダーと通信するときに、別の登録プロセスがトリガーされます。選択されたセカンダリブローカーは、以前の停止から残りのVDA登録をすべて削除します。CSSは、Citrix Cloudで構成が変更されたことを検出すると、情報の同期を再開します。

    リソースロケーション内の複数のコネクタ

    すべてのリソースの場所/ゾーンに少なくとも2つのコネクタを推奨します。各ゾーンでは、中断が発生した場合に仲介責任を引き継ぐコネクタマシンが HA サービスによって認識されるようにするために、選挙プロセスが絶えず実行されています。この選択は、通常の動作中と HA モードで実行しているときの両方で、常に実行されます。

    CSS は、リソースの場所にあるすべてのCloud Connectorに関する情報を、セカンダリブローカーに定期的に提供します。これらの情報があれば、各コネクタはリソースの場所で実行されているすべてのピアコネクタを認識します。セカンダリブローカーは独立したチャネルで相互に通信します。これらのサービスでは、停止が発生した場合に、稼働しているマシンの FQDN 名のアルファベット順のリストを使用して、ゾーン内で選択されたセカンダリブローカーを特定します。高可用性モードでは、選択されたセカンダリブローカーが仲介業務を引き継ぐ一方、ゾーン内の他のセカンダリブローカーは着信接続要求とVDA登録要求をアクティブに拒否します。

    • そのコネクタがセカンダリブローカーに選ばれていない場合、再起動しても影響はありません。
    • そのコネクタがセカンダリブローカーとして選択された場合、別のCloud Connectorが選択され、VDAは新しい選択されたセカンダリブローカーに登録されます。再起動したCloud Connectorの電源がオンになると、このCloud Connectorが自動的に仲介処理を引き継ぐため、VDAはこちらのConnectorにもう一度登録されます。このシナリオでは、登録中にパフォーマンスに影響が生じることがあります。

    複数のリソースの場所を持つローカルホストキャッシュ

    リソースの場所にあるコネクタ間の負荷分散

    オンプレミスのStoreFront は、デフォルトで60秒ごとにストアで構成されているすべてのCloud Connectorにハートビートメッセージを送信します。負荷分散アプリの列挙と起動要求では、正常な クラウドブローカーとは Cloud Connector (ハートビートに正常に応答する) のみが考慮されます。Cloud Connectorsへの同じハートビート要求によって、コネクタもアクティブになり、前のセクションで説明した HA モードアルゴリズムに参加します。すべてのリソースの場所の高可用性モードで実行できるようにするには、StoreFront oreFront構成でDelivery Controllerとして識別されたすべてのCloud ConnectorがオンプレミスのStoreFront にあることを確認することが重要です。適切なStoreFront 構成を使用しないと、サイトがHAモードになったときに容量が失われることがあります。

    Citrix Virtual Apps and Desktops -通常の操作

    図 5: 構成が不足しているため、1 つの RL が HA 対応になっていない複数のリソースロケーションでの展開

    同じアプリケーション/デスクトップを公開するリソースの場所の HA モード

    CVAD クラウドブローカーとは サービス展開モデルの 1 つには、複数のリソースの場所が含まれます。すべてのリソースの場所で同一のアプリケーションとデスクトップを公開します。たとえば、単一のマルチセッションイメージまたはプールされた VDI デスクトップのアプリケーションを含む展開を、すべてのリソースロケーションに均一に展開できます。

    このような展開がHAモードで動作している場合、ユーザーは、構成されたさまざまなリソースの場所にある任意のVDAに転送されます。このシナリオでは、StoreFront は、さまざまなリソースの場所で、構成されたすべてのCloud Connectorへの要求の負荷分散を行います。

    さまざまなアプリケーション/デスクトップを公開するリソースの場所の HA モード

    このような展開が HA モードで動作する場合、アプリケーションまたはデスクトップ起動要求は、アプリケーションおよびデスクトップが存在する特定のリソースの場所の適切な Cloud Connector にルーティングする必要があります。これは、クロスゾーン仲介が HA モードでは使用できないためです。StoreFront 1912 LTSR累積的な更新1またはそれ以降の機能によって提供されるAdvancedHealthCheck 機能は、次の段落で説明する展開などです。

    StStoreFront は、任意の地域のCloud Connectorからアプリケーションとデスクトップを列挙します。列挙情報には、リソース (アプリケーションまたはデスクトップ) クラウドブローカーとは と、アプリケーション/デスクトップが存在するリソースの場所の間のマッピングが含まれます。このマッピングは、ユーザーの起動要求を特定のリソースの場所に送信するために使用されます。StoreFrontがこの機能を利用できるようにするには、 製品ドキュメントに記載されている構成手順を確認します 。

    Citrix ADCが関与するアーキテクチャ

    Citrix ADCアプライアンスには、Citrix Virtual Apps and Desktops Delivery Controller サーバーを監視する組み込みのモニターであるCITRIX-XD-DDCモニターが用意されています。Citrix Virtual Apps and Desktops サービスのコンテキストでは、Cloud ConnectorはDelivery Controller サーバーと同等です。モニタは、設定済みのコントローラ/コネクタサーバにプローブを XML メッセージの形式で送信します。サーバーがファームの クラウドブローカーとは ID を使用してプローブに応答する場合、プローブは成功したとみなされ、サーバーのステータスは UP としてマークされます。応答に成功コードがない場合、またはサーバーファームの ID が応答に存在しない場合、プローブは失敗と見なされ、サーバーのステータスは DOWN としてマークされます。

    異なるアプリケーション/デスクトップを公開するリソースロケーション用のCitrix ADC

    • 各リソースの場所にあるCloud Connectorを、ADC ロードバランサの一意の VIP に集約します。
    • こちらの説明に従って 、 StoreFrontの高度なヘルスチェック機能を有効にします
    • 各ゾーン/リソースの場所をADC仮想IP(VIP)にマッピング
    • すべてのADC VIPをデリバリーコントローラとしてStoreFront に追加します。
    • CITRIX-XD-DDCモニタを介して各リソースの場所のCloud クラウドブローカーとは Connectorを監視するようにADCロードバランサーを設定します。

    Citrix Virtual Apps and Desktops -通常の操作

    プールされたデスクトップVDAワークロードに関する考慮事項

    ユーザーがプールされたデスクトップVDAからログオフすると、VDAのイメージがリセットされ、VDA上のユーザー固有のデータが削除されます。サイトが HA モードで実行されている場合、リセット操作は使用できません。したがって、ユーザーがプールされたデスクトップVDAからログオフすると、マシンはメンテナンスモードになります。このリセットにより、汚染されたイメージを別のユーザーが利用できるようになります。

    VMware vSphereおよびCitrix Hypervisorで実行されているプールされたデスクトップVDAワークロードでは、高可用性モード時の電源操作のサポートを導入する新機能が早期にプレビューできます。この機能により、サイトが HA モードで機能している場合でも、イメージをリセットする機能が追加されます。プレビューサービスの詳細については、 こちらをご覧ください。

    ローカルホストキャッシュのテスト

    ローカルホストキャッシュは、ユーザーの介入なしに動作するように設計されています–それは完全に自律です。ただし、すべての Cloud Connectorが正しく同期され、引き継ぐ準備ができていることを確認できます。次の手順を推奨します。

    • 前のセクションで説明したように、すべてのコネクタはサイト構成の同期を個別に実行します。同期の結果は、イベントビューアに表示されます。 イベントの詳細については、製品ドキュメントの「イベントログ」セクションを参照してください 。
    • 停止をシミュレートして、環境内のローカルホストキャッシュソリューションをテストできます。 停止を強制する方法に関するガイダンスは 、製品ドキュメントに記載されています。強制的に停止する場合は、リソースの場所にあるすべてのコネクタを強制停止モードに設定するように特に注意してください。

    DIESER DIENST KANN ÜBERSETZUNGEN ENTHALTEN, DIE VON GOOGLE BEREITGESTELLT WERDEN. GOOGLE LEHNT JEDE AUSDRÜCKLICHE ODER STILLSCHWEIGENDE GEWÄHRLEISTUNG IN BEZUG AUF DIE ÜBERSETZUNGEN AB, EINSCHLIESSLICH JEGLICHER GEWÄHRLEISTUNG DER GENAUIGKEIT, ZUVERLÄSSIGKEIT UND クラウドブローカーとは JEGLICHER STILLSCHWEIGENDEN GEWÄHRLEISTUNG DER MARKTGÄNGIGKEIT, DER EIGNUNG FÜR EINEN BESTIMMTEN ZWECK UND DER NICHTVERLETZUNG VON RECHTEN DRITTER.

    CE SERVICE PEUT CONTENIR DES TRADUCTIONS FOURNIES PAR GOOGLE. GOOGLE EXCLUT TOUTE GARANTIE RELATIVE AUX TRADUCTIONS, EXPRESSE OU IMPLICITE, Y COMPRIS TOUTE GARANTIE D'EXACTITUDE, DE FIABILITÉ ET TOUTE GARANTIE IMPLICITE DE QUALITÉ MARCHANDE, D'ADÉQUATION À UN USAGE PARTICULIER ET D'ABSENCE DE CONTREFAÇON.

    ESTE SERVICIO PUEDE CONTENER TRADUCCIONES CON TECNOLOGÍA DE GOOGLE. GOOGLE RENUNCIA A TODAS LAS GARANTÍAS RELACIONADAS CON LAS TRADUCCIONES, TANTO IMPLÍCITAS COMO EXPLÍCITAS, INCLUIDAS LAS GARANTÍAS クラウドブローカーとは DE EXACTITUD, FIABILIDAD Y OTRAS GARANTÍAS IMPLÍCITAS DE COMERCIABILIDAD, IDONEIDAD PARA UN FIN EN PARTICULAR Y AUSENCIA DE INFRACCIÓN DE DERECHOS.

    このサービスには、Google クラウドブローカーとは クラウドブローカーとは が提供する翻訳が含まれている可能性があります。Google は翻訳について、明示的か黙示的かを問わず、精度と信頼性に関するあらゆる保証、および商品性、特定目的への適合性、第三者の権利を侵害しないことに関するあらゆる黙示的保証を含め、一切保証しません。

    ESTE SERVIÇO PODE CONTER TRADUÇÕES FORNECIDAS PELO GOOGLE. O GOOGLE SE EXIME DE TODAS AS GARANTIAS RELACIONADAS COM AS TRADUÇÕES, EXPRESSAS クラウドブローカーとは OU IMPLÍCITAS, INCLUINDO QUALQUER GARANTIA DE PRECISÃO, CONFIABILIDADE E QUALQUER GARANTIA IMPLÍCITA DE COMERCIALIZAÇÃO, ADEQUAÇÃO A UM PROPÓSITO ESPECÍFICO E NÃO INFRAÇÃO.

    クラウドブローカーとは

    あらゆるクラウドで、ビジネス重視のITサービスを提供する

    Dell Technologies Servicesは、組織のテクノロジー要件をビジネス ニーズと財務目標に合わせて調整するクラウド サービスを提供することで、俊敏性とコスト面でのメリットを実現できるように支援します。

    ハイブリッドおよびマルチ クラウドへのパスをシンプルに

    戦略の策定

    ワークロードとビジネス ユーザー エクスペリエンスを最適化

    クラウド設計の指針

    組織のテクノロジー フットプリントとビジネス ニーズを合わせるように調整されたクラウド戦略を構築して実装します。

    Dell Technologies Cloud Platformのビジネス バリューを拡大

    デル・テクノロジーズのコンサルティング サービスを利用すると、Dell Technologies Cloud Platformの俊敏性をすぐに実感でき、コスト面でのメリットを早期に実現できます。サービス設計の定義からアプリケーションの移行、さらに自動化された効率的なクラウド運用を実現し、お客様のクラウド トランスフォーメーションを加速させます。

    • ハイブリッドおよびマルチクラウドへのパスをシンプルにする
    • クラウドITサービスのブローカーとしてクラウド導入を加速させる
    • 運用プロセスを自動化して、柔軟なクラウド運用の基盤を提供する
    • ITインフラストラクチャとクラウド ネイティブ サービスの利用を促す
    • テクノロジーの管理からサービスの管理へシフト

    APEX Cloud Services

    VMware Cloud Foundation on VxRail

    VMwareソフトウェアデファインド データ センターおよびハイブリッド クラウドへの移行を促進します。

    デル・テクノロジーズが提供するMicrosoft Azure Stackソリューション

    VxRail

    お客様事例:FedEx

    FedExは、より迅速にビジネスに価値をもたらします。

    Dell Technologies Servicesのクラウドの詳細

    マルチクラウドに関するProConsultアドバイザリ

    クラウド運用モデル サービス

    既存のIT運用と新しいクラウド ネイティブな運用の両方をサポートするサービス ベースの運用モデルを構築します。

    クラウド ネイティブ アプリケーションとオートメーション

    クラウド クラウドブローカーとは クラウドブローカーとは ネイティブ ソフトウェアと自動化された運用を活用して、俊敏性、生産性、競争力を高めます。

    アプリケーション ポートフォリオの最適化

    適切なクラウド コンサンプション モデルでアプリケーションを調整します。

    アプリケーションとワークロードの移行

    ビジネス レジリエンス

    ノンストップのデジタル ビジネスに対するビジネス レジリエンスを実現します。

    デジタル サービスのマーケットプレース

    デル・テクノロジーズのマネージド サービス

    ネットワークのモダナイズ

    • ビジネス アドバイザーとチャット
    • 営業担当者からの電話連絡をリクエスト
    • サポートに連絡する

    1 Gartnerによる『How to Start Executing a Successful Automation Strategy』(Dennis Smith、Chris Saunderson共著、2020年4月29日)
    GARTNERは、Gartner, Inc.および/または米国内外の関連会社の登録商標およびサービス マークであり、ここでは許可を得て使用されています。All rights reserved.(不許複製・禁無断転載)

    クラウド管理とは?メリット・デメリットやおすすめツールを紹介!

    blank

    例えば、Amazonが提供するクラウドサービスの集合体AWS(Amazon Web Services)は、セキュリティマネジメント規格であるISO 27001を取得しています。そして、クラウド上でID認証サービスを提供するIDaaS(Identity as a Service)の1つであるAuth0やCloudGate UNOなどは、多要素認証やリスクベース認証など多彩な認証機能を搭載して、情報資産を守るための仕組みを強化しています。

    クラウドサービスを利用する2つのデメリット

    カスタマイズ性が低い

    サービス停止のリスク

    クラウド環境の3種類の構築方法とは?

    プライベートクラウド

    パブリッククラウド

    ハイブリッドクラウド

    クラウドサービスの形態とは?

    SaaS(Software as a Service)は、ソフトウェアの機能をインターネット上で利用できるサービスです。特別な作業は不要で、必要なときに必要なだけ利用できるため、初期費用やランニングコストは低く抑えられるのが特徴です。業務やプライベートでも利用頻度の高いメールソフトのGmail、オフィスソフトのMicrosoft クラウドブローカーとは Office 365、顧客管理やマーケティング対策で利用するSalesforceなどが挙げられます。

    PaaS(Platform as a Service)は、ソフトウェアやアプリが稼働するための土台となるOSやハードウェアなどのプラットフォームをクラウド上て提供するサービスです。プログラムだけを用意すれば利用できるため、比較的低コストで素早くシステムやサービス開発を行うことができます。

    ただし、プログラムの実行環境には制限があるので、自由度はそれほど高くありません。PaaSの事例としては、Microsoft AzureやSalesforce Platform、AWSなどが挙げられます。

    IaaS (Infrastructure as a Service)は、情報システムの稼働に必要な仮想サーバーやストレージ、CPUなどのネットインフラを提供するサービスです。自由度が高いのが特徴で、CPUやOSなどのスペックを自分で選定できます。一方で知識やノウハウが無いと自社にとって最適な商品を選定できないため、これから本格的にセキュリティ対策を始める企業にとってはややハードルが高いサービス形態です。IaaSの例としては、GCE(Google Compute Engine)、Amazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)が代表例として挙げられます。

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる