取引ツール

パラメータの設定やエントリーポイントを解説

パラメータの設定やエントリーポイントを解説
utm_sourceは、Google広告を利用することからgoogleに設定、utm_mediumは、検索広告を利用することからcpcに設定、utm_campaignは、winter_sale2020と命名。これは決めの問題で特にルールはありません

LINE運用担当者は要確認!GoogleアナリティクスでLINEからの流入を計測する方法

あまりに長くなるようであれば パラメータの設定やエントリーポイントを解説 Google が提供している「Google URL Shorter」などの リンク 短縮サービスを利用すると良いでしょう。
追記(2018/04/03):2018年3月30日、 Google は同社の URL 短縮サービス「 Google URL Shorter」のサービス終了を発表しました。同年4月13日から匿名 ユーザー の利用が停止され、翌年3月30日以降は完全に新規作成ができなくなる予定です。

パラメータをつける上での作業簡略化のコツ

1週間に何度もパラメータ付きの URL を用意することになると思うので、パラメータをPCの ユーザー 辞書に登録しておくと、すぐに呼び出すことができ作業簡略化になります。
また、 ページ を管理しているエクセルやスプレッドシートがあれば、元の URL とパラメータを結合して投稿用の URL を作成するセルを用意しておくのも良いでしょう。

現状の数値を把握しないことには、適切な改善を行うことはできません。
URL に適切なパラメータを設定して、感覚による運用からデータに基づく運用へと切り替えていきましょう。

URL URLとは、「Uniform Resource Locator」の略称です。情報がどこにあるのかを示すインターネット上の住所のようなものだと考えるとわかりやすいでしょう。各ページのURLは、インターネットブラウザの上部に文字列として表示されています。日本語では「統一資源位置指定子」という名称がついていますが、実際には日本でもURLという語が使われています。

URL URLとは、「Uniform Resource Locator」の略称です。情報がどこにあるのかを示すインターネット上の住所のようなものだと考えるとわかりやすいでしょう。各ページのURLは、インターネットブラウザの上部に文字列として表示されています。日本語では「統一資源位置指定子」という名称がついていますが、実際には日本でもURLという語が使われています。

URL URLとは、「Uniform Resource Locator」の略称です。情報がどこにあるのかを示すインターネット上の住所のようなものだと考えるとわかりやすいでしょう。各ページのURLは、インターネットブラウザの上部に文字列として表示されています。日本語では「統一資源位置指定子」という名称がついていますが、実際には日本でもURLという語が使われています。

URL URLとは、「Uniform Resource Locator」の略称です。情報がどこにあるのかを示すインターネット上の住所のようなものだと考えるとわかりやすいでしょう。各ページのURLは、インターネットブラウザの上部に文字列として表示されています。日本語では「統一資源位置指定子」という名称がついていますが、実際には日本でもURLという語が使われています。

ストキャスティクスで1分足を攻略!パラメータの設定やエントリーポイントを解説!

ストキャスティクスで1分足を攻略!パラメータの設定やエントリーポイントを解説!

「ストキャスティクス」は、MT4に既存で導入されているインジケーターですので、すぐに利用することができます。また、インジケーターの数は計り知れないほどあるわけですが、その中でもストキャスティクスはとても便利なインジケーターです。

ただですね、 実際にストキャスティクスだけを利用してエントリーするようなことは危険と言えます。

私自身、バイナリーオプションを始めたばかりの頃は、ストキャスティクスだけを利用してエントリーを行っていたわけですが・・・

やはり、ストキャスティクスだけでエントリーポイントを正確に把握することは難しく、利益を得ることができていませんでした。

しかし・・・・・

ある時期から、ストキャスティクスだけでなく、自作のオリジナルインジケーターをストキャスティクスと組み合わせて利用するようにしました。

例えばですが、

①ストキャスティクスとRSIとCCIを組み合わせしたサインインジケーター「 SRC 」を利用

②ストキャスティクスとRSIの数値をMTFで表示できるインジケーター「 Rsi-Sto-View 」を利用

などといった、組み合わさったインジケーターを利用していったわけですね。

そして、上記のインジケーターを組み合わせて利用してみたところ、勝率がどんどんと上がっていき、収益を大きく上げることができたんですよね。

この時に私は、「 ストキャスティクスを利用する際は、ストキャスティクスを様々なインジケーターと組み合わせて利用すれば、初心者でも勝率を上げることができるぞ !」っと実感しました。

それから私は、RSIを利用していく際には、「SRC」、「Rsi-Sto-View」、の2つを上手く活用しながら取引するようになり、 初心者だった私でも、最終的にバイナリーオプションを専業で取り組めるレベルにまで成長することができました。

因みに、サインインジケーター「SRC」、「Rsi-Sto-View」は、完全オリジナルで制作されたインジケーターですので、通常であれば、有料で購入するしか手に入れることのできないインジケーターです。

しかしですね・・・・

なんと今現在であれば、無料で手に入れることができます!

なぜなら・・・・

今現在!完全オリジナルで制作されたインジケーターを 期間限定で無料配布 しているからですね!

パラメータの設定やエントリーポイントを解説

サインインジケーター①「SRC」、②「Rsi-Sto-View」を無料で手に入れたいと思ったのであれば、下記のURLから詳しい内容を確認することができますので、まずは内容を確認してみて下さい。

↓↓

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる