外国為替に関する取引戦略

自動取引とは

自動取引とは

通常は人が裁量で取引するのがFXの基本となりますが、シストレはあらかじめ書き込まれた売買ロジックに基づいて自動で取引できるのが大きな特徴かつ魅力でもあります。

自動取引とは

トレーデンシーは、金融機関が独自のコピー/ミラー/ソーシャルトレーディングプラットフォーム導入をサポートする B2B の世界的テクノロジーリーダーです。顧客管理、注文執行、売買シグナルの受信と配信、パフォーマンス記録、ポジション管理、口座開設、ストラテジーバックテスト、売買シグナル受信のためのストラテジーブリッジ等、あらゆるタイプのコピー/ソーシャル/ミラーサービス構築に必要な全ての要素が、トレーデンシーの開発サービスに含まれています 。

outofthebox-01.png

HowDoseItWorkes-01.png

ソリューションを構築するモジュール

シグナルプロバイダーネットワーク

General-02.png

パフォーマンスの記録

シグナルプロバイダーからの取引を記録して、ストラテジーの取引を分析するモジュールです。全取引を正確に記録して信頼性ある取引実績をユーザーに提示する必要があります。トレーデンシーは、1個から複数まで全取引結果の記録に適した信頼性が高い独自のアルゴリズムを使い記録を最適化しています。更にパフォーマンスモジュールは、利益率/ MDD /取引平均利益、取引最大損失等、ストラテジーの統計を計算します。

シグナルブリッジ
注文執行モジュール
パッケージ/ 半自動/ 手動取引 / その他

UserEngagement-01.png

バックオフィスシステム

管理バックオフィス、IB /アフィリエイト/デスクバックオフィス、シグナルプロバイダーバックオフィスシステムが、既製の UI や API として提供されるバックオフィスシステムに含まれています。サービス(口座の作成と変更、顧客のログとアクティビティ、新しいグループの作成、監査ツール等)を管理者バックオフィスで管理することができます。IB /アフィリエイト/デスクバックオフィスで、顧客のグループとその情報や請求モジュールへのアクセス権限を管理することができます。購読者情報、ストラテジー情報、新規ストラテジー作成、プロファイル管理、その他ストラテジー関連の情報等が、シグナルプロバイダーのバックオフィスシステムに含まれます。

Robo Advisor software development backoo

最先端のフロントエンド

最新のデザインと UX スタンダードにより、シンプルで美しいユーザーインターフェースをデザイン・構築

Back_Test.png

インテグレーション

Rocket RoboX.png

スイフトインテグレーション
金融機関へ100回以上のインテグレーション開発を経験
専用プロトコルから FIX プロトコルまで幅広い接続開発を経験

Robo Advisor software development multi

マルチアセット
複数のアセットクラスに対応: FX、指数先物、債券、ETF、オプション、商品先物
注文執行とマーケットデータ

アルゴ注文

お客様がマーケットスピード II で条件を登録すると、楽天証券のシステムが登録した条件を満たすか監視を行います。登録した条件に合致すると自動的に取引所へ注文が執行されます。登録した条件は楽天証券のサーバーで管理するため、マーケットスピード II からログアウトしたり、パソコンの電源を落としたりしても、条件に合致すれば注文が執行されます。日中は忙しくて相場をチェックする時間が無かったり、旅行に出かけたりする場合でも安心です。

アルゴ注文のラインナップ

アルゴ注文の詳細

アルゴ注文の利用について

アルゴ注文の障害発生時における取扱い

  • アルゴ注文は条件登録を行った時点ではなく、 登録条件に合致して注文が執行される時点をもって、注文の受託とします。
  • 登録条件に合致したにも関わらず、システム障害等の原因により注文が執行されなかった、もしくは注文の執行が遅延したことによる損害の発生については、原則として、約定取消・約定訂正等の対象となりません ので、あらかじめご了承ください。
  • ただし、登録条件に合致していない、または、異なる条件の注文が執行された場合は約定取消・約定訂正等の訂正処理の対象となります。

登録条件に合致したとしても、注文が執行されず無効となるケース

アルゴ注文は条件登録を行った時点では注文の受託とはみなさないため、 条件登録時には買付可能額、新規建余力や残高の拘束等は行わず、条件に合致した時点で改めて注文執行が可能かどうかを確認します 。そのため、下記のケースに該当した場合には登録条件に合致したとしても、注文が執行されず無効となります。また、一度無効となった登録条件は、無効となった事由が解消された後に、再び登録条件に合致したとしても執行されません。

    自動取引とは
  1. 余力不足(買付可能額、新規建余力)/売却にかかる有価証券等の残高不足の場合
  2. 注文価格が制限値幅から外れている場合
  3. 信用新規売り注文時の価格規制に抵触した場合
  4. 注文銘柄が各種取引規制(即日徴収、新規売停止、等)に該当した場合
  5. 条件登録時に安定操作期間でなかった銘柄が、注文執行時に安定操作期間に該当した場合
  6. 条件登録時にその銘柄にかかる会社関係者ではなく内部者登録がなかった銘柄について、注文執行時に内部者登録がなされていた場合
  7. アルゴ注文によって執行される新規売建注文が、既に「執行中」の同一銘柄の新規売建注文との合計で51単元以上となる場合

アルゴ注文機能の制限について

  • アルゴ注文はマーケットスピード II 以外でも利用できますか?
  • スマートフォンアプリ「iSPEED」でアルゴ注文をご利用いただけます。

FXシステムトレード(自動売買)で月30万円儲かるための3つのポイント

FXシステムトレード(自動売買)で月30万円儲かるための3つのポイント

FXシステムトレード


通常は人が裁量で取引するのがFXの基本となりますが、シストレはあらかじめ書き込まれた売買ロジックに基づいて自動で取引できるのが大きな特徴かつ魅力でもあります。

一度ストラテジーと呼ばれるロジックを設定すれば、たとえ取引画面を見ていなくても自動的にそのロジックに合わせて売買してくれます。

つまり相場の状況にストラテジーが適合していれば、 たとえトレーダーが眠っていたとしても稼ぐことができる のです。

システムトレードを始めるのに資金はどのぐらい必要か?

これは ドローダウン と呼ばれる、一時的に含み損が出るケースに対応するためです。

人が成り行きで注文する場合は1,000通貨単位で1万円や5万円程度から売買するもよいでしょう。 自動取引とは
しかしシストレの場合は、 最低でも25万円、普通ならば50万から100万円程度の資金 を投入する方が効率的な売買が可能になります。

シストレ(自動売買)をスタートするにはストラテジーを選択するだけ

シストレのスタートは実に簡単です。 あらかじめ用意されているストラテジーと呼ばれる売買ロジックを相場の状況に合わせて選択し、証拠金を投入すればいつでも簡単に開始することができます。

たとえば、 インヴァスト証券の「トライオートFX 」の場合は、選択したシストレのロジックはコンピューターに設定され、たとえトレーダーがパソコンの電源を切ったとしても、稼動し続けるのが大きな魅力です。

相場状況に応じてストラテジーを入れ替えることが重要

つまり相場の状況に応じて、いかにストラテジーを入れ替えていくかがこの取引方法における 最大のポイント になるのです。

どんな人がシストレで勝てる?シストレに向いているタイプ

FXシステムトレード


シストレは、誰がやっても簡単に勝てるような印象を受けますが、実は同じシストレを使っても勝てるトレーダーと勝てないトレーダーが存在します。

シストレは、あらかじめ作られたロジックに合わせて自動売買が行われます。
そのため 相場状況に即応して売買が行われるのではなく、一定のロジックに沿って売買が実施 されることなります。

その特徴はストラテジーごとにさまざまです。
この特徴をうまく見抜いて、 その時々の相場に最もマッチしたストラテジーの入れ替えができるトレーダーは、シストレ(自動売買)でも成功するタイプ と言えるでしょう。

シストレ(自動売買)を研究して使いこなしている人は成功するタイプ

当然ながら、選手のことをよく知らなければ、最適な采配はできないように、 シストレもストラテジーの特徴などをよく知っていなければ、相場に応じた的確な選択は難しいでしょう。

感情に左右されてしまう人はシストレ(自動売買)向き

しかしFX市場で生き残れるトレーダーは、自らのルールに厳格に向き合って、機械的にルールを実行できる強い意志があるトレーダーばかりです。
そういった意味では感情に左右されやすい方は、FXそのものに向かないのかもしれません。

しかし、 シストレ ならストラテジーがあらかじめ決めたロジックを淡々とこなしていくことになります。
裁量取引では難しい、感情に左右されない厳密な取引を行う事が可能 です。そのため、シストレは裁量取引で感情に左右されてしまう方にも向いていると言えるでしょう。

シストレ(自動売買)で稼ぐための3つのポイント

FXシステムトレード


最後に シストレを利用して稼ぐ、3つのポイント を紹介します。

勝てるストラテジーに常に入れ替える

常に相場状況に合わせて勝てるストラテジーを入れ替えられるトレーダーが勝ち組 になります。
ストラテジーを調べて使って研究しながら、上手く入れ替えられるようになりましょう。

資金管理を徹底して行うこと

FXの基本は資金管理 にあります。
シストレでもまったく同様で、一定の売買をするために必要な資金をどれぐらいに設定するのかといった、資金での投資比率と余力を常に管理しておく必要があります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる