FXの自動売買とは

バイナリー オプション 法律

バイナリー オプション 法律
他のオンラインカジノ様でのご遊戯にて逮捕者が出ている事についてでございますが、公開されている情報を精査すると、特定方向への誘導も感じられる部分もあり、また逮捕=有罪(推定有罪)が全面的に押し出されている感があるかと存じます。
また現行法にて、オンラインカジノとして明確に定められていないと思われる状況下では、属人主義ではない賭博法の適用に疑問を感じるところであります。この一連の件に総じて言えることでは有りますが、報道の文章から見る限り、 現在日本の刑法で制定されている賭博法の解釈に当てはめる事は難しく 、罪刑法定主義として禁じられている、類推解釈、拡大解釈の可能性があるかと考えております。報道で出ているカジノが私どものブランドではない弊社として、今回行動を起こすことはできませんが、今後、弊社ブランドでの遊戯にて登録者が逮捕され、それが弊社ブランドと共に公表されることがあれば、 貿易上の不公平を訴え 、弊社保有ライセンス国を通じWTO(国際貿易機関)に問題提起することを考慮し、また名誉毀損にて 当該国裁判所に向けて提訴する事も吝かではありません。 国際最高レベルの条件をクリアしている状況下、国際基準を無視して企業イメージを損なう行為があった場合法令に基づき対応を取る事も視野に入れなければならない状況になる可能性もございます。 引用 報道に関するジパングカジノの見解

1.相談者様は、本件依頼時30代の男性です。
相談者様は、それまでバイナリーオプションの経験など全くありませんでしたが、SNS上で、バイナリーオプションで利益を上げていると自称する人物(以下、「本件勧誘者」と言います。)を知り、興味を持ちました。そして、相談者様は、LINEで本件勧誘者とやり取りをするようになり、本件勧誘者のレクチャーを受けながらバイナリーオプションを始めました。
その後、本件勧誘者から、バイナリーオプションで利益を上げるために必要なツール(以下、「本件ツール」と言います。)の勧誘を受けるようになりました。相談者様は、バイナリーオプションで利益を上げたいと考えたことから、本件勧誘者の勧誘を受けて、本件ツールを購入することにしました。
しかし、本件ツールを購入するにあたって、当初、フリマアプリ上でクレジットカード決済による購入を試みましたが、フリマアプリでの手続がうまくできず、フリマアプリ上で購入することができませんでした。
そうしたところ、本件勧誘者は、相談者様に、クレジットカードの現金化によって購入資金を用意し、本件ツールを購入するという方法を提案し、クレジットカードの現金化業者(以下、「現金化業者」と言います。)のサイトを紹介しました。

2.相談者様は、その後、現金化業者に連絡をとり、自身のクレジットカード情報や預金口座の情報を教えるなどして、クレジットカードの現金化の手続を進めたところ、すぐに現金化業者の名前とは、別の名義で50万円が相談者様の預金口座に振り込まれました。
一方、相談者様の知らないところで、その50万円が振り込まれた日に、ブレスレット7個合計77万8600円を相談者様がクレジットカード決済で購入したということになっており、相談者様は、クレジットカード会社に77万8600円の債務を負うことになっていました。
後日、相談者様のもとに相談者様の預金口座に50万円を振り込んだ振込名義人と同じ名義の送り主からブレスレット7個が届きました。

3.そして、相談者様はクレジットカードの現金化によって手に入れた50万円に手持ちの4万円を併せた合計54万円を本件ツールの購入代金として、本件勧誘者の指定した振込先口座に振り込みました。後日、本件ツールのデータが入っているUSB2本が相談者様のもとに届きました。しかし、送られてきたUSBを使ってパソコンで本件ツールの設定をしようとしても設定できず、結局、相談者様は、本件ツールを利用することはできませんでした。
最終的に、相談者様にはクレジットカードの現金化による77万8600円の債務だけが残りました。 4.ここまでの経緯に不審を抱いた相談者様は、当事務所の弁護士に相談し、事件処理を依頼することにしました。

2.次にクレジットカードの現金化業者におけるクレジットカード決済を代行したクレジットカードの決済代行業者(以下、「決済代行業者」と言います。)に対して,クレジットカードの現金化に関与した加盟店(ブレスレット7個を販売した業者)の情報を開示するよう要請するとともに、今回のクレジットカードの現金化がヤミ金と同レベルの暴利を実現する出資法を潜脱する公序良俗違反の行為であることを理由に77万8600円分のクレジットカード決済の取消を要請しました。また、クレジットカード会社に対しても、本件トラブルの解決に向けて調査や決済代行業者への働きかけを要請しました。
その後、決済代行業者から開示された加盟店情報をもとに、今回の現金化に関与した加盟店に対しても、暴利を理由とする公序良俗違反を理由としてクレジットカード決済の取消を主張しました。 バイナリー オプション 法律
それから、決済代行業者、加盟店、クレジットカード会社に対して,本件のクレジットカードの現金化は、ヤミ金と同様の暴利を実現する公序良俗に違反する違法なものであり、ご相談者様に現金化の結果振り込まれた50万円については,不法原因給付に該当するものとして(民法708条)、加盟店や現金化業者に対して返金するべきものではないと主張しました(最高裁判所平成20年6月10日判決)。
なお、現金化業者にもクレジットカード決済を取り消すことを内容とした内容証明郵便通知書を送りましたが,どういうわけか通知書は相手方の住所に届きませんでした。

3 こうした、当方の要請や主張にも関わらず、決済代行業者は,クレジットカード決済の取消に応じず、加盟店と話し合いをするようにこちらに要請をしてきました。しかし、決済代行業者から開示された情報をもとに連絡を試みても、加盟店とは連絡がほとんど取れず,交渉はスムーズには進みませんでした。さらに、決済代行業者はこちらが現金化の結果振り込まれた50万円を返金しないというこちらの主張に強い難色を示しており、50万円を返金しない限りクレジットカード決済の取消に応じないとの態度を明確に打ち出してきました。その態度は、こちらがどんなにクレジットカードの現金化の証拠を提示したとしても変わることはありませんでした。
このような状況の中、77万8600円のクレジットカード債務の返済期限が迫っていることをなどの事情から、回収した59万4000円の中から50万円を返金してクレジットカード決済を取り消してもらうことにし、50万円とブレスレット7点(これについては加盟店から要望がありました。)を返却するのと引き換えにクレジットカード決済の取消を実現させました。

弁護士のコメント

バイナリーオプションの詐欺被害とクレジットカードの現金化による被害の2つの事件があることから事件当初の見通しは厳しいものでした。
最初に振り込んだ54万円よりも多い59万4000円を回収できたことが大きかったです。それを元手にクレジットカードの現金化トラブルも解決に持ち込めました。最初に59万円を回収できなければ、50万円を返金することもできず、クレジットカードの現金化トラブルも解決できなかったと思います。最終的に、相談者様にも満足していただけました。
しかし、現金化によって相談者様に振り込まれた50万円はヤミ金と同様の暴利を貪ることを業とする事業者に返還されるべきものではなく、50万円を返還せざるを得なかったはとても悔しく思っています。 また、返還された50万円は次の現金化トラブルの被害者を生み出す原因になる可能性があります。こうしたことを考えた時に、やはり50万円は返還されるべきものではなかったと思います。 そして、クレジットカード決済の一翼を担う、決済代行業者がクレジットカードを悪用した商法であるクレジットカードの現金化に自らの加盟店が関与していることを認識しながら、加盟店の肩を持って率先して50万円を返金するよう働きかけていたことは、現金化業者やそれに加担する加盟店と一体と感じられ、決済代行業者の対応には問題があると感じました。 バイナリー オプション 法律
今回の問題を通じて、クレジットカードの現金化業者はもちろんのこと、それに関与するクレジットカードの決済代行業者も社会から排除されなければならないと強く思いました

オンラインカジノは違法?賭博法や逮捕事例について解説

ギャンブルとテーブル

オンラインカジノの基礎知識

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめの定番人気のオンラインカジノを知りたい 日本人向けのオンラインカジノを知りたい オンラインカジノを選ぶポイントを知りたい上記のように考えているかもしれません。この[…]

オンラインカジノの違法性

トランプカード

オンラインカジノの運営会社について

オンラインカジノを運営している 企業の多くは株式上場している海外の企業 です。

政府に認可されて運営している企業のみが存在しているので、 信頼できる企業 になっています。

オンラインカジノのライセンスについて

また政府の認可を受けるには、厳しい審査やライセンス料の支払いがあるため、 発行されている会社は信頼できる といえます。

オンラインカジノは合法でも違法でもない

しかしながら、様々な要因から、 合法でも違法でも ないとも捉えられるのが現状です。

オンラインカジノに関する法律は存在しない

オンラインカジノ側の主張

他のオンラインカジノ様でのご遊戯にて逮捕者が出ている事についてでございますが、公開されている情報を精査すると、特定方向への誘導も感じられる部分もあり、また逮捕=有罪(推定有罪)が全面的に押し出されている感があるかと存じます。
また現行法にて、オンラインカジノとして明確に定められていないと思われる状況下では、属人主義ではない賭博法の適用に疑問を感じるところであります。

この一連の件に総じて言えることでは有りますが、報道の文章から見る限り、 現在日本の刑法で制定されている賭博法の解釈に当てはめる事は難しく 、罪刑法定主義として禁じられている、類推解釈、拡大解釈の可能性があるかと考えております。

報道で出ているカジノが私どものブランドではない弊社として、今回行動を起こすことはできませんが、今後、弊社ブランドでの遊戯にて登録者が逮捕され、それが弊社ブランドと共に公表されることがあれば、 貿易上の不公平を訴え 、弊社保有ライセンス国を通じWTO(国際貿易機関)に問題提起することを考慮し、また名誉毀損にて 当該国裁判所に向けて提訴する事も吝かではありません。

国際最高レベルの条件をクリアしている状況下、国際基準を無視して企業イメージを損なう行為があった場合法令に基づき対応を取る事も視野に入れなければならない状況になる可能性もございます。

引用 報道に関するジパングカジノの見解

この声明を要約すると、「何件か起きたユーザーを検挙した事件は、警察の賭博法の解釈が違って起きたことであり、 運営の立場からすると営業を妨害していると考えざるおえない。今後同じようなことが起きて営業を妨害していると判断した場合、貿易上の不公平で国際裁判所に訴える。 」ということです。

オンラインカジノと日本の賭博法の関係性

法律の本達

日本の賭博法について

日本の賭博法は適応外

賭博法の内容を見る限り、オンラインカジノは違法のように見えますが、 前提に「賭博犯の捜査は運営側の検挙を目的とする」 というものがあります。

つまり、 運営側を検挙しない限り賭博法が成立することはない ということになります。

日本の賭博法の解釈

また、「日本でカジノをしている」のか「海外で金銭のやり取りが行われているだけ」なのか 判断が難しい状況 にあります。

日本での逮捕事例について

  • 賭博法は運営側を検挙することが前提にある
  • 争点となったオンラインカジノは合法的に運営されている
  • 賭博法は不完全な部分があり、オンラインカジノなどの新しくできたものにまで対応できるように作られていない

オンラインカジノが違法になってしまうケース

モノポリーの牢屋

利用したオンラインカジノがライセンスを取得していなかった

そのため、もし 運営側がライセンスを取得していなかったことで検挙されると、それを利用した人も逮捕されてしまう 可能性があります。

インカジ(インターネットカフェカジノ)を利用してしまう

カジノ法案(IR法)について

契約書とサイン

カジノ法案(IR法案)バイナリー オプション 法律 とは

カジノ法案(IR法案)がオンラインカジノに与える影響

今後のオンラインカジノについて

仕事中のPC

合法化に向かって進んでいく?

カジノ法案の目的にも、財源確保や外貨の獲得があるため、 欧州と同じように合法化 して、財源確保に力を入れていく可能性もあるのではないかと考えられます。

いずれにしろ、カジノ法案が可決されたことにより、 政府はカジノの合法化に前向きな姿勢を取っている ことに間違いないでしょう。

オンラインカジノは違法ではない

太陽を後ろにした楽しい人々

それによって 合法化される可能性は高い ですが、今後の日本のカジノの法律の動向を確かめながら、一度遊んでみてはいかがでしょうか。

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめの定番人気のオンラインカジノを知りたい 日本人向けのオンラインカジノを知りたい オンラインカジノを選ぶポイントを知りたい上記のように考えているかもしれません。この[…]

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる