仮想 通貨

フロー計算書とは

フロー計算書とは

最後に、キャッシュフロー計算書の作成方法を簡単に説明します。ここでは、多くの企業が採用している「間接法」での作成方法を取り上げます。

キャッシュフロー計算書とは?目的と構成 【シリーズ:経理のはなし8 初心者向け】

キャッシュフローとは


一般的に決算書と呼ばれるものは、会社法等の法令上は「財務諸表」という名称です。
日本の会計制度では、財務諸表は主に、貸借対照表(B/S)・損益計算書(P/L)・キャッシュフロー計算書(C/F)・株主資本等変動計算書で構成されます。今回は、その中から「キャッシュフロー計算書」をご説明したいと思います。

■ キャッシュフロー計算書はなぜ必要なのか?

簡単な例を挙げてみましょう。
損益計算書上の当期利益 1億円(以下の処理以外は補正済みとする)
・当期3,000万円の固定資産を購入した フロー計算書とは
・パソコンの減価償却費は1,000万円である
この場合のキャッシュフロー額は
1億円-3,000万円+1,000万円=8,000万円(この計算の意味は後ほどご説明します)
当期利益は1億円ありますが、手持ちの資金は8,000万円です。 フロー計算書とは
この2,000万円の差を説明するのがキャッシュフロー計算書です。一般的に、損益計算と現金などの収支を補正することが目的です。

■キャッシュフローとは

キャッシュフロー作成


キャッシュフローとは、現金や現金等価物の増減のことを指します。
財務諸表を作成する目的は、会社の利害関係者(株主、従業員、取引先など)に会社の状態を報告することです。その中の貸借対照表は、決算日の会社の財産の状況を報告し損益計算書はその事業年度の経営成績=どれだけの利益を獲得できたか?を報告します。
ここで問題となるのは「獲得した利益=現金等の増加額」ではないということです。
例えば、損益計算書上1億円の当期利益が計上されていても、その1億円の入金予定が1年以上先であったとすれば、その会社は資金繰り次第で倒産してしまう可能性があります。一方で、草創期のIT企業の多く(アマゾンなど)がそうであったように、多額の赤字を計上していても運転資金などを投資家や金融機関から調達することで損益計算上の危機を乗り切って大企業に成長する例もあります。
このように、現実の収入や支出=収支(キャッシュフロー)と損益にはズレが生じます。つまり、損益計算書と貸借対照表だけでは”使えるお金=会社の体力”フロー計算書とは がいくら増えたのかがわからないということになります。
したがって、キャッシュフロー計算書の目的は「損益と収支のズレを補正して現金の増減がどれだけあったのか」を報告することと言えるでしょう。

■ 損益計算の原則 発生主義と現金主義

損益を計算するための原則の一つに”発生主義”が挙げられます。
発生主義とは、「すべての費用及び収益は、その支出及び収入に基づいて計上し、その発生した期間に正しく割当てられるように処理しなければならない。」(企業会計原則より)というものです。
わかりやすく言えば、「取引が発生したら仕訳をしましょう」ということです。そして発生主義に対する考え方に”現金主義”があります。
「9月1日に商品を1万円で販売し、10月1日に1万円が普通預金に振り込まれた」という具体例で考えてみましょう。 フロー計算書とは
・発生主義による処理

9/1 借方:売掛金 10,000円 貸方:売上高 10,000円
10/1 借方:普通預金 10,000円 貸方:売掛金 フロー計算書とは 10,000円

これにより、損益計算上は9月に10,000円の収益が計上されることになります。
・現金主義による処理

9/1 仕訳なし
10/1 借方:普通預金 10,000円 貸方:売上高 10,000円

この結果、損益計算上は10月に10,000円の収益が計上されることになります。
・期間損益という考え方
先程も述べましたが、損益計算書は「一定期間(事業年度)の経営成績」を報告するものです。この一定期間の損益のことを「期間損益」といいます。
先ほどの具体例に「決算日 9月30日」という条件をつけてみます。そうすると発生主義と現金主義では、それぞれの期間損益(前期の利益と当期の利益)に10,000円のズレが生じていることがわかると思います。
経理処理方法の違いによる期間損益のズレをなくすために「損益計算は発生主義で処理しましょう」というルールが生まれました。

■ 損益と収支がズレる代表例

キャッシュフロー計算書を作成する上では、発生主義と現金主義の違い以外にも損益と収支を補正する必要があります。代表的なパターンを挙げてみましょう。
・パターン1 フロー計算書とは
現金を支出していないが費用が計上できる場合・・・減価償却費や引当金など
この場合において、購入した固定資産を費用化するために減価償却という方法による減価償却費計上します。この減価償却費や、賞与や退職金などの引当金は、現実に費用を支出を伴わないため、期間損益と収支の補正が必要となります。
・パターン2
現金を支出したが費用とならない場合・・・建物や車両などの固定資産を購入した場合など
この場合、現金や預金などは支出されますが、損益計算上は固定資産の購入は費用として処理することはできません。
※最初に挙げました例はこれらでご理解できたでしょうか? フロー計算書とは
・パターン3
現金の増減はあるが損益に関係ない場合・・・借入や資本金の変動
運転資金を金融機関などからの借入金で賄った場合など、現金は増加していますが借入金は収益ではありませんので損益計算にはあらわれません。このような場合もキャッシュフロー計算書では補正します。

■ キャッシュフロー計算書の構成

CFテンプレート

出典 中小企業庁 フロー計算書とは 「キャッシュフロー計算書の様式例」 を ※一部加工http://www.chusho.meti.go.jp/zaimu/kaikei/kaikei38/kaikei35.htm

キャッシュフロー計算書は企業のどのような活動によってキャッシュフローの増減がもたらされたかをあらわします。その活動は次の3つに区分されています。
・営業活動によるキャッシュフロー
営業損益に関する取引のキャッシュフローをあらわします。(パターン1)
・投資活動によるキャッシュフロー
営業活動以外での資産に関するキャッシュフローをあらわします。(パターン2)
・財務活動によるキャッシュフロー
営業活動以外での負債と純資産の部に関するキャッシュフローをあらわします。(パターン3)
キャッシュフロー計算書の大まかな説明は以上です。もっと詳しい内容についてはまたの機会にご説明したいと思います。また、キャッシュフローに関する書籍も多数発売されていますので、もう少し勉強してみたいという方はぜひご覧になってください。

キャッシュフロー計算書の役割とは。計算書の構成と必要な理由 | 経理を0から学ぶシリーズ 7

資金繰りに悩む経営者


キャッシュフロー計算書とは、財務諸表の1つで「貸借対照表」「損益計算書」と並ぶ代表的な決算書です。このキャッシュフロー計算書を読むことでお金の流れを把握することができます。
今回はそのキャッシュフロー計算書の役割と必要性を具体的に見ていきます。
なお、財務諸表そのものと、貸借対照表と損益計算書については以下の記事で解説しています。
「 財務諸表の種類と役割。BS, PL, CFを把握する 」
「 貸借対照表の見方と代表的な指標を解説 」
「 損益計算書の見方と代表的な指標を解説 」

■「利益」と「手持ちの現金・預金残高」のズレはなぜ起こる?

キャッシュフロー計算書が必要な理由は以下の例を考えるとわかりやすいでしょう。
「当期利益は1億円ありますが、手持ちの資金は8000万円です」
この場合、2000万円はどこにいってしまったのでしょう?このような損益計算と現金などの収支を補正するのがキャッシュフロー計算書の役割です。
たとえばその会社のキャッシュフロー計算書を読むことで以下のことがわかったとします。
損益計算書上の当期利益 1億円(以下の処理以外は補正済みとする)
・当期3000万円の固定資産を購入した
・固定資産の減価償却費と引当金繰入額の合計は1000万円である
この場合のキャッシュフロー額は
1億円-3000万円+1000万円=8000万円
よって、当期利益は1億円ありますが、手持ちの資金は8000万円となるわけです。このように、キャッシュフロー計算書は損益計算書だけではわからない「現金や現金等価物の増減と流れ」を把握する重要な書類です。
また、損益計算書の利益と資金残高が一致しない理由に「損益計算は発生主義で処理する」というルールがあります。
発生主義とは、「すべての費用及び収益は、その支出及び収入に基づいて計上し、その発生した期間に正しく割当てられるように処理しなければならない」(企業会計原則より)というものです。わかりやすくいえば、取引が発生したら仕訳をする必要があります。 フロー計算書とは
売上の計上を例にとっていえば、納品・請求の時点で売上は計上されますが、入金時点では計上されません。
このとき、「納品・請求時点」と「入金時点」にタイムラグが発生します。つまり、売上が計上されたからといって同時に手元にお金(キャッシュ)が入るとは限りません。
(全ての取引が、商品と現金が同時に交換されれば、タイムラグが発生することはほぼないですが、実際は商品と現金は別々に動きますよね)
よってそれらを把握するために「損益計算書」のみならず「キャッシュフロー計算書」も読む必要があるのです。

■キャッシュフロー計算書の構成

株主や取引先などの利害関係者は、
1. 貸借対照表でその企業の資産と負債の状況を把握し、
2. 損益計算書でその企業の利益獲得プロセスとその獲得額を確認し、
3. キャッシュフロー計算書で資金の運用状況を確認する
という形で財務諸表を利用します。
キャッシュフローの把握が重要なのは、損益計算書上1億円の当期利益が計上されていても、その入金が1年以上先であったとすれば、その会社は資金繰り次第で倒産してしまう可能性があるからです。
キャッシュフロー計算書は企業のどのような活動によってキャッシュの増減がもたらされたかをあらわします。その活動は次の3つに区分されています。
1. 営業活動によるキャッシュフロー
営業損益に関する取引のキャッシュフローをあらわします。つまり、会社の事業として商品やサービスの販売をどのくらい行ったかというお金の流れをあらわします。
2. 投資活動によるキャッシュフロー
営業活動以外での資産に関するキャッシュフローをあらわします。つまり、会社の事業を維持するために土地や施設にどのくらい投資したかというお金の流れをあらわします。
3. 財務活動によるキャッシュフロー
営業活動以外での負債と純資産の部に関するキャッシュフローをあらわします。つまり、会社がどうやって資金調達し借金をどうやって返済したかというお金の流れをあらわします。
一般的には「本業で稼いだため営業キャッシュがプラス」「営業で稼いだキャッシュを投資するため投資キャッシュはマイナス」、「借入金などを返すため財務キャッシュはマイナス」が好ましいとされています。
店舗を増やす、工場を増設するなど投資を積極的に行い、その効果として業績も右肩上がり、銀行からの借金もきちんと返済しほぼ無借金経営のような会社、ということですね。
一方で、草創期のIT企業の多く(アマゾンなど)がそうであったように、多額の赤字を計上していても運転資金などを投資家や金融機関から調達することで損益計算上の危機を乗り切って大企業に成長する例もあります。そのため、キャッシュのプラスマイナスが好ましいかは、その企業のビジネスモデルなども含めて考えることが大事です。
以上のように、現実の収入や支出=収支(キャッシュフロー)と損益にはズレが生じます。つまり、損益計算書と貸借対照表だけではわからない”使えるお金=会社の体力”を把握するためにキャッシュフロー計算書が必要なのです。

キャッシュフロー計算書(C/F)とは? 起業家が資金繰りでキャッシュフローを増やす5分でわかる簡単まとめ

キャッシュフロー計算書のサムネイル


170万人の起業家・経営者の使う「創業手帳」創業者の大久保幸世です。

読者の起業家の方から最も多いご相談が、 「キャッシュフロー」や「資金繰り」の改善 です。創業手帳が起業家に向けたアンケートでも、 約65%の方が「資金に課題がある」と答えています 。会社経営や起業では、資金があるか・ないかで、事業の成長や存続が大きく左右されるという場面に、支援先の経営の現場やそして自分自身も日々直面しています。経営では、キャッシュフローや資金繰りに注力することで、手元のキャッシュや資金を増やすことが可能です。

その際にキャッシュフロー(CF)計算書を、ツールとして使うことがあります。キャッシュフロー計算書とは、あくまで資金繰りやキャッシュフロー改善のための道具であるため、 キャッシュフローをまとめて管理するのが大切 です。資金繰りを資料にまとめて日々チェックすることをお勧めします。

今回は、 キャッシュフロー計算書の基礎知識や実務知識を初心者にも分かりやすく解説 します。

この記事の解説者 大久保幸世
創業手帳 株式会社 代表取締役
大手ITベンチャー役員で、多くの起業家を見た中で「創業後に困ることが共通している」ことに気づき会社のガイドブック「創業手帳」を考案。現:創業手帳を創業。ユニークなビジネスモデルを成功させた。印刷版は累計100万部、月間のWEB訪問数は起業分野では日本一の100万人を超え、“起業コンシェルジェ“創業手帳アプリの開発や起業無料相談や、内閣府会社設立ワンストップ検討会の常任委員や大学での授業も行っている。毎日創業Tシャツの人としても話題に。無料創業相談も受付中。

1. キャッシュフロー計算書とは?キャッシュフロー改善・資金繰りの基本ツール

キャッシュフローのイメージ


まず、「そもそもキャッシュフロー計算書とはどういう書類で、会計書類の中でどういう位置づけにあるのか」という基礎知識について解説します。

決算書とは?

まずは、その「決算書」とは何か、というところから見ていきましょう。すべての会社は、決算書を作る義務があります。決算書は、会社の状態を数値で表したもので、経営状況を判断するために使われます。正式には「財務諸表(上場企業などが作成する)」もしくは「計算書類(それ以外の会社が作成する)」といいます。複数の書類から構成されており、最も重要とされているのが「財務3表」と呼ばれる次の書類です。

キャッシュフロー計算書とは?

紙とペン


決算書の1つである「キャッシュフロー計算書(C/F)」は、会計期間中の現金の流れを数値で示した書類です。簡単にいうと、「会社にどのくらいの現金があるか」ということが分かる書類です。日常生活に置き換えると、「家計簿」のようなイメージですね。

法令で作成が義務付けられているのは上場企業だけなので、全ての会社が作らなければいけないわけではありません。しかし、自社の状況を客観的に把握するためにも、 起業初期から作ることを強くおすすめします 。会計ソフトでは簡単にキャッシュフロー計算書を作ることができますし、もし難しい場合には正規のキャッシュフロー計算書までいかなくても、お金がいつ入っていつ出ていくかをまとめた「資金繰り表」を作ることをお勧めします。キャッシュフロー計算書では、 資金の流れを「営業活動」「投資活動」「財務活動」の3つに分けて表しま す。それぞれの見方は後述します。

「キャッシュフロー」はなぜ大事?

会計上の「利益」と、「手元の現金」はイコールではありません。商品やサービスを売り上げても、顧客から資金を回収するまでにはタイムラグが発生します。また、商品やサービスを生み出す前に、仕入れ等で先に支払いが必要な場合もあります。 そのため、損益計算書上では儲けが出ているように見えても、回収や支払のタイミングによっては赤字になっているケースも発生します。 手元のキャッシュが増えなければ、借入金の返済や仕入れ代金の支払いのために資金借り入れが必要になり、資金繰りが悪化してしまいます。最悪の場合、「黒字倒産」に追い込まれます。

キャッシュフロー計算書と資金繰り表の違い

2枚の書類


現金の流れ(キャッシュフロー)を把握するための書類には「資金繰り表」もあります。この2つの違いを説明します。
キャッシュフロー計算書は、過去における現金(キャッシュ)の流れを可視化した書類です。決算書の1つとして、外部に公表する必要があります。
一方、資金繰り表は将来の資金繰りを予測するために作成する資料です。会計年度にかかわらず、自由な期間を設定して作成することができます。あくまで作成は任意で、企業の内部資料であるという点も大きな相違点です。
「結果」を振り返るための書類と、「未来」に向けて作る書類。
役割は違いますが、どちらも会社の健全な運営に欠かせない書類です。違いを理解して活用しましょう。

2. キャッシュフロー計算書の読み方

電卓とメガネとペン


ここからは、実務的な知識をご紹介します。まずは、キャッシュフロー計算書の読み方を理解しましょう。

  • 営業キャッシュフローがプラスになっているか

3つのキャッシュフローの最も理想的な状態は 「営業活動がプラス、投資活動がマイナス、財務活動がマイナス」 の状態です。

2-1. 営業活動によるキャッシュフロー


営業活動によるキャッシュフローとは、本業によってキャッシュがどれくらい増減したかを示す項目です。つまり 「儲けたお金」を明らかにしたもの です。

キャッシュフロー計算書の「直接法」と「間接法」

営業活動によるキャッシュフローを記載する方法としては 「直接法」「間接法」 の2つがあります。

企業の経営実態を詳細に示すことができるのは「直接法」ですが、膨大な手間が発生するため 「間接法」を利用している企業の方が多い です。

2-2. 投資活動によるキャッシュフロー


投資活動におけるキャッシュフローは、固定資産・株・債権などの取得や売却をした時の流れを示す項目です。つまり 「使ったお金」を明らかにしたもの 。

2-3. 財務活動によるキャッシュフロー

フリーキャッシュフローとは?

フリーキャッシュフローとは、 会社が自由に使える資金 のこと。営業キャッシュフローと投資キャッシュフローの合計額です。

3. キャッシュフロー計算書の作成方法

紙と鉛筆


最後に、キャッシュフロー計算書の作成方法を簡単に説明します。ここでは、多くの企業が採用している「間接法」での作成方法を取り上げます。

キャッシュフロー計算書の作成に必要なもの

キャッシュフロー計算書は他の決算書類を用いて作るため、まずは 賃借対照表(前期・当期)、損益計算書(当期) を準備しましょう。

キャッシュフロー計算書は3項目から作成しよう

1-1. 営業キャッシュフロー

  • 減価償却費
  • 貸倒引当金の増加額
  • 棚卸資産の減少額
  • 売上債権の減少額
  • 仕入債務の増加額
  • 利子利息の支払額
  • 貸倒引当金の減少額
  • 棚卸資産の増加額
  • 売上債権の増加額
  • 仕入債務の減少額
  • 利子利息の受取額
  • 法人税等の支払額

1-2. 投資キャッシュフロー

  • 固定資産の減少額
  • 有価証券の減少額
  • 固定資産の売却損
  • 有価証券の売却損
  • 固定資産の増加額
  • 有価証券の増加額
  • 固定資産の売却益
  • 有価証券の売却益

1-3. 財務キャッシュフロー

  • 短期借入の増加額
  • フロー計算書とは
  • 長期借入の増加額
  • 株式発行の収入
  • 利子利息の受取額

キャッシュフロー計算書を作成するときの注意点

    フロー計算書とは
  1. 間接法の「営業キャッシュフロー」は、「税引前当期純利益」を記載する
  2. そのまま転記する項目と、増加額を記載する項目を間違えない

キャッシュフローや資金繰りは「 早期に着手することによってより効果が発揮される 」という特徴があります。経営の現場では手元資金が不足してから資金の調達に動いても間に合わないケースが多いのです。そのため、キャッシュフロー計算書や資金繰り表を活用し、日頃からチェックをしておくことが大切です。営業・投資・財務の各分類の数値が示す意味や作成方法を理解して、ビジネスに活用してください。

更に冊子版の創業手帳では、会計ソフトの導入についても詳しく解説しています。 会計ソフトがお得に導入できるキャンペーンコードも発行 しているので、ぜひチェックしてみてください。

決算書の読み方 キャッシュ・フロー計算書

キャッシュ・フロー計算書

本業でのキャッシュの流れ を示しており、企業がキャッシュを生み出す能力である。営業活動によるキャッシュ・フローの表示は、詳細な表示である 直接法 と簡便な表示である 間接法 の2種類があるが、実務上では間接法が多く利用されているため、今回は間接法を前提としている。ただ、結果的に小計以下は同じ数値となる。企業にとって本業から得るキャッシュがマイナスとなっている場合には、投資資金を自己資本でまかなうことができず、財務面に関しても借入の返済原資がないこととなる。逆にプラスの場合は、本業から生み出したキャッシュで投資を実施し、借入金の返済原資も確保できることとなり、企業にとってはプラスであることが望ましい。与信管理上では、 マイナスの場合の内容吟味 が重要となってくる。

投資活動によるキャッシュ・フローのチェックポイント!

固定資産および投資有価証券といった 投資に関連する分野の購入・売却によって生じたキャッシュの流れ であり、マイナスの場合は投資を実施して資金が支出されるケースが多く、企業にとっては最大でも営業キャッシュから生み出された金額の範囲内での計上が望ましい。仮に営業キャッシュ以上の金額で投資を実施すると外部からの資金調達を余儀なくされ、金利を負担しなくてはならないことになる。逆にプラスの場合は、投資した資産を売却してキャッシュを捻出するケースが多く、その場合は本業でキャッシュを生み出しておらず、資金繰りが厳しいことも想定される。よって、総合的には営業で生み出したキャッシュをベースに負担とならない投資の適正額を設定し、その範囲内で毎期継続的に投資(マイナス)を行う形が望ましい。与信管理としては、マイナスの場合は 負担とならない範囲内での投資額が計上 されていること、プラスの場合は売却した資産の状況、 売却して資金が必要となった理由など が重要となってくる。

フリーキャッシュ・フローのチェックポイント!

フリーキャッシュ・フローは営業キャッシュ・フローと投資キャッシュ・フローの和であり、 企業が自由に使用できる余剰資金 のことであり、プラスであることが望ましい。与信管理においては、フリーキャッシュ・フローがマイナスの場合、 手元のキャッシュがない ことを意味し、資金捻出のため金融機関から借入金を導入するなどして負債が増加してしまう可能性があるため注意が必要である。しかし、必要に応じて金額の大きい投資を実施している場合には問題ない。また、プラスの場合でも金額が大きい場合には投資に消極的な可能性もあり、 成長性が低い ことも考えられる。

財務活動によるキャッシュ・フローのチェックポイント!

金融機関からの資金調達・返済および株式発行による資金調達・配当金の支払、社債発行による資金調達・償還などの 財務状況を示すキャッシュの流れ であり、マイナスの場合は金融機関からの借入金の返済、社債の償還が進んでいるケースが多く、逆にプラスの場合には金融機関からの借入金や社債発行で資金を調達したりするケースが多い。与信管理において、マイナスの場合には、 営業から生み出されたキャッシュの範囲 で捻出されているかを確認する必要があり、プラスの場合には 資金が必要となった理由を確認 することが重要となってくる。いずれにしても営業・投資・財務それぞれが連動しており、 総合的に判断 することが重要となってくる。

キャッシュフロー計算書とは?企業のお金の動きを読めるようになろう!(いろはに講義④)

例えば、損益計算書では黒字なのに営業キャッシュフローがマイナスの場合、「売掛金」が回収できていないという問題があったりする。
売掛金とは代金を受領する権利のことだよ。具体的に言うと、販管費100万円をかけて200万円の売上を上げたとしても、そのうち120万円が売掛金だったら、会計上は利益が出ているけれど実際の現金でみると-20万円の赤字になる。
これが積み重なると、いわゆる黒字倒産に繋がっていくんだ。

損益計算書との違い

損益計算書だけ見たらプラスなのに!
3つの資料を合わせて見ることが大切なんですね・・・

ともだち登録で記事の更新情報・限定記事・投資に関する個別質問ができます!

コメントを残す コメントをキャンセル

防災テック アイキャッチ

防災テックとは?防災×テクノロジーの最新動向もご紹介!【クロステックで時代を読む Vol.5】

保険と投資 アイキャッチ

【いまさら聞けない】保険とは?保険と投資の違いを徹底解説!

アクセスランキング

限定キャンペーン

New Posts

おすすめネット証券

投資初心者

VAW アイキャッチ

Podcast更新情報

マイメイト(アイキャッチ)

カテゴリー

アーカイブ

いろはにロゴ

当メディアは(株)インベストメントブリッジによって運営されています。
(株)インベストメントブリッジは中立した立場で、投資家と企業の架け橋として活動をしております。
運営会社についての詳細はこちらをご覧ください。
また、当メディアにおける記事及び情報の掲載は、投資に関連する一般的な情報提供のみを目的としたものであり、有価証券その他の金融商品の取引の勧誘を目的としたものではありません。 フロー計算書とは
当メディアに掲載された記事、情報及び外部リンク先ウェブサイトに基づいて利用者が被ったいかなる損害についても、当メディア運営会社・執筆者は一切の責任を負うものではありません。
Please Follow us!

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる