タダで投資

海外FX初心者には難しい方法

海外FX初心者には難しい方法

ファンダメンタルズ分析について長々とお話してしまったのですが、続いてはテクニカル分析についてお話させて頂きますね。

海外FX会社と国内FX会社の違い・メリットやリスク|海外在住者は国内FX会社で口座開設は可能?

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。その後国内大手仮想通貨取引所Coincheckでトレーディング業務、新規事業開発に携わり、NYのブロックチェーン関連のVCを経てCWC株式会社を設立。証券アナリスト資格保有 。
Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12

海外FX会社は海外の金融ライセンスを取得している

ただし、日本のライセンスのように厳格な顧客資産を保護するようなルールは定められてないところが多く、資金をある程度支払うことで取得できるような簡単なライセンスも存在する。

国内FX会社と海外FX会社の違い

顧客資産は保全されているため信頼性が高い

国内FX会社は金融庁管轄のもと、信託保全が必須とされている。顧客資産は会社内の資産とは完全に切り離されていることから、万が一FX会社が倒産したとしても顧客資産は守られる仕組みが整っている。

MT4やMT5ツールを利用できない場合が多い

たとえば、楽天証券やOANDA Japanなど数社でMT4、MT5の取り扱いがあり、外貨ex byGMOとJFXでは分析専用チャートとして利用できる。

海外FX会社のメリット

レバレッジが大きい

レバレッジというのはFXでも特に魅力的なポイントであり、海外の場合は1,000倍や2,000倍を提供している業者も存在する。

追証がない

しかし、海外FX会社の場合、レバレッジを大きく利用して取引をおこない、万が一ロスカットによって証拠金が不足した場合でも、不足金額を追加で入金する必要はない。(海外FXで追証がないシステムを「ゼロカットシステム」と呼ばれている。)

MT4 海外FX初心者には難しい方法 MT5のツールが利用可能

海外FX会社では、MT4(メタトレーダー4)やMT5(メタトレーダー5)と呼ばれる取引ツールが使用可能だ。

海外FX会社のリスク・注意点

破綻リスクがある

海外FX会社は、日本の金融庁のような厳しいライセンスを取得しているわけでもなく、資金管理も曖昧な点や不透明な点が多いことで知られている。

スプレッドが広い

実際に海外FX会社のスプレッドをみると、国内FX会社のドル/円のスプレッドが0.2銭や0.3銭なのに対して、海外FX会社のスプレッドは1銭以上あるところも多く、実質的な取引コストが高いという判断ができるだろう。

これからFXを始める人は国内FXがおすすめ

国内でもレバレッジが最大25倍となっており、これでも大きなリスクとなるため、最初からいきなり海外FX会社を利用することはおすすめしない。

おすすめの国内FX会社

外為どっとコム

業界最狭水準のスプレッドを提供し、高金利通貨ペアのスワップポイントが高い。

何より圧倒的な情報量は質・量ともに他社の追随を許さず、人気プロトレーダーの為替レポート、初心者もわかりやすくFXを学べる様々なコンテンツが充実し、24時間ノンストップでマーケット情報を届けている。

みんなのFX

トレイダーズ証券が運営する「みんなのFX」は、業界最狭水準のスプレッドの狭さと高金利通貨のスワップポイントが高いことから、スワップ狙いの中長期的な資産運用でも短期トレードでも総合的に利用しやすいFX会社である。

取り扱い通貨ペアは全29種類で珍しい北欧3通貨も取り揃えており、1,000通貨からの少額資金で取引ができる。

また、みんなのFXではシステムトレードにも対応しており、ランキングから優秀なトレーダーのストラテジーを選択するだけの簡単操作で、難しい分析やプログラミングも一切不要の自動売買ができ、24時間チャンスを逃さずに取引可能だ。

GMOクリック証券(FXネオ)

GMOクリック証券はメジャー通貨から高金利通貨の通貨ペアまで幅広く取り扱っており、スプレッドも狭く、スワップポイントも比較的高水準なことからバランスの取れたFX会社であるといえるだろう。

GMOクリック証券こだわりの自社開発PC用アプリ「はっちゅう君FX+」は、取引に必要な全ての情報が一つの画面に集約され、各パネルはフリーレイアウトで見やすいようにカスタマイズ自由だ。

海外FX初心者には難しい方法

FXを始めるに当たってFX初心者とは言え1人の相場師になった訳ですから、相場を分析してから取引を行う必要があります。
でも、いきなり「相場分析をしろ!」と言われてもどうやって予想して良いのか全く分かりませんよね?そこでここでは、初心者のために大きく分けて2つの相場分析の方法についての解説と、『性格による向き不向き』のお話をさせて頂きます。
もし宜しければ、今回も最後までお付き合い頂けましたら幸いです。

そもそも相場の分析方法とは?

さてFX初心者の皆様にとって、「相場の分析方法は大きく分けて2つあるよ?」と言われてもあまりピンと来ませんよね? そこでまずは皆様に『ファンダメンタルズ分析』と『テクニカル分析』という言葉について覚えていただきたいと思います。 どちらも中級トレーダーを目指す上で非常に重要な為替用語になってきますので、以下をご覧ください。

ファンダメンタルズ分析とは?

テクニカル分析とは?

ファンダメンタルズ分析は文系?


皆様にファンダメンタルズ分析とテクニカル分析について知っていただけたところで、続いては「実際どのような人がファンダメンタルズ分析に向いているのか?」と言うお話をさせていただきたいと思います。

初心者にはハードルが高い?

ファンダメンタルズ分析の流れ

東日本大震災時の相場


まず、ファンダメンタルズ分析では、必ず過去の比較対象となる出来事が必要になるのですが、日本における地震などの災害として比較対象となる直近の過去の出来事として、やはり『東日本大震災』を頭に浮かべて、「震災当時の相場の動きと現在の相場と比較してどのような差が生まれているのか?(または同じなのか?)」を分析していくことになります。
そこで「東日本大震災の時の相場がどうだったか?」と言いますと、東日本大震災時の相場は『米ドル円相場は震災直後から円高方向へ向かって行った』と言うのが模範回答になります。

東日本大震災時のファンダメンタルズ分析

実は、この円安方向への動きにはファンダメンタルズ的な伏線があり、それは東日本大震災の17日前に起きた『ニュージーランドのクライストチャーチ地震の相場』が元になっていたりします。
クライストチャーチの地震では、地震の発生地となったニュージーランドの通貨である『ニュージーランドドル』は他の通貨に対して一気に売られることになり、その動きは一方的な『ニュージーランド安』となりました。
その記憶が新しいトレーダーたちは、東日本大震災が発生したとのニュースを受けてニュージーランドと同じように、地震が発生した国の通貨、つまり『日本の円を売る動き』で対応しました。

しかしその後、ニュージーランドと日本では大きく環境や経済状況が違うため、やはり東日本大震災の比較対象になる過去の地震としては絶対に外すことができない、16年前に行われた『阪神淡路大震災での相場の動き』が投資家の頭をよぎるようになります。 海外FX初心者には難しい方法
阪神淡路大震災では一方的に円を買う動きが継続して、震災後に米ドルに対して史上最高値を更新する動きとなったのですが、その強いイメージを持った投資家達は円安方向(円売り方向)の動きはファンダメンタルズ的におかしいとして、円高方向(円買い方向)へとシフトすることになります。
結果、阪神大震災同様に震災後に東日本大震災時でも米ドルに対して史上最高値を更新する動きになりました。
つまり、次に大きな地震が日本を襲った場合、ファンダメンタルズ分析では「震災直後は直近のニュースの影響で円安方向に動くこともあるが、最終的には米ドル円相場では市場最高値を再び更新するのでは?」と言う視野を持って取引をしていくことになります。

テクニカル分析は理系?


ファンダメンタルズ分析について長々とお話してしまったのですが、続いてはテクニカル分析についてお話させて頂きますね。

テクニカル分析の特徴は?

次に、テクニカル分析の最大の特徴として、『チャート』と言って相場の変動を示しているグラフを用いることで、『視覚的に相場を捉えることができる』というポイントが挙げられます。
テクニカル分析では、ファンダメンタルズ分析のように過去の出来事やイベントなど数値的に評価することが難しいものを排除して相場を見ていくことになるため、当然、現在の相場への理解も早くなります。
また、イメージしていただければ分かるかと思うのですが、過去何年分も積み上がった新聞を読み相場を分析するのではなく、目の前に表示されているグラフを見て相場を分析する訳ですから初心者にも始めやすい分析方法となります。

IT系だとさらに分析に強い?

テクニカル分析の1つのゴールとして、IT関係のお仕事をされていらっしゃる方が目指されることが多い『相場を機械的に分析して投資していく』と言うトレーディングスタイルがあります。
例えば、移動平均線やRSIといった、テクニカル指標と呼ばれる相場分析ツールを改造や自作して、取引に利用される方もいらっしゃいます。
そして最終的には、相場に対して個人の考えや主観などが完全に入らないようにするため、『自動売買プログラム』などを作成して、人に代わって100%機械が取引をしているケースもあります。
また、最近では機械学習が容易にできるようになったことから、AI(人工知能)をトレーディングに利用される方も増えてきており、テクニカル分析を極めてくると、そうした「自動取引やAI取引まで視野に入ってくるよ!」と心の隅に留めておいていただければと思います。

テクニカル分析の情報量

テクニカル分析は、初心者トレーダーにとって入りやすいのは言うまでも無いのですが、注意点として「先は物凄く長いよ!」と言うことも覚えておいて頂けたらと思います。
毎秒単位で積み上がっていく相場データは膨大な量の数字となるのですが、中・上級トレーダーの中には、コンマ秒単位の相場(値動き)を全て保存・分析・解析して自動売買プログラムを作っていらっしゃる方も少なくありません。
データを保存するだけでハードディスクが1ヵ月で幾つも必要になるため、テクニカルトレーダーは最終的には情報量が勝負になってくることも心の片隅においてください。

相場分析ではどちらも少しずつ

正直、私はニュース人間なので、相場分析は8割ファンダメンタルズ分析、2割がテクニカル分析と言うイメージでトレードを行っていますが、オススメとしては、初心者トレーダーの皆様には、先ずテクニカル分析を軽く体験して頂いて、その後、ファンダメンタルズ分析にも触れていただければと思います。
と言いますのも、テクニカル分析にのめり込んでいくと、途中でどうしてもファンダメンタルズの知識が必要になってくる局面がやってくるためです。
テクニカル分析派の方の中には「ファンダメンタルズ分析は全く必要ない。値動きが全て物語っている」とおっしゃられる方もいらっしゃいますが、ファンダメンタルズ分析は経済勉強にもつながりますので、学生の方にとっても経済感覚を養う上でとても有益な教材だったり致します。

口座開設

【注意事項】
この記事は、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。
また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。
投資の最終判断は、お客さま自身で行ってくださいますようお願いします。

この記事をシェア

新しい記事

西本豪

起業家/投資家。オーストラリア大手通信事業でのセールス時代にリーマンショックを経験。
『汗水流した給与も為替の影響で一瞬で半額になること』を知り、学生時代から始めたFXの世界へ本格参戦。
短期売買でエントリーしたポジションをスイングや長期ホールド型に伸ばすトレードを得意としています。

FXとは?初心者でも運用できる?

FXとは?初心者でも運用できる?

OCOは「One Cancels the Other」の略。指値と逆指値の2つの注文を一度に行っておき、どちらかが成立すると、もう一つが自動的にキャンセルになるという意味です。例えば指値価格と逆指値価格の両方の注文価格を指定し、高くなったら売る、下がったら売るといった注文を行うことができます。この際、価格が高く利益確定すると、下がった場合の売り注文はキャンセルされます。これによって、価格が上がった時には利益確定ができ、価格が下落しそうな場合には損切りができるという、利益確定と損切の両方を同時に行うことができるわけです。

IFD注文

IFD-OCO注文

全決済注文

FXのメリット

FXのメリット

少額の資金で大きな取引ができる

金利差によるスワップポイントがもらえる

ほぼ24時間いつでも取引ができる

FXのデメリット

FXのデメリット

レバレッジで損失が大きくなる

為替レートの変動は予測が難しい

まとめ

監修者プロフィール

小川 洋平(オガワ ヨウヘイ)
日本FP協会認定 海外FX初心者には難しい方法 CFP®、合同会社clientsbenefit 代表、FP相談ねっと認定FP、SG中越代表

ブルベアって何?

デリバティブって何?

積立投資って何?

金利と株価の関係が知りたい!

注目のキーワード

人気記事ランキング

キャンペーン

LINE証券の公式SNS

LINE証券 LINE公式アカウントでおトクな情報を受け取ろう

LINE証券 最短3分・スマホで完結 いますぐ無料口座開設

当社でのお取引にあたっては、各商品毎に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。
金融商品のお取引においては、株価の変動、為替その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。
また、商品等の種類により、その損失の額が保証金等の額を上回るおそれがあります。
上記の手数料等およびリスク・ご注意事項についての詳細はこちらをよくお読みください。
お取引に際しては、契約締結前交付書面および目論見書等の内容をよくお読みください。
当社は日本国内にお住まいのお客様を対象にサービスを提供しています。

FX取引(店頭外国為替証拠金取引)は、一定の証拠金を当社に担保として差し入れ、外国通貨の売買を行う取引です。
多額の利益が得られることもある反面、多額の損失を被る危険を伴う取引です。預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として損失が生じ、その損失の額が預託した証拠金の額を上回るおそれがあります。
取引手数料は0円です。ただし、当社が提示する通貨の価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。
注文の際には、各通貨ペアとも取引金額に対して4%以上(レバレッジ25倍)の証拠金が必要になります。当社でお取引を行うに際しては、 「店頭外国為替証拠金取引の取引説明書」等をよくお読みいただき、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引ください。

CFD取引は預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、原資産である株式・ETF・ETN・株価指数・その他の指数・商品現物・商品先物、為替、各国の情勢・金融政策、経済指標等の変動により、差し入れた証拠金以上の損失が生じるおそれがあります。
取引金額に対して、商品CFDは5%以上、指数CFDは10%以上、株式CFD・バラエティCFDは20%以上の証拠金が必要となります。
取引手数料は無料です。手数料以外に金利調整額・配当調整額・価格調整額が発生する場合があります。
当社が提示する価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。相場急変時等にスプレッドが拡大し、意図した取引ができない可能性があります。
原資産が先物のCFDには取引期限があります。その他の銘柄でも取引期限を設定する場合があります。
当社の企業情報は、当社HP及び日本商品先物取引協会のHPで開示されています。

LINE証券株式会社/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3144号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会

初心者トレーダーにおすすめのFX会社6 選

これらの初心者ブローカーを試してみるために、当サイトはデモ取引口座を開設して、カスタマーサービスが常につながるという新規利用者のための重要な機能を実際に確かめ、ブローカーがすぐに対応できる体制かどうかを評価します。テストの一環として、ブローカーの規制を検証し、うまく体系化されたFX教材をチェックし、初心者が永遠にお金をかけずに練習できるよう、デモ口座の開設が期限切れにならないことを確かめました。当サイトのテストと調査によると、これらは2022年において日本で最高の初心者向けFXブローカーです。

    - ベストな海外FX会社 - ベストな学習教材 - 最も信頼できるブローカー - ベストな取引条件 - ベストな取引プラットフォーム - ほとんどの資産が取引可能

最高の初心者向け海外FXブローカー2022

詳細についてはスクロールしてください 海外FX初心者には難しい方法

初心者向けのFX会社の選び方

  • 規制が重要な理由と、ブローカーが規制されているかどうかを確認する方法。
  • ブローカーがトレーダーからどう収入を得ており、これらの取引コストがトレーダーの収益性にどのように影響するか。
  • ブローカーがどの取引プラットフォームを提供しているか、およびその仕組み。
  • 学習せずに取引することの危険性と、きちんと学習する方法。
  • 質の高いカスタマーサポートが初心者トレーダーの取引体験をいかに改善できるか。
  • デモ口座の重要性と最適な口座の選び方。

FX取引とは

FX取引は、ある通貨を別の通貨に交換し、為替レートの変化から利益を得るものです。これは、通貨ペアの売買として知られています。FX市場は世界最大の金融市場であり、1日の平均取引高は6.6兆米ドルです。

FX市場はグローバルでバーチャルであるため、平日24時間取引されています。月曜日の朝にオーストラリア市場が開いた瞬間から、金曜日の夜にニューヨーク市場が閉まる瞬間までです。

FX会社とは

初心者向けのFX会社の比較

詳細についてはスクロールしてください

取引コスト

すべてのブローカーでは、口座を開設するときにトレーダーが最低入金額を入金することが求められ、その後各取引でスプレッドを請求します。もう1つの一般的なコストは、取引ポジションを一晩保有するために支払われるスワップ手数料です。ブローカーの中には、コミッションやその他の種類の手数料も請求するところもあります。ブローカーによって、他社よりも高い料金を請求するところもあるため、初心者のトレーダーはこれらのコストをよく理解することが重要です。

最低入金額

初心者のトレーダーが最初に遭遇する費用は、最低入金額の要件です。実際には、これは取引するための資金なので、手数料ではありませんが、初心者が検討すべき重要なコストです。ブローカーの中には、多くの場合1000米ドル以上の比較的高い最低入金額の要件があるところもあるため、取引口座が初心者の手に届きにくい可能性があります。一般的に言えば、口座の最低入金額が高いほど、口座で利用できる取引条件は良くなります。ブローカーでは、さらに高い最低入金額で高度な取引ツール、1対1のトレーニング、VPSサービス、またはパーソナライズされたカスタマーサポートを無料で利用できる場合があります。

スプレッド

ブローカーが請求する最も一般的な手数料はスプレッドです。これは、取引資産の売買価格の差であり、ピップ(資産価格の小数点第5位)で測定されます。ブローカーは、資産の元の市場価格から人為的にスプレッドを拡大します。つまり、スプレッドで資産を売買する場合、実際の市場価格より低い価格または高い価格で資産を購入することになります。したがって、取引で利益を上げるには、市場でより大きな変動が必要になります。

ブローカーの中には、固定スプレッドを提供するところもあります。つまり、資産の売買価格の差は決して変わりません。フローティングスプレッドまたは変動スプレッドを提供するところもあり、この場合、需要とボラティリティに応じてスプレッドが広くなったり狭くなったりします。多くの初心者は、取引コストの計算がしやすいため、固定スプレッドで取引することを好みます。

スワップ手数料

コミッション

ブローカーの中には、コミッションも請求するところがあります。コミッションは通常、DMA(ダイレクト・マーケット・アクセス)ブローカーによって請求されます。ダイレクトマーケットアクセスブローカーは通常、スプレッドを(わずかに拡大することはあっても)人為的に拡大することはなく、代わりにダイレクトマーケットアクセスサービスを提供するための手数料として一律のコミッションを請求します。ダイレクトマーケットアクセスブローカーは、一般的に初心者のトレーダーを対象としておらず、多くの場合、最低入金額が高くなっています。

FXで勝てない理由4つ&勝てなくなったときの対処法

FXで勝てない理由についての説明


当コンテンツでは、FXで勝てない理由について説明していきます。

FXで勝てない理由4選!~多くの人は心理的に負けている~

FXで勝てない人の特徴について

利益を求めすぎる

矛盾しているようにも感じますが、 FXで利益を求めすぎてしまっては勝てなくなってしまいます。
利益を求めすぎると

  • 利益が出た時にもっと利益が増えるのではと期待して長くポジションを持ちすぎてしまう
  • 損失が出た場合に逆に動くのではと期待して損切りを行わない
  • 勝てる見込みが少ないのに取引をしてしまう

一回一回のトレードで利益を求めてしまうと基準を決めずにそのトレードごとに判断したほうがいいように感じます。
ただ、 結果として基準を自分で決めて取引を機械的に行った方が安定して収益が上がるので長期的な利益をあげやすくなります。

楽に儲けられると思っている

FXを始めたばかりの人の中には「FXは上がるか下がるかを予測するだけで楽に儲けることができる」と思っている方がいるのではないでしょうか?
FXは基本的に通貨の価値が上がるか下がるかを予測して売ったり買ったりするだけなので仕組みとしてはとても単純で誰でもできる投資です。
しかし、 仕組みが簡単で誰にでもできるからと言って誰でも儲けられるわけではありません。

仕組みを理解していない

ここでいうFXの仕組みとは
「買う人がいれば売る人もいる」
「勝つ人もいれば負ける人もいる」
ということです。

特に二つ目が大切です。
FXで楽に儲けることができると考えている人が多くいると説明しました。
楽に儲けることができるのであれば、勝つ人の方が多くなるはずです。しかし 、実際にFXで勝つ人は半分どころか1割程度しかいません。
つまり、1割の勝っている人が9割の勝てない人の損失分を持って行っているということになります。

日々の勉強を怠っている

それは、 一生稼ぎ続けられるような手法はないからです。 海外FX初心者には難しい方法
現在、どれだけ成績のいい手法でも時期によっては稼ぐことができないということがあります。
そのため、日々勉強を続けて毎日稼ぐことができる方法を模索するということがFXには必要になってきます。

FX初心者でも勝てるようになる方法!~日々努力が一番~

FXで勝てるようになるための方法について

FXに対して本気で取り組む

まず、FXでしっかりと利益をあげたいのであれば、精神論にはなりますが 本気でFXに取り組む ということです。
ギャンブルのようにFXを楽しむのであればいいのですが、楽して儲けたいというのであればバイトをした方がいいです。

勝つのではなく負けないようにする

大切なことは 負けないようにFXを行う ということです。
負けないようにFXを行うことで、確実に勝てると思った時だけにしか取引をしないようになります。
また、為替レートは動かないということはないので「負けない=勝てる」ということになり、負けないようにトレードするだけで儲けることができます。

メンタルを安定できる金額で機械的に取引を行う

FXでは、 「メンタル管理」 がとても大切になってきます。
デモトレードの時と同じようにトレードをしているにもかかわらず、本番になると勝てないという人は多くいます。
その理由のほとんどが精神的なものです。

そのため、FXでは精神を管理することが非常に重要になってきます。
しかし、自分のお金がかかっている状態で平常心で取引をする方が難しいです。
メンタルを安定させる最も簡単な方法は取引の金額を減らすことです。 金額を減らせばそれに伴って精神的の安定度も上がります。

FXで勝てなくなった時の対処法

FXで勝てなくなってしまった場合の対処法について

一旦、トレードから離れる

FXで勝てないという時にまず必要なことは トレードから一旦離れる ということです。
勝てないにもかかわらず、FXを行っていてもお金と時間を無駄に使ってしまうだけです。

基本的にFXで勝てないということには理由があります。
それを考えずにトレードを行っていても再び勝てるようにはなりません。
そのような時は一旦トレードから離れて落ち着きを取り戻し、勝てなかった理由を考えるようにしましょう。

勝てていたころのトレードと見比べる

  • 落ち着きを取り戻す
  • トレードの悪かったところを見つける

ここで紹介するのはもう一つの 「トレードの悪かったところを見つける」 ということです。
これまで勝てていたということはよほど運がいいということでない限り、正しい取引方法を行っていたということです。
勝てない状態になってしまったということはその取引方法から少し取引方法が変わった部分があるということです。
そのため、 勝てていた時の取引と勝てない時の取引で違いがないかを一つ一つ確認して改善することで再び勝てるようになります。

本人が気づいていなくても無意識のうちに変化しているということもあります。
そのため、自分自身では変わっていないと思っていても一つ一つ時間をかけて確かめてみましょう。
具体的には

  • トレードの時間帯
  • ポジション保有時間
  • トレードの頻度
  • エントリーのタイミング

運が悪かったのだと割り切る

これまで説明した方法で勝てない理由を考えても結局わからなかったという方も中にはいるのではないでしょうか?
そのような時は思い切って 「運が悪かったから最近は負け続けていたんだ」 と割り切って休みましょう。

FXで勝てない状態が続いていると、ストレスが溜まってしまいそれもトレードに影響してしまいます。
運が悪かったと割り切って、考えるのをやめることでストレスが軽減されその結果解決するということもあります。
また、 為替の変動は不規則なことが多いので本当に運が悪かっただけということも多くあります。

FXで勝てない理由についてのまとめ

  • 利益を求めすぎる
  • 楽に儲けられると思っている
  • 仕組みを理解していない
  • 日々の勉強を怠っている
  • FXに対して本気で取り組む
  • 勝つのではなく負けないようにする
  • メンタルを安定できる金額で機械的に取引を行う

ということが大切でした。
FXでは特に精神的なことが大きく影響してきます。
そのため、精神状態はなるべく安定させて取引を行える環境で取引を行うようにしましょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる