株初心者必見

FXの特徴

FXの特徴
英ポンド

FXの基礎知識

■店頭外国為替証拠金取引「LIGHT FX」及び店頭暗号資産証拠金取引「LIGHT FXコイン」は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等により損失が生ずる場合がございます。お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願いいたします。
■LIGHT FXにおける個人のお客様の証拠金必要額は、各通貨のレートを基に、お取引額の4%(レバレッジ25倍)となります。ただし、トルコリラ/円及び ロシアルーブル/円においてはお取引額の10%(レバレッジ10倍)となります。法人のお客様の証拠金必要額は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額又は当該為替リスク想定比率以上で当社が別途定める為替リスク想定比率を乗じて得た額となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第 117 条第 27 項第 1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出されるものです。
■LIGHT FXコインにおける証拠金必要額は、各暗号資産の価格を基に、個人のお客様、法人のお客様ともにお取引額の50%(レバレッジ2倍)となります。
■LIGHT FX、LIGHT FXコインはレバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。 FXの特徴
■LIGHT FX、LIGHT FXコインの取引手数料及び口座管理費は無料です。ただし、LIGHT FXコインにおいて建玉を翌日まで持ち越した場合、別途建玉管理料が発生します。
■LIGHT FXにおけるスワップポイントは金利情勢等に応じて日々変化するため、受取又は支払の金額が変動したり、受け払いの方向が逆転する可能性がございます。
■LIGHT FX、LIGHT FXコインにおいて当社が提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)がございます。お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示しているスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。
■LIGHT FX、LIGHT FXコインにおけるロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。
■暗号資産は本邦通貨または外国通貨ではありません。法定通貨とは異なり、特定の国等によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。

FXの特徴

円の特徴

ドル円はFX市場で2番目の通貨ペア

円の特徴

安全資産としての需要

株式市場とドル円、ユーロ円の推移

米日の国債利回りの差

ドル円と米日10年債利回りの差の比較

日銀の金融政策

OANDA証券株式会社 第一種 金融商品取引業 関東財務局長 (金商) 第2137号 加入協会等:一般社団法人 金融先物取引業協会 日本証券業協会 日本投資者保護基金

© since 1996 OANDA Japan Inc All rights reserved."OANDA", "fxTrade" and OANDA's "fx" family of trade marks are owned by OANDA FXの特徴 Corporation.
All other FXの特徴 trade marks appearing on this Website are the property of their respective owners.

03-3543-8181

米ドル

1.面積 371.8万平方マイル(962.8万平方キロメートル、50州・日本の約25倍)
(内水面18.1万平方マイル)
2.人口 FXの特徴 2億8,142万人(2000年、50州)
3.首都 ワシントンD.C.
4.言語 主として英語(法律上の定めはない)
5.宗教 信教の自由を憲法で保障、主にキリスト教

日本円

ユーロ

ユーロが誕生したのは1999年1月1日ですが、直ちに各国通貨と置き換えられたわけではありません。
実際にユーロの紙幣と硬貨が流通し始める 2002年1月1日までの3年間、ユーロは小切手での発行や、銀行間の送金に利用されるなど、現金を伴わない帳簿上の通貨として使用されていました。

欧州連合条約(マーストリヒト条約)により加盟国の財政状況の監
視および各国の経済政策は監視されており、各国の財政赤字の拡大はユーロの基盤を弱めるとしてしばしば材料視されます。
欧州中央銀行(ECB)の金融政策会議は原則毎月第1、第3木曜に開かれ政策金利等の決定が行われます。

英ポンド

1.英ポントの金利水準がユ-ロに比べて高い。
2.イギリスが北海油田を持っていることからポントが石油価格の変動の影響を受けやすい。
またイギリスが政治的には9.11テロ以降米国と親密な関係を保っていることか
ら英ポンドが米ドルの
動きにやや連動して動くケ-スがあるなどが挙げられる。
3.高金利通貨として原則毎月
第一水木曜日に開催される英中銀金融政策委員会による政策金利の
発表、インフレ関連指数の指標などが注
目されます。

ニュージーランドドル(NZドル)

ニュージーランドドル(NZドル)の為替変動については、2000年には1ニュージーランドドル(NZドル)
=40円台前半まで下落しましたが、それ以降は高金利で、財政の安定から世界中からの資金が流入し、対
米ドルで急上昇、また対円でも一時は75円以上にまで急騰しています。

さて、ニュージーランドドル(NZドル)を含めたこれらの通貨に共通している魅力は高金利にあると思います
が、ちなみに損益分岐点の計算式を使ってみると、日本とのインフレ率を考えず、現在のように日本との金利
差が4%以上あるならば、5年、10年単位ではそのリスク許容レートは高くなり、ある程度の円高になって
も円建て元本は確保されることになるんです。

ただし、ニュージーランド、オーストラリアはともに金融市場規模
がそれほど大きくないことから、欧米のヘッジファンドからなどの巨額の資金が一時に流出入すると為替相場、
債券相場が乱高下することもある点を留意すべきです。そして「クロス円通貨」でもあることから、比較的大
きな為替変動が見られるのもこれらの通貨の特徴なんです。

オーストラリアドル(豪ドル)

さて、ニュージーランドドル(NZドル)を含めたこれらの通貨に共通している魅力は高金利にあると思います
が、ちなみに損益分岐点の計算式を使ってみると、日本とのインフレ率を考えず、現在のように日本との金利
差が4%以上あるならば、5年、10年単位ではそのリスク許容レートは高くなり、ある程度の円高になって
も円建て元本は確保されることになるんです。

スイスフラン

戦争・紛争等が各地で起こった時には、逃避先として選好されることがしばし
ばあります。 FXの特徴
またこれははっきりした根拠が掴めませんが、ドル/スイスはドル安・高に相場が大きく動き
始める時に他の主要通貨に先行して動き始める傾向にあります。

FXで儲かる仕組みや確立を解説!どの通貨ペアがよい?

FXで儲かる仕組みや確立を解説!どの通貨ペアがよい?

FX取引の注意点 / 当サイトの内容について
・本記事では、FXを「必ず利益を生む方法」として紹介しているものではございません。FXは自己の責任において行っていただくようお願い致します。
・外国為替証拠金取引は外国為替レート金利の変動により損害を被るリスクがあり投資元本は保証されていません。
・マーケットの相場変動率に比べ投資元本の損益変動率が大きく状況により損失が証拠金額を上回ることもあります。
・スプレッドは指標発表時や相場が急変した際に拡大する場合があります。
・スリッページが発生することで、発注時点に比べ不利な価格で約定する場合もあります。
・市場の流動性が低下していることで、注文がリジェクトされる場合があります。
・本記事で紹介している企業は金融庁の「 免許・許可・登録等を受けている業者一覧」より抜粋しています。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

特徴とメリット

証拠金の流れ

「くりっく365」では、個人投資家の皆様は取引によって発生した売買益およびスワップポイントによる利益(以下、「利益」)、および取引によって発生した売買損およびスワップポイントによる損失(以下、「損失」)に対して、 税法上の損益通算を受けることができます。
FXで発生した利益は、個人の場合は、原則雑所得として課税対象となります。反対売買等により、毎年1月~12月までの間に確定した損益を通算して、利益となった場合には、利益の合計額から売買手数料などの必要経費を控除した額が課税対象になります。なお、年間の取引の結果生じた利益を含め、給与所得及び退職所得を除く各種の所得金額の合計額が、20万円を超えた場合に、確定申告が必要となります。(※)

税率は申告分離課税にて一律20%

「くりっく365」での利益は申告分離課税の対象となり、税率は、所得に拘わらず一律20%になります。ただし、東日本大震災からの復興財源を確保するため、2013年から2037年まで(25年間)、追加的に課税され、税率は20.315%となります。

他の取引所上場先物取引との損益通算が可能

所得税を計算するときに「くりっく365」は、先物取引である、くりっく株365、金(きん)先物といった商品先物取引や、TOPIX先物といった証券先物取引、店頭取引との損益を差し引き計算することができます。これを損益通算といいます。例えば、「くりっく365」で利益が出た場合でも、他の先物取引で損失が出ていれば、両者の損益を通算することにより、節税ができるということです。

3年間の損失繰越控除が可能

「くりっく365」の取引で損失が出た場合、損益通算を行った結果、その年に控除しきれない損失額が発生したようなケースでは、その損失を翌年以降3年間にわたって、「くりっく365」、店頭FX、他の先物取引等で発生した利益から控除することが出来ます。
損失の繰越控除の適用を受けるためには、損失の金額が生じた年(毎年1月~12月)について、確定申告をしておく必要があり、かつ、その後についても継続して確定申告を行なう必要があります。
なお、税率、課税関係は、税法及びその解釈が将来変更される可能性がありますので、詳細は税務署、税理士等の専門家にお問い合わせ下さい。

「くりっく365ラージ」
-「くりっく365」の特徴とメリットはそのまま-

  • 有利な価格提供の仕組み
  • スワップポイントは一本値
  • 証拠金の保護・建玉の決済方法
  • 「くりっく365」の「両建て」の特徴
  • 厳格な資格要件を満たした取引参加者(取引参加者)のみが参加

については、「くりっく365ラージ」も同様です。 ただし、既存の「くりっく365」と「くりっく365ラージ」間で建玉の決済はできませんのでご注意ください。 例えば、米ドル・円と米ドル・円(ラージ)間で建玉の決済はできません。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる