外国 為替 取引 と は

RSIとストキャスティクス

RSIとストキャスティクス
第 2 位

RSIとストキャスティクス

売買タイミングの見方はストキャスティクスと同様になります。
一般的にはHighラインを80%に設定、Lowラインを20%に設定し、Lowラインを超えれば売られ過ぎと判断し「買い」で、Highラインを超えれば買われ過ぎと判断し「売り」とみます。 また、そのHighライン、Lowライン付近でストキャスティクスRSIとシグナルがクロスすると、売買サインとみなします。

ストキャスティックRSIのまとめ

買いのサイン
  • ストキャスティックRSIが20%以下(売られ過ぎ水準)から20%を上回った場合
    ※20%以下に戻った場合、買いポジションを手仕舞う
  • 50%を上回れば、上昇トレンドの可能性が高まる
  • 強い上昇トレンド:80%以上(買われ過ぎ水準)を上回り、100%へ接近した局面
  • 強気の乖離(ブリッシュ・ダイバージェンス)
    ※価格が前回安値を更新して下落しているにも関わらず、ストキャスティックRSIが下げ渋り、20%を上回ってきた場合
売りのサイン
  • ストキャスティックRSIが80%以上(買われ過ぎ水準)から80%を下回った場合
    ※80%以上に戻った場合、売りポジションを手仕舞う
  • 50%を下回れば、下落トレンドの可能性が高まる
  • 強い下落トレンド:20%以下(売られ過ぎ水準)を下回り、0%へ接近した局面
  • 弱気の乖離(ベアリッシュ・ダイバージェンス)
    ※価格が前回高値を更新して上昇しているにも関わらず、ストキャスティックRSIが上げ渋り、80%を下回ってきた場合

ストキャスティックRSI対応FX事業者

ストキャスティックRSI計算式

ストキャスティックRSI(StochasticRSI) RSIを求めるには、当該期間中の値上がり幅と値下がり幅を使用します。RSI=A÷(A+B)RSIとストキャスティクス ×100(%)
※A:該当足の期間中の値上がり幅の平均 B:該当足の期間中の値下がり幅の平均 そして、この計算によって求められた値を、ストキャスティクスの%Kの式に代入します。 ストキャスティクス%K C:当日終値 Ln:過去x日間の最安値 Hn:過去x日間の最高値とした場合、計算式は次のようになります。
%K=< (C-Ln)÷(Hn-Ln) >×100% ストキャスティックRSI >StochasticRSI=×100%
※n=日数 nRSIlow=n日間のRSI安値 nRSIhigh=n日間のRSI高値

【FX】ストキャスティクスのパラメーター(設定値)、最適解は?

【FX】ストキャスティクスのパラメーター、最適解は?

FXismデイトレ大百科

第 2 位

岡安盛男のFX 極

第 5 位

ストキャスティクスのパラメーター(=設定値)、最適解は?

  1. %K(の期間)
  2. %D(の期間)
  3. %SD=スローイング(の期間)

ストキャスティクスのパラメーター(MT4)

【2022年6月版】優位性の高いFX商材 Best5

FXismデイトレ大百科

第 2 位

岡安盛男のFX 極

第 5 位

ストキャスのパラメーター(設定値)をいくつに設定するべきか?

オシレーター系テクニカルとして使う場合は、ファストストキャスティクスは感度が高すぎて使いにくいとされていて、一般的にはスローストキャスティクスを使うトレーダーが多い傾向にあります。

パターンA

パターンB

パターンC

ただご覧いただいてわかるとおり、スロー・ストキャスティクスの場合は、「%D」と「%SD」の期間を同一にするケースが一般的です。そしてその期間は「3」であることが多いのですね。

ストキャスティクスのパラメーター、最適解は?

とりあえずストキャスティクスのパラメーター設定は初期値(5,3,3)で良い

身も蓋もない話ですが、大抵の場合において、最適なパラメーター設定は初期値設定です。なぜなら多くのトレーダーがこの初期値でストキャスを使用しているから。

パラメーター設定を最適化するために多くの時間を費やすよりも、ストキャスそのものが価格変動にどのように反応するかを見極めるために時間を費やしたほうがはるかに有意義です。

もしもあなたが中級者以上のトレーダーならば、より長期の期間でストキャスを活用してみたいと思うでしょう。ただそのケースでも、最適解を探す旅は、無駄というか無意味です。せいぜい、%Kを「5」、もしくは「9」「14」の3つの選択肢から選ぶくらいで十分。「5」なのか、それとも「9」「14」を選択するべきか、このあたりはご自身のトレードスタイルに応じて使い勝手の良いパラメーターを選択すれば良いでしょう。

なぜなら、あなたがストキャスの聖杯(最適解)を探す必要はないのだから。多くのトレーダーが使っている値こそが最適解であるという現実を、理解するべきですね。

EMA、RSI、およびストキャスティクスによるトリプルインジケーター戦略

トレーダーが勝率を上げるために検討できるオンラインの取引戦略はたくさんあります。 ただし、これらの戦略の唯一の問題は、特定のトレーダーの取引スタイルと一致しないことが多いことです。 トレーダーとして、あなたはあなたの特定の取引スタイルと心理学に慣れている特定の取引戦略に適応しなければなりません。 RSIとストキャスティクス その手順、要件、予測、または期待される結果を必ず理解してください。 この記事では、XNUMXつの指標を利用する人気のある戦略を紹介します。 RSIとストキャスティクス 取引でRSI、EMA、およびストキャスティクスの指標を使用している場合、XNUMXつの指標すべてを組み合わせると、可能な市場の動きの精度が高くなることがわかります。

トリプルインジケーター戦略

RSI +ストキャスティクス+ EMA200インジケーター

EMAまたは指数移動平均は、最近の価格データを強調する一種の移動平均です。 これは、すべての価格データに等しく重点を置くSMAまたは単純移動平均とは異なります。 EMAとSMAの主な違いは、EMAは価格変動に敏感であるということです。つまり、チャート上のSMAよりも速く変動します。 EMAは、価格変動のより迅速で正確な予測を提供するため、この戦略の推奨移動平均です。

RSIは相対力指数の略で、価格変動の強さを測定するために使用される指標です。 資産が買われ過ぎか売られ過ぎかを示します。 RSIラインが70の読みに達すると、資産は買われ過ぎと言われます。 一方、RSIラインが30の読み取り値を下回ると、資産は売られ過ぎと言われます。 RSIの読みに対するトレーダーの一般的な行動は、買われ過ぎのときに売り、資産が売られ過ぎのときに買うことです。

ただし、この特定の戦略では、別の目的でRSIインジケーターを使用します。 この目的は、チャート上の収束と発散を追跡することです。 価格とRSIインジケーターが互いに近づくと、チャート上で収束が起こります。 RSIとストキャスティクス 一方、ダイバージェンスは、価格とRSIインジケーターが互いに離れるときに発生します。 RSIの動きと価格の動きは、その山または谷(高値または安値)を結ぶ線を引くことによって予測されます。

ストキャスティックオシレータ

ストキャスティクスオシレーターはストキャスティクスインジケーターとも呼ばれ、 トレンド反転。 価格変動に重点を置き、資産を買われ過ぎまたは売られ過ぎとして識別します。 ストキャスティクスには、複雑な式を使用して計算されるXNUMX本の交差する線が含まれます。 これらのXNUMXつの線が交差するときはいつでも、トレンドの逆転が起こりそうだと想定されています。これが、この戦略に適応するものです。

トリプルインジケーター戦略の使用方法

戦略を実装するには、インジケーターがすべて設定されていることを確認する必要があります。 インジケーターは、の左上隅にあるインジケーターアイコンをクリックして設定します。 Pocket Option 取引ダッシュボード。 オプションのリストからRSI、ストキャスティクスオシレーター、移動平均を選択するだけです。

上昇トレンドのRSI +ストキャスティクス+ EMA200

すべての指標が設定されたらすぐに、すべての要件を備えた資産を探すときが来ました。 200つ目は、傾向を確認することです。これについては、EMA200を参照する必要があります。 キャンドルがEMAXNUMXの上に形成されるときはいつでも、この例に示すように、上昇トレンドとして識別されます。

次は、RSIからの収束または発散を確認することです。 価格とRSIの間の収束と発散を明確に把握するには、ろうそくの高い安値とRSI線の低い谷またはベースを結ぶ線を引きます。 この例では、買いシグナルとして識別される価格とRSIの相違を見ることができます。

下降トレンドのRSI +ストキャスティクス+ EMA200

別の例は弱気市場です。 下の画像を参照すると、キャンドルがEMA200ラインの下に形成されているため、市場は下降傾向にあります。 同様に、収束は価格とRSIの線を引くことによって識別されます。延長されたときに線が合流する場合、それは収束です。そうでない場合は発散になります。 最後に、 ストキャスティックオシレータ は、ショートトレードの理想的なエントリーを示す線の交点を示しています。

この戦略は、ボラティリティが高くトレンドが強い市場で最適に機能します。 これは、傾向が十分に強い場合に収束と発散がより目立つためです。
さらに、この戦略は、同事、ハンマー、および反転を示す他のパターンなどのローソク足パターンを組み込むことによってさらに改善できます。 ストキャスティクスオシレーターからの交差後、確認キャンドルは通常、トレンドの反転を確認します。通常、確認キャンドルは反転ローソク足パターンの形式です。 ローソク足のパターンを知ることで、この戦略の使用方法が大幅に向上します。

を使用したこのトリプルインジケーター戦略 RSIとストキャスティクス EMA200, RSI, ストキャスティックオシレータ あなたが十分な経験を積んだ場合にのみ効果的です。 この戦略で取引スキルを向上させる最良の方法は、デモマネーを使用してリアルタイム取引で取引することです。 Pocket Option 何も支払うことなくリアルタイムの株式や資産を取引できるデモ口座が付属しています。 デモアカウントを使用すると、すべてのインジケーターとツールを含む、サイト上のすべてのリソースにアクセスできます。

ストキャスティクスとRSIを知って売買のタイミングを見つけよう!

money

ストキャスティクスのイメージ図1

ストキャスティクスのイメージ図

ストキャスティクスのイメージ図2


ストキャスティクスは
%K
%D
Slow%D
という3つの線で構成されております。

それぞれの細かい計算方法は割愛しますが、
%Kは直近の値動きに対して計算され、
%Dは基本的には3日間の値を基に計算されます。
Slow%Dは%Dの値を%Kと見立て、%Kと%Dの計算を
%DとSlow%Dにてもとめます。

ややこしいので簡単に言ってしまうと、値自体の細かさは
%K<%D<%Slow%D
となり、細かくなる程計算対象の幅は広くより正確性が高いと言えます。

ストキャスティクスのイメージ図3

それでは、ストキャスティクスの基本的な見方を確認していきましょう。
下図の赤まるで囲ってある部分をご覧ください

0~100の数字が表示されております。
こちらは%を付けて呼んで頂ければと思います。

基本的には、ストキャスクの値が
20%以下だと売られ過ぎ
80%以上だと買われ過ぎ
と判断します。

また、もう1つの見方として、
%DがSlow%Dを上抜け(ゴールデンクロス)したら「買いサイン」
%DがSlow%Dを下抜け(デッドクロス)したら「買いサイン」
という、ゴールデンクロスとデッドクロスのサインもありますので、そちらも合わせて確認しましょう。

RSIも「売られ過ぎ」「買われ過ぎ」を判断するのに有効な、
メジャーなオシレーター系の指標の1つです。

RSIは設定値の期間において、上昇した値幅がどれくらいあるのか?を計算しています。
設定された期間の間に上昇した期間と下落した期間の比率が5:5だった場合は、その比率がそのまま
RSIの値となりますので、RSIの値は50%となります。

ですので、例えばレートが RSIとストキャスティクス
上昇した期間:下落した期間の
8:2であればRSIは80%、
2:8であればRSIは20%となります。
つまり、レートが上昇した期間が多いとRSIの値は上昇し、下落した期間が多いとRSIの値は下がります。

ストキャスティクスのイメージ図4


RSIは1本もしくは3本の線で構成されております。
設定値(対象とする期間)は好きに設定でき、3本の場合はそれぞれが違う設定値で構成されます。

RSIの基本的な見方として、
RSIの値が25~20%以下になり、そこから転換した時が「買いサイン
RSIの値が70~80%を超えて、そこから転換した時が「売りサイン」となります。

スイングトレードで勝ち続けるためのテクニカル指標の使い方

○ RSIが指し示している方向が株価の進む方向であると判断
○ 50%ラインは節目(サポート・レジスタンス)として機能する場合が多い
○ RSIが50%ラインより上にある場合は上昇トレンドと判断
○ RSIが50%ラインより下にある場合は下降トレンドと判断
○20%以下の安値圏でクィッと上昇に転じたら買いサイン
○ 80%以上の高値圏でクィッと下落に転じたら売りサイン
○ RSIが50%ラインを下から上に突き抜けた時は買いサイン
○ RSIが50%ラインを上から下に突き抜けた時は売りサイン
○ 逆行現象が起こった場合は大きくトレンド転換するサインと判断

ストキャスティクスを使ってスイングトレードをする

RSIとストキャスティクス

ストキャスティクスの重要ポイント

DMIを使ってスイングトレードをする

DMIとは、『Directional Movement RSIとストキャスティクス Index』の略で、日本語では『方向性指数』と呼ばれることが多いです。この指標は、先ほどのRSIと同じくアメリカのJ.W.ワインダー氏が考案したテクニカル指標です。

DMIの重要ポイント

○ +DIと-DIの乖離幅が最大になった所が利食いポイント
○ +DIより-DIが下にあれば上昇トレンドと判断
○ +DIより-DIが上にあれば上昇トレンドと判断
○ +DIが-DIを下から上に突き抜けたら買いサイン(補助的に使用)
○ +DIが-DIを上から下に突き抜けたら売りサイン(補助的に使用)
○ ADXが上昇してきた場合は、上昇または下降トレンドの勢いが強くなってきていると判断

スイングトレード実践編

銘柄選びのポイント

○ 値上がり率ランキングから銘柄を探す
○ お気に入り銘柄、監視銘柄から銘柄を探す。
○ 5日移動平均線がクィッと上向きになっていて、きれいな陽線が出ている銘柄選ぶ
○ 前日より出来高が増えている、もしくは同じぐらいの銘柄を選ぶ
○ トレンドがはっきりしている、読みやすいきれいなチャートを選ぶ
○ グランビルの法則と同じパターンの動きの銘柄を選ぶ
○ テクニカル指標を利用して総合的にチェックする(指し示している方向を確認する)

トレードシナリオを描くポイント

○ 節目となる株価をチェックする
○ 現在の株価より、すぐ上にある節目は上値目処と判断する
○ 現在の株価より、すぐ下にある節目は下値目処と判断する
○ 週足、月足も節目として機能することが多いためチェックを忘れない

295円(5日移動平均線株価) ⇒ 300円(前日終値) ⇒ 320円(上値目処)

エントリーのポイント

○ エントリーポイントは節目付近でする
○ ギャップアップで寄り付いた場合は、前日終値付近まで下落してくるのを待ってエントリー
○ 大きくギャップアップ(上値の節目付近)で寄り付いた場合は見送り
○ 大きくギャップダウンして、5日移動平均線を割り込んで寄り付いた場合は見送り
○ ギャップアップ後も大きく上昇していく銘柄は追いかけない(高値掴みとなる)
○ 上値の節目まで到達したら一度、利益確定をする
○ エントリー後は5日移動平均線の上に乗っかるように推移していればホールドでも可
○ 株価が急上昇して5日移動平均線より大きく乖離した場合は1度、利益確定する
○ エントリー後は5日移動平均線が下向きになった場合は即撤退

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる