オンライン学習サービス

テクニカル分析とは

テクニカル分析とは
当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではな く、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任におい てお取引いただきますようお願い申し上げます。信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証 拠金設定のある投資対象については、お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がご ざいます。また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

テクニカル分析 -->

> > This page is based on a Wikipedia article written by contributors (read/edit).
Text is available under the CC BY-SA 4.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available テクニカル分析とは under their respective licenses.

Tell your friends about Wikiwand!

Suggest as cover photo

Would you テクニカル分析とは like to suggest this photo as the cover photo for this article?

Thank you for helping!

Your input will affect cover photo selection, along with input from other users.

Thanks for reporting this video!

This browser is not supported by Wikiwand :(
Wikiwand requires a browser with modern capabilities in order to provide you with the best reading experience.
Please download and use one of the following browsers:

An extension you テクニカル分析とは use may be preventing Wikiwand articles from loading properly.


If you're using HTTPS Everywhere or you're unable to access any article on Wikiwand, please consider switching to HTTPS (https://www.wikiwand.com).

An extension you use may be preventing Wikiwand articles from loading properly.

If you are using an Ad-Blocker, it might have テクニカル分析とは mistakenly blocked our content. You will need to temporarily disable your Ad-blocker to view this page.

Please click the "Downloads" icon in the Safari toolbar, open the first download in the list,
then click Install

ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析とは?【違いや活用方法についてわかりやす解説】

テクニカル分析

どの株を買うべきか?を考える時に使える分析手法

  • ファンダメンタルズ分析
    企業の業績や財政状態、市場環境等を考慮して、今後成長していくと見込める企業の株式を買う手法。
    株価がどのような動きをしているかというのは考慮しない。
    主に、長期的なスパンの投資に向いていると言われている。
  • テクニカル分析
    過去の株価の変動パータンから、今後株価が上がるか、下がるかを予測する手法。
    会社の業績や財政状態等は考慮しない。
    主に、短期〜中期的なスパンの投資に向いていると言われている。

ファンダメンタルズ分析とは

今後成長が見込める 企業の株を、 できるだけ割安で 買うこと。

確認するもの使う指標
企業の収益性を確認する・株主資本利益率(ROE)
・純資産利益率(ROA)
企業の本業の成長性を確認する・売上高の増加割合
・一株あたり純利益(EPS)の増加割合
企業の安定性を確認する・フリーキャッシュフロー(FCF)
・自己資本比率
現在の株価が割安か割高かを確認する・株価収益率(PER)

そして、その企業が 収益性が十分にあり 、 将来の成長も見込め 、 財務的に安定した 企業であることが確認できたら、次は現在の株価が割安か割高かをPERで確認します。

テクニカル分析とは

移動平均線
移動平均線とは、テクニカル指標の中でも最も一般的な指標です。これは、 過去の一定期間の終値の平均値を算出し、その値をつないだラインのことを指します。
移動平均線の傾きが上向きなら推移は「上昇トレンド(=株価は値上がり方向に動いている)」、下向きなら「下降トレンド(=株価は値下がり方向に動いている)」と判断できます。

ボリンジャーバンド
ボリンジャーバンドは、移動平均線と標準偏差で構成されており、その名の通り幅(バンド)を示す指標です。価格の変動は、大半がこの幅(バンド)の中に収まるという統計学を応用した指標です。 一般的に株価は移動平均線から離れれば離れるほど反発し、移動平均線側へ戻ってくる可能性が高いといわれております。株価がボリンジャーバンドの幅の下の方にある時は、今後反発して上にいく可能性が高く、逆に幅の上の方にある時は今後反発したときに下落方向に移動していく可能性が高いと言えます。

MACD
MACD(マックディーと読みます)は、移動平均線を応用して編み出された人気のテクニカル指標です。MACDは「MACDライン」と「シグナルライン」と呼ばれる2本の線で表現されます。 一般的に、MACDラインがシグナルラインを下から上へ突き抜けると買いのサイン、逆に上から下へ突き抜けると売りのサインと判断されます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる