FX初心者必見

テクニカル分析の基礎

テクニカル分析の基礎
テクニカル指標(インジケーター)

【中級者~上級者向け】テクニカル分析を理解するならこの一冊「マーケットのテクニカル分析―トレード手法と売買指標の完全総合ガイド」

マーケットのテクニカル分析 トレード手法と売買指標の完全総合ガイド

【中級者~上級者向け】テクニカル分析を理解するならこの一冊「マーケットのテクニカル分析―トレード手法と売買指標の完全総合ガイド」

  • マーケットのテクニカル分析―トレード手法と売買指標の完全総合ガイドは、ダウ理論やチャートパターンといったテクニカル分析の基礎から、市場間分析、株式市場の指標といった関連分野を体系的にまとめた本です。
  • 新高値・安値銘柄数などの指標やエリオット波動論など、一般的な書籍では触れられていないことも網羅的に説明されているので、初心者だけでなく中級者や上級者の方にも勉強になると思います。是非ご一読ください。

「マーケットのテクニカル分析」のハイライト

テクニカル分析とは将来の価格の動向を予測するために、主にチャートを使って市場の動きを研究することである。ここで述べた「市場の動き(価格の動向)」には、テクニカルアナリストに利用できる3つの重要な情報である価格・出来高・取組高が含まれている(ただし、取組高は先物・オプション取引でのみ使用される)。No.285 (Amazon Kindle位置情報)

ブレイクに関する「3%ルール」というものがある。この価格フィルターは、主に長期トレンドがブレイクされたときの判定に用いられる。それは終値ベースで見て、少なくとも3%のブレイクを必要とするものだ(略)。No.1150

強い市場の下では、新高値の数は新安値の数よりも相当多くなければならない。新高値の数が減少し始めたら、あるいは新安値の数が増加し始めたら、警告のシグナルとなる。No.5024

「マーケットのテクニカル分析」のおすすめポイント

「マーケットのテクニカル分析」の著者

コメントを残す コメントをキャンセル

タイトル詐欺。絶対に買ってはいけない駄本「ワイルダーのアダムセ…

テクニカル分析の理解度を確認できる本「マーケットのテクニカル分…

株式投資関連の本を読んで勉強しながら、投資の腕を磨いています。 相場はわからないことだらけですが、年利20~30%のリターンを狙って頑張ります! ~Q&A~ 経歴:関西の大学院で会計学を専攻し、卒業後は大手企業に就職。その後、介護のために退職。現在は株式投資だけで生活しようと悪戦苦闘中です。 投資手法:割安株投資 投資期間:スイング(1週間~1か月)が中心です 運用資産額:ブログ記事をご確認ください 保有資格:簿記2級、FP2級(大学生のころ友達と一緒にとりました)

テクニカル分析(TA)の基本

テクニカル分析 TAの基本 - テクニカル分析(TA)の基本

テクニカル分析の基本的な概念を理解するのは比較的簡単ですが、習得するのは難しい技術です。 常に優れたトレーディングができるようになるには、時間がかかるものです。そのためには、トレーディング戦略を洗練させ、自分自身のトレードアイデアを形成する方法を学ぶなど、多くの練習が必要です。そうすることで、自分の強みを見つけ、弱みを見極め、投資や取引の決定をコントロールすることができるのです。 この記事では、よくある間違いに加えて、テクニカル分析の基本をご紹介します。

ロングポジションとは何ですか?

ショートニングとは?

オーダーブックとは?

オーダーブックの深さはどのくらいですか?

BinanceにおけるBTC/USDT市場ペアのオーダーブックの深さ。

成行注文とは何ですか?

トレーディングにおけるスリッページとは?

リミットオーダーとは何ですか?

指値注文とは、特定の価格以上で資産を購入または売却する注文のことです。この価格は リミットプライス.買いの場合は指値以下で、売りの場合は指値以上で約定します。

逆指値注文とは何ですか?

成行注文と指値注文の意味がわかったところで、今度は逆指値注文について説明します。逆指値注文とは、指値注文や成行注文の一種で、ある一定の価格に達したときにのみ有効となる注文です。この価格は ストッププライス.

メーカーとテイカーとは?

になるのです。 メーカー 注文を出すと、すぐには満たされないが、オーダーブックに追加される。あなたの注文は 流動性付与 をオーダーブックに登録することで、流動性の「メーカー」となります。

になるのです。 テーカー 注文を出すと、すぐに満たされます。あなたの注文はオーダーブックに追加されるのではなく、オーダーブックの既存の注文とすぐにマッチングされます。オーダーブックから流動性を得ているので、あなたはテイカー(買い手)です。成行注文は、現在入手可能な最良の市場価格で注文を執行するため、常にテイカー注文となります。

ビッド・アスク・スプレッドとは何ですか?

ローソク足チャートとは何ですか?

Bitcoinの日足チャート。各ローソク足は1日の取引を表しています。

ローソク足のチャートパターンとは?

トレンドラインとは?

Bitcoinの価格がトレンドラインに何度もタッチしていることから、上昇トレンドであることがわかります。

サポートとレジスタンスとは?

サポート テクニカル分析の基礎 は、価格が "床 "を見つけるレベルを意味します。言い換えれば、サポートレベルとは、大きな需要があるエリアであり、買い手が介入して価格を押し上げる場所です。

抵抗 は、価格が "天井 "を見つけるレベルを意味します。抵抗線とは、供給量が多いところで、売り方が踏み込んで価格を押し下げるところです。

サポートレベル(赤)が試されて破られ、レジスタンスになった。

トレンドラインや移動平均線などのテクニカル指標。 ボリンジャーバンド, 一目瞭然の雲としています。 フィボナッチ・リトレースメント は、潜在的な支持・抵抗レベルを示唆することもあります。実際には、人間の心理的な側面も利用されます。このため、トレーダーや投資家は、サポートとレジスタンスを個々の取引戦略に非常に異なった形で取り入れることができます。

おすすめの株式投資本39選!おすすめランキングとネット証券もあわせて紹介

株式投資,ネット証券,信用取引,ファンダメンタル,システムトレード,初心者,初級,中級,上級,分析,書籍

楽天証券

(画像=引用:楽天証券公式サイト)

楽天証券は、さまざまな金融商品を取り扱う証券会社です。インターネットを中心に、幅広いサービスを展開する楽天グループ株式会社が運営しています。国内外の株式をはじめ、投資信託やFX、金・プラチナなど資産形成に効果的な商品の取り扱いも豊富です。

楽天証券の場合、楽天グループが運営する他のサービスと連携することで、よりお得に利用できます。例えば、楽天銀行で口座を開設して楽天証券と連携させると、振込手数料が無料になります。初めて信用取引する場合には「信用デビュー応援プログラム」が用意されており、条件を満たすことで楽天ポイントが200ポイントプレゼントされます。付与されたポイントは、楽天市場など他のサービスで利用可能です。特に楽天ユーザーに向いている証券会社といえるでしょう。

  • 外国株の取り扱いが豊富
  • 外国株の取引をするときの手続きが簡単
  • 他の楽天サービスをお得に利用可能
  • ポイント投資ができる
  • 米国株のリアルタイム確認に条件あり
  • 中国株の取引手数料が高め
  • ポイント投資に期間限定ポイント利用不可

楽天証券のメリット

金融商品の取り扱いが豊富なことが利用するメリットの一つです。国内株式やFXをはじめ、「iDeCo」や「NISA」などにも対応しています。また、楽天ポイントを使って、ポイント投資ができることも魅力。いきなり現金での投資にとまどいを感じる方などには、利用しやすいサービスだといえるでしょう。

外国株も豊富に取り扱っており、シンガポールやタイ、マレーシアなどの外国株へ投資可能。外国株の取引をする際の手続きも簡単にできます。外国株の取引をする場合、外国株式用の口座を別途に開設することが一般的ですが、楽天証券では総合口座を開設するだけで外国株の取引もできます。中国株をはじめとするアセアン株に投資したい方には、向いている証券会社でしょう。

楽天証券のデメリット

米国株の株価をリアルタイムで確認したいときは、月額料金がかかるので注意してください。基本的に米国株式の株価は、実際の時間より15分遅れて表示されています。楽天証券でリアルタイムに株価を確認する場合、月額330円(税込み)の利用料金を支払わなければなりません。ただし、月に1回以上の約定をしていれば無料です。楽天証券をメインに頻繁に取引するのであれば、大きなデメリットにはならないでしょう。

中国株の取り扱いはありますが、SBI証券などで取引した方が手数料を抑えることができます。楽天証券の場合、中国株の取引手数料は約定金の0.55%(税込み)ですが、SBI証券であればおよそ半分の0.286%しかかかりません。中国株を頻繁に取引する場合などには、利益に大きな影響を与えることもあるでしょう。

楽天証券のキャンペーン

テクニカル分析の基礎
キャンペーン期間 2022年1月13日~2022年3月31日午前10時まで
キャンペーン内容 キャンペーン期間中にエントリーし、はじめての米株積立または、ポイント投資(米国株式_円貨決済)設定と約定をされたお客様全員で200万ポイントを山分け!
※引用元:楽天証券「口座開設キャンペーン」
※2022年1月21日時点

SBI証券

SBI証券

画像=引用:SBI証券公式サイト

SBIホールディングス株式会社が運営する証券会社です。同社は証券や保険、住宅ローンをはじめとする金融商品全般を扱っており、ネット金融業界では大手企業として知られています。SBI証券はその子会社に当たる企業です。国内株式の個人取引シェア1位など(公式サイトより)、業界でもトップクラスの確かな実績を誇ります。

投資信託ではTポイントを使った取引も可能で、普段の買い物でためたポイントを資産運用にも活用できます。逆にSBI証券との取引でTポイントをためることもでき、サービスや取引内容に応じてTポイントが付与されます。新規口座開設の方であれば、申込時のポイント選択で「Tポイント」を選ぶことで100ポイントがもらえるなど、Tポイントでお得に利用したい方には、おすすめサービスです。

テクニカルビジョン

テクニカルビジョン

カスタムインジケーター

MT4からMT5へ|EA・カスタムインジケーターを無料変換する!

テクニカル分析理論

エリオット波動理論|代表的な修正波のフォーメーションについて

テクニカル指標(インジケーター)

ストキャスティクスの計算式と基本設定とは

テクニカル指標(インジケーター)

ボリンジャーバンド計算式(標準偏差)から見る基本設定とは

テクニカル分析理論

グランビルの法則とは|4つの買いパターンを詳しく解説

テクニカル指標(インジケーター)

MACD|基本的な設定を知ってトレンドの変換を捉える

テクニカルチャート分析

レンジブレイクとは|チャート分析の見極めと判断のパターン

未属性

テクニカル分析チャート講座

FX初心者におすすめ!FXの基礎知識や失敗しないための方法を紹介

詳しくみる

【初心者におすすめ】FX自動売買とは?

詳しくみる

スプレッドとは

詳しくみる

【2021年】FXの税金や確定申告・税率について

詳しくみる

FX取引手法とは?初心者に役立つ分析方法を紹介

詳しくみる

【初心者向け】無料デモトレード

詳しくみる

トラッキングトレード ガチンコバトル!

詳しくみる

FX用語集

詳しくみる

FXブロードネットが選ばれる5つの理由

詳しくみる

テクニカルチャート分析

詳しくみる

【初心者から上級者に人気】ドル円予想レポート

詳しくみる

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる