オンライン学習サービス

強気市場とは

強気市場とは
大谷正之氏(証券ジャパン 調査情報部長)

不安の壁を駆け上がる:破壊的イノベーションが今の強気相場を加速させる可能性

米国市場が世界の他の市場の軟化に反して、または強気相場が 9 年も続いていることもあって、多くのストラテジストは米国株式市場の力強さを心配し始めています。 強気市場とは 6 月までに、いわゆる FAANG 銘柄(フェイスブック、アマゾン・ドットコム、アップル、ネットフリックス、グーグル)は S&P 500 強気市場とは の 2.64% のトータルリターンの 75% を占め、多くの人はこれを IT バブルの後に起きたような弱気相場の前兆だと捉えています。

我々 ARK は市場のこうした見方に反論してきました。市場というものは、いつでも調整局面を経験し得るものですが、我々のこの強気相場に対する確信は強まる一方です。私は、強気相場は( 9 年前からでなく ※訳者注釈 強気市場とは )実は 2016 年終盤になるまでは本格的に始まっておらず、世界の技術革新によるプラットフォームが「 Deflationary Boom (デフレ環境のなかでの景気拡大)」を生み出したことが、強気相場を持続させていると考えています。 S&P 強気市場とは 500 は 2009 年 3 月に底入れした後、 2013 年 3 月まで底値から回復し続けました。この時点で、過大債務に起因するデフレ的破綻への懸念が台頭しました。これは特にトレーダーや投資家が、市場が 13 年前の 強気市場とは 強気市場とは 2000 年 3 月と同じ水準でピークに達したことに不安を覚えたことによります。 2000 年 3 月、 2007 年 11 月、 2013 年 3 月は三尊天井(トリプルトップ)だったのか?と。その後、 2013 年から 2016 年まで、大半の投資家は神経を尖らせていました。市場は上昇基調にあったものの、数度のリスクオフの動きが打撃となり、その中でも最悪だったのが原油価格が急落していた 強気市場とは 2016 年初めでした。不安は米大統領選の夜に最高潮に達し、リスクオフになる度に「不安のブロック」が、 10 年近くの間に巨大化した壁の上にさらに積み重ねられました。

現在の「不安のブロック」は米国のフラット化するイールドカーブ、貿易関税に関する懸念や、地政学的な懸念で固められています。このイールドカーブ形状は景気後退の前兆だとの意見がありますが、我々はこうした見解について、 19 世紀初頭に起きたと同様の「デフレ環境のなかでの景気拡大」という状況を考慮していないと考えています。今後数年の間に、インフレ率が低下し恐らくマイナスになるなかで、世界の実質成長率と企業収益は予想に対し上振れサプライズになると考えています。そのため、短期金利は力強く加速する実質成長率に反応する形で上昇しており、今後も引き続き上昇する一方、長期金利は予想インフレ率の下振れサプライズが続くことにより抑制されるとみています。力強い成長はまた、貿易摩擦を先送りにするでしょう。

フラット化するイールドカーブに関するこうした説明は、(結果的に間違った楽観論である ※訳者注釈 )「今回はいつもと違う」の話に聞こえるかもしれませんが、破壊的イノベーションの考え方から言えばそうではありません。現在も使われている破壊的イノベーションによるプラットフォームが生まれた 1929 年までの 50 年の間において、半分以上の期間でイールドカーブは逆イールド(右下がり)の状態でした。 1 その当時の破壊的イノベーションとは内燃エンジン、電話、電気であり、低インフレ率の中での急速な実質経済成長の原動力となりました。 FRB が存在しない当時、米国の実質 GDP 成長率は平均 3.7% でインフレ率は 1.1% であった一方、短期金利は約 4.8% で長期金利は約 3.8% と 2 逆イールドの状態でした。そう、今回も今まで同様、技術的飛躍が経済に及ぼす影響を理解するために、私たちは歴史を紐解いてみる必要があるのです。

今日の株式市場のポジションは、1999-2000年のそれと正反対

1990 年代終盤、「 2000 年問題」の影響を和らげるための FRB の緩和政策によって設備投資は本格化し、景気拡大を長期化させました。暦が 1999 年から 2000 年に切り替わる際にコンピューターシステムが機能しなくなり、世界経済に大混乱が生じるとの懸念のもと、 FRB は、 1998 強気市場とは 年 6 月に 5.6% であった FF 金利(政策金利)を 1999 年 6 月には 4.8% へと引き下げたのです。 3この間のテクノロジーおよび通信株への投機は非常に盛んでしたが、これに比べ記憶に薄いのは、多くの企業が遺伝子に関する特許申請を競っていたバイオテクノロジー分野への過剰な投資であり、こうした企業の株価は天井知らずに上昇しました。

一部の投資家は 2000 年 3 月 10 日にバブルがあまりに突然にはじけた理由を怪訝に思っていますが、 2 つの前兆に目を向けるべきと考えます。 1 つ目は 1999 年 12 月下旬、米国と英国が遺伝子の特許申請に関する中間ガイドラインを修正し、検討している遺伝子の使用事例を提出するよう申請者に義務付けたことです。 4 その後、パブリックコメント期間が終了する 2000 年 3 月を前にして、両国はヒトゲノム計画に関する原データを科学者に無償で提供するよう要請する声明を発表しましたが、全ヒトゲノムを初めて解析するのに必要な 27 億ドルのコストを考えると、これは予想外の声明でした。 5 これに加え、 2000 年 1 月には一般市民がオンライン広告代理店の DoubleClick 強気市場とは (現在は Alphabet の傘下)を相手取り、カリフォルニア州民を代表して民事訴訟を起こしました。 6 これらはゲノミクスとインターネットに対するワンツーパンチであり、グロース銘柄を中心に「売り手よりも買い手が多い」から「買い手よりも売り手が多い」状況に転じ、市場は崩壊しました。長らく軽視されていたバリュー銘柄は、差し迫った中国の世界貿易機関( WTO )加盟に焚きつけられる形でその後を追いました。

IT バブル時の投資姿勢とは異なり、ここ数年、企業は技術革新への積極的な投資に十分な確信を抱いておらず、一方でヘルスケア重視の投資家は DNA 解析に関する大きな技術的飛躍を無視してきました。 2014 年半ばから 2016 年第 3 四半期にかけ、恐らくは FRB による金融引き締め懸念や市場ボラティリティに起因する不安から、米国の設備投資の伸びは年率 0.8% 強気市場とは にとどまりました 7その結果、 PonemonInstitute の調査によると、欧米企業の 52% は EU 一般データ保護規則が 5 月に施行された際にこの要件を満たすことができず、 2000 年問題の時の高揚した投資姿勢とは実に対照的でした。 8投資の初年度に設備取得費用の全額損金算入できる案を含む税制改革法案が可決されるまで、投資支出は活発化しませんでした。 2018 年上期の実質的な非住宅設備投資は年率 9.3% 増加しました。 9

恐らくそれ以上に目立つのが、人命を救う可能性のある CRISPR-Cas9 (クリスパーキャスナイン)のような治療法や技術への無反応です。 1999 年に、アナリストやポートフォリオマネージャーが視覚障害者や癌患者の治療技術について学んでいれば、 CRISPR Cas-9 技術の主要特許を有する銘柄( Intellia 、 Editas 、 CRISPR Therapeutics 強気市場とは )は恐らく時価総額の合計が数千億ドルにも達していたでしょう。しかし現実には、時価総額は約 50 億ドルに達するのに苦戦しました。さらに、 1999 ~ 2000 年とは異なり、この分 野に対する今日の政府方針は支援的であり、米国政府のヘルスケア分野における最優先事項の 1 つは人命を救うことであり、人生を変えることのできる治療法の承認を加速することに置かれています。 10 時を同じくして、英国政府は、特定の条件のもとに限るとはいえ、生殖細胞系列(精子と卵子)の編集を承認すると発表しました。 11 今日の投資環境は 1999 ~ 2000 年とは全く違っています。

ITバブルは未来を見越した結果:その未来とは今

IT バブルは、現在転換点を迎えている 5 つの汎用技術プラットフォームを生み出すきっかけとなりました。これらは現在、経済の様々なセクターに影響を与え、またさらなるイノベーションを引き起こしています。 5 つのプラットフォームとは、 DNA 解析、オートメーション、エネルギー貯蔵、ディープラーニングを可能にする次世代インターネット、ブロックチェーン技術です。

IT バブルの頃とは異なり、上記 5 つのプラットフォームは爆発的な需要を生み出しながら新たな市場を創出し、新製品のための実験を促進し、誰にでも手が出せるほど十分に低い価格水準を実現しています。例えば当社調査によると、全ヒトゲノムを解析するためのコストは 2000 年の 30 億ドル近く 12から今日では 1,000 ドル未満に低下しており、 2021 年には 100 ドルとなる見通しです。その結果、全ヒトゲノム DNA 解析の需要は爆発的に大きくなり始めています。同様に当社調査によると、産業用ロボットのユニットコストは 10,000 ドルに向かい、投資回収期間も 6 ヵ月と短くなったため、中小企業の生産性向上が容易になっています。また、 3D 印刷のコストは最大 75% 低下し、それにより主導権は大手企業から、起業精神に富む、あるいはクリエイティブなデザイン会社へとシフトしています。 強気市場とは 13一方でドローンによる運送費の削減により、医薬品をアフリカやアジアのへき地の村へ配布できるようになっています。電気自動車は 5 年以内にガソリン車よりも安価になり、その後も価格が下がり続けることで、より多くの消費者が 3 秒で 60 マイルという高加速の車を所有したり、自動運転タクシーによって 1 マイル 0.35 ドルという現在の 10 分の 1 の料金で通勤できるようになるでしょう。

一方で、コンピュータの計算性能は年率 40% 超のペースでコストが低下しており、これが現代の人工知能( AI 強気市場とは )を生み出しました。またブロックチェーン技術の急進歩により、送金の限界費用はゼロへと低下するとみられます。世界中のどの政府も規制していないグローバルなデジタル通貨は、今世紀 のキラーアプリケーションとなる可能性を秘めています。

こうした新プラットフォームは大きな成長を促し、新市場を創出するだけでなく、高インフレの原因になっているセクターを破壊するでしょう。電気自動車が増加し、自動運転のタクシー網が自動車の総走行距離における比率を高めることで、世界の石油需要は今後数年以内にピークを迎えるとみられます。 DNA 解析は、かつて不可能だった治療を可能にし、推測による間違った、あるいは無駄な治療の削減を可能にします。同時に、ロボットは米国、日本、中国や至る所で生じている労働者不足に対処する役割を果たすだけでなく、インフレの大きな原因である生産性を向上させる大きな武器になるでしょう。

結論

今年の株式市場は、時に視野が狭められてしまう時があるかもしれませんが、前述の通り、今日の投資環境は 90 年代終盤に見られた過剰投資と決して似通っていません。

投資家は 2013 年の三尊天井、 FRB による金融引き締め、設備投資の停滞などの度に「不安の壁」を乗り越えており、それを見る度に私たちは(未上場市場のみならず上場市場においても)破壊的イノベーションへの投資が正しい行為であるという確信を深め続けています。

テクノロジーおよび通信バブルは確かに未来を見越していましたが、恐らくは 15 ~ 20 年早すぎたのでしょう。その未来とは今であり、当社の見方が正しければ、その報酬を今後 15 ~ 20 年間受け取ることができるでしょう。

ビットコインの弱気相場を見定める

ビットコインの弱気相場を見定める

ライブチャート

ネット未実現損益(Net Unrealised Profit/Loss ,NUPL)指標は、市場全体の収益性を時価総額に占める割合で示したものだ。NUPLは現在0.325で取引されており、ビットコイン時価総額の32.5%に相当する額が未実現利益として保持されていることを示している。

・過去のサイクルを考えると、このような収益性の低さはベアマーケット(オレンジ色)の初期から中期にかけて見られるように典型的なものである。また、この観測から、2021年5月に弱気相場が始まったと合理的に主張することもできる。

・2013年と2017年の強気相場とは異なり、3-4月と10-11月の高値がつけたATHの間で、ネットワーク内の総収益性は実際低下している。これは、高値でコインが流通し市場全体のコストベースが引き上げられたことで、この指標で弱気なダイバージェンスが生じた結果による。

ライブチャート

・強気相場における急激な調整(青い矢印):これは通常、新たな高値に向けた反転へと続く。
・急激に高値をつけた(Blow-off tops)後の弱気相場の初期段階(ピンクの矢印):これは、市場がパニックに陥り投資家は投げ売りするが、しばしば強い救済的な反発が先行して現れる。
・弱気相場の中期から後期(赤枠):MVRV-Zが0.強気市場とは 85を下回り、収益性が非常に低くセンチメントも低下しており、投資家の損失が継続する時期であることを意味する。

ライブチャート

最近開発されたオンチェーンツールは、Dor Shaharによる活動度による実現価格(Realised-to-Liveliness Ratio,RTLR)で、分母に活動度(Liveliness)を使用して実現価格を修正したものである。これは「保有者のフェアバリュー」モデルと考えることができ、次のように実現価格を増幅または割引するように設計されている:

RTLRがビットコインに対し高いフェアバリューを示す場合は、保有者はコインを蓄積し休眠状態にしている。(フェアバリュー>コストベース)。
RTLRが実現価格に収束している場合は、より多くの保有者のコインが清算、売却されている(フェアバリュー=コストベース)。

強気市場とは ライブチャート

ダメージの評価

ライブチャート

ライブチャート

短期的な痛み. 長期的な利益のために?

ライブチャート

ライブチャート

ライブチャート

最後に、今週の分析の締めくくりとして、1 年以上取引していなかったコインの総量が 10 月以降、顕著に上昇していることを強調する。現在、流通供給量の59.3%以上が1年以上休眠しており、過去3ヶ月で流通供給量の5.8%増加した。

ライブチャート

1月21日の売り相場を調査

製品アップデート

La Remuneración Minera Se Encuentra Bajo Presión

La Remuneración Minera Se Encuentra Bajo Presión

Con el mercado orbitando los mínimos del ciclo 2021-22, la mayoría de inversores tienen pérdidas no realizadas. Además, parece que los mineros están atravesando un bache en lo que respecta a sus rentas, caen los ingresos, al tiempo que crecen sus costes de producción.

Dochody górników poddane próbie

Dochody górników poddane próbie

Zdecydowana większość inwestorów znajduje się obecnie na minusie, ponieważ notowania 強気市場とは Bitcoina znajdują się w okolicach najniższych poziomów cyklu 2021-22. Ponadto, wydaje się, iż górnicy doświadczają pewnej presji ekonomicznej - ich przychody spadają, podczas gdy koszty wydobycia rosną.

Το εισόδημα των εξορυκτών κάτω από πίεση

Το εισόδημα των εξορυκτών κάτω από πίεση

Με την αγορά να διαπραγματεύεται 強気市場とは κοντά στα χαμηλά επίπεδα των τιμών του κύκλου 2021-22, η μεγάλη πλειοψηφία των επενδυτών κατέχει τώρα μη πραγματοποιημένες απώλειες (unrealized 強気市場とは losses). Επιπλέον, φαίνεται πως οι εξορύκτες αντιμετωπίζουν κάποιο εισοδηματικό άγχος.

強気市場とは


皆さんは、相場には『リスクオン』と『リスクオフ』の2種類があることについてご存知でしょうか?

リスクオンとリスクオフとは?

リスクオンとは?

リスクオフとは?

リスクオンとリスクオフは6種類

リスクオン・オフと相場

リスクオンオフと相場関係

相場
上昇局面 調整局面 下落局面
リスクオン リスクオフ リスクオン リスクオフ リスクオン リスクオフ
強気(超強気) 超強気 弱気 強気 超弱気 弱気(超弱気)

リスクオンオフと相場関係のポイント

口座開設

実戦でリスクオンオフを考える

口座開設

【注意事項】
この記事は、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。
また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。 強気市場とは
投資の最終判断は、お客さま自身で行ってくださいますようお願いします。

この記事をシェア

新しい記事

西本豪

起業家/投資家。オーストラリア大手通信事業でのセールス時代にリーマンショックを経験。
『汗水流した給与も為替の影響で一瞬で半額になること』を知り、学生時代から始めたFXの世界へ本格参戦。
短期売買でエントリーしたポジションをスイングや長期ホールド型に伸ばすトレードを得意としています。

【特集】 大谷正之氏【強さ際立つ日本株、2万8000円は通過点か】(2) <相場観特集>

大谷正之氏(証券ジャパン 調査情報部長)

個別銘柄では、Go Toトラベルの再開に向けた動きも期待され、経済再開(リオープン)の流れが強まるなか、エイチ・アイ・エス [東証P]のほかJR東海 [東証P]など電鉄会社、それにラウンドワン [東証P]などの銘柄が注目されそうだ。また、米金利が落ち着けば東京エレクトロン [東証P]など半導体製造装置関連株、中国ロックダウン解除に伴うサプライチェーン回復でトヨタ自動車 [東証P]など自動車関連株も注目できる。加えて、参院選に向けた政策関連では防衛費の増額で三菱重工業 [東証P]やIHI [東証P]、それに新明和工業 [東証P]などが注目できる。

<プロフィール>(おおたに・まさゆき)
1960年生まれ。立正大学文学部卒、83年丸和証券入社、営業を経て96年から現職。日本テクニカルアナリスト協会 検定テクニカルアナリスト(CFTe)、AFP(日本FP協会認定)、(内閣府認証)NPO法人金融証券マーケットフォーラム理事。トレンドの芽をいち早くキャッチすべく、フィールド重視の調査を心がけている。

  • ・雨宮京子氏【強さ際立つ日本株、2万8000円は通過点か】(強気市場とは 1) <相場観特集> (06/06)
  • ・【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─東京市場に育つ大きな3つの柱! (06/05)
  • ・【杉村富生の短期相場観測】 ─独自に、マーケットの「梅雨明け」宣言! (06/05)
  • ・明日の株式相場に向けて=再びの「200日移動平均線物語」 (06/06)
  • ・伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 6月5日版
  • ・【村瀬智一が斬る!深層マーケット】半導体株物色の広がりと経済正常化で浮上.. (06/04)
  • 強気市場とは 強気市場とは
  • ・富田隆弥の【CHART CLUB】 「ショートカバーが出やすい6月」 (06/04)
  • ・訪日客受け入れ再開迫る、需要復活で「翻訳ビジネス」に開花宣言 <株探トップ.. (06/06)
  • ・★本日の【サプライズ決算】速報 (06月06日)
  • ・利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第1弾 33社選出 <成長株特集> (06/05)

株探からのお知らせ

  • 見逃し配信開始! 株探プレミアムセミナー

お気に入りがいっぱいです!
もっと追加するには、有料サービス「株探プレミアム」の登録が必要です。
初めてご登録の方には「30日間の無料体験」実施中!
※無料体験終了後は、毎月の利用料金が発生します。
※過去に「30日間の無料体験」をご利用になった方には無料体験は適用されません。

このアイコン「★」は利用者の皆さまの「お気に入り銘柄」を
登録もしくは削除する機能となっております。
お気に入り銘柄を登録するには、会員登録(無料)が必要です。
無料会員およびプレミアム会員の方はログインが必要です。

  • 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月7日発表分)
  • 明日の株式相場に向けて=「防衛関連」に国策の上昇旋風吹く
  • 武者陵司「コロナ忌明けの夏、日本株の時が来た」
  • 「半導体関連株」リベンジ局面探る、設備投資相次ぎ再飛翔狙う <株探トップ特集>
  • ★本日の【サプライズ決算】速報 (06月07日)
  • 下値抵抗25日線に接近【上昇トレンド】銘柄 26社 強気市場とは <テクニカル特集> 6月7日版
  • 話題株ピックアップ【夕刊】(1):Jパワー、吉野家HD、コスモHD
  • レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (6月7日)

人気ニュース【ベスト5】

  • 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月7日発表分)
  • 明日の株式相場に向けて=「防衛関連」に国策の上昇旋風吹く
  • 「半導体関連株」リベンジ局面探る、設備投資相次ぎ再飛翔狙う <株探トップ特集>
  • レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (6月7日)
  • 話題株ピックアップ【夕刊】(1):Jパワー、吉野家HD、コスモHD

お薦めコラム・特集

  • 「半導体関連株」リベンジ局面探る、設備投資相次ぎ再飛翔狙う <株探トップ特集>
  • 下値抵抗25日線に接近【上昇トレンド】銘柄 26社 強気市場とは <テクニカル特集> 6月7日版
  • 明日の株式相場に向けて=「防衛関連」に国策の上昇旋風吹く
  • 武者陵司「コロナ忌明けの夏、日本株の時が来た」
  • 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (6月7日記)

■関連サイト ※外部リンク

当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。 当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME 強気市場とは Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。

弱気市場とは何ですか、強気市場とは何ですか? - それはどこから来たのか? 各タイプの特徴

この牛はニューヨーク市の歩道に現れましたが、15年12月1989日からボウリンググリーンパークの脇に立っています。 雄牛はアメリカの演劇の首都として知られるブロードウェイに向かいます。 ディモーディカ氏は、牛が前進する準備ができている状態で、すべての障壁を打ち破り、株式市場の加速と強力な発展を象徴していると説明しました。 時間の経過とともに、牛の像はニューヨーク株式市場の発展とともにますます有名になりました。 ウォールストリートファイナンシャルディストリクトを訪れる観光客は、牛と一緒に記念写真を撮りながら牛を訪れるのを忘れていません。

では、「弱気市場」と「強気市場」とは何でしょうか。 それは市場動向に対して何を示し、何を言っていますか? ここでは、これらの用語について学びます。

概念

ブルマーケットとは、上昇傾向にあるマーケットを指します。 これは、株式(株式)の市場価格が着実に上昇していることが特徴です。 市場が「強気」である間、投資家は上昇傾向が続くと信じています。

市場の特徴

1)株式需給:強気市場では、証券の需要は供給よりも高いです。 言い換えれば、多くの投資家が買いたいと思っていますが、売りたいと思っている人はほとんどいません。 その結果、株価が上昇した。 一方、弱気市場では、購入するより販売したいという人が多い。 需要は供給よりも大幅に低く、必然的にCP価格の低下につながります。

3)経済活動の変化:弱気市場は、ほとんどの企業の収益性が高くないときに、しばしば弱い経済と関連しています。 もちろん、この利益の減少は、市場が株式を評価する方法に直接影響します。 強気市場では、逆のことが起こります。

これらの用語はどこから来たのですか?

2)歴史的に、クマの皮の販売の仲介人は、彼らが受け取ったことのない皮を販売しており、現在のところ、彼らはショートセラーでした。株価の下落による利益)。 合意に達した後、顧客にクマの皮が前払いされていることを約束すると、これらのブローカーは近い将来ハンターからのクマの皮の購入価格が低くなると予想します。現在の価格より。 販売が発生した場合、XNUMXつの価格の差から個人的な利益が得られます。 これらの仲介者は「クマ」と呼ばれ、「クマ皮職人」(クマ皮投機家)の略です。 それ以来、この用語は、誰かが市場の下降を望んでいる、または期待していることを示すために広く使用されています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる