ビギナーバイナリーオプション

弱気相場

弱気相場
S&P500は3.5%上昇

弱気相場入り目前からの反発

金利。投資家は、中央銀行に対する積極的な利上げへの圧力が弱まる兆候を注視するだろう。政策金利の予想上昇ペースが鈍化するには、インフレが着実に低下しているという確証が必要となる。4月の米消費者物価指数(CPI)は、市場予想ほどには減速しなかったものの、低下トレンドが視野に入ってきたことを示唆する初期の兆候となった。パンデミック下で急増した商品需要が鈍化するとともに、昨年基準値が低い数字だったことによるベース効果も薄れ、インフレ率は年後半にかけて低下すると予想する。

ポジションインフレ率が低下していると市場が確信するには、より多くのデータが必要となろう。当面は高インフレと利上げ局面でアウトパフォームする傾向にある株式、特にグローバル・エネルギー株、英国およびオーストラリアの株式など、バリュー株のポジションを推奨する。

景気後退(リセッション)。 景気後退を回避できるという確信度の高まりも、リスク許容度を引き上げる要因となるだろう。だが、最近の経済指標はまちまち、または悪化しており、米国経済は2022年1–3月期、英国経済は3月にマイナス成長となった。エネルギーや食品価格の上昇を受けて消費者が財布の紐を引き締めるとみられることから、足元の高いインフレ水準もまた、企業利益や消費支出に対する懸念につながっている。

ポジション今後12カ月、米国は景気後退を回避し、2022年および2023年も企業業績は引き続き伸びるというのが我々の基本シナリオだ。しかし、こうした明るい見通しを確信するには、消費者信頼感、小売売上高、製造業およびサービス業景況指数を見極めなければならないだろう。

リスク。リスクの低下、特にロシアによるウクライナ侵攻や中国のロックダウンにかかるリスクの低下も、不安を和らげる一助となるだろう。中国の厳格なゼロコロナ政策が機能しているか、あるいは、新型コロナの抑制策をより緩やかな措置に切り変えるかのいずれかの兆候が見られれば、世界の経済成長とサプライチェーンに対する懸念を和らげる公算が大きい。我々は、追加景気刺激策が打ち出されると予想している。中国人民銀行は15日、初めて住宅を購入する人向けに住宅ローン金利を引き下げると発表した。同じく、ウクライナでの停戦に向けた進展や、北大西洋条約機構(NATO)とロシアの間の段階的な緊張緩和があれば、これもまたボラティリティを下げる可能性がある。とは言え、最近のフィンランドのNATO加盟申請というニュースにより、当面は高い緊張状態が続くだろう。

ポジションコモディティにエクスポージャーを取ることで、投資家は地政学的リスクを一部抑えることができると考える。ウクライナ情勢が一段と激化すれば、コモディティ価格も同時に急騰するだろう。 また、米ドルに対する強気の見通しを維持する。安全資産への逃避もあり、短期的に一段と強含む可能性がある。米ドルはここまで急速に値を上げてきており、この状況が続く場合、特にユーロと人民元に引き続き逆風が吹く場合には、ユーロ/米ドルが1ユーロ=1米ドルのパリティを試すこともあるだろう。

本稿は、UBS AGが作成した“CIO Alert: Back from the bear market brink” (2022年5月15日付)を翻訳・編集した日本語版として2022年5月16日付でリリースしたものです。本レポートの末尾に掲載されている「免責事項と開示事項」は大変重要ですので是非ご覧ください。過去の実績は将来の運用成果等の指標とはなりません。本レポートに記載されている市場価格は、各主要取引所の終値に基づいています。これは本レポート中の全ての図表にも適用されます。

弱気相場 英語 意味 - 英語訳

that is associated with the end of bull markets and subsequent equity bear markets/economic recessions.

While half the S&P 500 sits in a bear market and groups like banks and transports tumble day after day

for anyone who does not buy at the market's peak and sell at the trough losses tend to be less than 20%.”.

Marked a very significant year not only in the history of Bitcoin's bear markets but in the history of Bitcoin as a whole.

Marked a 弱気相場 very significant year not only in the history of Bitcoin's bear markets but in the history of Bitcoin as a whole.

This is in contrast to the year 2018 when the bears wiped out 73% of the Bitcoin market capitalization and price.

日本語 - 英語

英語 - 日本語

and required to achieve the purposes illustrated in the cookie policy. If you want to know more or withdraw your consent to all or some of the cookies, please refer to the cookie policy .
By closing this banner, scrolling this page, clicking a link or continuing to browse otherwise, you agree to the use of cookies.

Opt-Out of the sale of personal information
We won't sell your personal information to inform the ads you see. You may still see interest-based ads if your information is sold by other companies or was sold previously. Opt-Out Dismiss

FRBウォッチ:FRBがインフレの抑制を図る中、弱気相場入りが迫る

☆ テクニカル分析 ☆ 日経平均 下値を試す動きになりそうだ。目先的な過熱感を冷ますということで25日移動平均線や基準線で下げ止まるのかどうかが注目される。 ☆ 相場雑感 ☆ .

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。 論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。 否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意: スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語での コメントのみ許されています。

弱気相場 弱気相場
日経平均株価27,279.80-89.63-0.33%
日経225先物 (F)27,260.0-140.0-0.51%
韓国総合株価指数2,685.90+16.24+0.61%
NYダウ33,212.96+575.77+1.76%
独DAX14,575.98+113.79+0.79%
S&P/ASX 2007,211.20-75.40-1.03%
米ドル指数101.760+0.455+0.45%
弱気相場
1,857.20-0.10-0.01%
原油 WTI119.05+1.87+1.60%
21.905-0.065-0.30%
米国綿花2番140.63+1.43+1.03%
排出権83.75-0.22-0.弱気相場 26%
米国シカゴコーン772.40-3.60-0.46%
米国コーヒー228.65+2.05+0.90%
ドル/円128.05+0.51+0.40%
ドル/ウォン1,弱気相場 238.63+2.27+0.18%
ユーロ/ドル1.0736-0.0041-0.38%
ユーロ/円137.45-0.01-0.01%
トルコリラ/円7.8130+0.0309+0.40%
豪ドル/円91.93+0.14+0.16%
ポンド/円161.32-0.04-0.02%
大塚ホールディングス4,289.0-88.0-2.01%
ソフトバンクグループ5,379.0+21.0+0.39%
トヨタ自動車2,122.5-4.0-0.19%
三菱UFJフィナンシャル・グループ729.7-8.6-1.弱気相場 16%
ブイ・テクノロジー2,913.0-2.0-0.07%
東芝5,弱気相場 770.0-58.0-1.00%
みずほフィナンシャルグループ1,519.0-12.0-0.78%

ドル安、リスク心理の高まりで月初めの下落に転じる

EU首脳、ロシア産石油禁輸で合意 年内に9割対象

インフレ「大幅」低下まで50bp利上げ支持=ウォラーFRB理事

ロシアに到達可能な長距離砲、ウクライナに供与せず=バイデン氏

今週のマーケットにおける注目点トップ5

ダウンロードするApp store

リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。 上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。

終わりのない弱気相場はない

S&P500は3.5%上昇

昨晩の相場でS&P500は 2,750まで上昇し、 2月19日 の史上最高値3,386からマイナス20%のラインである2,709を超えました。

いい感じにV字回復中

(中略)当然のことながら、弱気相場は投資につきものですが、10年近く強気相場が続いたあとでは、この事実を忘れがちです。投資に関して見失いがちなもう一つの事実は、弱気相場には終わりが来るということ、そしてチャートが示すように、弱気相場を耐え忍んだ投資家は、その忍耐強さが報われてきたということです。

荒れた相場を乗り切る秘訣は、市場が変動するのは正常なことであり、チャートが示すように、長期的に見ればそれほど重要ではないと理解することです。

2000年から2018年にかけて、S&P 500インデックスは、複利ベースで年率4.86%のリターンを実現しました。しかし同期間中で最もリターンの高かった10日間を除くと、S&P 500インデックスの年複利リターンはわずか1.10%です最もリターンの高かった25日間を除けば、年複利リターンは-2.43%になります。投資を継続することは重要です。なぜなら下落局面が過ぎれば、市場の「良き」日々がそう長く待たずして訪れるかもしれないからです。市場の最高値と最安値は得てして判断が難しく、市場のタイミングを図って行う短期売買が成功するというのが誤った通説とされるのは、こうした理由によります。

6件のコメント

「そうさ、たとえわれ死の影の谷を歩むとも恐れまじ。
なぜならおれはその谷のど畜生野郎なのだからよ。」
ベトナム戦争でアメリカ兵がジッポーに刻んだ言葉。
開高健 訳

旧約聖書詩篇23章第4節(改)
Yea though I walk through the valley of the shadow of death, I will fear no evil for I am the evilest son of a bitch in the valley.

REITのETFですがSRETはいかがですか?
直近高値からマイナス70%までいって、少し戻ってマイナス50%くらい。
減配しなければ配当利回り15%超という魅力もあります。
価格が戻らなくても再投資で5年で元が取れる…。
机上の空論て楽しいですよね。

返信を残す コメントをキャンセル

プロフィール

資本主義の奴隷による全力米国株投資の記録。
2018年1月から米国株投資を開始。2018年2月〜6月で貯金を全て米国株にぶち込む。
全財産を米国株に突っ込んでいるが給料は全て消費に使い切る生活をしているので新規買い付けはできない。
また現金余力ゼロなのでキャッシュが必要になった際は必要なタイミングで必要な金額分躊躇なく持ち株を売ってお金を作るスタイル。

社会人になって必要に迫られ英語修得(現在も学習中)。上司・同僚は英・米・仏・日・豪・印・露・タイetc(入れ替わり激しいので全部は覚えてない。)という国籍入り混じった組織で仕事したり(約5年)、その後米国や英国やカナダ相手の仕事をしたり。TOEICは2013年ごろ900点ぐらいで2019年に受けたら950点だった。仕事中の社内文書、社外文書、email、電話、会話、会議等は50%英語、50%日本語。しかし純ジャパ・留学経験無しなのでネイティブ相手の英語は今でも苦手意識が抜けない。英字新聞やネットメディアの英日翻訳は英語学習にも投資の勉強にも良いと感じている。読者の皆さんが沢山「米国株」ボタンを押してくれるのがブログ更新のモチベーションになっています。
いつもお読み頂きありがとうございます。
Twitterもよろしくお願いします。 弱気相場 弱気相場
Twitterアカウントはこちら

【市況ニュース】クマが私たちに微笑みかけています。弱気相場の投資戦略とは?

リセッション到来を見越しバイオテクノロジー・セクターに注目 | トウシル 楽天証券の投資情報メディア 【簡易要約】 ベアマーケット入り S&P500種指数が今年の高値から-20%を付け、ベアマーケット(弱気相場)入り 引け値ベースではベアマーケット入りを免れてる しかし、リセッション(景気後退)のリスク大 連邦準備制度理事会(FRB)は、インフレ退治のためならハードランディングも辞さない姿勢 ハードランディング時の投資戦略 石油株はダメ タンカーやばら積み船などの株もダメ ITセクターは数年に渡る大相場が終わったばかり(日柄調整が足りない) 食品などのディフェンシブ株は人件費の高騰によるマージ…

ネットで話題

関連ブログ

【米国株】米国株市場は横ばい。S&P500は一時最高値から-20%になり弱気相場へ。ARKの構成比率でテスラがついに1位から陥落!

米国株市場の状況の振り返りと私見をまとめていきたいと思います。 米国株市場はほぼトントンで横ばいとなりました。景気後退懸念から一時株価は大きく下落しましたが引けにかけて上昇して結果としては横ばいとなっていました。 *1 毎日レバナスとレバFANGに積立しグロース株中心に投資をしているサラリーマン投資家のうみひろ(@uminoxhiro)です。現在個別株で一番比率が高い銘柄はパランティア【PLTR】です。 ブログを読みに来てくださってありがとうございます。 昨晩の米国株市場の振り返りを今日も行っていきます。 今回の記事も成績に左右されないで元気にいくわよ そうだね!では、まずは結論からまとめてい…

【米国株】反発が期待されるも3指数とも続落。S&P500は弱気相場入り目前に迫る。アップルがAR・VRセットを発売か!?

米国株市場の状況の振り返りと私見をまとめていきたいと思います。 反発が期待された米国株市場ですが、続落しS&P500は弱気相場入り目前まで迫っています。 *1 毎日レバナスとレバFANGに積立しグロース株中心に投資をしているサラリーマン投資家のうみひろ(@uminoxhiro)です。現在個別株で一番比率が高い銘柄はパランティア【PLTR】です。 ブログを読みに来てくださってありがとうございます。 昨晩の米国株市場の振り返りを今日も行っていきます。 今回の記事も成績に左右されないで元気にいくわよ そうだね!では、まずは結論からまとめていきます。 【今日の結論】チェックポイント チェックポイント【…

オニールの成長株発掘法~第9章②~M(Market Direction=株式市場の方向)ー見極め方

CAN-SLIMによって、 大化け銘柄が持つ7つの主な特徴を、 7文字のアルファベットで表します。 本日は「M-株式市場の方向」の続きです。今が強気相場か弱気相場か。 それを見分ける方法を 複数回に分けて取り扱います。今回は弱気相場での立ち回りと全力長期投資のリスクです。 株価が下がるとわかっているなら、 取るべき行動は売りですね。

オニールの成長株発掘法~第9章①~M(Market Direction=株式市場の方向)ー見極め方

CAN-SLIMによって、 大化け銘柄が持つ7つの主な特徴を、 7文字のアルファベットで表します。 本日は「M-株式市場の方向」です。今が強気相場か弱気相場か。 それを見分ける方法を複数回に分けてqこの章では取り扱います。株式投資関連の書籍でも ここまで具体的に示しているのは 珍しいのではないでしょうか。 必見の内容となっていますよ。

弱気相場は株の安売りセール(^。^)

株の配当金で生活を豊かにするために活動しているド素人投資家なつかしのせんちゃんです。 今年に入ってから投資関連の話題でネガティブなものが多いですね。 自分の株の価値も今年になってから徐々に下がってきています(゚o゚;; みなさんこんばんは! 今年は弱気相場が続いてますね。 僕の保有株もだんだん価値を下げていってまして、悲しい気分になります。 しかし、今はチャンスでもあります。 弱気相場 このチャンスに現金がない私は、ポイント投資をするしかありません。 にほんブログ村 👆応援よろしくお願いします! 弱気相場で聴こえてくる声 今年に入ってからはニュースやネットなどで株式投資の情報を入れようとすると 〇〇で損…

【米国株】全面安の続落、ウクライナは非常事態宣言。S&P500は調整相場、NASDAQは弱気相場へ。パロアルトネットワークスが決算で上昇。

米国株市場の状況の振り返りと私見をまとめていきたいと思います。 全面安の続落となっており、ウクライナ情勢の影響を受けてリスクオフの動きが継続しています。 全面安の続落、ウクライナは非常事態宣言。 S&P500は調整相場、NASDAQは弱気相場へ。 パロアルトネットワークスが決算で上昇。 *1 毎日レバナスとレバFANGに積立しグロース株中心に投資をしているサラリーマン投資家のうみひろ(@uminoxhiro)です。現在個別株で一番比率が高い銘柄はパランティア【PLTR】です。 ブログを読みに来てくださってありがとうございます。 昨晩の米国株市場の振り返りを今日も行っていきます。 今回の記事も成…

【インデックス投資】弱気相場を乗り切るための3つの方法

コロナショック後の株高をきっかけに、つみたてNISA制度などを活用してインデックス投資を始めた方も少なくないでしょう。 つみたてNISAで運用を始めた途端に大きな下落を経験し、びっくりしている方もいるかもしれません。 弱気相場 アメリカなど欧米諸国の金融緩和政策の終了を契機に今後も世界株式市場は弱気相場が続く可能性もあります。 インデックス投資家は、弱気相場の時はどのように対処したらいいのでしょうか? 今回は、不安定な相場の際にインデックス投資家が気を付けるべき下記ポイントについてまとめました。 周りの声に左右されない 弱気相場の際に絶対にやってはいけない2つのこと 相場下落時に追加で資金を投入する イ…

株式にレバレッジをかけることは予期せぬ弱気相場を作る要因になる

株式相場の下落 レバレッジについて レバレッジをかけた状態の10%の下落は弱気相場 YOHの考え 株式相場の下落 現在、米国を中心として株式相場の下落が続いています。 ・終わりの見えない新型コロナウイルス ・原油高(日本国内は政府介入済) ・金利上昇 ・インフレ(日本は賃金が上がらず物価上昇のスタグフレーション懸念) このようなことが主な理由とされています。 ・Nasdaq総合指数 マイナス12% ・S&P500 マイナス7.3% ・日経平均 マイナス10% 2022年の年はじめからみると、各指数はこれだけの下落をしています。今の状況では、資産を増やしている投資家は非常に稀で、多くの投資家は資…

株価下落局面で必要なものは数字・過去のデータと現金

米国市場の下落 暴落時に抑えておくべき数字とデータ 20年以上投資期間を取れば損はしない 弱気相場で最高下落は60% 株式は200年で60万倍に成長している YOHの考え 米国市場の下落 1月中旬から米国株の下落が続いています。新型コロナウイルスが蔓延をはじめた2年前以来で最も低下しており、個別株単位で見てもネットフリックスやズームなどのハイテク関連株が売り込まれています。 ・Nasdaq100 ・S&P500 ・ダウ工業30種 これらの指数は軒並み5~10%ほどの下落をしています。こんな時は長期投資を前提としていても心穏やかでいられない方は少なくないですね。 そんな時に冷静な判断をするために…

米国株関連ニュース【投資って鈍感な方がうまくいくよね】

大荒れの米株相場、どう乗り切るべきか? ――筆者のジェイソン・ツヴァイクはWSJパーソナル・ファイナンス担当コラムニスト 冷静を保ち、普段通りの生活を続けよ。 個人投資家の多くにとって、これは単なるミーム(はやりネタ)、あるいはTシャツに書かれたメッセージにとどまらない。むしろ、生き方そのものになっている。 今年に入って米国株は14%余り、米国債が総合的に約9%の下げになっている状況で、筆者はこのほどアマ投資家に足元の相場下落にどう対処しているか質問してみた。 ウォール街のプロは個人投資家について、認識の甘い、非現実的な楽観論者の集まりで、株高局面で買われている銘柄を追い、不吉な兆候が表れると…

米国ETF2022年6月配当金の権利落日と支払日 ~VTI、SPDR、HDV、VYM、VIG、QQQ、VT~

↓今なら、過去の推奨銘柄や解説動画を、無料プレゼント中! ↓レバレッジを生かした合理的な資産形成は、不動産投資で!今なら1回面談するだけで、2万円分のAmazonギフト券を進呈! ↓新規ドメイン、ドメイン移管料金、キャンペーン中! ↓自己資金なしで株式投資を始めるならLINE証券!今なら口座開設で3000円分の株プレゼント! 目次 1.米国ETFの基本情報と過去の配当実績 2.2022年配当金の権利落日と支払日 3.まとめ こんにちは!デベリーマン投資家のSAMです。 私は、人生の選択肢の多様化のため、お金の勉強をして資産形成をしている、都内の不動産デベロッパー勤務の20代サラリーマンです。4…

【5月23〜27日・米国株1週間】

目次 概要 1.主要指数の動き: 2.S&P500のチャート: 3.主要指数の予想PER: 4.弱気相場 米国10年債利回り: 5.市場が見る政策金利予想 6.FRBの動き: 7.経済指標: 8.米国家計の債務返済比率:歴史的にはまだ低いが、じわじわと上昇傾向 9.今後の企業EPS:企業業績は強いが、見通しはやや懸念 10.まとめ:今後の米国経済と株式市場とVTI

Weekly Market Summary: 2022/5/27

5/23-5/27: 米株式市場は、9月以降利上げペース緩和観測に加え、各種経済指標からインフレ鈍化の兆候が鮮明化し、センチメント改善から大幅高。主要決算発表一巡し、当面の市場最大の関心はインフレ動向に。 米株は、長期下落相場での短期上昇となり、S&P500とナスダックは8週連続安を免れた。対照的に、日本を含むアジア株はほぼ横這い。ボラティリティは、HVが高止まる中で、IVが急低下し、オプション買いの妙味が増加。とは言え、VIX先物は水準的にはまだ高い状態が続く。 米国債は小動き。FXは、実質金利のピークアウトに合わせて米ドルも軟化。利下げ効果なく、ルーブルの上昇止まらず。仮想通貨は、テラ崩壊…

【5月第4週日経平均振り返り】

【5月第4週日経平均振り返り】 5月27日金曜 日経平均343円高スタート NYダウ5日続伸 米国株式市場は好調な戻りです、NYダウは516ドル高と大幅に上昇し、5日続伸です。ナスダック市場は305ポイント高、S&P市場は79ポイント高です 日経平均は4日ぶりに大幅上昇、343円高で始まって9時30分現在も寄り付き段階と同じく好調な動きです。日本郵船が3分割を発表、人気化しています。 5月26日木曜 日経平均反発して始まる NYダウ4日続伸 米国株式市場は反発が続いています。NYダウは191ドル高と4日続伸、ナスダック市場は170ポイント高、S&P市場は37ポイント高となっています 日経平均は…

【投資成績+4.90%】5月のラストスパートでハイテク関連大幅上昇!底打ち?【私の金融資産の推移と注目セクターの様子】

この記事では前日の株式市場の結果から私個人のポートフォリオの資産の推移の変化と注目セクターの個別銘柄の様子についてお伝えしていく記事になります。 米国株市場全体の状況やニュース、注目株、決算状況についてはデイリー記事にてご紹介していますので合わせて御覧ください。 米国株市場全体の状況やニュース、注目株、決算状況についてはこちらから 目次のリンクをクリックで気になるセクターにジャンプできるわよ 2022年5月27日の米国株市場全体(S&P500ヒートマップ) 米国債 主要指数 週間&半年バブルチャート 大型&小型株とグロースとバリュー株 私の金融資産の推移 昨日のトレード記録 個別銘柄の売買 投…

【今週の騰落率】2022年5月23日から5月27日|下げ一服、トルコは金融政策失敗を認めるべき

勉強のために、今週の騰落率と市況についてまとめます。 スポット購入の参考になれば幸いです。 騰落率は週足で見てます※コメントは個人の見解ですのでご注意ください (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push(弱気相場 <>); 今週の重要指標とイベント NZ政策金利 トルコ政策金利 来週の注目指標 今週の主要株価指数の騰落率 日本の株式指数 アメリカの株価指数 先進国の株価指数 新興国の株価指数 その他指数と銘柄 米国債券利回り コモディティ(商品) 仮想通貨 ハイイールド債(ジャンク債) まとめ 今週の重要指標とイベント 弱気相場 NZ政策金利 ※数値は、前回、予想、…

27日海外市況

NYダウ 33,212.96 +575.77 S&P500 4,158.24 +100.40 ナスダック総合 12,131.13 +390.48 CME225先物 27,140 +330 ※好決算を受けた小売株の上昇が続く中、インフレのピークアウト期待が支援材料となった。米連邦準備理事会(FRB)がインフレ指標として注視する4月のコア個人消費支出 (PCE)価格指数は前年比+4.9%と前月分の+5.2%から低下し、米10年債利回りは前日比ほぼ横ばいの2.743%と2.75%を下回って推移した。ダウ平均は575.77ドル高(+1.76%)の33212.96ドルと6日続伸して終了。S&P500とナ…

テスラ先導株となるか

【今日の指数】 米10年債利回り 2.731(ー0.99) DOW +1.61% S&P500 +1.99% NASDAQ +2.68% VIX ー2.33 米国株指数は、反発しましたね。 エヌビディアやテスラもぐんぐん上げてきました。 エヌビディアの決算、それほどでもなかったよう ですが、それでも上げてきているということが、 地合いが変化してきたのか?という向きもあります。 そしてテスラも上げた。この弱気相場の先導株と なりそうな雰囲気ですから、相場が転換したら テスラは買いかもしれません。 期待はしてしまうものの、まだ5月ですから、 過度な期待は禁物です。 乗り遅れるのを心配するよりもリス…

米国株関連ニュース【キャッシュ・イズ・キング】

「現金は王様」で一転 高配当株にマネー殺到 今は何と言っても「現金は王様」の時代だ。ここにきて市場のお気に入りだった自社株買いに積極的な企業よりも、高い配当を提供する企業が選好されており、「キャッシュ第一」の投資家心理を色濃く反映している。 安定した配当支払いを確約する企業にマネーが殺到する背景には、米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げと株式市場の低迷を受けて、手元に現金を確保しておきたいとの欲求が高まっていることがある。 ここ10年で最大とも言える不安定な値動きが続く中、投資家は通信大手AT&Tやたばこ大手アルトリアといった銘柄に資金を逃避させている。金利上昇、インフレ高進、成長減速への警…

NYダウ 500ドル超の大幅値上がり 企業業績悪化への懸念和らぐ #nhk_news https://t.co/J1ddQRc7jr— NHKニュース (@nhk_news) 2022年5月26日 26日のニューヨーク株式市場、ダウ平均株価の終値は前日に比べて516ドル91セント高い3万2637ドル19セントでした。ダウ平均株価の値上がりは5営業日連続で、この間の上昇幅は1300ドルを超えました。IT関連銘柄の多いナスダックの株価指数も2.6%の大幅な上昇となりました。この日発表された大手デパートなど一部の小売り企業の決算内容が市場の予想を上回ったことをきっかけに企業業績が悪化することへの懸念…

2歩進んで5歩下がる米国株

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).弱気相場 push(<>); 皆さま、いかがお過ごしですか?目下、年初来安値更新中の米国株です。コロナ後の金融緩和で相場がアゲアゲのときはインスタグラムもそこかしこでつみたてNISAだの、米国株だのの投稿を見なかった日はありませんでしたが、2022年になってからっきし。ターゲティング広告のおかげで最近見なくなっただけなのか・・・?ネットを見ていてもレバナスで大損したとか、金利上昇で住宅ローンの返済がピンチだとか、そういった不安を煽るような、かつ内容は結構いい加減なインチキ記事ばかりが目に入って嫌になってきます。実際、自身も…

5月26日 FOMC議事要旨&エヌビディア決算 日経平均続落

今日の相場 ダウ平均 日経平均 今日の株取引 デイトレ 三菱電機 メルカリ 保有銘柄 今日のFX まとめ 今日の相場 ダウ平均 25日のダウ平均は+191.66ドルの32,120.28ドルでした。 まずは注目のFOMC議事要旨が公開されました。 内容は、6、7月の0.5%の利上げを支持している。 目先の経済より、まずはインフレを抑制することを目標にする。 市場が恐れていたほどタカ派には振れておらず、ネガティブサプライズはありませんでした。 弱気相場 発表前は上下に揉み合ってましたが、議事要旨が発表されてからは、安心感に繋がったのか、一気に上げ幅を拡大。 大引けでは3指数揃って+圏で引けました。 これでダ…

【暴落の歴史】過去のS&P500チャートから学ぶ

ついに米株が弱気相場に突入しそうです。 良い時期だと思うので、過去の暴落についてまとめてみました。 この記事はこんな人におすすめ ●これまでの暴落の歴史を知りたい ●過去の暴落の下落率を知りたい ●今後の予想 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push(<>); 暴落の歴史 暴落時のチャート 最大の暴落 ITバブル崩壊 サブプライムショックとリーマンショック 過去の暴落から分かること 50%以上の暴落があること 元の高値に戻るまでに要する時間は下落期間より長い 3年程度じりじり下げ続けることもある 今後のS&P500のターゲット価格を予想 フィボ…

2022.5.26 モーニングサテライト

5月26日 詳しくはテレ東BIZや各自調べていただけると幸いです。 アメリカ、FOMCの大半の参加者→0.5ポイント連続利上げ適切 ロシア下院議長、サハリン2の出資比率見直しを日本など非友好国を批判 アメリカ耐久財受注、2ヶ月連続増も予報下回る ヨーロッパ委員会、対露制裁逃れを犯罪化へ アメリカ、小学校で銃乱射事件バイデン氏、銃規制の訴え アメリカ、住宅市場が軟調にトールブラザーズ、株価8%↑金利上昇の影響は主に低所得者、高所得者は限定的 アメリカ利上げに障害か?信用スプレッド上昇で波乱もアメリカ信用スプレッドは警戒ライン(1.5%)に接近 為替予想126.75~127.75ポイント、ドルイン…

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる