初心者入門

FX自動売買とは

FX自動売買とは
読者

FXの自動売買とは?仕組みやデメリットを徹底解説!


FXの自動売買とは、買い注文や売り注文だけでなく決済注文まで、文字通りすべて自動で売買をしてくれます。
株でも自動売買が使われていますが、株よりもFXの方が値動きが大きく24時間取引が可能ということで、FXの自動売買は人気です。
FXは、忙しく相場が見られない方でも自動売買のおかげで気軽に始められます。
仕組みとしては、コンピューターのプログラムが特定の条件に沿って注文を出すので、コンピューターが動いている限り24時間休むことなく取引ができます。

FX会社によって提供されている

儲かるかはストラテジー(戦略)が重要!

FXの自動売買はアイネットFXのループイフダンがおすすめ!

FXの自動売買のメリット・デメリット

FXの自動売買のメリット

倒産の可能性がない

24時間取引可能

FXの自動売買のデメリット

追加証拠金が求められる

金利分を払う場合もある

FXの自動売買はインヴァスト証券のトライオートFXがおすすめ!

FXの自動売買の注意したいポイントは?


自動売買はとても便利で、注文や処理を全部行ってくれるのを良いことに放置してしまいがちですが、何もしなさすぎるのも良くありません。
プラスになると思っていたらマイナスになり最悪の場合、強制ロスカットになって大損したりします。
そんなトラブルを起こさないためにも自動売買の注意すべきポイントを紹介します。

証拠金維持率のチェック

1つ目は、証拠金維持率をチェックです。
追証や強制ロスカットは証拠金維持率で判断されます。
どのFX会社も証拠金維持率が100%を切ると追証が発生します。
70%を切ると強制ロスカットと証拠金維持率で判断です。
証拠金維持率はポジションの金額で判断されますから、ポジションが増えるごとに証拠金維持率が下がるだけでなく、ポジションを増やしていなくても、損失が膨らむと証拠金維持率が下がります。
追証が発生しないように資金力にあったストラテジーを選んで、証拠金維持率をチェックして、相場の大きな変動があった場合に備えて、追加入金用の資金を用意しておきましょう。

ストラテジー(戦略)の見直し

ストラテジーが適正かを確認するのも重要です。
自動売買の問題点としてずっと同じ手法で取引をするため、相場が変わると全く勝てなくなる場合があります。
バックテストで長い期間で、問題なく稼げていたとしても、すべてのタイミングで試したことにはならないので、適度にチェックして、違うことがわかったらストラテジーを変更しましょう。

テクニカル分析の勉強

自動売買でもテクニカル分析の勉強が必要です。
自動売買なら自分でタイミングを選ぶ必要が無いので、テクニカル分析などまったくわからなくても問題ないように思えますが、ストラテジーの選択や変更時にテクニカル分析がわからないと、最適な選択ができません。
なので自動売買においても、テクニカル分析などの知識は必要ないと決めつけるのではなく、テクニカル分析を勉強し理解して、少しでも良い取引をしていくことが需要です

FXの自動売買はFXブロードネットがトラッキングトレードおすすめ!

FXの自動売買のツール(アプリ)を選ぶポイントは?

取引手数料

まずは、手数料などのコストについてです。
自動売買といえば、昔はシステムのプログラムソフトを購入したり、ストラテジーのソフトを購入したりとそれなりのコストがかかるものでした。
ですが、今ではFX会社のサービスが充実していて、自動売買のシステムはすべてFX会社が管理していて無料で使えます。
さらに、ストラテジーの種類も増えて選択の幅が広く使えます。 FX自動売買とは
しかし、無料で自動売買を始められるようになったとはいえ、意外とコストがかかっている場合があります。
FX会社によっては、システム利用時には売買にシステム手数料を上乗せしているところもあります。同じストラテジーが使えるなら少しでも手数料やスプレッドの狭いFX会社を選んだ方が良いので、そういう面のチェックが必要です。

システムトラブル

2つ目は、システムトラブルが無いFX会社を選ぶことです。
FX会社によっては相場の急変時にサーバーが飛んで、システムトラブルで注文を受け付けなくなる会社もあります。
ポジションを持っている場合、システム回復後にはレートが大幅に変動していて、大損になるという事態にもなりかねませんので、システムトラブルに強いFX会社を選ぶ必要もあります。

使いやすさ

最後は、操作がしやすいかです。
自動売買の設定も単純だと良いののですが、ストラテジーを自由に選択できたり自分で選択する場合はどうしても操作が複雑になってきます。
パソコンからは操作しやすいけど、スマホアプリは使いにくいので作業効率が下がるというようなことは、取引のチャンスを逃してしまうことにも繋がります。
なので、少しでも自分が使いやすい自動売買ツールを選びましょう。

FXの自動売買はFXブロードネットがトラッキングトレードおすすめ!

FXの自動売買を理解してツール(アプリ)を選ぼう!


自動売買のことを理解できたら、早速始めてみましょう。
まずは自動売買を始めるにあたって、どんなストラテジーで取引するかを決めて、できるだけ自分の望むものに近いストラテジーを提供しているFX会社を見つけましょう。
この記事を参考に、FXの自動売買ツールを選んでみてください。

【8社比較】FX自動売買とは?おすすめのツール比較ランキング!

FXおすすめ自動売買ツールランキング

2017年1月1日~2021年4月30日の期間に設定されたすべてのiサイクル2取引における調査結果

1万円コースでは89.63%の利益、miniコースでは88.41%という結果から どのコースでも安心して利益を狙えることがわかります。

相場の動きを自動追従してくれるiサイクル2取引なら、想定変動幅がトレンドの影響で外れても自動で想定変動幅をずらすので継続的に自動売買ができます。

元手100,000円から始めて、1ヶ月で106,500円まで増やすことができました。

1ヶ月で6500円の利益なので、月利で表すと6.5%にもなります。

FX自動売買ランキング

他にも外為オンラインの公式Youtubeチャンネルでも実績について詳しく解説されています。

現在では新規口座開設をすると90日間取引手数料が無料になるのでさらに利益を狙いやすくなっています。

この機会に是非公式サイトにアクセスをしてFX自動売買を始めてみましょう。

iサイクル2取引(注文)は儲かる?評判・口コミを徹底解説 FX自動売買には様々な種類のツールがあるので、自動売買に挑戦したいと思ったときにはどれを使ったら良いのかで迷ってしまうでしょう。 この記事ではよく注目されていて…

おすすめ③みんなのシストレ

みんなのシストレ トップページ
実績(収益率)収益率611.10% ※
スマホ対応
手数料片道0円
少額取引4,000円〜
通貨ペア29種類
スプレッド0.2銭 米ドル/円
詳細みんなのシストレ公式ページ
ZAR/JPY みんなのリピート注文_買 FX自動売買とは 1lotあたり収益率(1年間)

みんなのFXのみんなのシストレがランキング3位です。

みんなのFXで実際にFXトレードをしている方のデータを元に24時間自動売買を行うサービスになります。

合計損益や取引回数に応じてランキング形式でストラテジーが発表されており、そのランキングの中からトレーダーを選ぶだけでシステムトレードを開始することができます。

  • トレーダーが作成したストラテジーを現状の実績から選べる。
  • リピート型も選択型もあって通貨ペアの候補も多いので本格的に取引をしたい人におすすめ。

\ 約5分で申し込み完了! /

【AI搭載?】みんなのシストレの評判・口コミは?メリット4つとデメリット2つ 「みんなのシストレ」は、トレイダース証券が提供するFX自動売買サービスです。 最小1,000通貨から取引ができ、取引ツールも使いやすいのでFX初心者を中心に人気を集め…

おすすめ④トラッキングトレード

トラッキングトレード
実績(収益率)収益率85.2% ※
スマホ対応
手数料片道20円
少額取引4,000円〜
通貨ペア24種類
スプレッド0.2銭 米ドル/円
詳細FXブロードネット公式ページ
※本番口座において2014年10月15日から2021年10月31日までに設定されたトラッキングトレードの設定毎の利益実績(利益になった設定数を利益になった設定数と損失になった設定数の合計で除した割合)

FXブロードネットのトラッキングトレードが自動売買ランキング4位としておすすめです。

リピート型で実績が高いのが優れているポイントです。

\ 最大2万円キャッシュバック /

【実績公開】トラッキングトレードの評判・口コミを徹底解説! FX自動売買ツールを比較しているとトラッキングトレードに興味を持つ方も多いでしょう。 トラッキングトレードは為替相場の細かな値動きに着目するリピート型の注文方法…

おすすめ⑤ループイフダン

ループイフダン 公式
実績(収益率)収益率平均73.98% ※
スマホ対応
手数料片道0円
少額取引4,000円〜
通貨ペア20種類
スプレッド2.0銭 米ドル/円
詳細アイネット証券公式サイト
※(2021年9月末実績)ルーブイフタン口座で運用中の利用者を対象にした平均値

アイネット証券のループイフダンは自動売買ランキングの第5位です。 FX自動売買とは

リピート型で安定した利益を出せる仕組みが整っているため、初心者からの人気が高いのが特徴です。

タイアップキャンペーン

また現在は、新規口座開設+10Lot以上の取引でAmazonギフト券3,000円分が貰えるお得なタイアップキャンペーンも開催しております。

  • 収益率が高めなのに手数料無料でスプレッドも狭いから稼ぎやすい。
  • 初心者率66%でも実績があって安心感があるのが魅力。

\当サイト限定キャンペーン開催中 /

【儲かる?】ループイフダンの評判・口コミを徹底調査!始め方や設定の注意点も FXを始めたいけど、「知識がなくて不安」「お仕事が忙しくてなかなかトレード出来ない」といった方は多い傾向にあります。 そんな方には、アイネット証券の提供するルー…

おすすめ⑥ちょいトレFX

FXプライム ちょいトレFX 公式画像
実績(収益率)
スマホ対応
手数料片道0円
少額取引4,000円〜
通貨ペア14種類
スプレッド0.3銭
※FXプライムbyGMOは現在、スプレッド原則固定を休止しています。
詳細FXプライムbyGMO公式ページ

FXプライムbyGMOのちょいトレFXがおすすめランキングの6位です。

ストラテジーの作成や修正をしやすいツールに仕上がっている点で定評があります。

\ 当サイト限定プログラム開催中/

ちょいトレFXの評判・口コミを紹介!デメリットも徹底解説 FXに興味はあるけれど、なんだか難しそうだと思っている人もいるでしょう。 やってみたいけれどいきなりまとまった額を入金するのは不安もありますよね。 ちょいトレFX…

おすすめ⑦トラリピ

トラリピ
実績(収益率)収益率152% ※
スマホ対応
手数料片道0円
少額取引4,000円〜
通貨ペア16種類
スプレッド3.4銭 米ドル/円
詳細マネースクエア公式ページ
※ユーロ/英ポンドで資金200万円での利益率、本取引ではなくバックテストの結果

マネースクエアのトラリピが自動売買ランキング7位です。

両建てに相当するハーフ&ハーフも選べるのでリスクを下げやすいでしょう。

  • ハーフ&ハーフによるリスクの低い自動売買が取り入れられている。
  • 高い収益率が示されているのは長期間のバックテストだけ。

今話題のトラリピの評判・口コミとは?|儲かる仕組みやデメリットも徹底解説 「トラリピ」は、マネースクエアが提供するFX自動売買ツールです。 レートが上下しそうな範囲を予想するだけで自動的に売買を繰り返してくれるので、時間や手間をかけず…

おすすめ⑧QUOREA

実績(収益率)収益率平均39.26% ※
スマホ対応
手数料片道20円
少額取引4,000円〜
通貨ペア11種類
スプレッド
詳細QUOREA公式ページ
※2020年12月の1ヶ月間における全体の自動売買ユーザーの実損益から算出

QUOREAがランキングの8位です。

AIを取り入れて自動売買をするシステムを作り上げているのが特色です。

  • AIを活用したロボットによる運用で短期間でも利益を上げやすい。
  • 通貨ペアの種類が少ないので相場の状況によっては稼ぎにくい。

QUOREA(クオレア)FXの評判・口コミを徹底調査!AIを使った自動売買? QUOREA(クオレア)は、AIを活用した自動売買が特徴の投資プラットフォームです。 初めてFXや仮想通貨取引を行う方にも使いやすいと人気を集めています。 しかし「本当に…

FX自動売買ツールの比較ポイント

FX自動売買ツールを使ってトレードをしていきたいなら 比較して魅力的なツールを選び出すのが大切です。

実績の比較は、これからFX自動売買ツールを利用するに当たって非常に重要なポイントです。

どのような実績があり、その理由を知ることで自分に合った自動売買ツールを探すことができます。

例えば、外為オンラインの「iサイクル2」の公式ページを見ると以下のような実績が分かります。

ここで注意しないといけないのは公式HPの実績は一番都合の良い数字を出している可能性が高いということです。

実績を出している自動売買ツールはTwitterやブログなどで収益結果を報告している方がいるので、他の方の実績を確認しておくことをおすすめします。

Twitter

実際に、当サイト編集部でも外為オンラインのiサイクル2取引を、元手10万円で運用してみました。

元手100,000円から始めて、1ヶ月で106,500円まで増やすことができました。

1ヶ月で6500円の利益なので、パーセンテージで表すと6.5%/月にもなります。

インデックス投資の月利が0.8%/月くらいなので、非常に高い数値で推移している状況です。

売買の設定をしたら基本的に放置で運用できますので、とても簡単に始めることができました。

特に、これからFXを始めていきたいと考えている人には、ぜひおすすめしたいサービスです!

FX自動売買とは 【9社比較】FX自動売買とは?おすすめツールを厳選ランキング!

比較②手数料

自動売買ツールの利用には手数料がかかる場合があるので比較しておくのが大切です。

FXの実質的な手数料として知られているのはスプレッドです。

マイメイト 片道20円
iサイクル2取引片道20円(90日間無料)
ループイフダン片道0円
トラッキングトレード片道20円
ちょいトレFX片道1円
トラリピ片道0円
QUOREA月間総取引高の
0.05%

手数料がかかってもそれ以上の収益率になれば稼げるので総合的に考えるのが肝心です。

比較③使いやすさ

ツールは使いやすいことが肝心なので、インターフェースや操作性を比較検討しましょう。

パソコンで自動売買ツールを使うなら、インストール不要でブラウザで動作すると快適です。

また、 スマホに対応しているといつでもどこでもツールを使えるので便利です。

比較④少額取引

FX自動売買ツールを選ぶときには少額取引が可能であるかを比較するのもポイントです。

少額取引でないと資金的な要求が大きくなりがちなので、少額取引可能なツールは魅力的です。 FX自動売買とは

マイメイト 4,000円〜
iサイクル2取引4,FX自動売買とは 000円〜
みんなのシストレ5,000円〜
ループイフダン4,000円〜
トラッキングトレード4,000円〜
ちょいトレFX4,000円〜
トラリピ4,000円〜
QUOREA10万円程度を推奨

比較⑤通貨ペア

ツールが対応している通貨ペアについても見ておいた方が良いでしょう。

単純に考えれば多い方が選択肢が豊富なので、稼ぎやすいシステムを構築してトレードできると言えます。

ただ、数が多すぎても選択肢が多すぎて条件を考えるのが難しくなりがちです。

主要通貨ペアを中心として最低限の通貨ペアに対応していることを重視して選ぶのが適切です。

マイメイト 17種類
iサイクル2取引26種類
みんなのシストレ29種類
ループイフダン20種類
トラッキングトレード24種類
ちょいトレFX14種類
トラリピ1種類
QUOREA11種類

比較⑥自動売買ツールの種類

自動売買ツールには種類がある点にも注意して選ぶのが肝心です。

選択型の実績が優れているツールならすぐに始められるのが魅力的です。

iサイクル2取引リピート型
選択型
設定型
マイメイトリピート型
選択型
設定型
みんなのシストレ選択型
リピート型
ループイフダンリピート型
トラッキングトレードリピート型
ちょいトレFX選択型
設定型
トラリピリピート型
QUOREA選択型

FX自動売買のメリット

なぜ魅力として着目されているのかを確認しておきましょう。

24時間自動取引が可能

FXでは平日は為替市場が24時間動いているので取引できます。

自分から注文を出そうとすると、起きている時間かつ仕事などをしていない時にしか取引できません。

寝ている時間や仕事・家事をしている時間にも為替レートは刻々と変化していきますが、そうした変化に逐一対応するにはチャートに張り付いている必要があります。

FXの自動売買ツールを使用することで、24時間自動で取引を実行してくれるため、放置しておくことも可能です。

チャンスを逃すことがないため、自動売買をすれば大きな利益につなげられると期待できます。

FX初心者でも使いやすい

自動売買ツールは、 FX初心者でも使いやすくて稼げる可能性を秘めているのがメリットです。

さらに今現在では、 InvestNaviから新規口座開設していただいた方限定で53,000円キャッシュバックキャンペーン実施中 FX自動売買とは です。

\当サイト限定キャンペーン実施中/

専門的な知識がなくてもできる

しかし、高度な専門知識がなくても、選択型の自動売買ツールなら戦略の概要を理解して選ぶだけで取引が可能です。

マイメイトでは、 以下のように自動売買プログラムの組み合わせを収益率のランキングから選択するだけです。

トライオートFX 自動売買選択

設定型の場合にも使いやすいインターフェースが整っているので、条件を決めるための最低限の知識があれば自動売買をおこなえます。

感情に左右されない

自動売買によるシステムトレードは、プログラムに任せて自動的にトレードをします。

そのため、 感情に左右されないのがメリットです。

感情の浮き沈みが激しい人にとっては大損のリスクを減らすのに有効な取引方法でしょう。

話題のAIトレード!

FX自動売買のデメリット

自動売買をするデメリットも理解しておきましょう。

急激な変化に対応しにくい

相場が急激に変化したときには対応するのが難しいので注意しましょう。

経済指標の発表や要人発言、金融政策などによって急変が起きたときには想定外の売買結果になるリスクがあります。

トレードスキルが身につきにくい

特に選択型のトレードでは戦略の内容を自分で考えているわけではないため、相場を分析するスキルはあまり身につきません。

リピート型や設定型でも相場の状況を見ながら臨機応変に対応して売買をするわけではないのでトレードスキルは身につきにくいのがデメリットです。

自動売買・自動発注というと、中身のロジックが不明瞭で理解できない数式だらけといった事も多いと思います。しかしオートレールは、トレール注文を一定のルールに則って連続させるだけの、とてもシンプルな自動発注です。
オートレールの基本形となるトレール注文とは、レートの上昇幅、または下落幅に合わせて、損切り注文のレート水準をリアルタイムで自動修正する、FXではポピュラーな注文形態です。リスクをコントロールしながら可能な限り利益を伸ばすことができます。買い注文の場合は、損切り設定(あらかじめ設定したトレール幅)した損切り値幅が、相場の上昇に伴って後を追いながら、トレール幅で自動的に切り上がっていきます。一度切り上がったレート、実勢レートが下がっても連動して下がることはありません。
つまりトレール注文は、損切り注文であると同時に、利益に対しても自動追従しますので、利益確定の注文ともなり得ます。

オートレールの発注方法

  • FX PLUSのブラウザツールにログイン後、上部ナビゲーションの「オートレール」をクリック、「オートレール注文」へと進みます。
  • まず、基本情報を入力します。取引したい通貨ペアを決めた後は、売/買の別、トリガー(新規注文)を仕掛ける方向となる上/下の別を入力します。また、個々のトリガーで共通の注文数量も入力します。売買と方向の別は、「売/下方向」と「買/上方向」のどちらかから選択可能です。選択方法は、取引画面にも表示されていますが、以下の図をご参考にしてください。
  • オートレール固有の設定を行います。
    • FX自動売買とは 基準価格(○○から)…子注文のトリガー(新規注文)を仕掛ける際、起点となるレートです。上の項目で「買/上方向」とした場合においては、現在レートの上方でも下方でも、仕掛けることができます。なお下方に仕掛けた場合は、基準価格に達した時点でオートレール自体がスタンバイ状態に変わるので、直近の実勢レートの下げで買い下がりとなる事はありません。いわば「オートレールの予約」状態となります。前の項目で「売/下方向」とした時も同様で上方にも下方にも基準価格が入りますが、上方と入れた場合、直近の実勢レートの上げで売りあがりとなる事はありません。詳しくは上記の図をご参照ください。
    • - 値幅(○○円(ドル)間隔で)
      子注文のトリガー(新規注文)を設置する間隔を指定します。数値はpips(銭)単位の更に一つ下のケタまで入力可能です。その場合、例えば「25銭」であれば「0.25円」と入力してください。長期トレードには大きい間隔が、短期トレードには小さい間隔が適しています。
    • FX自動売買とは
    • - 設置本数(○本設置し)
      子注文の設置本数を指定します。ひとつの親注文においては、同一タイミングでの最大建玉数と同じです。そのため、この設置本数と、前述の基本情報の注文数量により、必要建玉証拠金が決定されます。なお、ひとつの親注文で、子注文は最大50本まで設置可能です。
    • - トレール幅(○円(ドル)でトレールする)
      子注文のトレール注文における、トレール幅(利食い方向のみに追従する損切り幅)を決定します。全ての子注文に対して、一括での設定となります。(※ トレール注文の説明)
    • - オートレール有効期限
      親注文全般の、有効期限の設定です。設定した期限が訪れると、それ以降の新規の子注文が発注されなくなります。但し既に建玉となっている子注文は、決済注文が約定するまで継続します。なお、無期限も設定可能です。
    • - 損失制限額(ストップロス機能)
      オートレールごとに、そのオートレール自体の損失額に制限、つまりストップロスを入れることが可能です。入力可能金額と、判定金額は、その時々の確定損失と含み損失の合算値となります。設定した金額に達すると、システムが判定し、当該オートレールが自動でキャンセルされます。ただし、当該オートレールによる保有済み建玉は、強制決済されません。

    FXの自動売買(システムトレード)のメリット・デメリットは?自動売買の始め方も

    インヴァスト証券「トライオートFX」

    インヴァスト証券が提供する自動売買「トライオートFX」は、選択型自動売買を採用しています。独自ツールも豊富にあり、中でも「認定ビルダーサービス」は、自動売買の知見の深い有名トレーダーや、トライオートFXで実績のある投資家の方たちが作成したオリジナルのストラテジーを利用することもできます。有名なトレーダーが開発したアルゴリズムを使いたいという方は、トライオートFXを検討されてみるのも良いでしょう。

    6-2.fxブロードネット「トラッキングトレード」

    fxブロードネットの自動売買ツール「トラッキングトレード」

    fxブロードネットが提供する自動売買「トラッキングトレード」は、リピート系注文を採用しており、レンジの中で売買を繰り返すことでこつこつと利益を狙うツールです。他サービスと比べて特徴的な点としては自動損切り機能があることと、トレンド相場でも価格追尾(トラッキング)を行って売買を繰り返していくという点です。

    6-3.アイネット証券「ループイフダン」

    アイネット証券の自動売買ツール「ループイフダン」

    アイネット証券の「ループイフダン」は、「買いタイプ」「売りタイプ」、「損切りあり」「損切りなし」をそれぞれ組み合わせて選択することができ、レンジ相場・トレンド相場の両方で自動売買を繰り返すことができます。口座数は9万超(2020年1月時点)、平均預かり資産は約190万円(2020年1月時点)と多くのアクティブユーザーがいます。

    6-4.マネースクエア「トラリピ」

    マネースクエアの自動売買ツール「トラリピ」

    マネースクエアが提供する自動売買「トラリピ」は、リピート系注文を採用したサービスです。トラリピには、「トラップリピートイフダン」という特許取得の取引注文方法があり、レンジ相場の特性に併せた取引を行ってくれます。また、「ハーフ&ハーフ」や「決済トレール」など、トラリピ独自のサービスも豊富です。

    自動売買のメリット

    • 拘束時間が少なく余裕を持てる
    • 感情を挟まず一定のルールで取引を行える
    • 初心者でも取引しやすくなる

    自動売買のデメリット

    • 裁定取引よりも実質手数料が高い
    • 相場の変化を見極めなければならない
    • 自動売買アルゴリズムなどにより運用成績が大きく左右される

    HEDGE GUIDE 編集部 FXチーム

    HEDGE GUIDE 編集部 FXチームは、FXに関する知識が豊富なメンバーがFXの基礎知識から取引のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」

    FXは少額資金で始められる!初心者におすすめのFX会社8選も紹介

    読者

    • FXを始めたけど時間がないし、売買の判断が難しいから自動売買ツールを使ってみたい
    • FXの自動売買ツールは稼げるの?なんか怪しくない?
    • FXの自動売買とは何か開設
    • 自動売買のメリット・デメリットを紹介
    • 最後におすすめの自動売買ツールを紹介

    FXの自動売買(システムトレード)とは?

    • システムが自動でトレードしてくれる
    • 自動売買の種類は3種類
    • 裁量トレードとの違い

    ①:システムが自動でトレードしてくれる

    • 移動平均線のゴールデンクロスで「買い」デットクロスで「売り」
    • ある価格帯に近づいてきたら「買い」もしくは「売り」を入れる

    ②:自動売買の種類は4種類ある

    1.リピート型

    ルールに従って機械的にトレードが行われるため「人間の感情が一切介入しない」ことが強みです。

    設定型は中・上級者向けの自動売買です

    4.MT4型

    ③:裁量トレードとは「心理的な負担」が違う

    FX自動売買とは
    自動売買 裁量トレード
    取引方法 機械的に取引 個人で売買のタイミングを判断
    稼げる難易度 コツコツで利益になる可能性はある 9割が負けると言われている

    裁量トレードとの大きな違いは「心理的な負担」の違いです。

    自動売買(シストレ)デメリット

    • 100%勝てるわけではない
    • チャート分析の能力が身につかない
    • 詐欺が多い

    デメリット①:100%勝てるわけではない

    自動売買のソフトは過去のデータに基づいて「次はこのように動くだろう」といった予測に基づいてプログラムされています。

    デメリット②:テクニカル分析の力が身につかない

    裁量トレードで勝てるようになると「自分だけの稼げるスキル」が身につきますが、自動売買ではこういった技術は身につきません。

    デメリット③:詐欺が多い

    FXの自動売買の界隈には、怪しいツールは結構売られていますが、こういったツールは絶対に購入してはいけません。

    FX自動売買にかかる費用はどれくらい?

    1. 必要証拠金
    2. 自動売買の購入費用
    3. VPSの契約費用

    必要資金①:取引する用の証拠金

    必要証拠金②:自動売買ツールの購入費用

    必要証拠金③:自動売買を稼働させるためのVPS費用

    そこでVPSを利用することで、さまざまなリスクを減らし「安定して」FXの自動売買ツールを運用できる、ということです。

    • 常に安定してプログラムを動かせる
    • PCスペックは普通でOK
    • 機械の管理が必要ない

    FXの自動売買は初心者でも稼げるの?

    結論、稼げる可能性は十分あります。

    1. 24時間トレードできるから
    2. 「感情抜き」でトレードできるから
    3. 初心者でも扱いやすいから

    ①:24時間トレードできるから

    FXの自動売買であれば、仕事中・睡眠中でも稼働してくれるので、初心者にとって大きなハードルである「チャートの監視」をする必要がなくなります。

    ②:感情に左右されずにトレードできるから

    ③:初心者でも扱いやすいから

    とはいっても一度設定してしまえば、あとは自動的にトレードを繰り返してくれるので、初心者でも扱いやすい部類に入ります。

    FXの自動売買で稼ぐコツ

    1. ある程度の資金力がある
    2. バックテストを信頼しすぎない
    3. 自分にあった注文方法を理解する
    4. 損失や利益に反応しすぎない
    5. 一定期間は同じルール手法を貫く

    ①:ある程度の資金力がある

    • 資金が100万円の人場合
      目標が資金の10分の1であり、リスクを抑えながら運用できる
    • 資金が10万円の人の場合
      資金が100万円の人に比べて、目標が資金の100%であるため、資金を溶かしてしまうリスクが高まる

    ここで言いたいことは「資金力がないなら自動売買はやるな」ということではなく、「資金力がないなら大きな利益を狙うべきではない」ということです。

    ②:バックテストを信頼しすぎない

    バックテストの成績が良い場合でも、実際の相場では「人間の感情が介入する」ため、実戦で勝てるようになるとは限りません。

    つまり、バックテストには信頼を置きすぎず、あくまで参考の1つとして捉え、自分で検証していくことが重要になります。

    ③:自分にあった手法を理解している

    そういった方は、「ポジション数」「投資する金額」「リスク許容額」この辺りをある程度ルール化して、自分なりのルールを持っておくと良いでしょう。

    ④:損失や利益に反応しすぎない

    ⑤:長期間同じルールを続ける

    長期で運用してみて勝てるならそのまま続ける、逆に長期でも勝てないなら別のツールにしてみるか、設定をいじる。こういった改良をすることで、自動売買で勝てる確率が上がっていきます。

    FX自動売買ツールを選ぶポイント

    • 実績
    • 少額取引が可能か
    • 手数料
    • 自動売買ツールの種類

    ①:実績があるか

    先ほども説明しましたが、こういった実績やバックテストを信頼しすぎることはやめたほうがいいでしょう。

    ②:少額取引が可能か

    • トライオートFX
    • みんなのシストレ
    • トラッキングトレード
    • iサイクル2取引

    FXの手数料としてはスプレッドが有名ですが、自動売買ツールを利用する場合には通貨ペアを「購入」「売却」する際にも手数料がかかる場合があります。

    FX自動売買とは
    スプレッド(ドル/円) 手数料
    みんなのシストレ 1.9銭 無料
    トライオートFX 0.3銭 片道20円
    iサイクル2取引 0.9銭 片道20円
    トラッキングトレード 0.2銭 片道20円

    ④:自動売買ツールの種類

    「選択型」であれば、FX会社が用意したツールを選択するだけなので、初心者でも十分利用可能です。

    おすすめのFX自動売買ツール

    第1位:トライオートFX

    おすすめ第一位はインヴァスト証券のトライオートFXです!

    収益率 160%以上
    スマホ対応
    手数料 片道20円
    通貨ペア 17種類
    取引単位 1Lot=1,000通貨

    第2位:iサイクル2取引

    FX自動売買とは
    実績 57.5%
    スマホ対応
    手数料 片道20円
    通貨ペア 29種類
    取引単位 4,000円〜

    第3位:みんなのシストレ

    実績 160%以上
    スマホ対応
    手数料 片道20円
    通貨ペア 17種類
    取引単位 1Lot=1,000通貨

    第4位:トラッキングトレード

    第4位はトラッキングトレードです!

    FX自動売買とは
    実績 85.2%
    スマホ対応
    手数料 片道20円
    通貨ペア 24種類
    取引単位4,000円〜

    FX自動売買のまとめ

    • 自動売買(シストレ)とはプログラムが人の代わりにトレードしてくれる
    • 自動売買ツールには大きく分けて4種類ある
    • 自動売買なら初心者でも勝てる可能性がある
    • 詐欺は多いが、実績のあるツールを利用することで回避できる
    • 初心者には「リピート型」か「選択型」がおすすめ
    • 最後におすすめの自動売買ツールを紹介

    自分なりにカスタマイズしてみたかったり、自分の手法を落とし込みたい場合はMT4などでプログラムすることで、自分だけのツールを作成することもできます。

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる