FX初心者

FXのパラボリックSARとは

FXのパラボリックSARとは

パラボリックSARの「点」に、ローソク足の陰線がタッチしたところでLOWエントリーをしました。

FXのパラボリックSARとは

通貨ペア

新規注文は買いと売りのどれにしますか?

買いで新規注文… 買いで新規注文して売りで決済注文する(取引種別: 買い→売り)
売りで新規注文… 売りで新規注文して買いで決済注文する(取引種別: 売り→買い)
買いと売りの両方で新規注文(上級者向け)… 上記の両方とも通知する(※)
※ 受け取れるシグナルの数は多くなりますが、全く同じテクニカル指標のシグナルが重複して通知される可能性があります。

取引スタイルはどれに近いですか?
初心者の方は「長期取引(1ヶ月〜数ヶ月)が多い」を選択することをおすすめします。
この選択肢によって、使用する足種と過去のデータの期間が決定されます。
短くするほど、通知数は多くなります。

勝率
おすすめは70%です。ここで設定した%を下回るシグナルは通知されなくなります。
※あまりに低いと大量の通知が届くこととなりますのでご注意ください。


利用したいテクニカル指標
お好みでご調整ください。

「おまかせ(パフォーマンス上位)」を設定した場合
設定した条件に該当するシグナルを「指定した勝率以上」で絞り込み、その中から「累積損益が高い順」に上位3位以内のシグナルを通知します。なお、このランキングは、シグナル最適化が実施される度に更新されます。
特定のテクニカル指標のシグナルを受け取りたいという希望はないが、直近でパフォーマンスの高いシグナルは受け取りたいという時にご利用ください。

「選択する」を設定した場合
選択されたテクニカル指標が使用されているシグナルを全件通知します。ただし、勝率の設定はこの場合でも有効です。
特定のテクニカル指標のシグナルのみ受け取りたいという時にご利用ください。


通知件数の目安(緑文字部分)
現在の設定内容から、今後1ヶ月間の通知件数の目安が表示されます。
お好みでご調整ください。
※通知件数の目安が3,000件以上の場合、設定できませんのでご注意ください。

シグナルランキングについて

シグナルの詳細画面について

勝率・平均損益・取引種別について(シミュレーション結果)

勝率
期間中の売買で利益を上げられた割合です。

ポイント
勝率が高ければ期間損益(利益)も大きくなると思われがちですが、そうではありません。例えば、4回の決済で3回の利益、1回の損失が出たとします。勝率は75%ですが、3回の利益合計が10,000円、1回の損失が15,000円であれば、期間損益はマイナス5,000円となり、75%の勝率にもかかわらず損失が出ます。効率よく利益を上げられたかは、勝率とプロフィットファクターで判断した方が良いかもしれません。

平均損益
期間中の1回あたりの平均損益(pips)です。

取引種別
取引種別は以下を表しています。

買い → 売り… 買いで新規注文して売りで決済注文する
売り → 買い… 売りで新規注文して買いで決済注文する

シグナルチャートシミュレーション

損益チャートの見方

売買シグナル用語集

シミュレーション結果

勝率(%)
期間中の売買で利益を上げられた割合

累積損益(円)

累積損益(pips)

平均損益(pips)

決済回数

総利益(pips)

平均利益(pips)

総損失(pips)

最大ドローダウン(pips)

プロフィットファクター

シャープレシオ

各種テクニカル指標

移動平均線
移動平均線とは、一定期間の価格の平均値をつないだ線のことです。トレンドや転換点などを分析するのに利用されます。
一般的には、移動平均線が上向きなら上昇トレンド、下向きなら下落トレンドと捉えることができます。
短期の移動平均線が長期の移動平均線を下から上に抜けることを「ゴールデンクロス」、短期の移動平均線が長期の移動平均線を上から下に抜けることを「デッドクロス」と言います。

一目均衡表
一目均衡表とは、「時間軸」に着目したテクニカル指標です。
一目均衡表は、相場は売り方と買い方の「均衡」が崩れた方向に大きく動き、一度方向性が決まれば、今後の相場も「一目瞭然」(いちもくりょうぜん)であるという考え方に基づいています。
「雲」と呼ばれる抵抗帯が特徴で、雲と価格の位置関係や雲の厚さなどで今後の相場を判断します。
日本人が考案したテクニカル指標で、海外でも「Ichimoku」として知られています。

ボリンジャーバンド
ボリンジャーバンドとは、移動平均線の上下に標準偏差を表示したもので、統計学的にこの中に収まる確率を利用したテクニカル指標です。
「移動平均線」とその標準偏差σ(シグマ)をチャートに重ねて描き、±2σの補助線内に約95%の確率で価格が収まることから、一般的には、現在値が−2σを下回った場合は買い、+2σを上回った場合は売りといった見方ができます。

パラボリック
パラボリックとは、英語で「放物線の」(parabolic)という意味で、チャートの上下に放物線(SAR)を表示したテクニカル指標です。
一般的には、価格がSARの上にある場合は上昇トレンド、価格がSARの下にある場合は下落トレンドを表し、SARと価格が交差するポイントが売買の転換点になるといった見方ができます。

エンベロープ
エンベロープとは、移動平均線から上下に一定に乖離した線を表示したテクニカル指標です。
価格が移動平均線から、どの程度離れているのかに注目し、上値や下値の目処を調べる際に使用します。
一般的には、価格が下側の線に近づいた時は買い、価格が上側の線に近づいた時は売りといった見方ができます。

高値安値移動平均線
高値安値移動平均線とは、「高値」や「安値」を用いて計算した移動平均線のことです。
ポジションの決済時に、高値移動平均線を抵抗線(レジスタンスライン)、安値移動平均線を支持線(サポートライン)として使用する事が多いです。
一般的には、価格が高値移動平均線を上に抜いた時は買い、価格が安値移動平均線を下に抜いた時は売りといった見方ができます。

RSI
RSIとは、英語で「Relative Strength Index」の略で「相対力指数」のことです。相場の過熱感を判断するのに利用されます。
数字は0%〜100%の間で推移します。
一般的には、70%以上で買われ過ぎ、30%以下で売られ過ぎといった見方ができます。

ストキャスティクス
ストキャスティクスとは、%Kラインと%Dラインという2本のラインを使用して、売られ過ぎ、買われ過ぎを判断するテクニカル指標です。
数字は0%〜100%の間で推移します。
一般的には、2本のラインが80%以上で買われ過ぎ、20%以下で売られ過ぎといった見方ができます。

スローストキャスティクス
スローストキャスティクスとは、ストキャスティクスと基本的な考え方は同じで、売られ過ぎ、買われ過ぎを判断するテクニカル指標です。
%Kラインを使わずに%Dと%SDを使用するのがスローストキャスティクスで、ストキャスティクスに比べて変化が緩やかで、ダマシを避けやすいという特徴があります。
数字は0%〜100%の間で推移します。
一般的には、2本のラインが80%以上で買われ過ぎ、20%以下で売られ過ぎといった見方ができます。

RCI
RCIとは、英語で「Rank Correlation Index」の略で「順位相関指数」のことです。
日付と価格それぞれに順位をつけて両者の相関関係により、値動きの強弱を判断します。
数字は−100~+100の間で推移します。
一般的には、+80%以上で買われ過ぎ、−80%以下で売られ過ぎといった見方ができます。

サイコロジカルライン
サイコロジカルラインとは、投資家の市場心理を統計的に表したもので、一定期間(一般的には直近12日間)の中で上昇した日数が何%になっているかに着目したテクニカル指標です。
数字は0~100%の間で推移します。
一般的には、75%以上で買われ過ぎ、25%以下で売られ過ぎといった見方ができます。

DMI
DMIとは、英語で「Directional Movement Index」の略で「方向性指数」のことです。
相場の強弱を探る指標で、上昇力を示す+DIと、下落力を示す−DIの2つで判断します。ADXも併用して用いられることが多いです。
一般的には、+DIが−DIを上回ると買い、+DIが−DIを下回ると売りといった見方ができます。

MACD
MACDとは、英語で「Moving Average Convergence Divergence」の略で「移動平均収束拡散法」のことです。
異なる2つの期間(一般的には12日間と26日間)の指数移動平均線(EMA)の差を表したMACDラインに、MACDの単純移動平均線(MA)のシグナルライン(一般的には9日間)を加えた2本のラインの交錯などで相場の先行きを判断します。
一般的には、MACDラインがシグナルラインを上に抜けると買い、MACDラインがシグナルラインを下に抜けると売りとされ、MACDライン・シグナルがゼロライン(ヒストグラムが0)を上に抜けると上昇トレンド継続、MACDライン・シグナルがゼロラインを下に抜けると下落トレンド継続といった見方ができます。

モメンタム
モメンタムとは、価格の変化幅を示すもので、値動きの勢いや反転の目安を示すテクニカル指標です。
現在の価格から過去の価格を差し引いて算出します。
一般的には、モメンタムがゼロラインを上に抜けると上昇トレンド、モメンタムがゼロラインを下に抜けると下落トレンドといった見方ができます。

ROC
ROCとは、英語で「Rate of Change」の略で「変化率」のことです。
現在の価格と過去の価格の変化率を表すテクニカル指標です。
一般的には、ROCが中心のライン(0や1)を上に抜けると上昇トレンド、ROCが中心のラインを下に抜けると売りといった見方ができます。

Williams %R
Williams %Rとは、ラリー・ウィリアムス氏が考案した「%R」と呼ばれるテクニカル指標です。
Williams %Rは、現在の価格が過去の一定期間の最高値と最安値の間のどの辺の水準かを示しています。
数字は0〜100%(または0%〜−100%)の間で遷移します。
一般的には、0%近いほど買われ過ぎ、100%(または−100%)に近いほど売られ過ぎといった見方ができます。

CCI
CCIとは、英語で「Commodity Channel Index」の略で「商品チャネル指数」のことです。
値動きの振幅に対して、現在の値がどの程度乖離しているかを指数化して算出されます。
一般的には、+100%を上回ると買われ過ぎ、−100%を下回ると売られ過ぎといった見方ができます。

直近高値安値
直近高値安値とは、直近の「高値」や「安値」のことです。
直近の「高値」や「安値」は、抵抗線(レジスタンスライン)や支持線(サポートライン)として認識されます。
一般的には、直近高値を上に抜くと一段高が期待でき、直近安値を下に抜くと一段安の可能性が高まるといった見方ができます。

カギ足
カギ足とは、時間の概念を排除した非時系列チャートのことです。
上昇時は上方へ、下落時は下方へ縦線を引くことで、値幅の騰落をひとつの線で表します。
一般的には、「肩」(上昇から下落に転じた時の横線)が段階的に切り上がっている時は上昇トレンド(肩上がり)、「腰」(下落から上昇に転じた時の横線)が段階的に切り下がっている時は下落トレンド(腰下がり)といった見方ができます。
日本に古くから伝わるチャートで、別名「値幅足」とも呼ばれます。

ポイント&フィギュア
ポイント&フィギュア(P&F)とは、時間の概念を排除した非時系列チャートのことです。
事前に定めた値幅以上の値動きがあった場合に、上昇を「×」、下落を「○」で記録し、パターン分析やトレンド分析などを行います。

新値足
新値足とは、時間の概念を排除した非時系列チャートのことです。
終値が高値を更新すると陽線、終値が安値を更新すると陰線で表します。
一般的には、陽線転換で買い、陰線転換で売りといった見方ができます。

テクニカル - パラボリック陽転

※市場略称:「東P」:東証プライム、「東S」:東証スタンダード、「東G」:東証グロース、「東E」:東証ETF、「東EN」:東証ETN、「東R」:東証REIT、「東IF」:東証インフラファンド、「名P」:名証プレミア、「名M」:名証メイン、「名N」:名証ネクスト、「名E」:名証ETF
※名証の「プレミア」はプライム、「メイン」はスタンダード、「ネクスト」はグロースの各市場に含めて掲載しています。
※現値ストップ高は「 S 」、現値ストップ安は「 S 」、特別買い気配は「 ケ 」、特別売り気配は「 ケ 」を表記。
※PER欄において、黒色「-」は今期予想の最終利益が非開示、赤色「 - 」は今期予想が最終赤字もしくは損益トントンであることを示しています。

株探からのお知らせ

  • 見逃し配信開始! 株探プレミアムセミナー

お気に入りがいっぱいです!
もっと追加するには、有料サービス「株探プレミアム」の登録が必要です。
初めてご登録の方には「30日間の無料体験」実施中!
※無料体験終了後は、毎月の利用料金が発生します。
※過去に「30日間の無料体験」をご利用になった方には無料体験は適用されません。

このアイコン「★」は利用者の皆さまの「お気に入り銘柄」を
登録もしくは削除する機能となっております。
お気に入り銘柄を登録するには、会員登録(無料)が必要です。
無料会員およびプレミアム会員の方はログインが必要です。

  • 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月7日発表分)
  • 明日の株式相場に向けて=「防衛関連」に国策の上昇旋風吹く
  • 武者陵司「コロナ忌明けの夏、日本株の時が来た」
  • 「半導体関連株」リベンジ局面探る、設備投資相次ぎ再飛翔狙う <株探トップ特集>
  • ★本日の【サプライズ決算】速報 (06月07日)
  • FXのパラボリックSARとは
  • 下値抵抗25日線に接近【上昇トレンド】銘柄 26社 <テクニカル特集> 6月7日版
  • 話題株ピックアップ【夕刊】(1):Jパワー、吉野家HD、コスモHD
  • レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (6月7日)

人気ニュース【ベスト5】

  • 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月7日発表分)
  • 明日の株式相場に向けて=「防衛関連」に国策の上昇旋風吹く
  • 「半導体関連株」リベンジ局面探る、設備投資相次ぎ再飛翔狙う <株探トップ特集>
  • レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (6月7日)
  • 話題株ピックアップ【夕刊】(1):Jパワー、吉野家HD、コスモHD

お薦めコラム・特集

  • 「半導体関連株」リベンジ局面探る、設備投資相次ぎ再飛翔狙う <株探トップ特集>
  • 下値抵抗25日線に接近【上昇トレンド】銘柄 26社 <テクニカル特集> 6月7日版
  • 明日の株式相場に向けて=「防衛関連」に国策の上昇旋風吹く
  • 武者陵司「コロナ忌明けの夏、日本株の時が来た」
  • 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (6月7日記)

■関連サイト ※外部リンク

当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。 当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。

売買サインとしてのパラボリックのFX手法

スキャルピングFX大辞典_〇博士

このような方にオススメの記事 ・スパンモデルの正しい使い方を知りたい ・スキャルピングと相性の良いテクニカル指標を探している 本記事のテーマ スパンモデルを使ったFXスキャルピング手法 <スキャル歴12年の専業_億トレーダ.

ヘッドアンドショルダー(三尊)で稼ぐFXスキャルピング

このような方にオススメの記事 ・FXでのトレンドの反転を上手につかみたい方 ・ヘッドアンドショルダー(三尊)でのエントリーポイントを知りたい方 本記事のテーマ ヘッドアンドショルダー(三尊)で稼ぐFXスキャルピング <スキ.

FXで最強に稼げるチャートパターン「レンジ内レンジブレイク」

このような方にオススメの記事 ・確実性の高い収益チャンスやエントリーのタイミングを知りたい方 ・ボルマン理論を身につけてスキャル技術を向上させたい方 本記事のテーマ FXで最強に稼げるチャートパターンとは? <スキャル歴1.

トレーディングビューの活用法と使い方

このような方にオススメの記事 ・トレーディングビューのメリット&デメリットを知りたい方 ・使用している取引ツールに満足できない方 本記事のテーマ トレーディングビュー(Tradingview)の活用法と使い方 <ス.

FXのマーチンゲール法を実践検証|メリット・デメリットを徹底解説

XMの注文方法・取引方法まとめ|指値・逆指値・OCO・IFO

このような方にオススメの記事 ・XMのMT4や5で多彩な注文ができるようになりたい ・スキャルピングFXで使える注文方法を把握したい 本記事のテーマ XMでのMT4での注文方法をマスターしよう <スキャル歴12年の専業_億.

Dr.Scalpin

xmtrading-logo

スキャルパーほど得するボーナスの強み

①取引するごとに貯まるXMポイントがスキャル向き
②ボーナスだけでトレードできる唯一の海外FX
③圧倒的な経営基盤と安定したサーバーへの信頼

スキャル口座のニーズを網羅するスペック

①相場変動時にもスムーズに注文できる約定力
②日本人向けの入金システム&顧客サポート
③ECN方式で手数料は片道3.FXのパラボリックSARとは 5ドル「ブレード口座」

gemforex-logo

3位 GemForex

スピーディ&ハイクオリティな取引環境を提供

①最大レバレッジ1000倍の圧倒的な資金効率
②身分証明書など不要で最短30秒で口座開設可能
③約150個のEA(自動売買ソフト)が無料使い放題

バイナリーオプションのパラボリックSAR完全攻略手法を解説!【決定版】

バイナリーオプションのパラボリックSAR完全攻略手法を解説!【決定版】


ただし、「点」が多ければ多いほど良いわけではありません。

ミナト

パラボリックを使ったバイナリーオプション完全攻略手法

  1. パラボリック単体で逆張りエントリー
  2. 移動平均線を組み合わせた順張りエントリー
  3. RSIを組み合わせたエントリー

パラボリック単体で逆張りエントリー

パラボリックSARは、 トレンド転換を見極めるのに使用する インジケーターです。

  • パラボリックSARの「点」にローソク足が上からタッチ→LOWエントリー
  • パラボリックSARの「点」にローソク足が下からタッチ→HIGHエントリー


パラボリックSARの「点」に、ローソク足の陰線がタッチしたところでLOWエントリーをしました。

トレード初心者

売られすぎor買われすぎ(相場の過熱感)を示すインジケーターである RSI や ストキャスティクス の併用をお勧めします

トレード初心者

移動平均線を組み合わせた順張りエントリー

  • ローソク足が移動平均線より上・移動平均線が右肩上がり→上昇トレンド
  • ローソク足が移動平均線より下・移動平均線が右肩下がり→下降トレンド
  • 短期線が中期・長期線を下から上に突き抜ける→上昇トレンド発生:ゴールデンクロス
  • FXのパラボリックSARとは
  • 短期戦が中期・長期線を上から下に突き抜ける→下降トレンド発生:デッドクロス

パラボリックSARは トレンドの転換を見極める ことができます。

    FXのパラボリックSARとは
  • ローソク足の下に表示されていた「点」が上に表示された→下降トレンドに転換する可能性が高い
  • ローソク足の上に表示されていた「点」が下に表示された→上昇トレンドに転換する可能性が高い
  1. ゴールデンクロスまたはデッドクロスを確認
  2. パラボリックSARの点がクロス後3つ以上連続していることを確認
  3. 順張りエントリー

RSIを組み合わせたエントリー

  • RSI30:売られすぎと判断
  • RSI70:買われすぎと判断

この特徴を生かすことで 反転を狙った逆張りエントリーポイント を見つけやすくなります。

ミナト

  • RSI30:売られすぎ→買いに反転する可能性が高い
  • RSI70:買われすぎ→売りに反転する可能性が高い
  • パラボリックSARの「点」にローソク足が上からタッチ→LOWエントリー
  • パラボリックSARの「点」にローソク足が下からタッチ→HIGHエントリー
  1. パラボリックSARの「点」とローソク足がタッチしたのを確認
  2. RSIで「買われすぎ」または「売られすぎ」を確認
  3. 逆張りエントリー

しかし、より確実に勝ちにいくなら、ここは 「エントリーしない」という選択が正解 です。

ミナト

湊斗公式ライン登録

パラボリックで負けてしまうパターン

トレード初心者

常にどのようなエントリーでも ダマシにあう確率 があります。

トレード初心者

トレード初心者

という場合は、 サインツール を使ってください。

初心者でエントリーに不安があるならサインツールを使うのがおすすめ

勝率算出機能

僕がおすすめするシステムには、 エントリーポイントの勝率算出 という機能が備わっています。

  • エントリー時の不安
  • 勝敗による一喜一憂

さらにこのシステムには その他14のロジックが搭載 されており、すべての機能を駆使すれば システムが勝手に勝てるポイントでシグナルを出してくれます。

【相場の値動きの反転ポイントを確認できる】パラボリックの使い方・見方・相場分析方法

パラボリックの図

上昇トレンドの相場の時はパラボリック(放物線)がローソク足の下に表示されます。

下落トレンドのサイン

下落トレンドの相場時はパラボリックがローソク足の上に表示されます。

転換トレンドのサイン

接触したタイミングが転換点だと判断できます。

売りのサイン

買いのサイン

トレンド転換を見極めるパラボリック

だましを避けるための3つの対策

1. SARの点が3つ表示されるのを確認する

2. 他の分析方法と併用する

3. 「AF値」を調整する

だましに注意!!

パラボリックのリスクについて

パラボリックは、上昇(買い)→下落(売り)のドテンシステムなので、 相場が上下することで損失を負うリスク もあります。

レンジ相場・ボックス相場が見極めにくい

パラボリックと相性の良いテクニカル指標

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドのσラインに沿って相場が動く「 バンドウォーク FXのパラボリックSARとは 」の終わりを予測したり、ボリンジャーバンドとパラボリックで売買サインが出現したらエントリーするなどして使います。

  • ±1σの範囲内で変動する確率:約68%
  • ±2σの範囲内で変動する確率:約95%
  • ±3σの範囲内で変動する確率:約99%

そのため、確率の高い外側の線(±2σ or ±3σ)を価格が超えた場合が売買サインとして考えることができます。

パラボリックとボリンジャーバンド

  1. パラボリックでトレンドの方向を確認
  2. RSIを用いて「買われすぎ」「売られすぎ」を判断
  3. パラボリックでトレンド転換を確認したうえで、RSIを見て「押し目買い」「戻り売り」のポイントでエントリー

パラボリックとRSI

  • 初心者でも比較的利用しやすいテクニカル指標
  • SARがローソク足と接触したら反転・売買サイン
  • 相場の上下で利益を得られる一方、損失を負うリスクもある
  • 他の指標と併用することで精度が高まる

指標を使いこなすことが重要!!

オセアニア市場の特徴。実はデイトレの穴場!

各市場・各時間帯には特徴があり、特徴を生かした取引をすることで、利益を得るチャンスを増やすことができます。 しかし、FX初心者にとっては FXのパラボリックSARとは 「なぜシドニー時間を見るの?」 「オセアニア市場って?」 と疑問だらけの人も多いこ … [続きを読む]

トレンド分析は必須!トレンドの基礎知識や継続と反転の特徴を紹介!

相場分析ができるようになれば、FXで利益を出しやすくなります。 トレンドやレンジ相場など次の展開を予測して取引ができるためです。 しかし、FX初心者の方からすれば 「そもそもトレンドって?」 「トレンド継続って何?」 「 … [続きを読む]

分析するなら日足は要チェック!見るべき理由とポイントを紹介

チャートには分足、日足、月足など種類があります。 しかし、 「取引したいけど、どの足種をみればいいの」 FXのパラボリックSARとは と、思っている方もいるはず。 どんな取引であっても、日足チャートをチェックするのをおすすめします。 ここでは、日足チ … [続きを読む]

FXにエリオット波動を活用!相場の波を読み解く方法

FXの分析はどのようにしていますか。 「エリオット波動って言葉は知っているけれどよく分からない・・・」 そんな方のために、テクニカル分析の代表的な指標であるエリオット波動について、その分析手法や活用方法について紹介します … [続きを読む]

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる