プロが直接査定

システムトレードのメリット

システムトレードのメリット

裁量トレードとは何かということについて説明していこうと思います。

裁量トレードとは?FXシステムトレードとの違いをわかりやすく解説!

裁量トレード


裁量トレードとは何かということについて説明していこうと思います。

裁量トレードとは、 自分でトレード判断を下し、自分の手でトレードする手法 になります。

システムトレードとは?

システムトレード


システムトレードとは、簡単にいうと自動売買システムのことです。

自動売買は、自動売買サービスを提供しているFX会社であれば簡単に設定ができるプラットフォームが用意されているのが一般です。

あるいは、自分で自動取引システムを開発することもできます

トレードのプログラムを組む経験のない方は、FX会社が提供する自動売買サービスを利用するのが良いでしょう。

口座開設して取引内容を設定するだけで利用することができます。

ほとんど感覚的に入力しやすくしてあるので、初めての方でも簡単に設定を入れることができると思います。

裁量トレードのメリット

次に、裁量トレードのメリットについて説明していこうと思います。

市場の急変などに柔軟に対応できる

市場の急変に対応できる


まず、市場の急変などに柔軟に対応できることです。

自動売買でプログラムできるのは、汎用的な取引ルールであると思います。

急な政治・経済ニュースで、すぐさま対応すべきな場合であっても、自動売買のプログラムでは、設定されたルールが揃ったタイミングにならないと実行されません

ニュースを読み取り対応することや、過去のトレードからの知識・経験からトレードするなどは、自動売買にプログラムしきれないと思います。

取引スタイルを状況に応じて変更できる

トレードスタイルの変更も可能


また、取引スタイルを状況に応じて随時変更していけることも、裁量トレードの良いことだと思います。

大きく変動しそうな時は大きく利益を伸ばしたり、逆にあまり変動しない時は短めに利確したりと、相場の状況に応じて取引のスタイルを柔軟に変更できます。

また、相場の状況次第では「買い」目線なのか「売り」目線なのかを変更していけます。

自動売買では、常に同じプログラムを繰り返していくだけですので、柔軟に取引スタイルを変更することは(プログラムを変更しない限り)不可能です。

▼トレードスタイルについては以下の記事をご参考ください。

FXの4つのトレードスタイルとは?自分に合ったスタイルの選び方を紹介! 今回はFXのトレードスタイルについて詳しく解説していきます。 FXをしようと思っても、どのような取引の方法があるかイマイチわかりま.

市場状況によって取引量を調整できる

取引量を調整できる


そして、 最後に市場状況によって取引量を調整できるのもメリット です。

強気で勝負したい時は多めのポジションを取って良いと思いますし、あまり自信のない時は取引を控えたり、ポジション量を小さめにするなどできます。

ですので、裁量トレードは柔軟に相場の変動に対応できることがメリットと言えます。

裁量トレードのデメリット

次に裁量トレードのデメリットについて説明しようと思います。

常にトレードしていないといけない

常にトレードする必要がある


まず、当然のことながら 常にトレードしていなければいけません 。

また、忙しい人はトレード画面を見ていることすらできませんので、そういう方には裁量トレードは難しいです。

もちろん、FX市場は24時間オープンしていますので、 日中の仕事が終わった後にトレード開始することもできますが、疲れた状態でトレードするのもあまりおすすめできません 。

裁量トレードは、まとまった時間と労力を費やすことができる人におすすめと言えると思います。

感情に左右されやすい

感情に左右されやすい


また、 感情に左右されてしまうこと も、裁量トレードのデメリットの一つです。

感情はトレードに大きく影響しています。

常に、自分のトレードポリシーを保つためには感情を抑えて、ルールに忠実にあるべきです。

感情に左右されてしまいやすい人は、 裁量トレードよりシステムトレードに切り替えて、一定のルールで取引する方が収益が出やすいかもしれません 。

システムトレードのメリット

次に、システムトレードのメリットについて紹介していこうと思います。

システムトレードは、自動売買システムで自動取引して収益を上げることです。

自分でトレードしなくて良い

自分でトレードしない


まず第一に、自分でトレードしなくて良いことです。

もし、トレードルールをプログラムに落とし込めるのであれば、その労力と疲労から解放され他のことに時間を費やすことができます

ルール通りのトレードを忠実にしてくれる

ルールに忠実


また、システムトレードはルールに書いたことしかやらないので、 ルールに忠実なトレードを行なってくれます 。

感情の起伏に影響されてルール通りにトレードできない人には、大きなメリットと言えます。

▼トレードルールについては以下の記事をご参考ください。

24時間トレードし続けることができる

24時間トレードしてくれる


そして、 24時間ずっとトレードしてくれることも大きなメリット です。

FX市場は平日24時間、毎日オープンしています。

自動売買では、それらのチャンスを全て収益化できるので、これは大きなメリットと言えると思います。

システムトレードのデメリット

それでは、逆にシステムトレードのデメリットについて紹介していこうと思います。

柔軟なトレードができない

柔軟な取引ができない


まず思い浮かぶのは、柔軟なトレードができないことだと思います。

相場では、色々なシチュエーションが想定され、そのときどきにあった売買種別通貨ペアの種類ポジション量エントリータイミングエグジットタイミングなどあります。

裁量トレードであれば、経験が深ければより良い状態でトレードできると思います。

ですので、柔軟さが欠けてしまうところが第一のデメリットであると思います。

定期的なメンテナンスや点検が必要

定期的なメンテナンスが必要


また、定期的なメンテナンス取引結果からプログラムの最適化や点検が必要になってきます。

また、 常にプログラムが問題なく動いており、取引結果もしっかりと出せているかチェックが必要 になります。

もし、より良いプログラムを組めるのであれば、プログラムの内容を変更・アップデートしてあげる必要があります

このようにシステムトレードは、定期的な内容のチェックや最適化のための作業やメンテナンスが必須となります。

裁量トレードとシステムトレードはどっちがおすすめ?

どちらがいいのか?


これまで裁量トレードのメリット・デメリットシステムトレードのメリット・デメリットを見ていただきましたが、どちらが良いのかといえば難しい質問になります。

最終的には、個々人の生活スタイルトレードスタイルが大きく影響してくるのではないのかなと思います。

平均的に考えると、 両方を取り入れて並行してトレードしていくのが良い のではないかと思います。

そうすれば、 両者のデメリットを相殺し合い、利益も安定して出していける のではと思います。

もし、二つ並行して運用していくのが難しいのであれば、どちらか合う片方のみを採用してトレードすれば良いと思います。

どちらのトレードスタイルもメリットが大きく、一般的にどちらが良いかなどはなく、どちらが自分に合っているのかということになると思います。

裁量トレードなら外貨ex byGMO

yjfx
おすすめ度
使いやすさA
安全性A
スワップポイント5円(平均)
スプレッド(ドル円)0.2銭(原則固定)
キャッシュバック39,000円

外貨ex byGMOは、テクニカル分析ツールが豊富に整っており、またMT4ツールの利用も可能です。

現在、自動売買サービスの提供は行っておらず、裁量トレードに特化したFX会社と言えます。

外貨ex byGMOでは、口座開設とお取引開始で、 システムトレードのメリット 最大39,000円キャッシュバックす るキャンペーンをしています。

裁量トレードに一番おすすめのFX会社ですので、今のうちに口座開設しておきましょう。

\口座開設&取引で最大150,000円!/

▼外貨ex byGMOの評判については以下の記事をご参考ください。

【ヤバイ】外貨ex byGMOの評判・口コミ|メリットとデメリットを紹介 今回は外貨ex byGMOの口コミや評判について詳しくまとめていきます。 FX会社は数多くありますので、自分のスタイルにあった業者.

システムトレードならトライオートFX

トライオートFXtop
おすすめ度
使いやすさA-
安全性A
スプレッド0.3銭
ドル円 スワップポイント3円
キャッシュバック53,000円

自動売買トレードをしたい方はインヴァスト証券がおすすめ!

インヴァスト証券はトライオートFXという自動売買サービスを提供し、自動売買に注力している国内主要FX会社の一つです。

ですので、口座開設したら、既存のプログラムの中から気に入ったものを選択して、取引の規模などを選択するだけで運用することができます

また、 上級者向けには独自にプログラムを開発することもでき、トレーダー個々人、それぞれに合う取引環境を提供 していると思います。

今なら新規口座開設し自動売買取引を開始された方を対象に、 最大53,000円 がキャッシュバックされるキャンペーン中ですので、この機に口座開設しましょう!

【当サイト限定】
\53,000円&限定レポートもらえる/

▼トライオートFXの評判については以下の記事をご参考ください。

【実績公開】トライオートFXは儲かる?評判・口コミと運用結果を紹介! システムトレードのメリット FXで利益をあげたいが時間がない・・そんな方も少なくないでしょう。 自動売買なら、設定した取引で自動で売買してくれ、忙しい方でも簡.

【まとめ】裁量トレードを始めてみよう

まとめ


今回の記事では裁量トレードについてまとめました

\口座開設&取引で最大150,000円!/

・本ウェブサイトは、株式会社デジタルアイデンティティ(以下、「弊社」と表記します。)によって運営されており、その著作権その他の知的財産権は弊社に帰属します。本ウェブサイトの全部又は一部を無断で転用・複製することはできません。 システムトレードのメリット
・本ウェブサイトは、情報提供及び解説を目的としたものであり、FXその他の金融商品に関する契約締結の代理、媒介、斡旋、勧誘や投資・運用等の助言を行うものではありません。本ウェブサイトの情報の利用及び投資に関する最終的な決定は利用者の判断によるものとし、弊社はこれに一切の責任を負いません。
・本ウェブサイトに含まれる記述・計算等はあくまでも例に過ぎず、弊社はその使用等に関して一切の責任を負うものではありません。
・本ウェブサイトに含まれる情報には将来の業績や事象に関する記述が含まれている可能性がありますが、それらの記述は予想であり、その内容の正確性等を保証するものではありません。弊社はその使用等に関して一切の責任を負うものではありません。
・本ウェブサイトに掲載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、弊社はその内容について保証するものではなく、その使用等に関して弊社は一切の責任を負いません。
・本ウェブサイトの内容は予告なしに変更、削除する場合があるほか、システムメンテナンス等のため一時的に公開、情報提供を停止する場合があります。
・その他、弊社は利用者が本ウェブサイトを用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

LIGHTFX


→当サイト限定レポートがもらえる!

トラッキングトレード


→FXブロードネットの口コミを見てみる

FXの自動売買とは?システムトレードの仕組みやメリット・デメリット

FXの自動売買とは?システム取引だから初心者におすすめ

【ゲムゲム 昨日のEA結果】

おはようございます☆
昨日のEA結果は+17,708円でした↗︎

昨日はいくつかのEAが動いてくれて利益が出ました(*´∇`*)

AUDNZD Otaku:+5,930円
PINEAPPLE_EURUSD:+4,384円

という感じです☆ pic.twitter.com/r34bouBup7

— ゲムゲム@海外FXの自動売買EAを検証 (@gemgem_fx) May 7, 2021

■EA(自動売買ソフト)って詐欺じゃないの?
確かに、稼げないEAはホント多いです。それは事実。
でも、数あるEAの中には一見地味だけど
着実に利益を積み上げるEAが確実に存在します。
それに出会えるかは運ですが、全部がダメという訳ではないんですね。#FX #EA #自動売買

— ツツジ@ブログ収益プランナー (@tsutsuji001) September 21, 2021

自動売買で稼げない理由は簡単。稼げないロジックを使っているか、ドローダウンしたときにやめてしまうかの2つ。 #fx #fxtroll #kawase #forex #為替 #外国為替 #FX商材

— 黒田悠介@FX商材トレーダー検証レビューサイト (@spring0168) September 21, 2021

上記の口コミにもある通り、「稼げないロジックのツールだと自動売買では儲からない」「すべての自動売買が稼げないわけではない」とあります。

FXの自動売買のメリット3つ

自動売買はシステムが取引を行ってくれるため、時間を気にせず適切な売買タイミングで取引できます

メリット①:24時間自動で取引を行える

FXで自動売買を行うメリットの1つが、24時間チャンスを逃すことなく取引できるという点です。
自分が値動きを追っていない時でも、収益のチャンスを逃すことはありません。

仕事がある平日の日中や、ニューヨーク市場がオープンしている深夜から早朝の時間帯でも、自動で取引をしてくれます。

メリット②:感情に左右されず売買タイミングに迷わない

自動売買なら、システムに沿った合理的な判断でFX取引を行うことができます

「もう少しでトレンドが回復するかもしれない」と期待していると、損切りのタイミングを逃してしまうかもしれません。
自動売買なら上記のように感情に左右されることもないため、適切な売買のタイミングを見極めることができると考えられます。

メリット③:FXトレードの専門知識が必要ない

分析手法には経済状況の理解やチャートの指標分析といった専門知識が必要ですが、自動売買なら専門知識は必要ありません
取引条件を設定するだけで、システム的にトレードができます。

今まで投資をしたことのないFX未経験の方でも、自動売買でのFXトレードはおすすめといえます。

FX初心者の方が自動売買で稼げるかどうかの検証動画もあるので、興味のある方は参考にしてください。
※自動売買での利益を保証するものではありません。

FXの自動売買のデメリット2つ

デメリット①:相場が急変すると対応しきれない

自動売買はあらかじめ「どんな取引を行うか」を設定しているため、そのプログラムの想定を超える相場の動きがあると対応できないというわけです。

自動売買でFX取引を行うなら、現在の相場にあったプログラムを選び使い分けていくことが大切です。

デメリット②:自分に合った設定にするのが難しい

多くのプログラムの中から自分の取引スタイルにマッチするものを選び設定する難しさは、デメリットといえるでしょう。

ただし、自動売買プログラムの中には、条件を絞るだけで簡単に設定できるものもあります。
また、人気のプログラムのランキング掲載を行うFX業者もあるため、まずは設定の手軽さや人気のプログラムから検討するといいでしょう。

FXの自動売買の種類

自動売買は「ツール」と「プログラム(ソフト)」に分けられます。
ゲームでたとえるのであれば、「ツール=ゲーム機本体」「プログラム(ソフト)=ゲームソフト」といったイメージです。

自動売買ツールの種類

【開発型システムトレード】

  • 自動売買プログラム(EA)をダウンロードして取り込み使用するツール
    ※「MT4」といった取引ツールが開発型システムトレードに当てはまります。
  • 自分で取引ツールにプログラムを取り込んで設定する必要がある
  • プラグラムを書き換えることで、自分に合った設定に変えることができる
  • 自分でプログラミングすることも可能

→上級者向けの自動売買ツール

【選択型システムトレード】

  • 自動売買プログラムが複数組み込まれており、条件を選択して使用するツール
  • 取引設定を細かく調整しにくい

→初級・中級者向けの自動売買ツール

MT4といった開発型の自動売買ツールは、自動売買のソフトを取引ツールに導入する必要があります
プログラミン言語を用いて設定することもあるため、プログラミングの知識が必要です。

一方で、選択型のツールは、用意された取引ルールを選択するだけのため設定の手間が少ないのが特徴です。

取引ツールに複数の自動売買プログラムが組み込まれており、その中から自分に合ったプログラムを選択することで使用できます。

自動売買プログラム(ソフト)の種類

  • プログラム型
    →システムが一定のルールに基づいて取引を行うプログラム
  • リピート型
    →特定の通貨ペアの取引を繰り返し行うプログラム
  • トレーダー型
    →実際に成果を出しているトレーダーのロジックを元に取引を行うプログラム

プログラム型は、プログラミングで売買ロジックを設定してつかう自動売買プログラムです。
「朝の9時にドル円を買う」「移動平均線がクロスしたら買う(または売る)」といった取引条件を自分なりに設定することができます。

リピート型は、特定の通貨ペアの取引を繰り返し行うプログラムで、自動売買プログラムの中でも人気の高いプログラムといわれています。

トレーダー型は、成果を出している個人投資家のロジックを元にしたプログラムです。
プロの取引ロジックを取り入れることができますが、その人の取引方法が自分に合わない可能性もあります。

FXでの自動売買のやり方・始め方

【選択型システムトレード】

  1. FX口座を開設する
  2. ストラテジー(自動売買プログラム)を選択する
  3. 条件を設定して取引を行う

【開発型システムトレード】

  • FX口座を開設する
  • 取引プラットフォーム(MT4など ※ )をインストールする
  • EA(自動売買プログラム)をダウンロードする
  • EAをMT4やMT5に導入する
  • EAの設定を行い稼働させる

選択型の自動売買ツールであれば、ツールを提供しているFX会社で口座をつくり、専用ページから自動売買プログラムを選択するだけです。

開発型ツールはプログラム(EA)が外付けのため、EAを自分で見つけてくる必要があります
おすすめのEAを紹介するFX会社もあるため、チェックしてください。

FXの自動売買に関する3つのQ&A

Q1.自動売買ソフトは無料で使える?

一般的にFXの自動売買のソフトは無料で利用できます

しかし、企業や個人が提供している自動売買ソフトの中には、有料のソフトもあります

Q2.詐欺ソフトがあるって本当?

詐欺を疑う悪質な自動売買プログラムもあるため注意してください。
低クオリティーの自動売買プログラムを数十万円と高額で販売する企業・個人業者も存在します。

下記動画では、自動売買詐欺の手口や実例も解説されているので参考にしてください。

Q3.自動売買ソフトを使えば初心者でも稼げる?

上述で紹介したシステムトレーダーからの口コミでは「稼げている」という声が多かったですが、自動売買をしたからといって必ずしも稼げるとは限りません

自動売買とはいえ放置するのではなく、その時の相場に応じてシステムを調整することも重要といえるでしょう。

時間を問わず設定した条件に沿って取引してくれるため、日中は仕事をしている人や専門知識のないFX初心者の方におすすめの取引方法といえるでしょう。

シストレ24の評判とメリット・デメリットとは何か?

インヴァスト証券シストレ24の評判やメリット・デメリット

ストラテジーの種類数がかなり多い FXの自動売買の中では最もストラテジーの種類の数が最高クラス。今も増え続けている。勝てるストラテジーも多数ある。 MYシストレ24 ストラテジーを選ぶための支援ツール。視覚的に見やすく、さまざまな条件で探し出せる。スマホ(android、iPhone)にも完全対応。 フルオート 自動でストラテジーを入れ替えてくれるプログラム。勝てないロジックを取り外し、稼げるものを新しく取り込む。シストレ24で大人気。

ストラテジーの種類数がかなり多い

ストラテジーの種類が多いシストレ24

MYシストレ24が使いやすい!

MYシストレ24

フルオート機能~自動入れ替えシステム

フルオート機能

シストレ24ではスマホからでも取引できる

メリットはこれだ!!

シストレ24の最大のメリット

ストラテジー・プロバイダー

デメリットと欠点

シストレ24のデメリット

スプレッド幅が大きい どの通貨ペアにおいても、FXの自動売買を取り扱っている他のFX会社よりもスプレッド幅が大きい。ただし、手数料はない。 1,000通貨取引はできない 最低5,000通貨からしか取引ができない。フルオートでも通常のストラテジーでも同じ条件。1,システムトレードのメリット 000通貨は完全に不可。

システムトレードのメリットって?初心者にもできるの?

システムトレードの特徴として、一番に上げられるのはやはり「自動売買が可能」ということでしょう。
自動売買を行うためには、システム上にあらかじめ売買を行うための条件を設定しておきます。
分かりやすいところではいくら以下になったら買い、もしくは売り等、現在価格がある水準を上回ったら(下回ったら)買い(売り)というものでしょうか。
ただこれだけだと指値注文をすればいいだけですので、システムトレードを行う場合は様々な指標を利用することが多いです。
有名なところでは移動平均線やボリンジャーバンドなどのテクニカル指標です。
その他にも「ある条件を満たした場合に自動で注文を出す」ということを行えるので、ビットコインの取引所間の価格差を検知して自動注文を行うという用い方もあります。
テクニカル指標を用いて自動売買を行うやり方はFXのシステムトレードで多いですが、過去の値動きの傾向から将来の値動きを予想するというのは難しいものです。そのため多くのトレードロジックが存在します。
ビットコインの価格差を検知して自動売買を行うのは、価格差があった場合にその価格で機械的に注文を出すだけですので、まさにシステムトレードにうってつけのものです。
価格差を検知してから注文を出すまでのスピードが成否を分けますので、システムトレードの主戦場になっています。

一方、システムトレードを用いながらも自動売買を行わないやり方もあります。
「自動売買しないシステムトレードってあるの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、例えば売買シグナルの発生はシステムで検知し、それを元に実際にエントリーを行うかどうかの判断は自分自身で行って手動で売買するというやり方です。
この方法は、システムトレードと裁量取引(手動取引)のいいとこ取りと言ってもいいかもしれません。
例えば個別株取引ですと、取引時間は平日の日中のみと決まっていますので、システムが出したシグナルを確認した上で、手動で注文を行うというやり方が向いているとも言えます。
システムトレードの場合は、あらかじめ設定しておいた条件を満たした場合にシグナルを発生させますが、それが妥当なものなのかを自分で確認した上で注文を出すようにしたいという場合に適したやり方です。
全て自動で行う場合と比べて確認して手動で注文を出す分だけ手間がかかりますが、意図しない注文を防ぐことができるということと、手動で行った場合だけでは見逃してしまうような注文も拾うことができるというメリットがあります。
FXでは海外の取引所が開いている夜間が主な時間帯になります。
サラリーマンが帰宅後でもトレードできるというメリットはありますが、毎日夜通しで取引を行う訳にもいきません。
寝ている場合は取引できない訳ですから、機会損失になってしまいます。
システムトレードですと、コンピューターが自動で取引を行ってくれますので、こういった機会損失を防ぐことができます。
こういった面でもFXとシステムトレードは相性が良いと言えます。

なぜ勧めないかですが、システムトレードを行うためにはシステムでの仕掛けが必要です。
どういった条件が揃ったらエントリーするのか、損切りはどこで入れるのか、利確はどのタイミングで行うのかといったことを考える必要があります。
この条件を自分で考えるにはある程度の投資経験が必要だと考えます。
投資初心者だと、どういった条件を設定すればよいかが分かりません。
また、実際に取引を行い、良かった点、悪かった点を日々改善していきます。
この場合に、どこが良かったのか、悪い点はどこを改善すれば良いのかを判断する必要があります。
これをしっかりと行うには、投資初心者では難しいでしょう。

FXでよくありますが、実際に利益を上げているシステムを買ってくればいいじゃないかという意見もあると思います。
確かに、利益を上げ続けるシステムがあれば、それを使っていれば良さそうです。
気を付けたいのは、過去どんなに利益を上げ続けているシステムでも絶対はないということです。
どんなシステムでも損失を出す可能性は存在します。
投資知識がないままシステムを買ってきても、そのシステムはブラックボックス化してしまい、一時的にドローダウンを出した場合にどう対応すればよいのか判断がつかないという事態になる可能性もあります。
また、損失が出てしまった場合に、「システムが良くないからだ」と言って諦めきれますか?
それで納得できますか?
「儲かるだろう」という期待からシステムを使う判断をしたのは自分自身です。
そのシステムが損失を出してしまった場合、それを使うという判断を行った自分自身の誤りが原因だということです。
少なくともそのロジックがどういう条件で売買を行い、ロスカットや利確をどのような条件で出すのかということを理解した上で運用すべきです。

ビットコインの価格差を狙っていく裁定取引であれば初心者にも可能では?と思われる方もいらっしゃるでしょう。
私もその意見には賛成です。
「自分自身が何に投資していて、どういう仕組みで儲かるのか」ということが理解できるものであれば手を出して大丈夫でしょう。
逆に言えば、自分自身がその仕組みを理解できないものには貴重な資金をつぎ込むべきではありません。

これはシステムトレードに限ったことではなく、投資全般に言えることです。
「〇〇さんが儲かると言っていた」
「次は〇〇が来るらしい」
というような情報に踊らされて手を出すようなことがないようにしましょう。

では、投資初心者がシステムトレードを行うにはどうすればよいかということですが、まず自分が投資をしたいと思っている金融商品のことをどれほど知っているかです。
どのような場合に買い、どのような場合に利益確定をして、損切りをどうすればよいのかというようなことを知っているかということです。
もしくはその商品の成り立ちやどのような場合に値上がりするのかということを知っているかということです。
これを一番よく理解できるのは、実際にお金を使って投資をしてみることです。
もちろん、最初は少額で始めるべきです。
本で読むだけなのと、実際に売買を行ってみて学べることには大きな違いがあります。
実際の取引では、本に書いてあっても本当の意味で理解できていなかったということを痛感することもあります。

ここで補足しておくと、何も理解しないまま売買を始めてはいけません。
本などから得られる知識は非常に有用です。
最初に本やインターネットなどから知識を得た上で、投資を行うようにすべきです。
FXではデモ口座が用意されている証券会社も多くありますから、実際にお金を入れる前にデモトレードで試してみるものよいでしょう。
そして実際に投資を行いたいと考えているのであれば、少額で始めて自分のお金を使って投資を行ってみることです。
デモトレードでは、1000万円でも1億円でも損失を出しても何ともありません。
しかし、自分のお金で1000円でも損失が出ると、嫌な気分になったり自己嫌悪におちいったりと、今まで見えていなかったものが見えてきます。
システムトレードを行う際には、こういった経験を反映させていきます。
損失が出た場合に、ロスカットの位置が悪かったのか、そもそもエントリーすべきではなかったのかという判断がつくようになります。
このような判断を元にシステムに反映しブラッシュアップしていきます。

投資の形を持っている人にとってみれば、システムトレードは大きな武器になります。
まだ投資の形がハッキリとしないという人はシステムトレードをやるべきではないかというとそういう訳でもなく、システムトレードによって形にしていけばよいと思います。
システムトレードを行うための、ある程度の前提知識は必要になりますが、システムを使うことで様々な試行錯誤が可能になります。
この試行錯誤を通して自分の投資を形作っていくということも可能だと考えています。
今管理人が取り組んでいるのも、まさにこれでこのブログを通してその成果を共有したいと考えています。

システムトレードのメリットとしては、作業を自動化できるということです。
それには自動化したい作業をハッキリとさせておく、システム化したいロジックをイメージできることが必要です。
「システムトレードをやりたい」よりも、「こんな取引をシステムでやってみたい」という方がより現実的です。
これからシステムトレードを始めてみたいという方も、ぜひとも投資の知識や経験を積んで自分なりの投資の形を作って、それをシステム化するという進め方で取り組んでみてはいかがでしょうか。

システムトレードナビ:概要:システムトレードのメリットとデメリット

B.システムトレードナビ

感情や数多の情報に振り回される事なく取引ができる。
一定の評価を得たシステムを使用するので確率の高い利益を見込める。
リアルトレードに入る前にきめの細い資金管理シュミレーションができる。
システマティックな考え方が身につく。
エクセルを楽しみながらマスターできる。

感情や数多の情報に振り回される事なく取引ができる。

エントリーの際、数多の情報を処理できずに迷いが生じてエントリーが出来ず利益を上げる機会を喪失。あの時、買っておけば良かった、、、売っておけば、、、の タラレバの世界 システムトレードのメリット 、、、そして次に訪れる「何やってんだろう」という自己嫌悪。

その点、 システムの運営者がシステムのサインに完全に従って必ず運用、又は自動売買でトレードするという前提であれば、感情や情報に惑わされずに粛々と取引が実行されますから上記のような無駄な損失は発生しません。

一定の評価を得たシステムを運用するという前提であればある程度確率の高い利益を見込める。

リアルトレードに入る前にきめの細い資金管理シュミレーションができる。

資金管理シュミレーションによって許容しうるリスクの範囲内でどれくらいのリターンが得られるかを計数化できるので 的確なポジションサイジングが可能 となります。

同じシステムを使用しても ポジションサイジング次第でリターンは大きく変ってしまいます 。どんなに優れたシステムでもポジションサイジングを誤れば即市場から撤退ということもあり得ます。

システムトレードの 最大のメリット かもしれません。

システマティックな考え方が身につく。

エクセルを楽しみながらマスターできる。

この部分は副次的なメリットということになります。
システム作りを楽しみながらエクセルの関数、マクロ、そして自動売買をするのであればVBAやIE操作まで学べます。
趣味の一つとして面白い分野 だと思っています。

デメリット

連敗時やフラット期間が長期に渡った場合はモチベーションが極端に低下してしまう。
システム構築には多くの時間と労力を要する。
採用するシステムの選択を誤った場合や緻密な資金管理を怠った場合は、短期間で市場から撤退させられる可能性が大きい。
価格レンジが極端にせまくトレンドレスな相場では利益を上げにくい。

連敗時やフラット期間が長期に渡った場合はモチベーションが極端に低下してしまう。

フラット期間 (ドローダウンが解消されず最大利益を更新できない期間)が長くなってくると、 このまま永久に負け続けるのではという悲観的な感情に心は支配されてきます

その期間中の心境は一種の 穴掘り拷問 に近いものがあります。穴を掘らされ、掘った土で穴を埋めさせられ、又、穴を掘らされ、、、、永遠とその作業を続けさせられるような感覚、毎日毎日、なんと無毛な事をしているのだろうかという思いとの葛藤の日々です。

仮に残高がほぼ横ばいでも、 負けた時のダメージは勝った時の昂揚感の何倍にも相当 しますから、徐々に心は疲弊し、ついには、その感情に屈してシステムの運用を中止してしまったり、ルールよりも投下資金を少なくしてしまうような不合理な行動をとってしまいがちです。

たゆまないメンタルトレーニングが不可欠です。 システムトレードのメリット

システム構築には多くの時間と労力を要する。

ターゲットは 日々刻々と変化し続けていく掴みどころのないマーケット です。

これが本当に難しい。

スラップスクラップアンドビルドの連続 です。

採用するシステムの選択を誤った場合や緻密な資金管理を怠った場合は、短期間に市場から撤退させられる可能性が大きい。

過信は禁物 です。
バックテストの段階では極力悲観的に精査検証し、納得していざ実戦に入ったらその時は逆に楽観的に運用していくことが肝要です。

価格レンジが極端にせまくトレンドレスな相場では利益を上げにくい。

これは裁量トレードにも当然当てはまることですが、特にシステムトレードではなにかしらの法則性や優位性を根拠にシステムを構築しているわけですので動かない相場環境はシストレにとってはさらに厳しい局面となります。
狭いレンジ相場でトレンドがある時と同じようなエントリーをしていてはかなりの確率で損失を出してしまいます。
トレンドレス局面をなにかしらの方法で把握して無駄なエントリーを抑制するロジックをシステムに組み込んで損失を抑える必要があります。

裁量トレードがいいのか?それともシステムトレードがいいのか?

利益を上げる事が、トレードの唯一の目的です。
その点だけからすると、システムトレードを志向することはどうなのかなと思ってしまいます。
かけた時間と労力の割には成功する確率はあまり高くないですからね。

シストレ開発に多くの時間を割くのであれば、 メンタルトレーニングでメンタルを強化しながら、1トレードでの利益は小さくても、大きなドローダウンを発生させない裁量トレード手法、つまりPORは高くなくても勝率重視のトレード手法を身に着けることに時間を割いた方が成功する確率は高いのではないかと現在は思っています。

トレードシステムを構築するには過去データをいろいろな角度から分析してなにかしらの法則性を見出していく必要があります。
その過程でターゲットの特徴もある程度把握できます。
そして、その情報は裁量トレード時にも必ず生かされるはずです。

又、 メリットでも記述しましたがシステマチックに考える習慣もつきますから、そういう観点から見てもシストレを経験しておくことは無駄ではないかと思います。

学生さん、サラリーマンの方、OLの方、主婦の方、そしてシニアの方の趣味の一つとして日足使用のシステムトレード、、、お勧めです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる