FXの口座開設

フィボナッチ比率のFXへの応用方法

フィボナッチ比率のFXへの応用方法
\専業トレーダーの生の声をお届け!/

フィボナッチの基本と応用について

【基本】
◯フィボナッチについて
フィボナッチ数列や比率の詳細については書籍や各HPの説明を参照してください。
あくまで「トレードに活かせるか」ことが大事です。
みんなが意識しているから当てはまる、意識されなければ当然トレードには活かせません。
https://fxinspect.com/archives/27384
↑こちらのブログで知りましたが、世界最大のFXフォーラムのスレッド数でどれだけ多くの方が注目しているか述べられています。
①MA
②MACD
③フィボナッチ
④ストキャスティクス
⑤RSI
(中略)
⑨ボリンジャーバンド
⑩一目均衡表
フィボナッチは3番目に注目されており、決してマイナーな分析ではありません。

◯フィボナッチについて
主なフィボナッチ比率:0.382、0.フィボナッチ比率のFXへの応用方法 618、1.618
その他:0.236、2.618、4.フィボナッチ比率のFXへの応用方法 フィボナッチ比率のFXへの応用方法 236
引用書籍「エリオット波動研究」
僕は押し目や戻りの確認は38.2%か61.8%を参考にしています。
フィボナッチエクステンションによるターゲットは161.8%まで伸ばせると良いですが、精度が高いのは100%の位置です。
100%のターゲットについてはAB=CDパターンを書籍「フィボナッチ逆張り売買法」で参考にしています。

◯フィボナッチリトレースメント
・押し目(戻り)であれば①最安値から②高値の位置に引き、どの程度戻るか予測します。
・38.2%、61.8%付近で止まっていることが確認できます。
◯フィボナッチエクステンション
・①、②と押し目(戻り)の位置③の3点をあてると、どこまで伸びるかターゲットを予測します。
・最安値からあてると161.8%まで最終的に伸びることがあります。
◯メモ
・完璧にその位置で止まらなくても参考になります。
・ヒゲ先も含める。

高値更新後の押し目でもフィボナッチ確認できます。
・最初の押し目を①、次の高値②でフィボナッチリトレースメントを引くと61.8%で止まっています。
・フィボナッチエクステンションは2回目の上昇では伸ばしても100%までがよく見られます。
・最安値からなら161.8%を狙う、途中ならAB=CDパターンで100%を意識しています。

(私見)
フィボナッチはラインを沢山引けばどこかで止まると言われる方もいますが、38.2%と61.8%に絞って検証してみると良いです。
日足か4時間足など大きめの時間足で一つの波形にあてるとはまりやすいです。
ダウ理論などの基礎がないと、適当に安値と高値を引いてフィボナッチは効いていないと判断をしてしまうことになります。

・サポレジが効いてる水平ライン
・チャネルラインの下限に押し目、上限のターゲットを予測。
・フィボナッチ以外に根拠が重なると強い。
・指値や逆指値の目安にもなる。

・エリオット波動はフィボナッチ比率が絶対条件ではありません。 フィボナッチ比率のFXへの応用方法
・フィボナッチ比率の目安は波形のバランスの目安になる。
・検証したチャートでは1波と4波が重なっているため、インパルスの条件は満たさない。
・相場心理を読むにはエリオット波動の波形は参考になる。
・難解でまだまだ自分の中に落とし込めていません。

5日移動平均線で検証しています。
グランビルの法則を参考にエントリーを検証。
・④の逆張りは下位足で反転を確認できなければ、安易に入るのは危険。
下降トレンドのフィボナッチエクステンションのターゲットや、上位足の水平線などで入る選択もあるがリスク高い。
・①,②分かりやすい。
・③の位置は利確を早く判断できるか、指値を手前に注文して確実に利確できるようにする。
欲張らないためにもフィボナッチエクステンションを併せて使うと良い。

(おまけ)
書籍「フィボナッチトレーディング」より
・3点のデータを使って当てはめるツールを、フィボナッチプロジェクションと記載されています。
・MT4にある2点を使ったツールはフィボナッチエクスパンションですが、フィボナッチエクステンションと記載されています。

フィボナッチリトレースメントとは?基本的な引き方について解説

クジャクの羽

自動売買EAランキング

\人間には不可能な超高速トレードも?/

サインツールランキング

\いまだに裁量トレードで消耗してるの?/

勉強方法まとめ

\勉強する方法はたくさんある!/

本気で勉強するなら?おすすめ本

\本から学べる情報は貴重!/

おすすめブログ

\勝ってるトレーダーを参考に!/

専業トレーダーから学べ

\専業トレーダーの生の声をお届け!/

userimg

FX歴6年目のFXマニア。
●3年目からプラ転
●4年目にようやく7桁達成
いわゆるザ遅咲きトレーダー。
主にEAとサインツール使ってる。
ポジポジ病患者さんをいかに治すかを考えている。
★検証して欲しいEAなどご意見・ご質問はTwitterフォローしDMください★

初心者向け
完全無料FXマニュアル
\登録無料でもらえる!/

メルマガ登録するだけ!
「FX投資マスターガイド」
メルマガ登録無料

高還元率
キャッシュバックサイト
\キャッシュバックで稼ごう!/

TariTali


稼ぐ手段のひとつに!
「TariTali(タリタリ)」
登録無料

天と地のインジケーターバナー

おすすめサインツール
\爆発的に売れてます!/

自動利確機能付き!
「天と地のインジケーター」
通常販売価格39,800円(税込)

おすすめEA
\仮想通貨もトレード可能!/

自動売買EA「PEACE」


トレード回数平均40回/月
TariTaliとの相性よし!
自動売買EA「PEACE」
通常販売価格23,800円(税込)

フィボナッチ・リトレースメントの使い方と黄金比を使ったFXのトレード戦略とは

フィボナッチ・リトレースメントの使い方と黄金比を使ったFXのトレード戦略とは

フィボナッチ・リトレースメント

フィボナッチ・リトレースメントとは、フィボナッチ比率を相場に応用したテクニカル分析法で、 相場のサポート/レジスタンスの価格水準を推測する ためのインジケーターです。

代表的なフィボナッチ比率

    フィボナッチ比率のFXへの応用方法
  • 127.2%(√黄金比)
  • 138.フィボナッチ比率のFXへの応用方法 2%(フィボナッチ比率)

フィボナッチ比率とは

フィボナッチ数列とフィボナッチ比率

フィボナッチ数列とは13世紀の数学者「レオナルド・フィボナッチ」が公表したことに由来する 「隣り合った2つの数字の和をつなげて作られる数列」 のことを言います。

0, 1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, 55, 89, 144, 233, 377, 610, 987, 1597,…

  • 数列上のある数字を1つ後の数字で割ると、0.618に収束する
  • 数列上のある数字を2つ後の数字で割ると、0.382に収束する
  • 数列上のある数字を3つ後の数字で割ると、0.236に収束する

このような法則から導き出される数値をフィボナッチ比率と呼び、なかでも 「 0.618(1:1.618)」という比率のことを黄金比 と言います。

黄金比とは

黄金比とは、 古来より人が 最も美しいと感じる比率 として用いられてきた比率です 。

エリオット波動理論とフィボナッチ

自然界の中にはフィボナッチの法則が数多く存在します。 フィボナッチ比率のFXへの応用方法

これは相場の値動きを示すチャートにも当てはめることができ、 フィボナッチ比率が示す価格水準では自然と集団心理が働きやすい という側面があります。

相場の値動きとフィボナッチとの関係を統計的に研究し理論としたのが 「エリオット波動理論」 とされています。

エリオット波動理論に示される各波動の長さは、フィボナッチの法則で推測することができます。

フィボナッチ比率を応用したその他のインジケーター

フィボナッチ・エクスパンション

フィボナッチ・エクスパンション

フィボナッチ・エクスパンションは、フィボナッチ・リトレースメントと共に 最も良く使われているインジケーター です。

エクスパンションには「拡張」という意味があり、推進した値幅のフィボナッチ比率を 直近のリトレース(戻り)から表し、今後の推進値幅を推測する ために使われます。

フィボナッチ・タイムゾーン

フィボナッチ・タイムゾーン

フィボナッチ・タイムゾーンは、時間軸を基準にフィボナッチ比率を割り出し、 ト レンドの転換点がいつになるのかを予測する ために使います。

フィボナッチ・ファン

フィボナッチ・ファン

フィボナッチ・ファンは、 トレンドラインに対してフィボナッチ比率を割り出し、サポート/レジスタンスを推測 します。

フィボナッチの使い方

フィボナッチ・リトレースメントの使い方

これにより、 その後の押し目の価格水準Cを判断していく ことがフィボナッチ・リトレースメントの使い方です。

ハーモニックパターンとフィボナッチ比率

フィボナッチ・リトレースメントを使ったトレード戦略とは

フィボナッチ・リトレースメントを使ったトレード例

とある通貨ペア①週足チャート

とある通貨ペア①12時間足チャート

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる