ポイント投資

ファンダメンタルズ分析で押さえておきたいポイント

ファンダメンタルズ分析で押さえておきたいポイント
6日目 さあ、取引をはじめてみよう! 実際の為替売買に挑戦する 01 FX会社にログインして資金を移動しよう まずはログインして、FX取引に必要な資金を入金する 02 注文をしてみよう! でもその前に… 発注してFXデビューする前に知っておくべきこと 03 大損をしない取引をするためには? FXの多彩な注文方法を活用して、負けに備える 04 利益を確定しよう! 損も受け入れよう FXは利益確定とともに、損切りできるかが重要 コラム FXの税金も知っておこう!

おさえておきたい外貨建ての保険の特徴とポイント

保険料や保険金等の入出金を円で行う場合(※3)、円ベースでの受取額や損益が為替レートに左右されます。ポイントは、保険料支払い時よりも、解約金・保険金受取時の方が円安になっている方が有利に、逆に、円高になると不利になるということ(積立タイプの場合には、円ベースでの保険料は為替レートにより都度変わります)。外貨ベースでは受取額が確定している商品でも、為替次第では、元本割れしてしまう可能性があるので注意しましょう。 たとえば、図表は、B社の米ドル建て一時払い終身保険(利率変動型)に1米ドル85円の時に加入した場合。加入時よりも円安になると、為替差益が加わり、円ベースでの解約金は大きく増えます。一方、円高になると、為替差損により解約金が減り、積立利率2.75%の例では1米ドル68円になった時点で元本割れしてしまいます。 このように、為替変動による受取額の変化や損益分岐点となる為替レートについて試算を行い、悪いケースになった場合の、ライフプランや家計への影響を慎重に検討する必要があります。また、将来の為替レートを正確に予測することは不可能ですが、できれば為替を味方につけたいもの。積立利率の高さだけではなく、加入時のレートや、中長期的な為替動向を考慮した判断が必要です。 [為替レート・積立利率による、円ベースでの解約金の変化例]
<試算条件>
B社利率変動型外貨建て一時払い終身保険に、一時払い保険料100,000米ドル分、1米ドル85円の時に加入(円ベースでの保険料は850万円)。15年後の米ドルベースでの解約金額は、積立利率2.75%(最低保証利率)の時125,910米ドル、3.75%の時144,170米ドル、4.75%の時164,730米ドル。

円建ての各保険商品に比べると有利な利率の外貨建て保険ですが、他の外貨建て商品との比較も忘れずに。たとえば、中長期の運用を考えるならば、外国債券(特に割引債)等との比較を。コスト等を考慮した実質的な利回りで比べると、外国債券の方が有利になる可能性も。 外貨建て保険は、万一時の保障があったり、受取方法にバリエーションがある、相続対策に活用できる等、保険商品ならではのメリットもあります。こうした点も踏まえて、ニーズにあった商品を選ぶことが大切です。 ファンダメンタルズ分析で押さえておきたいポイント ※1 積立利率とは、保険料から手数料等を差し引いた積立金に対して適用される利率のことです。
※2 当初10年間の積立利率、2011年2月時点のものです。
※3 入出金通貨についてのルールは、商品ごとに異なります。外貨での入出金が可能な商品もあります。

株式初心者入門

something

something

something

金融機関にお金を預けて貯蓄すると、金利がついてお金が増えるといった時代は過去の話です。今や超低金利時代を迎えており、預けるだけでお金を増やすことは難しくなりました。 超低金利時代は今後も続くと予測されているため、自分の将来の生活や老後に備えるためには、自分の資金を資産運用によって増やす必要があります。 今回は、初心者の方に向けて、そもそも資産運用とは何か、資産運用の種類などをご紹介します。

something

将来に必要なお金を用意するために、今のうちから資産運用を始めようという方も多いのではないでしょうか。 ところが、資産運用は今ある資産を使って投資するため「貯金がないと始められない」と思っている方も少なくありません。 実は、資産運用のなかには最低数百円から始められるものもあります。 そこで今回は、初心者の方におすすめの少額投資について詳しくご紹介します。

something

老後の生活や各ライフイベントに必要な資金を用意するために、資産運用を始める方が増えています。 しかし、資産運用にはさまざまな種類があるため、「どのような方法を選べばよいの?」「どんなメリットがあるの?」など疑問を抱える方も少なくありません。 そこで今回は、資産運用の基本をはじめ、資産運用の必要性、失敗しないコツなどについて詳しくご紹介します。

株を買うなら最低限知っておきたいファンダメンタル投資の教科書 改訂版

投稿元:

「財務状況のチェックで、倒産の危険度を探ろう」という章で四季報でチェックすべき7つのポイントについて言及されていますが、これが非常に参考になってます。チャート・利回り・株主優待とかだけぼんやりみていると、とんでもないクズ銘柄を掴むことになりかねないので、こうしたファンダメンタル分析は重要だなと思いました。(正直これまではあんまり見てませんでした)
一方で、「第5章 大失敗しないための買い方・売り方」でテクニカル分析の話にも触れており、買うタイミングについても書いてありこれも非常に有用です。
まあとはいえ、全てを理解して使いこなすのは無理なので、分かる範囲で活用して理解を深めていこうかなと思います。

投稿元:

投稿元:

投稿元:

投稿元:

投稿元:

投資手法におけるファンダメンタル分析に関する本
ファンダメンタル分析は基本的な企業価値分析なので、経営管理的な視点でも当然読める
そういう意味で、競合他社や同じ業種などを評価するという視点でも使えると思う
基本ではあるので、抑えておくべき内容が豊富だと思う

投稿元:

投稿元:

特にこの本の中で、ROE, PBR, PERを単独で考えるのではなくその組み合わせで分析しようと解説している部分があり非常に納得しました。

『決算書はここだけ読もう〈2020年版〉』 矢島雅己 #ブクログ https://booklog.jp/item/1/4335450613

投稿元:

株式投資の本。 ファンダメンタルズ分析で押さえておきたいポイント
ファンダメンタル分析について学ぶ。
幅広い知識の醸成に役立つので有用。読んで損無し。

PER(倍)
今の株価が「一株当たり当期純利益」の何倍の水準か。
※業績予想を元に考える。

PBR(倍)
株価が一株当たりの残余財産の何倍の水準か。
※一倍より上か下か。

投稿元:

PERやROEについての説明がとてもわかりやすく、私のような数字オンチでも嫌悪感なく読めると思います。
個人投資家にできる事、難しい事を挙げ、ではどう利益を得るか、どう大失敗を防ぐかが、著者の経験から説明されています。
同じ方法をそのまま使うのか、参考程度にとどめるのかは、自分でもがきながら判断するのが賢明でしょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる